auへ乗り換えて最新機種をお得にゲット!MNPキャンペーンを紹介

  • 2020年1月22日
  • by.ユキチ

au

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホの機種変更や買い替えは他社への乗り換えを考えるよいタイミングです。

乗り換え(MNP)をすると新しいキャリアで最新機種をお得にゲットできるチャンスもあります。

この機会にぜひ確認しておきましょう!

この記事では、auに乗り換える際に役に立つ販売店の情報やMNPキャンペーンをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

乗り換え時にチェックしたい項目はこちら!
  • MNPの高額キャッシュバックは消滅したのか
  • auの乗り換え手続きはどこでするのがいい?
  • オンラインで購入する場合はどこを利用するのがいい?
  • 現行のMNPキャンペーンをチェック!

 大手キャリアのMNPキャンペーンは縮小傾向

auへMNP

画像引用元:お申し込みガイド | au Online Shop(エーユー オンライン ショップ)

昨年は大手キャリアのMNPキャンペーンに大きな変化があったことをご存じでしょうか。

これまでの「MNPキャンペーン」といえば、他社からの乗り換えで機種代金を無料~数万単位で割り引くタイプや、高額キャッシュバックのことを指していました。

しかし、「購入者の正確な理解が妨げられ、適切かつ自由なサービス選択が阻害される」「利用者間の不公平が生じる」などの理由から、スマホの販売手法に対する規制が強まり、キャンペーンは自粛傾向へ。

auの「iPhone MNP au購入サポート」や「Android MNPau購入サポート」といった代表的なキャンペーンも、2019年9月に終了してしまいました。

2019年中に終了したMNPキャンペーン

キャンペーン名割引・キャッシュバック
初スマホ割
機種代金
最大37,800円(税込)割引
カケホ割60
翌月から
永年1,000円/月割引
カケホ割60:auピタットプラン
(カケホ/s)
翌月から
永年1,000円/月割引
iPhoneおトク割
機種代金
最大10,800円(税込)割引
iPhone MNP au購入サポート機種代金
最大32,400円(税込)割引
Androidおトク割
機種代金
最大32,400円(税込)割引
Android MNPau購入サポート機種代金
最大59,400円(税込)割引
ケータイ→auスマホ割(s)
翌月から
永年1,000円/月割引
BASIO3購入サポート機種代金
最大32,400円(税込)割引
mamorino4おトク割機種代金
最大 5,400円(税込)割引
miraieおトク割機種代金
最大10,800円(税込)割引
【第一弾】HUAWEI P20 lite
ご購入キャンペーン
au WALLET
プリペイドカードへ
3,000円(不課税)
キャッシュバック

しかし、MNPによる特典が根こそぎ消滅してしまった訳ではありません。

au店舗やオンラインショップを始めとする販売店では、ユーザーにお得に感じてもらえるように、何かしらの策を講じているようです。

au乗り換え(MNP)で高額キャッシュバックをもらう方法【2020年最新】

MNPする場所によってお得度に差がある

MNP

お得にMNPしたい場合、どの販売店で購入するかが1つのポイントになってきます。

割引やキャッシュバックの有無が異なる場合があるので必見です。

2020年1月時点で、auのMNPを取り扱う窓口には以下のようなものがあります。

auのMNP取り扱い窓口とその特徴(2020年1月版)

乗り換え窓口メリットデメリット
街中のau店舗・公式だから安心
・対面で料金プランをじっくり相談できる
・頭金が発生する
・待ち時間が長い
auオンラインショップ・公式だから安心
・24時間365日受付可能
・頭金0円
・au店舗限定のキャンペーンが適用されない(→『LG it』バッテリープレゼントなど)
・下取りプログラムで進呈されるポイントが機種変更の注文後に適用されるため、その回の機種代金に充当できない
auのWeb販売店・機種代金が数千円~10,000円程度安い場合がある・申込書を郵送でやりとりするなどの手間があり時間がかかる
テルルやカメラのキタムラなどの併売店(ケータイ専門店)・au店舗よりキャッシュバックがある可能性が高い・頭金が必須で高め
・同じ系列でも店舗による施策が異なる
大手家電量販店・系列家電量販店で使えるポイント還元を期待できる・全キャリアの商品を扱うため機種や料金プランを見定めるのが大変
・待ち時間がある

総合的に考えると、公式窓口である街中のau店舗とauオンラインショップがおすすめです。

特に、機種変更を伴うMNPの場合は、auオンラインショップを利用した方がお得になります。

すべての手続きがインターネット上だけで済みますし、何より機種購入時の頭金がかかりません。

頭金とは

ケータイやスマホ購入時に発生する「頭金」は、一般的な意味での「頭金」ではないので注意してください。

これは販売手数料に近いもので、各店舗で独自に設定することができます。

つまり、auショップなどでは、「携帯電話の機種代金」に「頭金分の金額」を上乗せした上で販売しているということです。

家電量販店で購入した場合

大手家電量販店のau契約窓口でスマホを購入すると、家電量販店独自のポイントがもらえます。

例えばビックカメラの場合は、購入代金の8%~10%分のビックポイントが付与されるので、数万円するスマホを買えば、かなりの恩恵を受けられるでしょう。

ただし、頭金が高めに設定されている点には注意が必要です。

auのWeb販売店は機種代金が安いけれど…

レクサスプランニングなどのauのWeb販売店は、機種代金が数千円~10,000円程度安くなっているケースもあります。

ただし、au店舗なら即日で利用開始となるところを、申込書から郵送でやり取りしなければならず、時間と手間がかかるというデメリットもあるので気を付けましょう。

auオンラインショップとWeb販売店はどちらがお得?

au オンラインショップ

画像引用元:au Online Shopなら、頭金なし!送料無料!来店不要! | au Online Shop

仕事などが忙しい方にとって、いつでもどこでもお買い物ができるネットショップは強い味方ですよね。

auへのMNP手続きも、以下のオンライン窓口で行うことができます。

auへのMNPで使えるオンライン窓口
  • auオンラインショップ
  • レクサスプランニングなどのWeb販売店

auオンラインショップでMNPする際のポイント

auにMNPする際に最も利用されているオンライン窓口はauオンラインショップです。

au公式サイトとの連携も厚く、手続きにかかる時間が短いなどのメリットがあります。

au店舗の待ち時間や店舗の行き来にかかる時間も完全にカットできるので、忙しい方に向いている方法です。

auオンラインショップのメリット
  • 24時間365日いつでも手続き可能
  • 待ち時間がない
  • 頭金が発生しない
  • 送料無料(2,500円以上で送料無料)で自宅に届く
  • 店舗の営業を受ける可能性がなく、自分のペースで手続きできる

一方、auオンラインショップのデメリットは以下のとおりです。

auオンラインショップのデメリット
  • 実機のチェックができない
  • 一括払いができない
  • キャンペーン以外の機種代金の値引がない
  • 下取りプログラムで進呈されるポイントはその回購入する機種代金に充当できない
  • 初期設定を自分で行う必要がある

オンラインショップという性質上、実機を手にとって確かめることはできません。

実機を触ってみたい場合は、あらかじめauの店舗や家電量販店などで触れておき、帰宅後に契約するとよいでしょう。

また、auオンラインショップの下取り進呈ポイントは購入後に付与されます。

スマホの購入手続き時には充当できません。

Web販売店でMNPする際のポイント

続いて、レクサスプランニングを始めとするauのWeb販売店を利用する場合です。

前述のauオンラインショップより機種代金がお得になることがあるものの、利用開始までのステップが多いため、時間に余裕がある方向けの方法となっています。

auを取り扱うWeb販売店のメリット
  • auオンラインショップより機種代金が安い
  • auのキャンペーンはすべて適用できる

auのWeb販売店は正規代理店なので、auが行っているキャンペーンや割引サービスはすべて利用できます。

auを取り扱うWeb販売店のデメリット
  • 実機のチェックができない
  • 申込書を郵送でやり取りする必要がある

一方のデメリットは、とにかく時間がかかってしまうことです。

開通させるためには、次のようなステップを踏むことになります。

  1. サイト上で申し込む
  2. 販売店から電話で確認があるので申込書の郵送を頼む
  3. 届いた申込書を記入して返送する
  4. 販売店で契約手続きが行われてやっと開通

そのため、利用開始までに最短4日はかかると考えて動くようにしましょう。

auオンラインショップで機種変更する7つのメリットとデメリット

auにMNPで乗り換えるときに使える各種特典

au MNP

冒頭でご紹介しましたが、大きな恩恵があるMNPキャンペーンは縮小傾向にあります。

ただ、中には条件や割引額が見直され、新しい形で誕生したキャンペーンもあるのです。

そこで、2020年1月時点でauへの乗り換えが条件となっているキャンペーンをご紹介します。

auへのMNPが対象となるキャンペーンはこちら
  • 下取りプログラム(乗りかえ)
  • ケータイ→auスマホ割プラス
  • ケータイ→auスマホ割
  • auケータイデビュー割
  • 新カケホ割60
  • 『LG it』バッテリープレゼント

下取りプログラム(乗りかえ)

下取りプログラムは、MNP&スマホの購入と同時に旧機種を下取りに出すことで、新しいスマホの機種代金が割り引かれるプログラムです。

たとえばiPhone XS Max 512GBの引き取りなら最大67,100円、iPhone 4/3GS/3Gといったかなり昔のスマホも最大2,200円還元されます。

適用条件
  • MNPと同時にauスマホ、iPhone、auケータイもしくはauタブレットを購入すること
  • 下取り対象機種が故障、水濡れなどがなく正常に動くこと

画面割れがあっても、充電や動作に問題がなければ、ワンランク下の価格で引き取ってもらえます。

旧機種の廃棄方法に悩んでいる方はぜひ利用してくださいね。

なお、下取り対象機種は個別に割引額が設定されています。

機種名通常品の
下取り価格
画面割れ品
iPhone XS Max
(64GB/256GB/512GB)
56,100円
64,350円
67,100円
16,500円
19,250円
19,800円
iPhone XS
(64GB/256GB/512GB)
45,100円
52,800円
55,000円
13,200円
15,400円
16,500円
iPhone XR
(64GB/128GB/256GB)
30,800円
36,300円
38,500円
8,800円
10,450円
11,550円
iPhone X
(64GB/256GB)
40,700円
45,100円
12,100円
13,200円
iPhone 8 Plus
(64GB/256GB)
29,700円
33,550円
8,800円
9,900円
iPhone 8
(64GB/256GB)
21,450円
27,500円
6,050円
8,250円
iPhone 7 Plus
(32GB/128GB/256GB)
19,800円
21,450円
25,300円
5,500円
6,050円
7,150円
iPhone 7
(32GB/128GB/256GB)
11,550円
14,300円
17,050円
3,300円
3,850円
4,950円

ケータイ→auスマホ割プラス

AQUOS K SHF34

画像引用元:AQUOS K(アクオス ケー) SHF34 | ケータイ | au

「ケータイ→auスマホ割プラス」は、他社からの乗り換え時に指定の料金プランに加入すると、通話もデータも込みで翌月から1年間利用料が割引になるキャンペーンです。

対象となる料金プランは下記です。

  • auピタットプラン(カケホ/s)
  • auピタットプランN(スーパーカケホ/s)
使用GB割引・
キャッシュバック
2年目以降
~1GB翌月から1年間
980円/月~
1,980円/月~
5GB超~20GB翌月から1年間
4,480円/月~
5,480円/月~

さらに、今期のキャッシュレス決済でau PAYを使うと、ダブルでポイントが溜まっていくのでお得です。

キャッシュレス決済でダブルでポイントが溜まる仕組み
  • キャッシュレス決済……最大5%還元
  • au PAY……200円ごとにau WALLETポイントが1ポイント溜まる(スマートパスプレミアム会員なら3ポイント)

ケータイ→auスマホ割プラスの受付期間は2020年3月31日まで

キャッシュレス決済の実施期間は2020年6月30日までと、時期が異なる点にご注意ください。

ケータイ→auスマホ割

1GBまで980円/月から利用できるキャンペーンがもう1つあります。

「ケータイ→auスマホ割」は、2019年10月1日以降に、対象プランが「新auピタットプランN」に変更されたキャンペーンです。

上でご紹介したケータイ→auスマホ割プラスとの違いは、通話料などに表れています。

ケータイ→auスマホ割プラスは、1回5分以上の通話で30秒につき20円が発生しますが、auスマホ割プラスの場合は、最初から30秒につき20円の通話料がかかります。

料金プラン通話定額サービス割引・
キャッシュバック
新auピタットプランN加入なし
通話定額ライト
翌月から1年間
-1,000円/月
通話定額翌月から1年間
-1,700円/月

auスマホ割プラスの受付は2019年10月1日から始まっており、今のところ終了日は設けられていません。

auケータイデビュー割

auケータイデビュー割

画像引用元:auケータイデビュー割

「auケータイデビュー割」は、他社からのMNPで対象のauケータイ(4G LTE)を購入すると、機種代金から22,000円(税込)割引されるキャンペーンです。

こちらも以前からあったもので、2019年10月1日以降は条件の一部が変更されています。

機種代金の最大割引額は下がったものの適用条件が緩和され、対象プランに加入しなくてもOKになりました。

対象機種を購入するだけで適用となる、とてもシンプルな仕組みです。

対象機種割引額
・AQUOS K SHF34
・GRATINA KYF37
・MARVERA KYF35
・GRATINA KYF39
・かんたんケータイ KYF38
・INFOBAR xv
機種代金22,000円割引

auケータイ(3G)は2022年にサービスを終了してしまいますが、対象機種はすべてスマホと同じ高速通信(4G LTE)を利用するタイプなので、安心して長く利用できます。

新カケホ割60

AQUOS sense2 かんたん

画像引用元:AQUOS sense2 かんたん 通販 | au オンラインショップ | 価格・在庫情報

「新カケホ割60」は、契約者が60歳以上かつ下記の3つの項目を満たした場合に、利用料金が1,000円/月割引になるキャンペーンです。

適用条件
  • 「新カケホ割60」に申し込む
  • 対象機種(AQUOS sense2 かんたん/BASIO 3/LG it)を購入、持ち込み、利用中のいずれかであること
  • 「新auピタットプランN」「通話定額」へ加入する

条件は厳しめですが、国内通話が24時間かけ放題になるのは魅力的です。

通話が趣味!という方はこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

『LG it』バッテリープレゼント

LG it

画像引用元:au公式サイトLG it LGV36

続いてのキャンペーンは、au店舗でLG it LGV36を購入する際、先着で予備バッテリーがプレゼントされるというものです。

通常、Androidのバッテリーは約2~3年で消耗を始め、やがて完全に充電できなくなり交換が必要になります。

LG it LGV36のバッテリーは、auオンラインショップで2,970 円(税込)で販売されていますが、無料でもらえるのはありがたい話です。

こちらのキャンペーンは、auオンラインショップで購入した場合は対象とならないのでご注意ください。

LG it LGV36の購入を検討している方はぜひチェックしておきましょう!

auへMNPするならauオンラインショップ経由がお手軽!

auロゴ

画像引用元:【au Online Shop】 au製品の通販 オンラインショップ

ここ数年はスマホの販売手法に対する規制が強まり、以前のような極端な機種代金の値引きや高額キャッシュバックはなくなりつつあります。

残念ではありますが、好待遇の一方で囲い込みを狙った契約や、長年キャリアを利用している人が損をする仕組みが改善されるのならプラスとも考えられるでしょう。

今後は新しいキャンペーンや販売店ごとの特典を活用することが、賢く乗り換えるポイントになるのではないでしょうか。

特に機種変更を伴うMNPの場合は、auオンラインショップでの手続きがおすすめです。

店舗購入時にかかる頭金が発生しませんし、365日・24時間、いつでもどこでも手続きができます。

今後もMNPキャンペーンの最新情報をチェックして、auにお得に乗り換えましょう!

【2020年】auスマホ機種おすすめランキング|最新端末を価格・スペックで比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ユキチ
ユキチ
モバイル市場でITサービスに携わって以降、気になるポイントをご紹介しています。私生活は利便性よりセキュリティ&プライバシー重視、石橋を叩いて渡るタイプです。現在はiPhone XRを愛用中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ