auでiPhoneに機種変更した際のデータ移行とバックアップ方法

  • 2021年6月10日
  • by.nuko

iPhoneを初期化/リセットする方法|できない場合の対処法や注意点も

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

auでiPhoneに機種変更する前にバックアップする方法や、機種変更後のデータ移行について解説します。

現在iPhoneの方もAndroidの方も、iPhoneに機種変更した後は真っ先にデータ移行が必要です。

もし電話帳やカレンダーなどの必要なデータが移行できないと、せっかく機種変更したのに困ったことになります。

また、iPhoneが故障するとデータ移行できなくなる可能性があるため、機種変更の前だけでなく定期的なバックアップも重要です。

これからauのiPhoneに機種変更する方は、この記事でバックアップとデータ移行方法をしっかりチェックしてください!

iPhone→iPhone、Android→iPhoneのパターンを徹底解説するので参考にしてください。

バックアップとデータ移行のポイント
  • iPhoneはバックアップ方法が豊富
  • iPhone同士のデータ移行はiTunesがおすすめ
  • Androidはデータお預かりアプリに電話帳バックアップ
  • Androidの写真はGoogleフォトへのバックアップがおすすめ
  • データが少ないならクイックスタートやMove to iOSが便利

auでiPhoneに機種変更する前にバックアップをする方法

2台持ち

まずは、iPhoneに機種変更する前のバックアップ方法をチェックしましょう。

iPhoneからiPhoneへの機種変更なら様々なバックアップ方法があるので、データ移行したい容量で最適なバックアップ方法が選べます。

一方でAndroidからiPhoneへ機種変更すると、SDカードを利用したデータ移行は利用できないことに注意が必要です。

iPhoneでバックアップする方法

iPhoneでは、主に3つのバックアップ方法があります。

それぞれのデータ移行方法に特徴があるので、データ移行したい内容に合わせてバックアップ方法を選ぶといいでしょう。

iPhoneのバックアップ方法
  • iTunes:iPhoneの内容をほぼ丸ごとバックアップ
  • iCloud:1度設定すれば定期的にバックアップ可能
  • データお預かりアプリ:他の方法で連絡先が移行できない場合に利用

iPhoneのバックアップは基本的にiTunesやiCloudを利用し、連絡先が移行できない状態の方のみauのデータお預かりアプリを利用するようにしましょう。

iTunes・iCloudで連絡先が移行できるかチェックする方法

auのメールプロファイル1

auのメールプロファイル2

画像引用元:iCloudでデータ移行・バックアップ(iPhone/iPad) | データ移行(バックアップ・復元)の方法 | au

「設定」→「一般」→「プロファイル」を開き、プロファイル名が「◎Eメール」「□Eメール」となっている場合は連絡先が移行できない可能性があります。

該当する方は、データお預かりアプリでもバックアップしておきましょう。

iTunesの特徴とバックアップ方法

iTunesでは、暗号化をONにすることで、iPhoneの中身をほぼ丸ごとバックアップできます。

バックアップはパソコンのHDDに保存されるので、写真や動画が多い方に最適なバックアップ方法になるでしょう。

また、大抵のアプリはログインした状態でバックアップされるので、新しいiPhoneで復元した後に再ログインやアプリデータの移行作業は必要がありません。

機種変更後にすぐ使える状態になるのは、iTunesバックアップ最大のメリットではないでしょうか。

iTunesのバックアップ手順

  1. iTunesを起動してiPhoneを接続する
  2. メニュー下のスマホアイコンをクリック
    macOS catalina以降はFinderにスマホアイコンがあります。
  3. 「はじめよう」をクリック
    「はじめよう」をクリック
  4. 「ローカルバックアップを暗号化」にチェックする
    「ローカルバックアップをう暗号化」にチェックする
  5. 暗号化パスワードを決めて「パスワードを設定」をクリック
    暗号化パスワードを決めて「パスワードを設定」をクリック
  6. 「今すぐバックアップ」をクリック
    「今すぐバックアップ」をクリック
  7. バックアップが完了するまで待つ

これでiTunesへのバックアップは完了です。

新しいiPhoneを購入したらこのバックアップを復元しましょう。

>新しいiPhoneでのデータ移行手順はこちら

iCloudの特徴とバックアップ方法

iCloudは1度設定すると毎日最新のバックアップを作成してくれる特徴があります。

そのため、営業職の方など頻繁に新しい連絡先を登録する方におすすめのバックアップ方法です。

ただし、無料で使えるのは5GBまでで、それ以上の容量を利用するなら月額課金が必要です。

iCloudの月額料金
  • 5GB:無料
  • 50 GB:130円
  • 200 GB:400円
  • 2 TB:1,300円

写真や動画が多いと無料の5GBはすぐ使い切ってしまうので、iCloudバックアップをメインで利用するなら必要な容量を契約するようにしましょう。

iCloudの容量追加は「設定」→最上部のApple ID→「iCloud」→「ストレージを管理」→「ストレージプランを変更」からできます。

iCloudのバックアップ手順

  1. 設定を開き最上部の名前(Apple ID)をタップ
    設定を開き最上部の名前(Apple ID)をタップ
  2. 「iCloud」をタップ
    「iCloud」をタップ
  3. 「iCloudバックアップ」をタップ
    「iCloudバックアップ」をタップ
  4. iCloudバックアップをONにする
    iCloudバックアップをONにする
  5. 「今すぐバックアップを作成」をタップ
    「今すぐバックアップを作成」をタップ
  6. バックアップが完了するまで待つ

これでiCloudへのバックアップは完了です。

新しいiPhoneを購入したら、初期設定の際にこのバックアップから復元しましょう。

>新しいiPhoneでのデータ移行手順はこちら

データお預かりアプリのバックアップ方法

連絡先が構成プロファイルに保存されている方は、iTunesやiCloudではデータ移行できません。

該当する方は、auが提供しているデータお預かりアプリで連絡先をバックアップしておきましょう。

アプリダウンロードはこちら
アップルストア

データお預かりアプリのバックアップ手順

画像引用元:データお預かりアプリでデータ移行・バックアップ(iPhone/iPad) | データ移行(バックアップ・復元)の方法 | au

  1. データお預かりアプリを起動
    データお預かりアプリを起動
  2. 「同意してはじめる」をタップ
    「同意してはじめる」をタップ
  3. 「空メール送信画面へ」をタップ
    「空メール送信画面へ」をタップ
  4. SMSが起動するのでそのまま送信
    SMSが起動するのでそのまま送信
  5. アプリに戻って「OK」をタップ
    アプリに戻って「OK」をタップ
  6. 連絡先へのアクセスを許可する
    連絡先へのアクセスを許可する
  7. 「預ける」をタップ
    「預ける」をタップ
  8. 必要なデータにチェックを入れて「預ける」をタップ
    必要なデータにチェックを入れて「預ける」をタップ
  9. 完了画面で預けた内容をチェックして「完了」をタップ
    完了画面で預けた内容をチェックして「完了」をタップ

これでデータお預かりアプリでのバックアップは完了です。

新しいiPhoneにもデータお預かりアプリをインストールして、預けたデータを受け取りましょう。

>新しいiPhoneへのデータ移行手順はこちら

Androidでバックアップする方法

Xperia 1 IIディスプレイ比較

AndroidのバックアップはSDカードを利用する方が多いのですが、iPhoneはSDカードが利用できません。

そのため、AndroidからiPhoneに機種変更する前のバックアップは、SDカードがなくてもできる方法にする必要があります。

Androidのバックアップ方法
  • データお預かりアプリ:無料1GB、月額372円で50GB
  • パソコンにバックアップ:写真や動画が多い方向け
  • Googleフォトにバックアップ:15GBまでなら無料

まずデータお預かりアプリに電話帳をバックアップし、写真や動画は保存容量に合わせてパソコンかGoogleフォトを選んで利用するといいでしょう。

データお預かりアプリのバックアップ方法

AndroidからiPhoneに機種変更するなら、電話帳はデータお預かりアプリを利用してバックアップしておきましょう。

データお預かりアプリはiPhone版もあるため、機種変更後にスムーズに電話帳のデータ移行ができます。

アプリダウンロードはこちら
グーグルプレイ

データお預かりアプリのバックアップ手順

画像引用元:データお預かりアプリでデータ移行・バックアップ(Androidスマートフォン/タブレット) | データ移行(バックアップ・復元)の方法 | au

au データお預かりアプリの使い方|かかる時間は?削除はできる?
  1. データお預かりアプリを起動
    データお預かりアプリを起動
  2. 「同意して始める」をタップ
    「同意して始める」をタップ
  3. 「次へ」をタップ
    「次へ」をタップ
  4. アクセス許可が求められるので全て「許可」をタップ
    アクセス許可が求められるので全て「許可」をタップ
  5. 電話番号で自動ログインするので「OK」をタップ
    電話番号で自動ログインするので「OK」をタップ
  6. 「預ける」をタップ
    「預ける」をタップ
  7. 必要なデータにチェックを入れて「預ける」をタップ
    必要なデータにチェックを入れて「預ける」をタップ
  8. 完了画面で預けた内容をチェックして「完了」をタップ
    完了画面で預けた内容をチェックして「完了」をタップ

これでデータお預かりアプリでのバックアップは完了です。

新しいiPhoneにもデータお預かりアプリをインストールして、預けたデータを受け取りましょう。

>新しいiPhoneへのデータ移行手順はこちら

パソコンのバックアップ方法

iPhoneにデータ移行したい写真・動画が多い方は、移行したいデータをパソコンにバックアップしておきましょう。

パソコンにバックアップしておけば、新しいiPhoneを購入した後にiTunesで簡単にiPhoneに同期できます。

お使いのパソコンやAndroid端末によって、データを取り込む方法が異なりますが、大まかに次の手順で操作します。

パソコンにバックアップする手順例

  1. パソコンとスマホをUSBケーブルで接続する
  2. スマホにアクセス許可ダイアログが表示されるので「許可」をタップ
  3. エクスプローラーやFinderでスマホにアクセス
  4. データ移行したい写真・動画を探してパソコンにコピー

「写真や動画データは「DCIM」または「Pictures」フォルダに保存されています。

なお、Macを利用している場合は、mac OSのバージョンによってAndroid端末を認識しない場合があります。

その場合は、GoogleのAndroid OS公式サイトから「Android File Transfer」をインストールし、ファイル操作できるようにしましょう。

>新しいiPhoneへのデータ移行手順はこちら

Googleフォトのバックアップ方法

写真や動画の保存容量が15GB以下なら、Googleフォトを利用したバックアップが便利です。

iPhoneでもGoogleフォトが利用できるので、1度預けておけばiPhoneにアプリをインストールするだけで写真・動画をチェックできます。

結果的にiPhoneストレージの節約にもなるため、写真・動画がそこまで多くない方はGoogleフォトを利用するといいでしょう。

アプリダウンロードはこちら
グーグルプレイ

Googleフォトのバックアップ手順

  1. Googleフォトを開きGoogleアカウントでログイン
  2. 画面右上のアイコンをタップ
    画面右上のアイコンをタップ
  3. メニューから「Googleフォトの設定」をタップ
    メニューから「Googleフォトの設定」をタップ
  4. 「バックアップと同期」をタップ
    「バックアップと同期」をタップ
  5. バックアップと同期をONにする
    バックアップと同期をONにする
  6. メニューに「バックアップが完了しました」と表示されるまで待つ
    メニューに「バックアップが完了しました」と表示されるまで待つ

これでGoogleフォトへのバックアップは完了です。

新しいiPhoneを購入したらGoogleフォトをインストールして、同じGoogleアカウントでログインす流だけで写真や動画が観られるようになります。

ただし、Googleフォトはクラウド上にデータを保管しているので、壁紙への設定など直接画像操作するならダウンロードする必要があります。

>新しいiPhoneでのダウンロード方法はこちら

auでiPhoneに機種変更した際のデータ移行方法

iPhone 12 mini
続いてauでiPhoneに機種変更した後に、必要なデータを移行する方法をみていきましょう。

前章でお伝えしたバックアップから復元する方法ももちろんありですが、最近はスマホ同士で直接データ移行する方法があります。

どちらの方法を利用しても問題ありませんが、iTunesにバックアップがある方はiTunesから復元するのが1番おすすめです。

直接データ移行する方法

直接データ移行する方法では、スマホ同士をWi-FiとBluetoothで接続してデータ移行を行います。

iPhone→iPhoneでもAndroid→iPhoneでも、画面表示に沿って進めるだけで簡単にデータ移行できるメリットがあります。

その反面、データ容量が多いとバックアップから復元より時間がかかるため、写真や動画があまり多くない方向けのデータ移行方法といえるでしょう。

iPhone→iPhoneはクイックスタート

iPhone→iPhoneの機種変更の場合、初期設定中に表示される「クイックスタート」を利用してデータ移行します。

クイックスタートでデータ移行する際は、新旧iPhoneを近くに置いて新しいiPhoneの設定を始めてください。

クイックスタートのデータ移行手順

  1. 古いiPhoneのWi-Fi・BluetoothがONであることを確認
  2. 新しいiPhoneの初期設定をクイックスタート機能の案内まで進める
    クイックスタート手順4
  3. 古いiPhoneにクイックスタートが表示されるので「続ける」をタップ
    クイックスタート手順5
  4. 古いiPhoneのカメラ丸枠内に新しいiPhoneに表示される「青いモヤ」が入るようにする
    クイックスタート手順6
  5. 新しいiPhoneで古いiPhoneのパスコードを入力
    クイックスタート手順8
  6. 任意でTouch ID・Face IDの設定をする
    クイックスタート手順9
  7. データ転送画面で「iPhoneから転送」をタップ
    クイックスタート手順10
  8. 利用規約で「同意する」をタップ
    クイックスタート手順11
  9. 新旧iPhoneを近くに置いたままデータ移行完了を待つ
    クイックスタート手順13

これでクイックスタートでのデータ移行は完了です。

Android→iPhoneはMove to iOSアプリ

Appleが提供しているMove to iOSアプリを利用すれば、AndroidからiPhoneに直接データ移行できます。

アプリダウンロードはこちら
グーグルプレイ

Move to iOSのデータ移行手順

  1. Move to iOSアプリを開く
  2. 利用条件で「同意する」をタップ
  3. コードを検索で「次へ」をタップ
  4. 新しいiPhoneの初期設定を進める
  5. Appとデータで「Androidからデータを移行」をタップ
  6. 10桁の数字が表示されるのでAndroidでMove to iOSに入力
  7. 移行するデータにチェックを入れて「次へ」をタップ
  8. データ移行が完了するまで待つ

これでAndroidからiPhoneへのデータ移行は完了です。

バックアップでデータ移行する方法

ここからは、前章でバックアップしたデータを移行する方法について解説します。

事前にバックアップした方法によってデータ移行方法が異なるので、該当する項目をチェックしてください。

iTunesでデータ移行する手順

  1. iTunesを開いてパソコンとiPhoneを接続
  2. 「このバックアップから復元」でバックアップデータを選び「続ける」をクリック
    「このバックアップから復元」でバックアップデータを選び「続ける」をクリック
  3. 暗号化したときのパスワードを入力して「復元」をクリック
    暗号化したときのパスワードを入力して「復元」をクリック
  4. 復元が完了するまで待つ

これでiTunesからのデータ移行は完了です。

iCloudでデータ移行する手順

画像引用元:iCloudでデータ移行・バックアップ(iPhone/iPad) | データ移行(バックアップ・復元)の方法 | au

  1. iPhoneの初期設定を進める
    iPhoneの初期設定を進める
  2. 「iPhoneを設定」まで進んだら「iCloudバックアップから復元」を選ぶ
    「iPhoneを設定」まで進んだら「iCloudバックアップから復元」を選ぶ
  3. Apple IDとパスワードを入力して「次へ」をタップ
    Apple IDとパスワードを入力して「次へ」をタップ
  4. 利用規約で「同意する」にタップ
    利用規約で「同意する」にタップ
  5. 復元するバックアップを選択する
    復元するバックアップを選択する
  6. 復元が完了したら「続ける」をタップ
    復元が完了したら「続ける」をタップ

これでiCloudからのデータ移行は完了です。

データお預かりアプリでデータ移行する方法

アプリダウンロードはこちら
アップルストア

画像引用元:データお預かりアプリでデータ移行・バックアップ(iPhone/iPad) | データ移行(バックアップ・復元)の方法 | au

  1. データお預かりアプリを起動
    データお預かりアプリを起動
  2. 「同意して始める」をタップ
    「同意して始める」をタップ
  3. 「空メール送信画面へ」をタップ
    「空メール送信画面へ」をタップ
  4. SMSが起動するのでそのまま送信
    SMSが起動するのでそのまま送信
  5. アプリに戻って「OK」をタップ
    アプリに戻って「OK」をタップ
  6. 連絡先へのアクセスを許可する
    連絡先へのアクセスを許可する
  7. 「戻す」をタップ
    「戻す」をタップ
  8. iPhoneに取り込みたいデータを選び「戻す」をタップ
    iPhoneに取り込みたいデータを選び「戻す」をタップ
  9. データ移行が終わったら「完了をタップ
    データ移行が終わったら「完了をタップ
  10. auサーバー上のデータを残すか削除するか選ぶ
    auサーバー上のデータを残すか削除するか選ぶ

これでデータお預かりアプリでのデータ移行は完了です。

パソコンに保存した写真・動画をデータ移行する方法

  1. 設定を開き最上段の名前(Apple ID)をタップ
    設定を開き最上部の名前(Apple ID)をタップ
  2. 「iCloud」→「写真」とタップ
    「iCloud」→「写真」とタップ
  3. 「iCloud写真」をOFFにする
    「iCloud写真」をOFFにする
  4. パソコンでiTunesを開きiPhoneと接続する
  5. iTunesの「写真」タブをクリック
    iTunesの「写真」タブをクリック
  6. 「デバイスと写真の共有元」にチェックを入れる
    「デバイスと写真の共有元」にチェックを入れる
  7. データ移行したい写真のフォルダを選ぶ
    データ移行したい写真のフォルダを選ぶ
  8. 画面右下の「同期」をタップ
    画面右下の「同期」をタップ
  9. 同期が終わるまで待つ
  10. 設定に戻り「iCloud写真」をONにする

Googleフォトでデータ移行する方法

Googleフォトに写真・動画をバックアップした場合は、新しいiPhoneにGoogleフォトアプリを入れてログインするだけでOKです。

アプリダウンロードはこちら
アップルストア

ただし、Googleフォトに表示される写真はiPhoneに保存されているわけではなく、壁紙に利用したり編集したりするなら都度ダウンロードする必要があります。

Googleフォトからのダウンロード手順

  1. Googleフォトでダウンロードしたい写真を長押し
    Googleフォトでダウンロードしたい写真を長押し
  2. 他にもダウンロードしたい写真があれば選択する
    他にもダウンロードしたい写真を選択する
  3. 画面上部メニューの共有ボタンをタップ
    画面上部メニューの共有ボタンをタップ
  4. 「デバイスに保存」をタップ
    「デバイスに保存」をタップ

これでGoogleフォトの写真をiPhoneに保存できました。

au iPhoneへのデータ移行は結構カンタン!

今回はauでiPhoneに機種変更する際のバックアップとデータ移行について解説しました。

iPhoneのバックアップ・データ移行まとめ
  • iPhoneはバックアップ方法が豊富
  • iPhone同士のデータ移行はiTunesがおすすめ
  • Androidはデータお預かりアプリに電話帳バックアップ
  • Androidの写真はGoogleフォトへのバックアップがおすすめ
  • データが少ないならクイックスタートやMove to iOSが便利

最近はスマホ同士で直接データ移行できるようになりましたが、保存容量が多いと半日かかることもあります。

そのため、iPhoneに機種変更するなら、事前にバックアップを取っておいた方が無難です。

iPhone同士の機種変更なら、iTunesやiCloudで簡単にバックアップ・データ移行ができます。

一方でAndroidからiPhoneの機種変更では、電話帳の移行にデータお預かりアプリを利用するのが便利です。

写真や動画はデータ移行したい容量に合わせ、パソコンやGoogleドライブを利用するのがおすすめです。

いずれの方法も手順通り進めれば、新しいiPhoneへのデータ移行は簡単です。

これからauでiPhoneに機種変更する方は、この記事で紹介した方法でサクッとデータ移行してくださいね!

【2021年最新】auの機種変更で3万円お得にする方法|クーポン活用の手順

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)