au「データお預かり」アプリでバックアップ!確実にデータ移行する方法

au「データお預かり」アプリでバックアップ!確実にデータ移行する方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2 「データお預かり」アプリで簡単にバックアップを取る手順

それでは、そんな便利な「データお預かり」アプリで、データのバックアップを取る方法をご紹介していきます。

「データお預かり」アプリは、2015年4月以降発売のモデルであればプリインストールされているので、新しくインストールする必要はありません。

iPadを利用している人は、App Storeからインストールしてください。

初期の状態だと、「データお預かり」アプリはアプリ一覧の「お客様サポート」のグループの中に入っているので、そこから起動しましょう。

2-1 au IDの設定がされているか確認しよう

au「データお預かり」アプリを利用するには、au IDが設定されていなければなりません。au IDの設定は以下の手順で行いましょう。

  1. 設定アプリから「au設定メニュー」を選択し、「au ID設定・パスワード変更」を選択
  2. ここでau IDが表示されれば登録は完了。登録されていないようであれば、3の手順に移る
  3. 「au ID 未設定」を選択
  4. 「au IDを新規登録する」を選択して、契約した時に登録した暗証番号を入力し、「次へ」を選択
  5. au IDのパスワード設定画面に移ったら好きなパスワードを入力し、「同意して次へ」で進む
  6. これでau IDの設定は完了

au IDはかんたん決済を行いたい時など、スマホを利用している際に何かと必要になってきます。これを機に登録してしまいましょう。

2-2 「データお預かり」アプリで旧スマホのバックアップを取ろう

au IDの設定が完了したら、au「データお預かり」アプリを使ってバックアップを取ってみましょう。

今回はAndroidでの操作方法をご紹介します。なお、iPhoneでの操作もほぼ同じです。

1まずはホーム画面のアプリ一覧から「データお預かり」を選択します。

2「データお預かり」を開いたら「利用を開始する」を選択します。初回起動時は必ずこの画面が出てきます。

3アプリがデータにアクセスする権限の許可を促す注意が出てきます。ここで、「データお預かり」アプリのアクセス権限を許可しなければバックアップが取れないので、「設定」に移りましょう。

4Androidの設定「アプリ情報」の画面に移りますので、「権限」を選択します。

5預けたいデータのアクセスを許可するため、バックアップが必要な項目をONにしていきます。設定が終わったら、そのまま画面を閉じてしまいましょう。

6アプリ一覧から再び「データお預かり」に戻ります。すると、このようなトップページが表示されるので、「預ける」を選択してください。

7どのデータを預けるのかが選択できますので、必要なものを選択して「預ける」に進みます。

8この時、Wi-Fi設定をしていない場合は、「大容量のモバイルデータ通信を行う可能性があります」と注意が出てきます。問題なければ、そのまま「開始する」を選択してください。

ただし、データがたくさんある場合は、Wi-Fi設定を行ってからバックアップを開始することをおすすめします。

9データ量が多いと、その分だけ時間がかかります。画面を開いたままで待機しましょう。無事全てのデータのバックアップが終わったら、「完了」を選択して終了です。

特に難しい操作をすることもなく、データのバックアップが完了しました。

データは日々変動するものですので、「データお預かり」アプリを利用して、定期的にバックアップを取る癖をつけておくと良いでしょう。

Androidスマホのデータを安全にバックアップ&復元する方法

次のページでは、au「データお預かり」アプリでデータを復元する手順について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ