リモートで母親をauからLINEモバイルに乗り換え(MNP)させた話

自分の携帯乗り換えではなく、親の携帯を乗り換えさせるお話です。しかもリモートで。携帯乗り換えの手続きは、名義人本人がしなければなりません。この考えるだけで大変な作業をノンフィクションでお届けします。よし松家17日間の奮闘録です。

  • 2020年9月14日
  • by.よし松

auとLINEモバイル

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイル

スマホメディアをやっていると、家族や同僚から「キャリアから契約更新の案内きてるんだけどどうすればいい?」と相談を受けることがあります。

今年の7月くらいに、母親からまさに相談を受けました「このままauでいいかな?」と。

めんどくさいから「ん、OK更新しちゃいな!」というのは1番簡単でしたが、まぁ仮にも30年くらい育ててもらった恩もあるので、ここらでいっちょ恩返しでもするか、と2tくらいある重い腰を上げました。

さて、私は多分仕事柄、普通の方より携帯の乗り換えについては詳しいです。だからこそ一筋縄ではいかんだろうなーとは予期していました。

そしてそれは杞憂ではなく、全くその通りになりました。ではストーリー仕立てで語ります。

まずは結論から↓

リモートで乗り換えさせて思ったこと
  • めちゃ大変
  • 親世代だけでは無理
  • 代理手続きできるようにして欲しい

母親から相談を受ける

auからの契約期間満了メール

スタートは2020年6月にauから契約更新の通知がきたところからです。

前でこそ契約更新の期間は1ヶ月でしたが、今は3ヶ月間の猶予があります。

という訳でこの段階で「auから乗り換えよう」と提案しました。

格安SIM何がいいかなーと思いましたが、LINEモバイルにしました。

母親に薦めようと思った格安SIM
  • LINEモバイル:一番使っているアプリだろうし、安心感を感じると思った
  • BIGLOBEモバイル:私とか同僚も使っている格安SIM。でも母親youtube見ないしあまり旨味ないと思った
  • 楽天モバイル:まだ未知数すぎる。田舎だから電波が心配だった

母親がよく何のアプリを使っているかは確認していません。全て息子の想像で判断しました。

LINEモバイルにしようと言った時も特に何も言ってきませんでした。予想通り。

auでMNP予約番号発行

腰が重すぎて2ヶ月くらい放置しました。時は8月下旬です。流石にそろそろ動かんとまずいと思い動き出します。

まずは一か八かです。

ラインやりとり

このライン一発でどうにかならんかと思いました。なりませんでした。

まぁまぁこれまでの恩を考えれば、丁寧に教えてやってもいいかとふんぞり返りました。

最初の指示は「MNP予約番号を取得して」です。

MNP予約番号をもらうまでの道のり

MNP予約番号とは電話番号そのままで乗り換える時に必要なものです。

auから発行してもらいます。My auからできるはずでしたが、契約内容の関係で出来なかったため、電話で行いました。

MNP予約番号を電話で取得する時のお約束といえば、そう、引き止めです。

2020年8月時点では11,000円のクーポンが出ました。これはauオンラインショップでも使え、iPhone 11などの最新機種にも使用可能とのことでした。

ついでに母親のステータスをば

母親のステータス
  • au歴:15年以上
  • 使っている機種:iPhone 6s
  • 月々の使用料:8,000円くらい

が、桜木ばりの断固たる意思で乗り換えを決行します。無事発行できたようで母親からラインがきました。

ラインやりとり
   
…少し意外でした。50を過ぎた母親がスクショで送ってきたことがです。

意外とスマホ使いこなしているなーと思いました。嬉しい誤算です。

これを見てお気づきかもですが、MNP予約番号には15日間という有効期限があります。

画像の2020/09/12の所です。ただこれは要注意!2020/09/12まで有効ですが、ほとんどの格安SIMでは残有効日数〇〇日以上でないといけません。

格安SIM会社のMNP予約番号有効日数
  • UQモバイル:取得日から2日以内
  • ワイモバイル:取得日から2日以内
  • BIGLOBEモバイル:発行日含め12日以上
  • OCNモバイルONE:発行日含め12日以上
  • LINEモバイル:発行日含め10日以上
  • mineo:発行日含め10日以上
  • IIJmio:発行日含め7日以上

こんなん経験ない人わかるわけない。そして日数が結構シビア。

ただ、もし過ぎたとしても、MNP予約番号を再度発行することは可能ですし、費用もかかりません。でも面倒ですよね。

この面倒により、乗り換え成就ならず!になりそうになりました。家の問題で。

詳しくは「父キレる」の章にて解説します。

なにはともあれMNP予約番号はクリアです。LINEモバイル申し込みにLet’s GO!

LINEモバイルに申し込み:仮申し込み完了まで

LINEモバイル申し込み

画像引用元:お申し込み前にお読みください|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

ここまでは予想外にスムーズにきてます。何だ楽勝か、とこの時は思ってましたがそうは問屋がおろしませんでした。

まずはLINEモバイル申し込みの全体像を把握しておきましょう。

LINEモバイル申し込みステップ
  1. 契約情報入力
  2. 仮申込完了
  3. 本人確認書類アップロード
  4. MNP情報審査
  5. 入力情報と本人確認書類照会
  6. 契約成立

LINEモバイルでの申し込み内容は下記の通りです。オプションは一切つけませんでした。

LINEモバイルの申し込み内容
  • データフリーオプション:LINEデータフリー
  • データ容量:6GB
  • 利用する回線の種類:au
  • SIMタイプ:音声通話SIM
  • 通話サービスオプション:「いつでも電話」アプリのみ利用
  • 端末購入の有無:SIMカードのみ
  • SIMカード選択:マルチSIM

次に手続き内容の選択です。ここでMNP予約番号が必要になります。

手続き内容の選択
  • 申し込み区分:他社からの乗り換え(MNP転入)
  • MNP予約番号入力:数字10桁
  • MNP予約番号の有効期限:2020年09月12日
  • MNP転入する電話番号:母親の携帯番号

OKOK、スムーズに進んでますよー次に契約者情報の入力です。ここでハマりました、が読み進めてください。

契約者情報の入力
  • 契約者名:母の名前
  • 性別:女性
  • 生年月日:母の誕生日
  • 住所:母の住所
  • メールアドレス:本人確認のため

これで規約を確認して同意し、「メールを送信する」を押下すれば仮申し込み完了です。

LINEモバイルに申し込み:本人確認書類アップロード→受付完了

仮申し込みが完了すると以下のメールが届きます。

LINEモバイル本人確認書類アップロードのお願い

ここに載ってるURLから遷移して、本人確認書類をアップロードしたり、支払い方法とログインアイパスを決めます。

仮申し込み後に届くメールのURLから遷移してすること
  • 本人確認書類アップロード
  • 支払方法選択
  • ログインID・パスワード入力

ここで母親の免許証をアップロードします。この免許証に記載の内容と、先ほど入力した契約者情報は一致していなければなりません。←ここ大事です。

その後、支払方法を選択し、ログインIDとパスワードを登録します。

入力事項はこれで最後で、確認し契約を成立させます。

すると下記のようなメールが届きます。

ラインからのメール

ふんふん受付は完了したようです。ヤッタネ!

LINEモバイルに申し込み:キャンセル地獄

次の日に2つのメールが届きました。

1つ目は契約成立のお知らせです。なんだ簡単じゃん、と思いました。

ラインからのメール

が安心した束の間、その4時間後に下記のメールがきました。

LINEモバイルからのキャンセルメール1

ラインからのメール

なん…だと…!母親の霊圧が消えt…じゃなくてMNP情報不備だと…

メールに申し込み内容書いてあるのですが、パッと見なにが悪いのかさっぱりわかりません。

母親の免許証の情報と入力情報の差異…見当たらない。だとすれば何か。

結論からいうと”名義人が母ではなく、父だったため“です。

そりゃ情報を見比べてもダメなわけです。だって入力する情報自体が違うのですから。

家族あるあるですね。携帯を買ってもらった私たちもきっと、最初は親名義だったでしょう。

母親の場合それがずっと父名義でした。はい、原因わかったので父名義で進めてもらいます。

これで万事OK!上手くいくと思ったのも束の間、またダメ出しされます。

LINEモバイルからのキャンセルメール2

ラインからのメール登録情報不備

え、何が違うの?と目を皿にして見比べます。あった!住所に「大字」がない。

郵便番号を入れると自動で住所が入ってくれるタイプで、それに「大字」が入っていませんでした。

そうよね、住所が免許証と違うもんね、うんうん。というわけで住所を正確にしてもう1回申し込みじゃ!

また同じメールが届きました。え、なに!?わからんわからん!(父・母・私の3人がかりです)

結局父本人が気づきました。「朗」の字が違う、と。正しくは「郎」でした。

いや自分の名前だろ。

父の言い訳は「だって手書きじゃないし」でした。チャンチャン。

サイドストーリー:父キレる

怒る男性

この登録情報不備のキャンセル地獄で四苦八苦している間に、MNP予約番号の有効期限が切れてしまいました。

再発行しなければなりません。そしてこれはauの名義人である父が行わなければなりません。

これもあるあるかもしれませんが、ウチの父は気が長い方ではありません。

何度も必要情報を入力し、その度にエラーがきて打ち直し、イライラしていたのでしょう。

そして最初にMNP予約番号を発行する時にも、きっと手間取ったのでしょう。電話も中々繋がらないですしね。

というわけで「再発行してくれ」と母が言うと、烈火の如く怒り始めたようです(母談)。

まぁね、貴重な休みの日に時間を削って手続きするわけですから、気持ちはわからないでもないです。

これで母親は諦めてしまいました。「色々してくれてありがとう、でも今回はauで継続するわ」と。

冒頭の方で頓挫しそうになったと言いましたが、理由はこれです。

LINEモバイルに申し込み:契約完了!

私は天邪鬼ですので、あれだけ腰が重かったはずなのに、父が切れて母が諦めたと聞いて、俄然やる気が出てきました。

ということで息子の出番です。

なんとかなだめすかして父にMNP予約番号を再発行してもらいました。

ふー母と一緒に胸を撫でおろしました。さて、新しいMNP予約番号も手に入った、情報の不備の箇所もわかった、完璧です。

よし、いよいよ障害はなくなった、再申し込みじゃ!で、きたメールがこちら。

ラインからのメールお申し込み内容の確認

悪夢再来。

諦めたらアカン…あんた、諦めたらアカン!

やばいって。これ以上親父に手間かけさせるのはやばいって。

いくら子供が可愛いと言っても、それは赤ちゃん〜幼稚園児くらいの話でしょう。

30過ぎの息子が「もう1回頼む」と言った所で、協力してくれるとは思えませんでした。

というわけで、一か八か同じ画像を再アップロードしました。

結果は…

ラインからのメール契約成立

通ったーーーー!!!イェッフューーーイ!

やりきりました。長い長い道のりをついに踏破し、auからLINEモバイルに乗り換えることができました。

8月23日から始動し、完了したのが9月8日です。都合17日間かかりました。

一応この後のフローをまとめておきます。メールのタイトルです。

契約成立後にくるメール
  1. SIMカード等発送のお知らせ
  2. MNP開通申し込み受付完了のご連絡
  3. サービス開始のお知らせ
  4. いつでも電話登録完了のお知らせ
  5. 月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン申込完了のお知らせ

いやー長かった。SIMカード入れたり、APN設定は意外と母親がすんなり自分でやってくれました。

そろそろ総括します。

全工程を完了して思ったこと

全工程完了して思ったことは「これ、親世代は無理だ」です。

というわけでキャリアやMVNOに要望したいです。「代理手続きを許可してくれ」と。

もしこれが出来てたらどんなにスムーズだった(父をキレさせなかった)か。多分auの名義人を私に変更すれば、それと同じような効果になったでしょう。

でも、それだと名義変更の手間と時間がかかります。

auでの手続きも、LINEモバイルでの手続きでも、代理人手続きを許可して欲しいです。

無論、代理人手続きを依頼するための手間はあっても構いません。名義人からの電話口で、依頼人が電話を代わり、名乗るとか。

でないといつまでも親世代は、使い方にマッチした携帯会社を選べないでしょう。

リモートで乗り換えさせて思ったこと
  • めちゃ大変
  • 親世代だけでは無理
  • 代理手続きできるようにして欲しい

母親への恩返し

昔は両親から与えられるばかりだし、やってもらうばかりでした。

それがいつの間にか逆転しています。こっちがやってあげる立場になってました。

時の流れを感じますね。恩返しと実益を兼ねて、今回は重い腰を上げることに。

リモートで指示するのは大変で、自分でやれたらどんなに楽だったか計り知れません。

でも、この数週間の苦労で、今後数十年間の携帯代が抑えられるとすれば、手間暇かけた甲斐もあったな、というものです。

この記事を読んだ方、親世代単独では携帯の乗り換えは難しいです。

家計を助けるため、恩返しのためにも携帯乗り換えを手伝ってあげませんか。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルPayPayボーナス
ワイモバイルPayPayボーナス
この記事を書いた人
よし松
よし松
山形出身。ゆとり第一世代に属し、大学4年の時は就職氷河期を味わう。ろくすっぽ就活をせずに麻雀に明けくれ新卒採用を逃す。中学3年生で初めて携帯を持ち、23歳でiPhone 4を購入。以後iPhone 6→iPhone XS。AirPodsとMacを持ってスタバにいくズブズブスタイル。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ