au フラットプランのメリット・デメリット|誰がどう使えばお得になる?

  • 2019年7月10日
  • by 
au フラットプランのメリット・デメリット|誰がどう使えばお得になる?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auフラットプランのメリット

auフラットプランの2つのメリット
  • 最低でも7GBまで高速通信できるので、速度制限を気にすることなく使える
  • 定額なので、スマホの使いすぎて料金がかさむことがない

それぞれについて詳しく見ていきます。

速度制限を気にすることなく使える

auフラットプラン20ならば毎月20GBまで通信できますので、速度制限を気にすることなく動画やゲームをたっぷり楽しめます。

月20GBを消費する目安は、YouTubeの標準画質の動画を毎日2時間見ることです(動画によって見られる時間は変動します)。

使いすぎても料金が高くならない

auフラットプランは定額料金ですので、スマホを使いすぎて料金がかさむ・・といった心配がありません。

規定の通信料を超えた場合は通信制限がかかり遅くなります。翌月1日に高速通信が復活します。

また、データチャージすることによって高速通信できる容量を増やすことができます。

auフラットプランのデメリット

auフラットプランの3つのデメリット
  • 毎月割が消えてしまうので、既存のauユーザーは契約期間中に入ると損してしまう
  • あまりデータを使わないとき、損しているような気持ちになる
  • 割引が限定的

それぞれについて詳しく見ていきます。

毎月割が消える

auフラットプランは、新しく携帯を買ったときに利用料金が24ヶ月間割引される「毎月割」が適用されません。

つまり、毎月割が適用されている期間にauフラットプランに変更してしまうと、割引分が消えて高くついてしまいます。

ですから、既存のauユーザーがフラットプランに変更するのは、毎月割が終わったあとがベスト。

毎月割の適用期間中にauフラットプランに変更するとデメリットが大きいです。

データを使わないとき損に感じる

定額で高速通信できる反面、規定のデータ量に達しなかった場合は「少しもったいない」という気持ちが芽生えやすいでしょう。

というのも、4GB以上使っていればフラットプランの方がピタットプランに比べて料金が安くつくものの、月4GB未満しか使わない方はピタットプランの方が安くなるからです。

かといって、段階的に料金が上がるピタットプランにしたほうがいいのかとうと、そちらのほうが高くつく場合も・・というジレンマが出てしまいます。

これは、auがそのように価格設定しているからなので、ユーザー側としてはどうしようもありません。

割引が限定的

3つ目のデメリットは、割引が限定的なことです。

ほとんどの方に適用される「スマホ応援割」の月々1,000円割引は適用期間が1年間だけ。

さらに、「auスマートバリュー」は、auひかりやWi-Fiルーターを契約していないと適用されません。

多くの方は合計▲12,000円(スマホ応援割 ▲1,000円×12ヶ月)しか割引を受けられず、コストを下げるのは難しいでしょう。

誰がどう使うのがお得なのか

これまでのことをまとめますと、auフラットプランを使うのがお得なのは次のような方です。

auフラットプランがおすすめな人

  • 月4GB以上使う方
  • auユーザーで毎月割が終わっている方
  • auひかりやauのWi-Fiルーターを契約している方

auフラットプランは月4GB以上使う方におすすめです。

auは定額制の「フラットプラン」と段階的に料金が上がる「ピタットプラン」の2種類からプランを選択しますが、4GB以上使ったときの料金を比較すると「フラットプラン」のほうが安くつくからです。

また、auユーザーの方は、毎月割の適用期間が過ぎている方であればおすすめです。

毎月割の適用期間中にフラットプランに移行してしまうと、毎月割が消えてしまって高くついてしまいます。

最後に、auひかりやauのWi-Fiルーターを契約している方は、永年で▲1,000円/月の割引が適用されますので最も安く契約できます。

それをまとめると上記した方におすすめとなります。

新auピタットプランの料金が最大4割お得になる条件と通話サービスについて

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
iton
iton
大学1年生で初めて携帯をもつ。白黒液晶の子機タイプから始まり、J-SH02⇒NOKIA6630⇒iPhone3G⇒iPhone6s⇒iPhone7と今に至る。IT系の法人営業を12年努めたあと、ライターに。関心事は5Gと自動運転、ブロックチェーン。夫にはスマホ依存症と言われる。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ