auのGalaxy Z Flip(SCV47)に機種変更│縦折りスマホをお得に購入する完全ガイド

  • 2020年2月21日
  • by.araki

Galaxy Z Flip SCV47

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

au専売の縦折りスマホ「Galaxy Z Flip(SCV47)」の価格が約18万円と発表されて、欲しくても諦めてしまった方も多いのではないでしょうか。

実はそんな方向けに、auが新しい端末購入サポートを2月21日から実施しているのです!

このページを読めば、Galaxy Z Flipに約33%オフで機種変更できる方法がわかりますよ。

Galaxy Z Flipをお得に買う方法
  • 2月21日開始の「かえトクプログラム」を利用する
  • 17万9,360円から最大12万160円まで値下げされる
  • auオンラインショップでさらにお得に
  • ただし買い替え時に回収される
  • 気に入った場合は割引を受けずに使い続けてもいい

トップ画像引用元:Galaxy Z Flip | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

auのGalaxy Z Flip(SCV47)の概要

Galaxy Z Flip

画像引用元:Galaxy Z Flip | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

日本時間2月12日にサンフランシスコで開催された「Galaxy UNPACKED 2020」。

そのときに発表された「Galaxy Z Flip」は、高性能な縦折りスマホということで大きな注目を集めました。

一方、アメリカでの販売価格が1,380ドル(約15万1,500円)だったことから、日本でもそのくらいになるだろうと予想されていましたが……。

auから発表された価格は17万9,360円(税込)で、予想を上回って(この場合は下回って?)しまいました。

Galaxyシリーズの中でも、かなり高い方ですね。

Galaxy Z Flipは国内ではau専売です。

Galaxy Z Flipスペック

機種名Galaxy Z Flip
OSAndroid 10
SoCSnapdragon 855
ディスプレイ
(有機EL)
メイン
約6.7インチ
2,636×1,080
カバー
約1.1インチ
サイズオープン時
約167×74×6.9mm
クローズ時
約87×74×15.5mm
重量約183g
アウトカメラ広角:約1,000万画素
超広角:約1,000万画素
インカメラ約1,000万画素
メモリ(RAM)8GB
ストレージ(ROM)256GB
バッテリー容量3,300mAh
生体認証顔認証
指紋認証
au販売価格(税込)179,360円
auオンラインショップ

日本での発売日は2月28日

auでのGalaxy Z Flip発売日は、2月28日予定となっておりまして、auショップや家電量販店などのau取り扱い店の他、auオンラインショップではすでに予約受付中です。

海外ではすでに人気機種

Galaxy Z Flip

画像引用元:Galaxy Z Flip | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

海外では2月14日から発売を開始しており、ソウルでは開店前に行列ができたそうです。

しかも、たった1日で約1,000台がすぐに完売したようで、特に女性層からの人気が高かったようですね。

確かに、Galaxy Z Flipはファンデーションケースにも似ていて、女性が欲しがりそうな感じが伝わります。

日本でも普段はハイエンドモデルに興味のない女性層から、意外なブームが発生するかもしれませんね。

ただ、やはり17万9,360円という価格が大きな壁ですよね……。

auの新しい端末購入サポート「かえトクプログラム」

かえトクプログラム

画像引用元:業界初、5G時代に向けた”新しい残価設定型スマホ購入プログラム”「かえトクプログラム」を2月21日から提供開始 | 2020年 | KDDI株式会社

auは2月17日(Galaxy Z Flip発売に合わせたのかはわかりませんが)、新しい端末購入サポートを発表しました。

その名も「かえトクプログラム」と言いまして、2月21日からサービスを開始しています。

ちなみにauユーザーでなくても利用可能です。

「かえトクプログラム」は「残価設定型」

au曰く、かえトクプログラムは国内通信事業者としては初の「残価設定型」です。

残価設定と聞くと、自動車ローンなどを思い浮かべる方も多いでしょう。

かえトクプログラムは、まさにそのイメージどおりのサービスです。

「かえトクプログラム」の仕組み

かえトクプログラム

画像引用元:業界初、5G時代に向けた”新しい残価設定型スマホ購入プログラム”「かえトクプログラム」を2月21日から提供開始 | 2020年 | KDDI株式会社

かえトクプログラムの仕組みは、次のとおりです。

かえトクプログラムの仕組み
  • 対象機種にあらかじめ2年後の買い取り価格(=残価)が設定される
  • 対象機種を24回払いで購入すると、23回の支払いまでは残価分を除いた額に抑えられる
  • 対象機種を12ヶ月以上利用後に新たな機種に買い換えれば、残価分の支払いが免除される
  • このブログラムで購入した機種はauに回収される
  • 購入25ヶ月目以降も引き続き機種を利用する場合は、残価をさらに24回に分割しての支払いが可能
  • その途中で新しい機種に買い換えれば、残債の支払いが不要になる
  • この場合も機種は回収される
  • プログラム利用料は不要
  • 最終的に買い替えなくてもいい

正直難しい仕組みですが、すごく大雑把に言えば

  • スマホに予め2年後の価値を決めておいて、「端末価格-残価」を23回払いで支払うプログラム
  • 将来、機種をauに回収してもらうことで安くなる

ということです。

次は具体的に、Galaxy Z Flipがいくらになるのかを説明します。

Galaxy Z Flipは「かえトクプログラム」で安くなる

Galaxy Z Flip

画像引用元:Galaxy Z Flip | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy Z Flipの価格は17万9,360円です。

auはGalaxy Z Flipに対して、5万9,200円を残価と設定します。

つまり、Galaxy Z Flipをかえトクプログラムで購入して、13ヶ月目~25ヶ月目に新しい機種に買い替えた場合、残価5万9,200円が免除されるということです。

よって、Galaxy Z Flipを約33%オフの12万160円で使うことができます。

Galaxy Z Flipの支払いイメージ
  • 購入1ヶ月目:支払いなし
  • 購入2ヶ月目~24ヶ月目:毎月5,224円(12万160円を23回分割)
  • この時点で買い替えれば残価(5万9,200円)の支払い不要
  • 買い換えない場合:残価5万9,200円をさらに24回分割
  • 購入25ヶ月目~48ヶ月目:2,466円
  • この間に買い換えれば、残債は支払い不要
  • 買い替えず最後まで支払い続けてもいい(回収されずに済む)

「かえトクプログラム」で購入するメリット

かえトクプログラムで購入するメリットはたくさんあります。

かえトクプログラムで購入するメリット
  • 月々の支払い額が減る
  • 購入25ヶ月目以降はさらに減る
  • 買い替えなくても損はしない
  • 買い換えれば残価や残債が免除される

プログラム利用料は無料なので、最終的に買い替えせず最後まで支払い続けたとしても、定価を超えて払うことにはなりません。

どちらに転んでもユーザーが損することはないので、利用するべきお得なサービスと言えます。

「かえトクプログラム」で購入するデメリット

デメリットは、買い替え時にGalaxy Z Flipを回収されてしまうことです。

そのため、多くのユーザーが次のように訴えています。

かえトクプログラムへの不満
  • つまり「レンタル」ってことですよね?
  • 最初からレンタルサービスって言ってくれれば分かりやすいのに。
  • 2年間のレンタルで(Galaxy Z Flipの場合)月5,000円は高い。

回収される=自分の物にならないのだからレンタルだという意見は非常に多いです。

そして、レンタルサービスと考えたら、レンタル代が高いと考える方もいるかと思います。

「結局、お得に購入できてない」というわけですが、これも的を射ていると思います。

いっそのこと本当にレンタルサービスとして開始して、気に入ったら購入して使い続けてもいいとしたほうが、ユーザーの誤解を招かずに済んだのかもしれませんね。

それでも「かえトクプログラム」がお得だと思う理由

かえトクプログラムへの不満も理解した上で、筆者はそれでもかえトクプログラムはお得だと思います。

かえトクプログラムがお得と思う理由
  • 定価より高くはならない
  • 2年も使ったら飽きてしまうのではという考え方
  • 飽きた機種を確実に買い取ってもらえるという考え方
  • 本当に気に入ったのであれば使い続ければいい

一番重要なのは、定価より高くなることはないということです。

つまり、金額的な「落とし穴」が無いということですよね。

定価17万9,360円のGalaxy Z Flipを定価で買うことになっても、損はしていません。

フリマサイトなどに出品したほうが高値で売れる?

auが設定している2年後の残価の5万9,200円に疑問を持つ声もあります。

17万9,360円のGalaxy Z Flipが、2年後にそこまで値下がりするものかというわけです。

確かに、フリマアプリ「メルカリ」などに出品すれば、もっと高値で購入される気がしないでもありません。

そこで試しに、約2年前の2018年5月18日にauから発売されたGalaxy S9(SCV38)の中古価格を調べてみました。

当時の定価は9万5,040円です。

それがメルカリでの一番最近の取引(2020年2月18日)では、3万円で購入されていました。

3万円で買われていたGalaxy S9(SCV38)の状態
  • 普通に使用されていた中古品
  • 「目立った傷や汚れなし」
    (出品者申告)
  • SIMロック未解除
  • イヤホン欠品

イヤホン欠品というのが特に気になりますね。

それが新品時(9万5,040円)と比べて31%オフで購入されています。

もちろん中古市場はメルカリ以外にもいっぱいありますし、状態や交渉次第で金額はいくらでも変わるでしょう。

しかし、auが設定した「2年後には定価の33%になる」という読みは、割と的確なような気がしませんか?

また、Galaxy Z Flipは5G非対応ですから、2年後にはもっと値崩れしている可能性も考えられます。

「アップグレードプログラムNX」は新規受付終了

auアップグレードプログラムNX

画像引用元:アップグレードプログラムNX | スマートフォン・携帯電話 | au

かえトクプログラムのサービス開始に伴い、「アップグレードプログラムNX」は2月20日をもって新規受付を終了します。

アップグレードプログラムNXは、対象機種を36回分割で購入すれば、25回目以降の支払いは免除され得るという仕組みでしたね。

これも免除の条件に機種の回収がありました。

「かえトクプログラム」と「アップグレードプログラムNX」の違い

かえトクプログラムとアップデートプログラムNXの違いは、大まかに言えば次のようになります。

かえトクプログラム
  • あらかじめ2年後の残価を設定
  • auユーザー以外も可
  • 対象機種を拡大予定
アップグレードプログラムNX
  • 36回払いのうち最大12回分を免除(最大33%オフ)
  • auユーザー限定
  • 対象機種がごく一部だった

かえトクプログラムは、auユーザーも使えるようになったことが大きいですね。

また、auは「現状のアップグレードプログラムNXと比較し、「対象機種を拡大する」と宣言しています。

Galaxy Z Flipの場合は、かえトクプログラムでも約33%オフなので、割引額としてはほとんど変わりません。

auオンラインショップでさらにお得に

au オンラインショップ

Galaxy Z Flipを購入するならauオンラインショップ経由がおすすめです。

オンラインショップには、主に5つのメリットがあります。

auオンラインショップのメリット
  • 頭金がかからない
  • 有料オプションへの加入が不要(勧誘されない)
  • お店に行かなくて良いので体力を使わない
  • 手続き時の待ち時間なし
  • 全国送料無料

特に1つめのメリットが重要です。

Galaxy Z Flipは非常に高額ですから、できるだけ余計な出費は避けたいですよね。

しかし、実店舗で購入すると、「頭金」として10,000円前後の支払いが発生するかもしれません。

非常に勘違いしやすいポイントなのですが、この「頭金」は機種代金の一部ではなく、店舗への手数料のようなものなのです。

そのため、同じ機種でも店舗によって頭金の額が異なります。

A店では8,000円、B店では16,000円なんてこともあるのです。

出費をできるだけ減らすためにも、Galaxy Z Flipはauオンラインショップで購入しましょう。

auオンラインショップで機種変更する7つのメリットとデメリット

Galaxy Z Flipは「かえトクプログラム」でお得に購入

Galaxy Z Flip

画像引用元:Galaxy Z Flip | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

以上、au専売のGalaxy Z Flip(SCV47)をお得に買う方法についてでした。

Galaxy Z Flipをお得に買う方法
  • 2月21日開始の「かえトクプログラム」を利用する
  • 17万9,360円から最大12万160円まで値下げされる
  • auオンラインショップでさらにお得に
  • ただし買い替え時に回収される
  • 気に入った場合は割引を受けずに使い続けてもいい

結論としては、au公式ショップで「かえトクプログラムを利用して買う」のが一番です。

これで購入13ヶ月目~25ヶ月目の間に買い替えすれば、17万9,360円-5万9,200円=12万160円になります。

ただし、買い替え時にGalaxy Z Flipは回収されてしまうので忘れないようにしましょう。

このことから、「レンタルだ」との不満の声もあがっていますが、それでも定価以上の額を支払う羽目には絶対にならないので、加入するだけお得なサービスと言えます。

プログラム利用料は不要です。

auの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ