auおすすめ最新スマホ機種ランキング【2019年秋冬モデル】

auおすすめ最新スマホ機種ランキング【2019年秋冬モデル】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auの2019秋冬モデルが出揃いました。新しいAndroidが数多く取り扱われています。

それらのスマホをおすすめランキングという形で紹介します。

auで取り扱いのあるスマホのおすすめランキングですので、新しいAndroidだけでなく、iPhoneも対象に入れます。

これを見れば、今auで購入するならどのスマホか!?がわかるでしょう。迷っている方ご参考ください。

【2019年冬版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ

トップ画像引用元:au

第1位:iPhone 11 Pro

iPhone 11 Pro_ミッドナイトグリーン_au

画像引用元:iPhone 11 Pro・Pro Max トリプルカメラ搭載|au

1位はiPhoneの2019年最新モデルである、iPhone 11 Proです。

超広角カメラレンズが追加され、トリプルレンズとなりました。

CPUも確実にスペックアップした、史上最高のiPhoneです。

項目iPhone 11 Pro
発売日2019年9月20日
価格90,720円
サイズ144×71.4×8.1mm
188g
ディスプレイ5.8インチ
OSiOS 13
CPUA13 Bionicチップ
第3世代のNeural Engine
RAM(非公式) / ROM4GB / 64GB
バッテリー容量(非公式)3,046mAh
アウトカメラ望遠1,220万画素
標準1,220万画素
超広角1,220万画素
インカメラ800万画素
防水防塵IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深4メートルで最大30分間)
生体認証顔認証
購入au公式ショップ

超広角カメラレンズが追加され、トリプルレンズ搭載に

前機種のiPhone XSから「超広角レンズ」が追加で搭載となりました。

これにより「望遠」「高角」「超広角」のトリプルレンズという構成になっています。

画角が大幅に広くなったため、よりプロに近い写真を撮ることが可能になりました。

ナイトモードで暗い場所でも撮影可能!

最新のiPhoneで搭載されたナイトモードを使えば、暗いところでも劇的に明るく写真を撮ることができます。

夜景や暗い店内など、いままでだとどうしてもうまく写真を撮れないこともあったと思います。

そういった暗い場所ではどうしてもノイズが発生してしまいますが、ナイトモードがあれば暗い場所でも安心です。

iPhone史上最高のA13 Bionic搭載

スペックに関してもiPhone 11 Proは最高レベルです。

処理速度が大幅に向上したことで前述したナイトモードなども実現されました。

また、iPhone XSに比べ最大4時間長いバッテリー駆動時間です。

これまでだと1日バッテリーが持たないユーザーにとっては、iPhone 11 Proを試してみる価値があります。

ディスプレイサイズが大きいiPhone 11 Pro Max

「大画面のiPhoneが欲しい!」という方はiPhone 11 Pro Maxがおすすめ。

iPhone 11 Proが5.8インチなのに対し、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチと一回り大きいです。

これだけ大きなディスプレイであれば、Youtubeなどの動画を大迫力で観ることができます。

auのiPhone 11に機種変更|お得に購入する完全ガイド

第2位:Xperia 5 SOV41

エクスペリアファイブ

画像引用元:Xperia 5(エクスペリア ファイブ)SOV41 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Xperia 5はSONYが取り扱うXperiaシリーズの最新モデルです。

項目Xperia 5
発売日2019年10月25日
価格90,720円
サイズ158×68×8.2mm
164g
ディスプレイ6.1インチ
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 855
RAM / ROM6GB / 64GB
バッテリー容量3,000mAh
アウトカメラ望遠1,220万画素
標準1,220万画素
超広角1,220万画素
インカメラ800万画素
防水防塵
生体認証指紋認証
購入au公式ショップ

前モデルであるXperia 1の特長や性能をほとんど引き継いだ形となっていますが、前モデルと比べてややコンパクトなサイズ感になっているのも特徴です。

21:9のシネマワイドが片手で楽しめる

画面の比率は21:9と、映画スクリーンの比率とほぼ同じです。

普段から映画をスマホで観ることが多い人は、より迫力のある映像を楽しむことができるでしょう。

さらに、Xperia 1よりも若干サイズがコンパクトとなり、片手で持ちやすい縦長サイズなので手が小さい人にもぴったりです。

デジタル一眼レフ並のクオリティで写真が撮れる!トリプルレンズカメラ搭載

Xperia 5はトリプルレンズカメラが搭載されており、広角撮影はもちろん、ポートレートや夜景写真などあらゆる撮影シーンで簡単にクオリティの高い写真が撮れます

写真撮影が苦手な人はもちろんですが、普段から写真をよく撮る人にもおすすめです。

auでXperia 5に機種変更|お得に購入する完全ガイド

第3位:Galaxy Note10+ SCV45

ギャラクシーノートテンプラス

画像引用元:Galaxy Note10+(ギャラクシー ノートテンプラス)SCV45 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Galaxy Note10+は、サムスンの人気スマホ「Galaxy」の最新モデルです。

項目Galaxy Note10+
発売日2019年10月18日
価格118,800円
サイズ約77×162×7.9mm
約197g
ディスプレイ6.8インチ
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 855
RAM / ROM12GB / 256GB
バッテリー容量4,300mAh
アウトカメラ1,600万画素
1,200万画素
1,200万画素
深度測位カメラ(ToF)
インカメラ1,000万画素
防水防塵
生体認証指紋・顔認証
購入au公式ショップ

前モデルのSペンが同様に搭載されており、手書きのメモをとったりイラストを描けるのが特徴です。

やや価格は高いですがその分全体的に高スペックなスマホなので、スペック重視の人にもぴったりです。

Sペンがさらに進化!より本物の紙に書いているような使い心地に

前モデルよりもSペンを使った時のタイムラグが減り、より使い心地が良くなったといわれています。

手書きメモはもちろん、イラスト等を描くこともできるので、普段からイラストを描くことを趣味としている人にもぴったりです。

写真が苦手な人にも安心!超高性能クアッドカメラ

Galaxy Note10+には4つのカメラが搭載されています。

あらゆるシーンで簡単にクオリティの高い写真が撮影できるので、スマホで写真を撮ることに慣れていない人にもおすすめです。

Galaxy Note10+ SCV45をauで購入|価格/お得なキャンペーンを解説

第4位:iPhone 11

iPhone 11_au

画像引用元:iPhone 11 新型デュアルカメラ搭載|au

iPhone 11はiPhone 11 Proよりも機能をしぼることによってコストパフォーマンスに優れた1台です。

とはいえCPUはiPhone 11 Proと同等で、目玉のナイトモードも搭載しています。

最高のスペックを求めない人にはむしろiPhone 11のほうが向いているといえます。

項目iPhone 11
発売日2019年9月20日
価格90,720円
サイズ150×75.7×8.3mm
194g
ディスプレイ6.1インチ
OSiOS 13
CPUA13 Bionicチップ
第3世代のNeural Engine
RAM(非公式) / ROM4GB / 64GB
バッテリー容量(非公式)3,110mAh
アウトカメラ標準1,220万画素
超広角1,220万画素
インカメラ800万画素
防水防塵IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深4メートルで最大30分間)
生体認証顔認証
購入au公式ショップ

CPUはiPhone 11 Proと同等

コストパフォーマンスに優れているiPhone 11ですが、実はiPhone 11 Proと同じ「A13 Bionicチップ」を搭載しています。

そのため動作はかなり早く、普段使う分にはまったくストレスなく使えるかと思います。

超広角レンズを搭載しデュアルレンズに進化

iPhone 11はiPhone XRの後継機です。

全世代はひとつだったカメラに追加で超広角レンズが搭載されました。

デュアルレンズに進化したことで、よりカメラが強化されています。

豊富なカラーバリエーション

iPhone 11 Proにはない点として、豊富なカラーバリエーションが挙げられます。

「好きな色のiPhoneが欲しい!」という方は迷わずiPhone 11を選ぶことをオススメします。

iPhone 11 のカラーバリエーション
  • ブラック
  • グリーン
  • イエロー
  • パープル
  • レッド
  • ホワイト
【iPhone 11 Pro VS iPhone 11】徹底比較|どっちが買いか?その理由

第5位:AQUOS sense3 SHV46

エーユーアクオスセンススリー

画像引用元:AQUOS sense3(アクオス センススリー)SHV45 | スマートフォン(Android スマホ) | au

AQUOS sense3は、SHARPから発売されている「AQUOS」の最新モデルです。

項目AQUOS sense3
発売日2019年11月2日
価格36,720円
サイズ約70×147×8.9mm
約167g
ディスプレイ5.5インチ
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 630
RAM / ROM4GB / 64GB
バッテリー容量4,000mAh
アウトカメラ1,200万画素
1,200万画素
インカメラ800万画素
防水防塵
生体認証指紋・顔認証
購入au公式ショップ

AQUOSの大きな特徴は「丈夫・安い・画質が綺麗」です。

濡れた手でも操作ができ、お風呂でも使えるほどの防水耐性なので、雨の日やキッチンなどで使う時にも安心です。

電池残量が気にならない!高画質&省エネのIGZOディスプレイ搭載

AQUOSには、IGZOディスプレイと呼ばれる高解像度で尚且つ省エネ効果が期待できるディスプレイが搭載されています。

これが、AQUOSスマホの画質が綺麗といわれる理由です。

省エネも期待できるので、電池残量を気にすることなく長時間動画の視聴ができるでしょう。

かんたんモード搭載でスマホ初心者にも使いやすい仕様

AQUOS sense3には、かんたんモードと呼ばれる必要最低限のアプリしか表示させない機能があります。

自分がよく使うアプリだけを表示させることができるので、どれを使えば良いのかわからないようなスマホ初心者の人にも使いやすい仕様となっています。

AQUOS sense3 plus サウンドにはDolby Atmos対応のワイヤレスイヤフォンが同梱!

上位機種のAQUOS sense3 plus サウンドには、ワイヤレスイヤフォンが同梱されています。

ハイレゾには対応していませんが、「Dolby Atmos」と呼ばれる音声オブジェクトを導入し、より迫力のある音質を実現させる音響技術に対応しています。

そのため、臨場感のある大迫力のサウンドをイヤフォンで楽しむことができるでしょう。

第6位:Galaxy A20 SCV46

画像引用元:Galaxy A20 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy A20は、サムスンから発売されるGalaxy Note10+の廉価モデルとされています。

項目Galaxy A20
発売日2019年10月25日
価格25,920円
サイズ約71×150×8.1mm
約151g
ディスプレイ5.8インチ
OSAndroid 9.0
CPUExynos 7884B
RAM / ROM3GB / 32GB
バッテリー容量3,000mAh
アウトカメラ800万画素
インカメラ500万画素
防水防塵
生体認証顔認証
購入au公式ショップ

価格を見ればわかると思いますが、Galaxy A20は今回紹介するスマホの中でもダントツにリーズナブルです。

2万円台で購入することができるので、価格重視の人にもおすすめのスマホです。

5.8インチの大画面&軽量ボディで見やすい・持ちやすい

2万円台で購入できるスマホでありながら、5.8インチと大画面ディスプレイなのも魅力的です。

さらに大画面でありながら比較的軽量に設計されているので、画面が見やすいだけでなく持ち運びしやすいのもGalaxy A20のメリットです。

auかんたんガイドアプリで使い方をわかりやすく解説

Galaxy A20も、スマホ初心者におすすめのスマホだといわれています。

auかんたんガイドと呼ばれる、スマホの使い方をわかりやすく解説したマニュアルをスマホで確認することができるので、使い方に迷った時にも安心です。

近くに使い方を聞ける人がいない時にも便利ですね。

第7位:Xperia 8 SOV42

エクスペリアエイト

画像引用元:Xperia 8(エクスペリア エイト) SOV42 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Xperia 8は、Xperia 5の廉価モデルです。

項目Xperia 8
発売日2019年10月25日
価格59,040円
サイズ約69×158×8.1mm
約170g
ディスプレイ6.0インチ
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 630
RAM / ROM4GB / 64GB
バッテリー容量2,760mAh
アウトカメラ1,200万画素
800万画素
インカメラ800万画素
防水防塵
生体認証指紋認証
購入au公式ショップ

価格もXperia 5より半額近く安くなっています。

その分、スペックもミドルレンジクラスの内容となっており、スマホをあまり使わないライトユーザーの人向けのスマホであることが特徴です。

1画面に表示される情報量が増える21:9の縦長サイズ

シネマワイドの画面比率なのはXperia 8も同じです。

縦長サイズなので1画面に表示される情報量が増え、一度により多くの情報をチェックすることができるようになりました。

au限定!オープンイヤー型ステレオヘッドセットが付属

au限定の特典で、試供品であるオープンイヤー型ステレオヘッドセットが付属されています。

オープンイヤー型ステレオヘッドセットは、周囲の音を聞きながら音楽が聴けるデュアルリスニングが可能です。

そのため、歩いている最中や電車の中でも周囲の音に気を配りながら音楽を聴くことができます。

第8位:Galaxy Fold SCV44

Galaxy Fold

画像引用元:Galaxy Fold | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy Foldは、Galaxyで発売となった折りたたみ式のスマホです。

項目Galaxy Fold
価格245,520円
サイズ
重さ
オープン時:約118×161×6.9 mm
クローズ時:約63×161×15.7 mm
約276g
ディスプレイメイン:7.3インチ
カバー:4.6インチ
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 855
RAM / ROM12GB / 512GB
バッテリー容量4,380mAh
アウトカメラ1,600万画素
1,200万画素
1,200万画素
インカメラ1,000万画素
800万画素
(カバーカメラ:1,000万画素)
防水防塵×
生体認証顔・指紋認証
販売au公式ショップ

これまでにないスマホということで、かなり画期的なアイディアなのですが、ネックは値段の高さです。

20万円オーバーの機種代金なので、誰もが簡単に手を出せる金額ではないでしょう。

7.3インチの折りたたみ式スマートフォン

折りたたむことができるスマホであり、オープン時は7.3インチの大画面で使用することができます。

クローズ時は4.6インチと非常にコンパクトになるので、持ち運びにも困りません。

スマホ初!3つのアプリを同時使用できる

7.3インチの大画面なので、3つのアプリを同時に使用することができます。

これまで2つのアプリを同時に使えるスマホはありましたが、3つのアプリの同時使用はスマホ初です。

一度により多くのアプリが使えることによって、作業効率がさらに上がるでしょう。

auでGalaxy Foldに機種変更|お得に購入する完全ガイド

auおすすめ最新スマホ機種のポイント

  • iPhone 11 Pro
    カメラが大幅に向上した史上最高スペックのiPhone
  • Xperia 5
    トリプルレンズカメラ搭載でデジタル一眼レフ並の写真が撮れる
  • Galaxy Note10+
    クアッドカメラ搭載!Sペンの利便性が格段にアップ」
  • iPhone 11
    価格に見合ったスペックでコストパフォーマンスが最高
  • AQUOS sense3
    高画質&省エネのIGZOディスプレイ搭載で長時間の動画視聴も快適
  • Galaxy A20
    初心者にも使いやすい!軽量&大画面
  • Xperia 8
    1画面で得られる情報量がアップ!利便性が高くなったXperia 5 SOV41の廉価モデル
  • Galaxy Fold
    最大3つのアプリを同時に使用できる折りたたみ式スマホ

auでスマホを選ぶ時のコツ

エーユーコレクション

画像引用元:スマートフォン・携帯電話 | au

スマホを選ぶ時に重視する点は人それぞれあると思いますし、中にはスマホメーカーが好きという理由でずっと同じシリーズを使い続けている人もいるでしょう。

しかし、中にはどのスマホを選べば良いのかわからない人も多いと思います。

この章では、どのような点を重視してスマホを選べば良いのか詳しく説明するので、是非チェックしてください。

機種代金で選ぶ

機種代金は、スマホを選ぶ上で重要な要素だと思われます。

安ければ安いほど良いと考える人も多いと思いますが、スマホにもどうしても「値段相応」というのはあります。

そのため、「このくらいなら払っても良いかな」というラインを決めて、予算を決定することをおすすめします。

予算内で、自分に合ったスペックのスマホを探してみましょう。

RAMやCPUで選ぶ

スマホの性能を重視する上で、処理速度をチェックする人は多いと思います。

使いやすさを左右するRAMの容量は、一般的なスペックだと3GB~4GB程度です。

ヘビーな使い方をする人でも6GB~8GBあれば十分だといわれています。

CPUなら、今後長く使っていくことを考えると、5Gにも対応できるといわれているSnapdragon 855が搭載されている方が安心でしょう。

カメラ性能や音質などで選ぶ

写真をよく撮る人はカメラ、音楽を聴くことが多い人は音質など、スマホの使い方によってニーズが異なります。

自分がスマホを使う上で重視したい性能をピックアップし、その性能がより良いスマホを選ぶと良いでしょう。

画面サイズの大きさで選ぶ

最近のスマホの多くは5.5インチ以上の大画面です。

動画をよく観る人は画面が大きい方が良いでしょう。

しかし、「持ちやすい方が良い」や「嵩張るのは嫌だ」という人もいるでしょう。

スマホの画面や全体的なサイズで選ぶのもおすすめです。

auの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

auで2019年秋冬に発売されるスマホは自分に合ったものを見つけよう

最後に、auでスマホを選ぶ時のコツについてまとめます。

auでスマホを選ぶ時のコツ
  • 機種代金の安さで選ぶ
  • RAMやCPUなどの基本的なスマホのスペックで選ぶ
  • カメラ性能や音質など自分が重視したい要素の性能で選ぶ
  • 画面サイズの大きさや全体のサイズ感を重視する

auで発売される2019年の秋冬モデルは、幅広い価格帯・スペックのスマホが揃っていることがわかりました。

中には、Galaxy Foldのように折りたたみ式スマホという、画期的なアイディアを採用したスマホもありますが、値段の高さが大きなネックとなります。

スペックや価格を考慮すると、使っていて快適・便利なのはやはりXperia 5やGalaxy Note10+あたりなのではないかと感じました。

まだ発売して間もない・未発売のスマホばかりなので、是非レビュー等を調べながら自分に合ったスマホを探すことをおすすめします。

次ページではまだまだ現役の2019年夏モデルを紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ