au「データお預かり」アプリでバックアップ!確実にデータ移行する方法

au「データお預かり」アプリでバックアップ!確実にデータ移行する方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auが提供で用意している、「データお預かり」というデータバックアップアプリをご存知でしょうか。

このアプリを経由すれば、無料でアドレス帳や写真などをauのクラウド上に預けておくことができます。

今回はauユーザーならぜひ利用したい、「データお預かり」アプリの詳しい使い方をご紹介します。

1 「データお預かり」アプリでできることと使い方

それでは、「データお預かり」アプリについて説明していきます。

このアプリを利用するにあたって、初回の申し込み手続きなどは必要ありません。

auユーザーならアプリのインストールのみで利用できます。

1-1 「データお預かり」アプリはAndroid・iPhoneどちらでも使える!

「データお預かり」アプリは、基本的にはAndroidとiPhoneどちらでも利用できます。

ですが、AndroidとiPhoneで預けられるデータには差があるので要注意です。

預けられるデータの違いは以下の表をご覧ください。

データの種類Android
スマホ・タブレット
iPhone・iPad
アドレス帳
写真
動画
カレンダー
auメール
(@au.com@ezweb.ne.jp)
×
SMS
×
+メッセージ×
ブックマーク×
発着信履歴×
ユーザー辞書×
アプリリスト×
auベーシックホーム×
壁紙×
着信音×
通知音×
Wi-Fi設定×

Androidスマホでは、写真やアドレス帳は多くのアプリやクラウドでバックアップ可能ですが、「データお預かり」アプリならブックマークやユーザー辞書までバックアップしてくれます。

「データお預かり」アプリのデータ保存容量

サーバーで保存できる容量は、

  • auスマートパスまたはauスマートパスプレミアム会員の方は50GB
  • 非会員の場合は1GB

となっています。

50GBという容量は、なんと高画質な写真を2万枚は保存できるサイズです。

プリントアウトして保存しようとすると大変な量になってしまいますが、クラウド上に保存できるなら物理的な容量を気にする必要はありませんし、色褪せしてしまう恐れもないですよね。

大切な思い出をたくさん残すことができます。

しかも、auスマートパス会員の場合は50GBを超えても、月々1GB/100円で容量を追加することが可能なのです。

写真や動画をたくさん保存したい人にとっては、100円で10GB、年間1,200円程度の出費でデータを保存できるというのは嬉しいですよね。

「データお預かり」に限らず、auスマートパスに加入していれば、様々な割引サービスを受けられます。既に加入している人も多いとは思いますが、これを機に加入を検討してみてはいかがでしょうか。

auスマートパス(プレミアム含む)て必要?内容と費用と解約する方法

1-2 「データお預かり」アプリで機種変更時のデータ移行がラクに

画像引用元:「データお預かり」

様々なデータのバックアップを取ることができる「データお預かり」アプリ。

機種変更をしても、「データお預かり」アプリが前のスマホの情報を引き継いでくれるので、新しいスマホを不便なく使うことができます。

また、万が一スマホが故障してしまっても、大事なメールなどをラクラク復旧できるので、ビジネスシーンでも活躍してくれるでしょう。

次のページでは「データお預かり」アプリで簡単にバックアップを取る手順について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ