auで分割払いできない原因と対処法

auで分割払いできない?分割審査に落ちた原因7つと対処法6つ

  • 更新日:2024年5月28日
  • 本記事には広告が表示されます

この記事では、auの機種変更や新規契約時の分割払いで審査落ちした場合の原因と対処法をまとめて解説します。

最近はスマホ価格は高騰していますが、auは「スマホトクするプログラム」を利用することで実質価格が安い機種が増えています。

しかし、分割払いの審査に落ちるとお得な実質価格での購入ができません。

分割審査に落ちて困っている人もこれからauの人気機種を購入したい人も、この記事で原因と対処法をチェックしてお得に新しいスマホをゲットしてください。

auで分割審査に落ちた原因7つと対処法6つ

auで分割審査に落ちた原因7つ

auで分割審査に落ちた時の対処法6つ

※最新情報はau公式サイトをご確認ください。

auならオンラインショップがおトク!

  • au Online Shopスペシャルセールで最大22,000円割引!
  • 5G機種変更おトク割の5,500円割引と組み合わせると合計最大27,500円割引!
  • 「Xperia 1 V」も合計最大22,000円割引になる今がチャンス!

auの分割審査に落ちる原因7つ

iPhone15 Proディスプレイ

まずは、auの分割審査に落ちる主な原因を確認しましょう。

auの分割払い審査の基準は非公開ですが、主に次の原因があるとされています。

それぞれの原因をもう少し詳しくみていきましょう。

au料金の滞納・未納がある

現在auの料金に滞納・未納がある、または、過去に滞納・未納した経験があると分割審査に落ちやすくなります。

現時点で滞納している料金がある場合、そもそも分割払いの審査すら行われずに一律NG判定を受けます。

一方で、現在は滞納なく支払っている場合でも、過去の滞納金額や滞納期間によっては審査NGになることも。

この原因が該当する人は、「au料金の滞納・未納した時の対処法」をチェックしてください。

auの分割払い(割賦契約)が3台ある

auでは、1つの回線に対して最大3台分の機種代金を分割払いできます。

そのため、すでに3台分の分割払いがある場合、4台目を買おうとすると一括払いしか選択できません。

吹き出しアイコン

最大3台の計算は契約名義単位ではなく、1つの電話番号につき3台までです。

この原因が該当する人は、「auの分割払い(割賦契約)が3台ある時の対処法」をチェックしてください。

クレジットカードやローンの滞納経験がある

auの分割払いでは、複数の信用情報機関を照会して分割審査を行います。

auが照会する信用情報機関
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
    →クレジットカードの信用情報を管轄
    →割賦販売法の指定機関のため必ず照会される
  • 全国銀行 個人信用情報センター
    →ほぼ全ての銀行が加盟する「一般社団法人全国銀行協会(全銀協)」が運営の信用情報機関
    →銀行・信託銀行・信用金庫のローン契約の信用情報を管轄
    →主に10万円以上の機種購入時に照会される
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
    →消費者金融の信用情報を管轄
    →主に10万円以上の機種購入時に照会される

クレジットカードやローンで滞納があると、「事故情報」が信用情報に記載されます。

この事故情報が残っている間は、まず分割審査に落ちると考えていいでしょう。

この原因が該当する人は、「クレジットカードやローンの滞納した事がある時の対処法」をチェックしてください。

10万円以上の機種購入

auで10万円以上のスマホを購入する場合、割賦販売法に基づきルール通りの分割審査が行われます。

具体的には、収入や借入・ローン状況、持ち家・賃貸や扶養家族などを申告し、動かせる金額が算出された上で信用情報とあわせて支払い能力を審査されます。

そのため購入するスマホが10万円以上の場合、経済状況によっては分割審査に落ちる可能性が高まるということです。

吹き出しアイコン

10万円以上の分割審査の厳しさは一般的なものです。割賦販売法に基づき、10万円未満は審査が簡略化されるため通りやすい傾向にあります。

この原因が該当すると感じる人は、「10万円以上の機種購入する時の対処法」をチェックしてください。

過去の信用情報が全くない

最近は非常にレアなケースになりましたが、これまで1回もクレジットカードやローンの利用経験がない場合、分割審査に落ちる可能性があります。

※クレジットカードを持っていても、1回も支払いに使ったことがない場合は該当するかもしれません。

理由は単純に信用情報が全くないことで、支払い能力を判断できないためです。

この原因が該当する人は、「過去の信用情報が全くない時の対処法」をチェックしてください。

auの支払い方法が払込用紙

auの分割払いを利用するためには、月々の支払い方法がクレジットカードか口座振替に設定されている必要があります。

何かしらの理由で毎月払込用紙で支払っていると分割払いが選択できません。

なお、支払い方法が払込用紙では、auオンラインショップでの機種購入もNGです。

この原因が該当する人は、「auの支払い方法が払込用紙の時の対処法」をチェックしてください。

auに不適切であると判断された

最後に、auが不適切であると判断した申し込みでは分割審査が通らない可能性があります。

不適切であると判断される一例
  • 新規契約→短期解約を繰り返した経歴がある
  • 過去に異姓同名かつ同一契約住所で高額な未納がある
  • 乗り換えで契約→即他社に乗り換えの経歴がある

不適切と判断される理由は様々考えられますが、もしこの原因だった場合はau回線契約すらNG(ブラックリスト入り)の状態です。

2023年末まで家電量販店で行われた「投げ売り」を複数回線で何度も利用し、即乗り換えしていた場合に該当するかもしれません。

この原因だった場合、対処法はないので他キャリアの利用を検討した方がいいでしょう。

auの分割審査に通るための対処法6つ

iPhone15 ProとiPhone14 Pro

ここからは、auの分割審査に通るための対処法を解説します。

先にお伝えした分割審査に落ちる原因に心当たりがある人は、該当する対処法をチェックしてください。

au料金の滞納・未納した時の対処法

au料金の滞納・未納が原因で分割審査に落ちる場合、すぐ滞納中の料金を支払いましょう。

滞納中の料金があると、auショップの登録マシンですら分割払いが選べない状態になっています。

支払い完了後も、これまでの滞納状況によってはしばらく分割払いNG状態が続くことも。

滞納料金をなくしても分割払いできない場合、半年〜1年ほど遅れなく料金を支払えば分割払い可能になる傾向にあります。

auの分割払い(割賦契約)が3台ある時の対処法

auですでに分割払いが3台分ある場合、支払い中の分割払いを2台以下にすることで対処できます。

分割払い台数を減らす方法
  • 1番古い機種の分割払い満了月まで待つ
  • My auで一括精算の手続きをする

なお、一括精算を選択した場合、翌月請求分と合算されます。

吹き出しアイコン

支払い完了後に分割払い可能になるので、すぐ新しいスマホが必要ならauショップで一括精算しましょう。

クレジットカードやローンの滞納した事がある時の対処法

クレジットカードやローンを滞納したことがある場合、信用情報の金融事故の情報の期限を迎えるまで待つことで、auの分割払いが利用できるようになります。

例えば、CICなら完済(事故情報の訂正)から5年後に事故情報が削除されます。

そのため、クレジットカードやローン滞納が原因の場合、信用情報の状態によって、今後のスマホ購入方法の選択肢が変わります。

  • まだまだ事故情報の期限が遠い→一括払いが安い機種を検討
  • まもなく事故情報がなくなる→期限切れを待って分割払いで購入

過去に滞納した記憶がある人は、こちらを参考に信用情報の状態を確認して今後の方針を決めましょう。

10万円以上の機種購入する時の対処法

10万円以上の機種では分割審査に落ちるる場合、次の3つの対処法があります。

  • キャンペーン・割引で価格が10万円未満のスマホを購入する
  • Pontaポイントを利用して分割前の総額を10万円未満にする
  • 収入や借入状況を詳細に記入する

基本的には、分割前の機種代金が10万円未満のスマホを選ぶ、またはPontaポイント利用で10万円未満に抑え込む必要があります。

※ネット上には「頭金としていくらか支払って10万円以下にする」という情報がありますが、auに一部入金するシステムはありません。

また、過去にショップで受付した中に、年収やローンの状況をキリのいい金額に切り捨てで申告して審査落ちた人が、後日明細を確認した上で超詳しく申告したら審査に通ったケースもありました。

稀なケースでしょうが、事前に正確な収入やローン・借入の残高を確認して正確な金額を申告して申し込むことで、審査に通りやすくなるかもしれません。

過去の信用情報が全くない時の対処法

これまでクレジットカードの利用やローン契約の利用がゼロで審査落ちした人は、機種代金を一括払いで購入するしかありません。

もし次回の機種変更時に分割払いを利用したい場合は、au PAYカードなどのクレジットカードを作り、au料金をクレジットカード払いにしましょう。

差し当たり、1年ほどクレジットカードで支払いして1回も遅れがなければ、次の機種変更は分割払いできるでしょう。

auの支払い方法が払込用紙の時の対処法

auの分割払いを利用するには、月々の支払い方法をクレジットカードまたは口座振替に設定する必要があります。

何かしらの理由で払込用紙での支払いになっている人は、auで機種購入する前にMy auで支払い方法を変更しておきましょう。

なお、支払い方法が払込用紙になっていると、auオンラインショップでの手続きもできません。

auの審査とは?

auショップ ららぽーとEXPOCITY

画像引用元:auショップ | ららぽーとEXPOCITY

auの審査は、契約自体の審査と機種代金の分割払いの審査の2種類があります。

auの審査は2種類

それぞれの審査内容をもう少し詳しくみていきましょう。

契約審査

au マネ活プラン

画像引用元:auマネ活プラン | au

auの契約審査の内容は非公開ですが、契約審査に落ちるケースを見ると次のような内容を審査しているようです。

契約審査の内容
  • 新規・乗り換え
    ・過去に同一名義の強制解約・未納料金がないか
    ・他キャリア・サブブランドに未納料金がないか
    ・短期解約を繰り返すなどの不正利用の疑いがないか
  • 機種変更・契約変更
    ・auに滞納中の料金がないか

機種変更の場合、現時点で滞納中の料金がなければ手続きできます。

ただ、滞納歴の状況によっては分割審査ができず、一括払いのみなら手続き可能というケースもあるので注意しましょう。

一方で、新規契約や乗り換えの場合は他キャリア・他サブブランドに未納料金がある場合や、過去にauの強制解約・複数回の短期解約があると契約審査に落ちるケースが見受けられます。

つまり、auの契約審査は「契約後に普通に使いってくれて、料金を遅れ支払ってくれるユーザーなのか?」を見ているということです。

分割審査

先述した通り、auの分割払いでは信用情報機関の登録内容を照会し、高額なスマホ本体の分割払いを支払う能力があるか審査されます。

最新の2024年2月版の分割払い規約に掲載されている照会先の信用情報機関は以下の通りです。

auが照会する信用情報機関
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
    →クレジットカードの信用情報を管轄
    →割賦販売法の指定機関のため必ず照会される
  • 全国銀行 個人信用情報センター
    →ほぼ全ての銀行が加盟する「一般社団法人全国銀行協会(全銀協)」が運営の信用情報機関
    →銀行・信託銀行・信用金庫のローン契約の信用情報を管轄
    →主に10万円以上の機種購入時に照会される
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
    →消費者金融の信用情報を管轄
    →主に10万円以上の機種購入時に照会される

割引後の機種代金が10万円未満のスマホならCICで簡略化された分割審査、10万円以上のスマホなら全ての信用情報機関に照会が行われます。

その上で、手続き中に申告した収入や借入・ローンの状況を総合的に判断し、機種代金の分割払いを滞りなく支払う能力があるか審査されます。

信用情報は開示請求できる

過去に滞納した記憶がある人は、auの分割審査が通るか不安を感じるかもしれません。

特に店頭で手続きを希望する場合、「スタッフとの対面で審査落ちしたら恥ずかしいから怖い」という人も結構多いようです。

そんな時は、ご自身の信用情報がどうなっているのか開示請求してみましょう。

※開示請求の方法はネットや郵送がありますが、ここではネットで開示請求する場合をまとめます。

信用情報機関の開示請求について
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
    インターネット開示ページから申し込み
    ・手数料:500円
    ・事故情報:返済状況の項目に「異動」と記載
    ・掲載期限:延滞解消日の項目の日付から5年
  • 全国銀行 個人信用情報センター
    インターネット開示ページから申し込み
    ・手数料:1,000円
    ・事故情報:返済区分に「延滞」と記載
    ・掲載期限:延滞解消日の項目の日付から5年
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
    開示請求ページから申し込み
    ・手数料:1,000円
    ・事故情報:異動参考情報等に「延滞」と記載
    ・掲載期限:異動参考情報等に「延滞解消」と記載された日付から5年

信用情報に事故情報の記載がなければ、問題なく分割審査に通るはずです。

一方で、事故情報の記載がある場合は、掲載期限を過ぎれば信用情報がクリアになります。

なお、事故情報が掲載されている間はauだけでなく、すべてのキャリアの分割審査に落ちる可能性が高い状態と考えてください。

そのため、事故情報の掲載期限がまだまだ先なら、一括払いで購入できる機種を検討した方がいいでしょう。

auの分割審査の結果を確認する方法

au

画像引用元:au

続いて、auの分割審査の結果を確認する方法を解説します。

auショップや家電量販店で機種を購入する場合、その場で分割払いの審査が行われて数分〜10分程度で審査結果がわかります。

auオンラインショップの場合は以下の方法で確認しましょう。

auの分割審査結果を確認する方法
  • 発送準備メールを確認
  • auオンラインショップの注文履歴を確認

auオンラインショップで申し込むと、審査完了〜発送までの間に発送準備のメールが届きます。

このメールが届いた段階で審査に通ったと判断しましょう。

また、auオンラインショップの注文履歴でも申し込みステータスが確認できます。

ステータスが「登録準備中」なら審査中、「登録済み」「出荷済み」なら問題なく審査に通過したと判断できます。

auの分割審査でよくある質問

よくある質問

最後に、auの分割審査に関してよくある質問に回答します。

auオンラインショップの分割審査にかかる時間はどれくらい?

当日中〜3日を目安にしましょう。

au公式に分割審査にかかる時間は公開していませんが、お届け目安が通常2〜4日、機種変更の場合は最短当日も可能となっています。

上記の目安を過ぎても分割審査が終わらないようなら、メッセージサポート等で問い合わせてみましょう。

auショップ(店頭)の分割審査にかかる時間はどれくらい?

通常、数分〜10分程度が目安です。

著者も先日試しに店頭で乗り換えでPixel 8を購入しましたが、5分程度で「無事審査に通りました。」と言われました。

ただ、店頭では待ち時間や重要事項説明など必ず聞かなければいけない案内に時間がかかるので、慣れている人はauオンラインショップの方がおすすめです。

auの分割審査は厳しいって本当?

審査の基準はキャリア共通で、auだけ特別厳しいわけではありません。

どのキャリアも割賦販売法に基づきCICでの分割審査を行い、キャリアは審査結果を受けて手続きするだけです。

つまり、キャリアによって審査の厳しさが変わるわけではありません。

※過去に大幅に遅れた滞納・未納があると、一定期間滞りなく支払うまでCICへの分割審査申請をしてくれない状態になります。
この状態からの復活は各キャリアの判断のため、滞納での審査NGの場合の復活待ち期間には違いがあるかもしれません。

auの分割払いは10万円以下でも審査がある?

機種代金の大小に関わらず、分割払いには必ずCICでの審査があります。

10万円未満のスマホが審査に通りやすいのは、法律で簡易的な分割審査でOKとなる特例が適用されるためです。

審査自体はあるため、クレジットカードやローンの滞納があると審査に落ちる可能性があります。

auで審査落ちした心当たりない時はどうすればいい?

auの滞納がないかの確認と信用情報機関への開示請求で状況を調べましょう。

au料金をクレジットカードや口座振替にしていると、支払えなかったのに気づかず滞納している可能性があります。

また、信用情報は金融事故発生から5年間は掲載されるため、実はまだ事故情報が掲載中という可能性もあるでしょう。

他にも第三者が不正利用したことが原因で何かしらの事故情報が掲載されている可能性もゼロではないので、念のためしっかり調べてください。

auオンラインショップで審査が落ちたのはなぜ?

auオンラインショップでの審査落ちは入力ミスや本人確認書類が不鮮明などの可能性も考えられます。

店頭ではスタッフが必要な情報入力と本人確認書類をスキャンするので、情報の不備が原因での審査落ちはまずありません。

しかし、auオンラインショップではご自身で入力・本人確認する関係で、入力ミスや写真が不鮮明なため、正しく審査されない可能性があります。

記事の中で解説した原因に心当たりがないなら、改めて申し込むと通るかもしれません。

auで審査落ちした時は他社では審査は通る?

どのキャリアもCICで審査するため、まず通りません。

ただ、auで滞納してしまった場合など、CICの審査に入る前にau判断のNGを受けた状況なら、他社では問題なく分割審査できるケースもあります。

滞納中は他社への乗り換えはできませんが、機種のみ購入で分割払いできるか試してみてもいいかもしれません。

auの分割審査落ちは原因にあわせて正しく対処しよう

Galaxy S24 Ultra

今回は、auの分割審査に落ちる主な原因と対処法を詳しく解説しました。

分割審査に落ちる原因は、滞納や支払い方法などauの状況に影響するものもあります。

しかし、クレジットカードやローンの滞納など信用情報に関わる原因の場合、auだけでなく全キャリアで分割払いできないことも。

解決するには5年かかる場合もあり、早めの対処が必要です。

auの分割審査に落ちてしまったら、今回の解説を参考に正しく対処して分割払いできる状態に戻してくださいね。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。