auのポケットWi-Fiの全て|WiMAXの契約で3万円損しない方法

auのポケットWi-Fiの全て|WiMAXの契約で3万円損しない方法

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

今回はauのポケットWi-Fiのお得な契約方法について解説します。

ポケットWi-Fiは光回線とは違い、工事が全く不要で初期費用も安いというメリットがあります。

また、スマホのように持ち運ぶことも可能であるため、光回線の代わりに利用している方も増えているサービスです。

そんなポケットWi-Fiですが、基本的な知識をしっかりと身につけるだけで、料金を大きく抑えられることをご存知でしょうか。

今回は、auのポケットWi-Fiの基礎知識と、通信品質・安さを両立させる契約方法について解説していきます。

無制限に使えるポケットWi-Fiを比較|料金プランと速度でおすすめランキング

トップ画像引用元:【公式】GMO とくとくBB|WiMAX(ワイマックス)キャッシュバックキャンペーン

1 ポケットWi-Fiとは?

画像引用元:【公式】JPWiMAX | WiMAX(ワイマックス)業界初のキャンペーンを

そもそもポケットWi-Fiとは、持ち運びができる通信機器のことを指します。外観は上の画像のとおりで、大きさはスマホと同じくらいです。

ポケットWi-Fiは単体でインターネットに接続できるため、電波が届く範囲であれば、いつでもどこでもインターネットが利用できます。

また、名前のとおりWi-Fiにも対応していますから、スマホやタブレット、パソコンを接続することも可能です。

ただ、この「ポケットWi-Fi」には似たような言葉がたくさん存在するため、非常にわかりづらいとも言われています。

例えば、「モバイルルーター」や「WiMAX」などは、皆さんも一度は耳にしたことがあるでしょう。

これらのアイテムと「ポケットWi-Fi」、一体何が違うのかご存知ですか?

まずはこれらの用語について解説していきましょう。

1-1 モバイルルーター・WiMAX・ポケットWi-Fiの違い

ざっくりと分類すれば、「モバイルルーター」は「ポケットWi-Fi」と同じものです。

厳密には違うものなのですが、現在ではポケットWi-Fiとモバイルルーターは同じものとして認識されています。

そして、「WiMAX」はポケットWi-Fiの種類の1つです。

ポケットWi-Fiには、大手キャリアの回線が使われており、その呼び名はどのキャリアの回線を利用しているかで決まってきます。

  • ドコモ:ドコモWi-Fi
  • au:WiMAX
  • ソフトバンク:ワイモバイル

ドコモWi-Fiはドコモの回線を、WiMAXはauの回線を利用している、ということですね。

【WiMAX VS ポケットWi-Fi】徹底比較!どっちがおすすめか?その理由

ポケットWi-Fiで使う電波はスマホの電波と違う

ポケットWi-Fiで使う電波は、スマホで利用している「4G LTE」とは違うものです。4G LTEに比べ、通信速度は速いものの、電波の届く範囲が狭くて限られています。

ただ、これでは不便ですよね。山間部などでは使い物にならないでしょう。

そのため、ポケットWi-Fiはスマホで利用している4G LTEにも対応しているのが一般的です。

ちょっとややこしくなってきたので、簡単にまとめておきましょう。

ポケットWi-Fiで利用できる電波
  • 通常時:高速なポケットWi-Fiの電波を利用
  • ポケットWi-Fiの電波の範囲外:4G LTEに切り替えて通信を行う

このように両方の長所を組み合わせることができるのが、ポケットWi-Fiの特長と言えます。

1-2 名前に「WiMAX」が付いていれば通信品質は全部同じ

画像引用元:【公式】GMOとくとくBB | Speed Wi-Fi NEXT WX05スペック詳細

最も重要な部分がココです。

WiMAXはauの回線を利用したポケットWi-Fiですが、WiMAXを提供しているのはauだけではありません。

提供しているプロバイダの総数は、なんと20社以上にも上ります。

選択肢があることは消費者にとって喜ばしいことですが、あまりにも数が多いと選ぶのが大変ですよね。

しかし、実をいうとWiMAXを選択する際は、それほど悩む必要はありません。なぜなら、次のような大前提があるからです。

どのプロバイダのWiMAXも、通信速度と電波が届くエリアはすべて同じ!

その理由は、プロバイダが違ったとしても、使用している回線は全プロバイダ共通でauであるためです。

PCなどをインターネットに接続するとき、「まず最初に通信速度や電波の届く範囲が気になる」という方も多いでしょう。

しかし、WiMAXではどのサービスを選んでも、これらの要素に差がありません。よって、選ぶ基準は通信品質以外を重視することになります。

1-3 auユーザーはスマホ料金もお得に!

画像引用元:auスマートバリュー mine | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

auのスマホを利用している方がWiMAXを契約すると「auスマートバリューmine」という割引サービスが適用されます。

これは、毎月のスマホ料金から最大1,000円が割引されるというもの。適用条件は、ポケットWi-Fiの機種です。

auスマートバリューmineの対象機種

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT W05
  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi NEXT W03
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04(UQコミュニケーションズのみ)
  • Speed Wi-Fi NEXT WX03(UQコミュニケーションズのみ)
  • Speed Wi-Fi NEXT WX02(UQコミュニケーションズのみ)
  • Speed Wi-Fi NEXT W01
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • Speed Wi-Fi HOME L01s
  • Speed Wi-Fi HOME L01
  • Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15
  • Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14

これらの中にはポピュラーな機種も含まれているので、条件は「実質ない」といっても過言ではありません。

また、auスマートバリューmineは、auでの契約はもちろんのこと、au以外のプロバイダでも適用されます。

auスマホユーザーには非常に魅力的なサービスです。

WiMAXでおすすめプロバイダ5選と機種の選び方【2020年】

次の章では、おすすめのWiMAXプロバイダについて紹介していきます。

2 おすすめのWiMAXプロバイダはココ!

ここからは、おすすめのWiMAXプロバイダ2社をご紹介していきます。

2-1 最も安いWiMAXプロバイダを選びたい人へ

前のページでも解説したとおり、WiMAXの通信品質は全プロバイダ共通です。そうなると、次に気になるのは料金ですよね。

本来、価格と品質は比例するものですが、WiMAXに関してはこの法則が通じません。

安い価格で同じ通信品質を得られるのであれば、最も安いプロバイダが最も良い選択であると言えるでしょう。

そこで、ここではシンプルに料金が安いプロバイダを紹介していきます。では早速、主要なプロバイダの料金を比較してみましょう。

左から安い順に記載しています。

項目/プロバイダJPWiMAXGMOとくとくBBSo-netBiglobeauポケットWi-Fi
契約期間3年間3年間3年間3年間2年間
月額料金4,100円4,263円4,879円4,380円4,380円
割引期間3ヶ月目まで
2,800円
24ヶ月目まで
3,500円
2ヶ月目まで
3,609円
36ヶ月目まで
3,620円
2ヶ月目まで
3,695円
なし
キャッシュバック17,000円36,000円なし15,000円なし
条件なし端末はW05
を選択
なしなしなし
3年間の負担額106,160円116,160円130,320円141,310円157,680円

最も安いのがJPWiMAX、次点がGMOとくとくBBです。他のプロバイダやauと比べてみても、この2社がダントツに安いですね。

では、2社の詳細について見ていきましょう。

月額料金が安いJPWiMAX

JPWiMAXの特徴は、ずばり月額料金が安いことでしょう。

数あるWiMAXプロバイダの中でもトップクラスに安い料金設定です。特に3ヶ月目までは2,000円台と破格の安さで利用できます。

また、月額料金だけでなく、ポケットWi-Fiの端末代金や送料も0円。さらに、4G LTE回線を利用する場合の追加料金も0円です。

この安さが人気を呼んでおり、株式会社イードの「読者投票で決まるベストサービスアワード」では、総合1位を獲得しています。

キャッシュバック額が多いGMOとくとくBB

GMOとくとくBBの特徴は、キャッシュバック額が非常に多いことです。

キャッシュバック額は、選択したポケットWi-Fiの端末によって異なります。最大額の36,000円を狙うなら、「Speed Wi-Fi NEXT W05」を選びましょう。

また、月額料金ではJPWiMAXにトップを譲るものの、端末代金や送料、4G LTE回線の利用は0円です。

サービスに満足できない場合の返品制度も充実

WiMAXではサービスに満足できない場合、契約から数日間は違約金なしで解約ができます。これはどのプロバイダでも実施しているもので、対象期間は平均8日程度です。

一方、GMOとくとくBBでは20日間と非常に長い期間を設定しています。

WiMAXのみならず、ポケットWi-Fiの電波は4G LTE回線に比べて障害物に弱く、部屋の構造などによっては電波が届かないこともあるもの。

GMOとくとくBBで、20日間かけてじっくりとお試ししてみましょう。

2-2 WiMAXの契約はau以外でするのがおすすめ

WiMAXはauの回線を利用しているため、auでも契約ができます。auショップで手続きすれば、店員さんから細かな説明を受けることもできるでしょう。

しかし、余程の事情がない限り、auでの契約はおすすめしません。理由は料金です。

先ほど見た表と同じものを、もう一度確認してみましょう。

項目/プロバイダJPWiMAXGMOとくとくBBSo-netBiglobeauポケットWi-Fi
契約期間3年間3年間3年間3年間2年間
月額料金4,100円4,263円4,879円4,380円4,380円
割引期間3ヶ月目まで
2,800円
24ヶ月目まで
3,500円
2ヶ月目まで
3,609円
36ヶ月目まで
3,620円
2ヶ月目まで
3,695円
なし
キャッシュバック17,000円36,000円なし15,000円なし
条件なし端末はW05
を選択
なしなしなし
3年間の負担額106,160円116,160円130,320円141,310円157,680円

最安のJPWiMAXとauの料金を比べると、3年間でおよそ5万円も差がありますよね。

ここまで差がつく理由は、auで手続きしてしまうと、割引サービスやキャッシュバックが一切つかないことにあります。

通信品質はどこで契約しても全部同じなのですから、auでの契約はデメリットの方が大きいと言えるでしょう。

「WiMAXを利用するのは初めてだから、細かい説明を聞きながら契約したい」ということであれば、auでの手続きはベストな選択でしょう。

しかし、そういった理由がない場合は、各プロバイダで契約することをおすすめします。

3 WiMAXで勘違いしやすい通信速度

ここまで説明してきたとおり、WiMAXの通信速度は各プロバイダで共通です。

しかし、プロバイダによっては、公式サイト上で「ウチなら通信速度1.2Gbps出ます!」など、通信速度の速さをPRしているところもありますよね。

こういった記述を見ると、思わず「そっか、通信速度が最大で1.2Gbpsまで出るんだ」と納得してしまいそうになりますが、それは間違いです。

この数字は、ポケットWi-Fi自身の通信速度性能を表しています。

つまり、通信速度が1.2Gbpsであれば「この端末は1.2Gbpsの速度まで対応していますよ」という意味なのです。

WiMAXが提供する回線の通信速度は最大440Mbps。全力でもこの数値以上の速度が出ることはありません。

つまり、ポケットWi-Fi自体に1.2Gbpsの性能があったとしても、440Mbps以上は出せないということです。

通信速度を向上させるためには、au側が提供する大元の電波の質を変える必要があります。

仮に、本当に通信速度が向上しているのであれば、auが特定のプロバイダに特別な電波を提供しているということになりますが、そのような事はあり得ません。

非常に勘違いしやすいところなので、気を付けてくださいね。

4 WiMAXは料金やサービスで選択しよう

ポケットWi-FiとWiMAXについて解説してきました。最後にポイントをおさらいしておきましょう。

WiMAXの契約で3万円損しないコツ
  • WiMAXは全てのプロバイダで通信品質が同じ。選択する際は料金を重視すべき!
  • おすすめプロバイダはJPWiMAXとGMOとくとくBB。どちらも料金が他社に比べて圧倒的に安い!
  • auユーザーはauスマートバリューmineで月額最大1,000円もお得に!

WiMAXは便利なサービスではありますが、スマホの電波より届く範囲が限られている点には注意しましょう。

ご自宅のまわりが高い建物などで囲まれている場合、電波が届かない可能性も。購入後は返品可能期間中にしっかりとチェックしてくださいね。

余裕をもって通信環境の確認を行いたい方は、返品期間20日間を保証しているGMOとくとくBBを利用するとよいでしょう。

WiMAXを徹底比較!おすすめ・格安のプロバイダはここだ

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ