au フラットプランのメリット・デメリット|誰がどう使えばお得になる?

  • 2019年7月10日
  • by 
au フラットプランのメリット・デメリット|誰がどう使えばお得になる?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

③2年縛りの有無

プランの価格を決める3つ目の要素に、2年縛りの有無があります。縛りの形態には次の3種類がありますが、最も料金プランが安くなるのは「2年契約あり」としたときです。

2年縛りの有無は3種類

  • 2年契約あり
  • 2年契約あり・自動更新なし
  • 2年契約なし

2年契約あり

2年契約あり

画像引用元:2年契約-au

  • 契約解除料が発生する期間:契約から23ヶ月間、契約から27~47ヶ月間・・と自動的に更新される
  • プランの料金:最も安い

「2年契約あり」は、契約期間を2年毎に自動更新するというものです。

解約時に契約解除料がかかってしまう期間が最も長く、利用者側にとっては最も解約しづらい契約方法です。

解約しづらい反面、他の2つの契約パターンと比べて最も安い利用料金が適用されます。

制約はバネ、リスクが高い方がその分のゲインが大きいということです。

ちなみに、2019年3月から、2年契約の更新期間が2ヶ月から3ヶ月に変更となりました。

これまでは、25~26ヶ月目が契約解除料のかからない更新月でしたが、現在は24~26ヶ月目に期間が前倒しされています。

更新月が長くなったので、利用者は以前と比べると契約を拘束される期間が短くなりました。

2年契約あり・自動更新なし

2年契約あり・自動更新なし

画像引用元:2年契約(自動更新なし)-au

  • 契約解除料が発生する期間:契約から24ヶ月
  • プランの料金:月+300円

「2年契約あり・自動更新なし」というのは、2年の契約を満了したら契約期間の更新は行わないというもの。

つまり、2年以内の解約は契約解除料9,500円がかかりますが、3年目以降はいつ解約してもお金はかかりません。

この「2年契約あり・自動更新なし」を選択すると、「2年契約あり」のときの料金に月+300円が加算されます。

注意したいのは、実は「この自動更新なし」がお得になるのは31ヶ月目までに解約する方のみということです。

32ヶ月以上契約すると、2年縛りのときに支払う契約解除料9,500円よりもそれまでの支払いが上回ってしまうので、高くついてしまいます。

2年契約なし

  • 契約解除料が発生する期間:契約から3ヶ月
  • プランの料金:月+1,500円

最後に、2年契約なしというものもあります。これは、契約して4ヶ月目以降は、いつ解約しても契約解除料がかからないというものです。

利用者が解約しやすく自由度が高い半面、「2年契約あり」のときの料金よりも月1,500円高くなります。結構高くなるので、これを選ぶ方は多くないでしょう。

auフラットプランの料金詳細

auフラットプランは「基本データ容量」・「通話オプション」・「2年縛りの有無」で月額料金が決まることはおわかりいただけたと思います。

では、実際にどれくらいの料金がかかるのか、詳細を見ていきましょう。

データ量ごとにご紹介します。

7GB:auフラットプラン7プラス

2年契約有無料金
2年契約あり★5,480円
2年契約なし6,980円

※★は最も安い料金

20GB:auフラットプラン20

項目シンプルスーパーカケホカケホ
2年契約あり★6,000円6,500円7,500円
2年契約・自動更新なし6,300円6,800円7,800円
2年契約なし7,500円8,000円9,000円

※★は最も安い料金

25GB:auフラットプラン25 Netflixパック

項目シンプルスーパーカケホカケホ
2年契約あり★7,150円7,650円8,650円
2年契約・自動更新なし7,450円7,950円8,950円
2年契約なし8,650円9,150円10,150円

※★は最も安い料金

auフラットプランに適用される割引

auフラットプランには、先述したプランの料金から3種類の割引が適用されます。その割引の内容について詳しく見ていきましょう。

割引①スマホ応援割

スマホ応援割

画像引用元:スマホ応援割 | キャンペーン | au

スマホ応援割が適用されるのは「auフラットプラン20」と「auフラットプラン25 Netflixパック」のみです。

新しいフラットプランである「auフラットプラン7プラス」は対象外です。

スマホ応援割の内容
  • 割引額:1,000円/月
  • 割引期間:12ヶ月
  • 条件:機種変更、新規契約時に指定プランへ加入すること。SIMのみの契約でも適用。

スマホ応援割は、機種変更や新規契約時に対象のプランに加入したときに適用される割引です。

携帯電話の購入を含まない新規契約でも対象となります。加入の翌月から1年間毎月1,000円が利用料金から割引されます。

対象外となるのは、これまでに「スマホ応援割」と「ビッグニュースキャンペーン」を適用されたことがある方です。

つまり、ほとんどの方がこの割引の対象となり、1年目は月1,000円安く使えます。

au「スマホ応援割」適用時のiPhone XRの2年間の運用費

割引②auスマートバリュー

auスマートバリュー

画像引用元:auスマートバリュー | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

auスマートバリューは「auフラットプラン7プラス」と「auフラットプラン20」と「auフラットプラン25 Netflixパック」全てに適用されます。

auスマートバリューの内容
  • 割引額:1,000円/月
  • 割引期間:指定の契約がある限り永久
  • 条件:auひかりやauスマートポート、auのWi-Fiルーターをスマホや携帯と併用すること

auスマートバリューとは、自宅の光回線をauひかりにしたり、宅内無線のauスマートポートなどを利用したりしているときに適用される割引です。

スマートバリューmineは、auのWi-Fiルーターを利用しているときに適用されます。

上記のサービスを利用している限り、利用料金から永久的に月1,000円が割引されます。

ただし、Wi-Fiルーターや宅内の光回線についての契約が必須なので、対象となる方は限られるでしょう。

auスマートバリューで月額最大2,000円割引!適用条件と注意点

割引③家族割プラス

家族割プラス

画像引用元:家族割プラス | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

家族割プラスは2019年10月から適用となる割引で、同じ「家族割プラス」グループに加入している家族の人数に応じて料金を割引するサービスです。

適用できるフラットプランは「auフラットプラン7プラス」のみです。

家族割プラスの内容
    • 割引額:500円/月(2回線) or 1,000円/月(3回線)
    • 割引期間:条件を満たしていれば永久
    • 条件:同一住所にお住まいの家族であること。対象の料金プランに加入すること
    • 条件の例外:auスマートバリューに加入している場合、離れて暮らす家族(50歳以上)も割引対象

中々複雑で他のフラットプランには適用されませんが、カウントの対象にはなります。

つまり、auフラットプラン20/auフラットプラン25 Netflixパックが2人いて、1人がauフラットプラン7プラスの場合、この1人は1,000円の割引を受けることができます。

新auピタットプランとauデータMAXプラン(2019年夏受付開始予定)も対象となるようです。

au「家族割プラス」は永年割引!割引額・加入条件・申込日を解説

続いて、auフラットプランのメリットとデメリットについて解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
iton
iton
大学1年生で初めて携帯をもつ。白黒液晶の子機タイプから始まり、J-SH02⇒NOKIA6630⇒iPhone3G⇒iPhone6s⇒iPhone7と今に至る。IT系の法人営業を12年努めたあと、ライターに。関心事は5Gと自動運転、ブロックチェーン。夫にはスマホ依存症と言われる。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ