auの料金プランをシミュレーション!診断でお得なプランがまるわかり

  • 2021年10月30日
  • by.affiprecious

auロゴ

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auの料金プランの数は、4キャリアのなかでは最多です。

特に大容量プランの選択肢が非常に多いため、どれを選べばよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事ではauの料金プラン内容と、自分にあったプランを選ぶための方法を解説します。

2021年9月に生まれ変わった「povo2.0」についても解説していきますので、auのプラン選びで迷っている方はぜひ参考にしてください。

auの料金プランまとめ
  • 月に使うデータ量が数GBなら「ピタットプラン」
  • 毎月数十GB使うなら大容量の「使い放題MAX」
  • auはプラン数が多いため、プラン選びはauの「料金プランシミュレーション」が便利
  • デメリットを許容できるなら「povo 2.0」が非常におすすめ

画像引用元:スマートフォン・携帯電話 | au

auの料金プラン

ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)

画像引用元:ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN) | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

auの料金プランは4キャリアのなかで最も数が多いため、プラン選びは難しいと言えます。

しかし、基本的にはライトユーザー向けの小容量プランと、ヘビーユーザー向けの大容量プランに大きく分ける事が可能です。

ここに話題のpovoを入れたとしても、3種類のなかから自分に合うものを選ぶだけとなります。

まずは、小容量プランと大容量プランの2つについて見ていきましょう。

ライトユーザー向けの「ピタットプラン」

ピタットプランは月に7GBまで使えるライトユーザー向けのプランです。

このピタットプランには、下記の2種類があります。

ピタットプランの種類
  • ピタットプラン 4G LTE
  • ピタットプラン 5G

これらの違いは、使える回線のみ。

ピタットプラン 5Gは5G回線専用ですし、ピタットプラン 4G LTEは4G LTE専用。

使えるデータ量や料金はすべて同じですので、ライトユーザーの方はプランを選ぶ必要がありません。

では、ピタットプランの料金を見ていきましょう。

ピタットプラン 5G
データ通信量〜1GB~4GB~7GB
基本料金3,278円4,928円6,578円

上表のとおり、ピタットプランはデータを使った量だけ料金が加算される従量課金制のプランです。

月に使うデータ量が1GB未満であれば、3,278円から利用できます。

4G LTE回線用の使い放題MAX

プラン利用可能データ量月額料金(2年契約N適用時)
使い放題MAX 4G LTE無制限
テザリング上限30GB
7,238円
3GB以下:5,588円
使い放題MAX 4G LTE Netflixパック無制限
テザリング上限60GB
8,338円
3GB以下:6,688円
使い放題MAX 4G LTEテレビパック無制限
テザリング上限70GB
9,108円
3GB以下:7,458円

まず基本となるプランは「使い放題MAX 4G LTE」です。

このプランでは月に使えるデータ量は無制限。ヘビーユーザーには嬉しい限りですね。

ただし、テザリングの容量は30GBまでです。

残りの2つのプランは、この「使い放題MAX 4G LTE」にエンタメ系サービスが付属しています。

プラン名月額料金提供サービス
使い放題MAX 5G/4G7,238円-
使い放題MAX 4G
Netflixパック(P)
8,338円Netflixペーシックプラン
TELASA
Amazon Prime
使い放題MAX 4G
テレビパック
9,108円TELASA
Paravi
FODプレミアム

各プランに付帯するサービスは上表のとおり。

テレビが好きな方はテレビパック、海外ドラマやオリジナルドラマに興味がある方はNetflixパックがおすすめです。

5G回線用の使い放題MAX

プラン利用可能データ量月額料金(2年契約N適用時)
使い放題MAX 5G無制限
テザリング上限30GB
7,238円
3GB以下:5,588円
使い放題MAX 5G with Amazonプライム無制限
テザリング上限60GB
8,008円
3GB以下:6,358円
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)無制限
テザリング上限60GB
8,338円
3GB以下:6,688円
使い放題MAX 5Gテレビパック無制限
テザリング上限70GB
9,108円
3GB以下:7,458円
使い放題MAX 5G ALL STARパック無制限
テザリング上限80GB
9,988円
3GB以下:8,338円

5G用のプランは、4G LTEよりも種類こそ多いものの、基本的な考え方は同じです。利用可能なデータ量も4G LTEのプランと変わりません。

ベースとなるプランは「使い放題MAX 5G」です。あとの4つのプランは、これにエンタメ系サービスが付帯しています。

各プランに付いているエンタメサービスは下表のとおりです。

プラン名月額料金提供サービス
使い放題MAX 5G7,238円-
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
8,008円TELASA
Amazon Prime
使い放題MAX 5G
Netflixパック(P)
8,338円Netflixペーシックプラン
TELASA
Amazon Prime
使い放題MAX 5G
テレビパック
9,108円TELASA
Paravi
FODプレミアム
使い放題MAX 5G
ALL STAR テレビパック
9,988円Netflixペーシックプラン
TELASA
Apple Music
YouTube Premium

種類は4G LTEよりも豊富ですね。自分の好みに近いプランを選びやすくなっています。

ただし、ひとつ注意したいのは、使い放題MAXプランには「全部入り」のプランがないということです。

最も高額なALLSTAR テレビパックでも、Amazon Primeなどのサービスは含まれていません。

よって、使い放題MAX系プランを選択する際は、自分に必要なエンタメサービスが盛り込まれているか、しっかり考える必要があります。

auの料金プランをシミュレーション診断!

auのプランは、種類が非常に豊富です。選択肢が多いのは良いことですが、自力で選ぶのが大変ですよね。

また本記事では紹介していませんが、auは月額料金を安く抑えられる家族割引などの割引サービスも充実しています。

ただ、そういったサービスまで考慮し始めると、プラン選びは難航の一途をたどるでしょう……。

そこで便利なのが、au公式サイトにある「料金プランシミュレーション」です。

簡単な質問に答えていくだけで、現状に最適なプランを教えてくれます。

ただ、本シミュレーションを利用する前に、まずは自分の現状を正しく把握しておきましょう。

加入中の料金プランは「My au」から確認できます。

My auで料金プランを確認する手順
  1. My auにアクセス
  2. au IDでログインする
  3. 「スマートフォン・携帯電話」
  4. 「ご契約内容 / 手続き」
  5. 「ご契約情報」
  6. 「料金プラン」の項目を確認する

スマホかパソコンがあればすぐ見られるので、確認してみてください。

また、料金プランと一緒に、直近で使用したデータ量もチェックもしておくと良いでしょう。

使っているプランがわかったら、こちらのサイトにアクセスすれば、auの料金プランシミュレーションに移動できます。

あとは、画面の案内に従って質問に答えていくだけで、最適なプランがわかりますよ。

また、au IDがあれば直近のデータ量からシミュレーションしてくれます。

シミュレーション結果に不安があるならauへ相談

料金プランシミュレーションは便利な機能ではありますが、コンピュータが機械的に、だいたいのプランを判断しているだけに過ぎません。

提示されたプランが必ずしもあなたに合っているとは限らないため、診断結果が不安な場合は、auの“人”にもチェックしてもらいましょう。

コールセンターへ電話するか、auショップへ行って相談してみてくださいね。手間と時間はかかってしまいますが、一番確かな方法ではあります。

auの料金プランの確認と診断方法
  • 現状の料金プランは「My au」で確認できる
  • 料金プランシミュレーションでプラン診断が可能
  • より精度の高い診断をするなら、電話かauショップでの相談がおすすめ

auの料金プランを変更する方法

auの料金プランを変更する方法

画像引用元:プラン変更のお客さま | 料金・割引変更手続きのご案内 | au

auの料金プランを変更するには「Web」「電話」「auショップ」の3つの方法があります。

それぞれの手順を紹介します。

auの料金プランを変更する3つの方法
  • Webで変更
  • 電話で変更
  • auショップで変更

方法1:WEBでauの料金プランを変更する手順

au オンラインショップ

画像引用元:au Online Shopなら、頭金なし!送料無料!来店不要! | au Online Shop

スマホやパソコンを持っている人はWebから料金プランの変更が可能です。

24時間365日、いつでも好きなときに変更ができて便利です。

Webでプラン変更する手順
  1. au公式サイトにアクセス
  2. au IDでログイン
  3. 希望のプランを選択
  4. 注意事項を確認し、「同意して次に進む」
  5. 「上記注意事項を確認しました」にチェックを入れ「次へ」
  6. 内容を確認
  7. 登録完了のお知らせ方法を「SNS」か「書面」で選ぶ
  8. 「プラン変更を申し込む」で完了

基本はプラン変更を申し込んだ翌月から希望のプランへ変わります。

しかし、月末2日間は翌々月からの変更になる場合があるため注意が必要です。

Webで手続きをするなら余裕を持って変更するようにしましょう。

方法2:電話でauの料金プランを変更する手順

女性オペレーター
「Webでのプラン変更が難しい」「オペレーターに相談しながら検討したい」という人は電話での変更がおすすめです。

電話の場合もコールセンターで365日受付可能です。

年中無休ですが、営業時間が9:00~20:00になっている点には注意しましょう。

電話で料金プランを変更するには3通りの方法があります。

どの番号でも通話料はかかりません。

料金プラン変更ができる電話番号
  • 料金プラン変更・相談専用
    0077-7027
  • auの携帯から(総合案内)
    157
  • au以外の携帯、固定電話から(総合案内)
    0077-7-111

基本は料金プランの変更・相談専用番号へかけて問題ありません。

その番号で繋がらない場合は、総合案内へかけてみてください。

「電話サポート予約」なら待ち時間なし

電話サポート予約は、事前に相談日時を予約しておくと、コールセンターのオペレーターから連絡をしてくれるというものです。

自分で電話すると待ち時間が発生することがあります。

ですので、待ち時間なしに相談するなら事前に電話サポート予約をしておくのがおすすめです。

電話サポート予約をする手順
  1. 電話サポート予約サイトへアクセス
  2. au IDでログイン
  3. 予約日時など必須項目を入力
  4. 予約完了メールが届く
  5. 指定日時に担当者から着信があるのを待つ

予約は24時間可能で、土日・祝日でも日時指定ができます。

指定できる時間は、10:00~19:00です。

忙しくて電話できないときは、電話サポート予約を使ってみてください。

方法3:auショップでauの料金プランを変更する手順

auショップ実店舗
「近くにauショップがある」「対面で相談したい」ときは、auショップで料金プラン変更をしてみましょう。

対面で料金プランのアドバイスを受けられる反面、待ち時間が長くなる場合があります。

比較的、時間に余裕のあるときに行くのがおすすめです。

auショップで料金プランを変更する手順
  1. 最寄りのauショップに行く
  2. 本人確認書類を提示する
  3. 料金プラン変更の手続きをしてもらう

auショップへ行くときは、本人確認書類を忘れずに持参しましょう。

たとえば、運転免許証や健康保険証などの原本が必要です。

また店舗によって営業時間や定休日は異なります。

確認してから行くようにしましょう。

「来店予約」で時間短縮可能

「どうしてもauショップで相談したいけど、待ち時間が長すぎるのは困る!」という人におすすめなのが来店予約です。

待ち時間なく、スムーズな相談ができます。

auショップの来店予約をする手順
  1. 「auショップ検索」から行きたいauショップを検索
  2. 希望のショップを選ぶ
  3. 「来店時間を予約する」
  4. au IDでログイン
  5. 希望日時を選択
  6. 必須項目を入力し、「ご入力内容の確認」
  7. 内容を確認し、「以下の確認事項を了承のうえ予約する」
  8. 来店予約完了

仕事で忙しい人や、小さな子ども連れで長い時間待つことができない人は、有効に来店予約を活用してみてください。

auの料金プランを変更するポイント
  • 料金プランの変更方法は「Web」「電話」「auショップ」の3通り
  • Webでの手続きは24時間365日できる
  • 待ち時間短縮のために「電話サポート予約」や「来店予約」が便利

広い層におすすめできるpovo

povo 2.0

画像引用元:povo2.0始動!! 基本料ゼロから始めるオールトッピングプラン|povo2.0

auには、povoという選択肢もあります。

項目内容
月額基本料0円
データ通信容量トッピングで追加
通信方式4G・5G
速度制限時の通信速度最大1Mbps
音声通話30秒22円

povoは2021年9月に「povo 2.0」として生まれ変わり、プラン内容も大きく変わりました。

新しいpovoは基本料金0円で利用できます。

ただし、そのままでは月間データ量も0GBで、通信速度は128kbpsしか出ません。

そのため、基本的にはデータ容量の「トッピング」が必要になります。

データ追加容量期間金額
無制限24時間330円
1GB7日間390円
3GB30日間990円
20GB30日間2,700円
60GB90日間6,490円
150GB180日間12,980円

トッピングは1~150GBまで。

従来のpovo 1.0は20GBで月額2,728円でした。povo 2.0ではほんの少しだけ安くなりましたね。

ちなみに、毎月20GB近く使っている方は、60GBのトッピングがお得です。3ヶ月で6,490円ということは、1ヶ月あたり2,163円で20GB使えると考えることができます。

また、150GBであれば、1ヶ月あたり2,163円で25GB使える計算に。

povoから乗り換える予定が特にない場合は、思い切って150GBをトッピングしても良いかもしれません。

なお、1GBの390円という価格は非常にお手頃に見えますが、期間が7日間しかないため要注意です。

データトッピング選びは3GBと20GBを中心に!

データトッピングは6種類あるため、選ぶのが少し大変です。

しかも、povoにはauのような料金プランシミュレーションがありません。自分で選択する必要があるのです。

povoのトッピング選択に悩んでしまった場合は、3GBと20GBのトッピングを中心に考えてみてください。

月に1~2GB程度しか使っていない場合は、月額990円の3GBのトッピングがおすすめです。

auのピタットプランよりも安く済みます。

そして、月に使うデータ量が3GB以上である場合は、月額2,700円の20GBトッピングが良いでしょう。

20GB使えるにもかかわらず、ピタットプランの1GB未満よりもコスパが遥かに良いです。

povoを選ぶ場合はデメリットをしっかり把握してから

月額2,700円で20GB使えるpovoは、他のプランに比べてコスパが非常に優れています。

ピタットプランの1GB以下が月額3,278円ですから、povoに興味を持っている方は多いのではないでしょうか。

ただし、povoはこの安さを実現するために、従来のauサービスの一部を削ぎ落しています。

下記は、povoのデメリットです。

povoのデメリット
  • 申し込みからサポートまで、すべてオンラインで行う必要がある
  • キャリアメールが使えなくなる
  • 家族割引などの割引は一切適用できない

最も困るのは、すべてをオンラインで行う必要がある点でしょう。

スマホに慣れている方ならともかく、スマホ初心者には厳しいデメリットと言えます。

また、他のサービスでキャリアメールを登録している方は、povoへ乗り換える前にアカウント情報の変更が必要です。

さらに、家族3人でauを使っていた場合は、1人がpovoへ移ると家族割引の額が減ってしまいます。

このようにデメリットも多いpovoですが、これらのことが全く気にならないのであれば、povoはかなりおすすめできるプランです。

データ無制限が欲しければ使い放題MAX系プランを選ぶしかありませんが、それ以外の場合はpovoが非常にお得ですよ。

auの料金プランを変更してお得にスマホを使おう

本記事では、auの料金プランとシミュレーションについて解説しました。

auの料金プランまとめ
  • 月に使うデータ量が数GBなら「ピタットプラン」
  • 毎月数十GB使うなら大容量の「使い放題MAX」
  • auはプラン数が多いため、プラン選びはauの「料金プランシミュレーション」が便利
  • デメリットを許容できるなら「povo 2.0」が非常におすすめ

使い放題MAX系のプランは非常に数が多いため、プランを選ぶのが難しい方も多いでしょう。

そんなときは、au公式サイトにある「料金プランシミュレーション」を使って、自分に最適なプランを診断してもらいましょう。

また、月に使うデータ量が20GB未満の方には、新しく生まれ変わった「povo 2.0」もおすすめ。

デメリットは多いものの、許容できるのであればコスパ最強です。ぜひ検討してみてください。

【2021年12月】auの機種変更で3万円お得にする方法|クーポン活用の手順

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。