auの機種変更をシミュレーション!月の支払いは結局いくらになるのか

  • 2021年6月10日
  • by.nuko

auの料金シミュレーション

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、auで機種変更をすると手数料や端末代金は毎月いくらになるかシミュレーションします。

機種変更したいけど、具体的にいくら必要になるかわからないと不安ですよね。

「機種変更するときはいくら必要?」
「月の支払いは結局いくらになるの?」

こうした方は、この記事で費用・料金をしっかりシミュレーションできるようになってください!

機種変更シミュレーションのポイント
  • 機種変更は機種代金と事務手数料が必要
  • かえトクプログラムで機種代金がお得になる
  • 事務手数料は最大3,300円
  • 5Gスマホにすると料金プランの変更が必要
  • au公式シミュレーションが便利!

トップ画像引用元:スマートフォン料金プランシミュレーション|スマートフォン・携帯電話 | au

auの機種変更でかかる費用一覧

購入したい機種を選択

画像引用元:スマートフォン・携帯電話 | au

まずは、機種変更でかかる費用をチェックしましょう。

auで機種変更すると、次の2つの費用が発生します。

機種変更の費用
  • 機種代金
  • 各種手数料
auの機種変更でかかる事務手数料・頭金まとめ|当日に支払いは必要?

機種代金

当然のことですが、機種変更すると購入した端末の機種代金が発生します。

機種代金は一括払いだけでなく、24回・36回・48回払いが選択できます。

auの分割払いは分割手数料なしなので、ハイスペックな高額モデルを購入する場合も安心して分割払いを選択できます。

また、2年ペースで新しいスマホに機種変更するなら、かえトクプログラムを利用すれば約6割の実質価格になります。

2年後にauに端末回収してもらう必要がありますが、頻繁に機種変更する方はかえトクプログラムを活用しましょう!

各種手数料

auで機種変更する際は、所定の事務手数料が発生します。

事務手数料の金額は最大3,300円で、現在の契約内容と購入する機種によって異なります。

ざっくりまとめてしまうと、契約種別が変わる機種変更なら3,300円、同じ契約種別の機種変更なら2,200円です。

機種変更の事務手数料例
  • 4Gスマホ→4Gスマホ:2,200円
  • 4Gスマホ→5Gスマホ:3,300円
  • 5Gスマホ→5Gスマホ:2,200円

なお、3GケータイやVoLTE非対応の4Gスマホを利用中の方は、事務手数料無料で機種変更できます。

3Gが停波する2022年3月は機種変更が殺到し、人気モデルは在庫切れになる可能性があります。

該当する方は、今のうちに機種変更しておいた方がいいかもしれません。

実店舗は頭金に注意!

auの機種変更をauショップや家電量販店で行う方は、頭金がないかよく確認しましょう。

総務省から指摘されて頭金を廃止するお店が増えていますが、「店頭支払い金」など名前を変えて継続しているお店もあります。

頭金はお店への手数料のようなもので、お店によって5,000円〜10,000円ほどかかってしまいます。

頭金がかかるお店で機種変更すると損なので、余計なコストを抑えるならauオンラインショップで機種変更した方がいいでしょう。

auで機種変更した際の端末代金をシミュレーション

続いてauで機種変更する際に、端末代金がいくらになるのかみていきます。

今回は次の人気3モデルを分割払いで購入した際に、月々の端末代金がいくらになるか表にまとめました。

シミュレーションする端末
  • iPhone 12シリーズ
  • Galaxy S21 5G
  • AQUOS sense5G

支払い総額はかえトクプログラムを利用するのが1番お得ですが、2年目に端末を回収してもらう必要があるので万人向きではありません。

1台のスマホを長く利用する方は、分割払い回数が多くして毎月の負担を軽くするのも1つの選択肢となるでしょう。

iPhone 12シリーズ

iPhone 12 Pro

iPhone 12シリーズは、モデルとストレージ容量で端末代金が異なります。

以下に全てのモデル・容量の端末代金をまとめました。

iPhone 12の端末代金

支払い回数64GB128GB256GB
かえトク
プログラム
2,410円×23回
(55,430円)
2,500円×23回
(57,500円)
2,845円×23回
(65,435円)
24回※4,309円×24回4,510円×24回5,101円×24回
36回※2,873円×36回3,007円×36回3,400円×36回
48回※2,154円×48回2,255円×48回2,550円×48回
一括払い
(分割総額)
103,430円108,260円122,435円
※初回のみ端数分で数円〜数十円高くなります。

iPhone 12 miniの端末代金

支払い回数64GB128GB256GB
かえトク
プログラム
2,095円×23回
(48,185円)
2,200円×23回
(50,600円)
2,535円×23回
(58,305円)
24回※3,752円×24回3,968円×24回4,554円×24回
36回※2,501円×36回2,645円×36回3,036円×36回
48回※1,876円×48回1,984円×48回2,277円×48回
一括払い
(分割総額)
90,065円95,240円109,305円
※初回のみ端数分で数円〜数十円高くなります。

iPhone 12 Proの端末代金

支払い回数128GB256GB512GB
かえトク
プログラム
2,945円×23回
(67,735円)
3,250円×23回
(74,750円)
3,910円×23回
(89,930円)
24回※5,312円×24回5,864円×24回7,007円×24回
36回※3,541円×36回3,909円×36回4,671円×36回
48回※2,656円×48回2,932円×48回3,503円×48回
一括払い
(分割総額)
127,495円140,750円168,170円
※初回のみ端数分で数円〜数十円高くなります。

iPhone 12 Pro Maxの端末代金

支払い回数128GB256GB512GB
かえトク
プログラム
3,300円×23回
(75,900円)
3,610円×23回
(83,030円)
4,220円×23回
(97,060円)
24回※5,912円×24回6,464円×24回7,564円×24回
36回※3,941円×36回4,309円×36回5,042円×36回
48回※2,956円×48回3,232円×48回3,782円×48回
一括払い
(分割総額)
141,900円155,150円181,540円
※初回のみ端数分で数円〜数十円高くなります。

「iPhoneは高い」というイメージを持っている方もいますが、かえトクプログラムや48回払いなら手が出しやすい金額に収まります。

iPhone 12を検討している方は、上記の価格を参考に分割回数を決めましょう!

Galaxy S21 5G

Galaxy S21 5G

画像引用元:Galaxy S21 5G(ギャラクシー エストゥエンティワン ファイブジー)SCG09 | スマートフォン(Android スマホ) | au

支払い回数端末代金
かえトク
プログラム
2,900円×23回
(実質66,700円)
24回払い※4,939円×24回
36回払い※3,292円×36回
48回払い※2,469円×48回
一括払い
(分割払い総額)
118,540円
※初回のみ端数分で数円〜数十円高くなります。

Galaxy S21 5Gは人気のGalaxyシリーズ最新モデルです。

最高峰スペックのAndroidですが、かえトクプログラムを利用して実質66,700円とかなり購入しやすい価格になっています。

もちろん、48回払いで長期間利用するという選択肢もありですね。

AQUOS sense5G

AQUOS sense5G

画像引用元:AQUOS 2020 秋冬 最新モデル|AQUOS:シャープ

支払い回数端末代金
かえトク
プログラム
1,150円×23回
(実質26,450円)
24回払い※1,662円×24回
36回払い※1,108円×36回
48回払い※831円×48回
一括払い
(分割払い総額)
39,890円

AQUOS sense5Gはコスパ重視の方に人気の1台です。

48回払いにすると月831円と、5Gスマホの中でも最安値級に!

そこまでスペックを求めていない方は、数あるスマホの中でもAQUOS sense5Gが1番いい選択肢になるでしょう。

au公式の料金シミュレーションが便利

auの最新端末は、ほとんどが5Gスマホになっています。

そのため、多くの方は機種変更と同時にプラン変更が必要になってしまいます。

利用するプランが変更されると、料金シミュレーションが面倒になりますよね。

しかし、au公式の料金シミュレーションを利用すれば、機種代金や補償オプションを含めた具体的な料金を簡単にシミュレーションできます。

以下に料金シミュレーション手順を解説するので、機種変更前にぜひ試してみてください!

料金シミュレーション手順

画像引用元:スマートフォン料金プランシミュレーション|スマートフォン・携帯電話 | au

  1. au公式の料金シミュレーションにアクセス
  2. 「機種変更」をタップ
    機種変更をタップ
  3. iPhoneかAndroidかを選択
    iPhoneかAndroidかを選択
  4. 支払い回数を選択
    支払い回数を選択
  5. 欲しい機種をタップ
    欲しい機種をタップ
  6. 機種代金をチェックして「この端末を選択する」をタップ
    機種代金をチェックして「この端末を選択する」をタップ
  7. 端末補償の要否を選ぶ
    端末補償の要否を選ぶ
  8. 下取り有無を選ぶ
    下取り有無を選ぶ
  9. 「料金プランをシミュレーションする」をタップ
    「料金プランをシミュレーションする」をタップ
  10. データ量や通話等の質問に回答し「結果画面を表示する」をタップ
    データ量や通話等の質問に回答し「結果画面を表示する」をタップ
  11. 月額料金と内訳をチェックする
    月額料金と内訳をチェックする

これで料金シミュレーションは完了です。

シミュレーション通りの内容で機種変更すれば、結果画面に表示された月額料金で利用できます。

また、今回は誰でも利用できる方法でシミュレーションしましたが、au IDでログインすれば契約内容を参照してより正確なシミュレーションをしてくれます。

機種変更する際は、auの料金シミュレーションは積極的に利用しましょう。

機種変更前に料金シミュレーションを活用しよう!

今回はauで機種変更した後に、月々の支払いがいくらになるのかシミュレーションする方法を解説しました。

機種変更シミュレーションまとめ
  • 機種変更は機種代金と事務手数料が必要
  • かえトクプログラムで機種代金がお得になる
  • 事務手数料は最大3,300円
  • 5Gスマホにすると料金プランの変更が必要
  • au公式シミュレーションが便利!

auの機種変更は端末代金と事務手数料だけでOKですが、5Gスマホを購入する際はプラン変更が必要です。

au公式サイトのシミュレーターを利用すれば、端末代金や光セット割引など全てを考慮した金額を簡単に計算できます。

機種変更後の料金がわからない方は、今回の解説を参考にしっかり料金シミュレーションしてから機種変更してください!

【2021年最新】auの機種変更で3万円お得にする方法|クーポン活用の手順

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)