【2021年最新】auスマホおすすめランキング|最新機種を価格・スペックで比較

【定期更新】2021年最新のauおすすめスマホ機種をランキング形式で紹介。価格やスペック、特徴に触れながらauのおすすめスマホ機種を厳選。5G対応の最新機種も合わせて、auユーザーもそうではない方も新規契約や機種変更の際の参考にしてください。
  • 2021年9月24日
  • by.nuko

auおすすめスマホランキング

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、auの最新おすすめスマホをランキングで紹介します。

スペック・価格・人気を考慮した総合ランキングとコスパ重視・スペック重視のランキングも用意しました!

  • auのオススメのスマホを知りたい
  • スマホってどうやって選べばいいの?
  • とにかく安いスマホが欲しい!
  • スペックにこだわりたい!

上のような方は、これから紹介するランキングで使い方にぴったりな1台を見つけてください。

auおすすめスマホ総合ランキングTOP3
  1. iPhone13 /13 mini
  2. iPhone13 Pro/Pro Max
  3. Galaxy S21/S21+
auコスパ重視ランキング
  1. iPhone SE(第2世代)
  2. Galaxy A32 5G
  3. AQUOS sense5G
auスペック重視ランキング
  1. iPhone13 Pro/Pro Max
  2. Xperia 1 III
  3. Galaxy S21

auでiPhone 13を購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!
22,500円(税抜)以上で送料が無料
3自宅で受け取れる

2021年9月17日追記:auがiPhone13の発売を正式発表しました!

auスマホおすすめランキングの作成方法

チェックリスト
本記事のauスマホおすすめ機種ランキングは、以下の3つをポイントにして作成しました。

おすすめランキング作成の評価ポイント
  • スペックはどの程度か
  • 手の届きやすい価格設定か
  • 人気はどれほどあるか

スペック

今回のランキングでは、最新モデルだけでなく、2020年夏以降のモデルの中からもスペックが十分なスマホはランキングに入れています。

初めてスマホを持つ人は価格重視で選ぶ人が多いのですが、最近は1台を長く使う傾向にあります。

あまりにスペックの低いモデルを購入すると、後々スペックに困る可能性があるため、低価格モデルでもある程度スペックの高い機種をピックアップしています。

また、auは「スマホトクするプログラム」で2年目に機種変更するのが1番オトクです。

そのため、ランキングでは2年間快適に使えるスペックを基準にして選びました。

初めてスマホをもつ人も、安心してランキングに紹介している機種を選んでくださいね!

価格

最近は、性能重視というよりコスパ重視でスマホを選ぶ人が多いです。

そのため、ランキングではスペックや人気での評価が同程度の場合、価格の安いスマホが上位に来ています。

もちろん10万円超えの高額モデルもランクインしていますが、それだけ人気があるスマホということですね。

人気

今回のランキングは、人気度が高いモデルが上位になるように作成しています。

「人気のあるモデル」の判断基準は当サイトでよく読まれるレビュー記事やサイト内検索される機種名を参考にしているので、確度は高いはずです。

みんなに人気のスマホを使いたい人は、ランキング上位のスマホをぜひ検討してください!

auでスマホを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!
22,500円(税抜)以上で送料が無料
3自宅で受け取れる

2021年の最新スマホ機種を一覧比較

auラインナップ

画像引用元:みんなの5G|au

まずは、2020年夏モデルから2021年9月現在のauスマホの一覧表をみていきましょう。

2021年の新機種一覧

機種名本体価格
(税込)
発売日
Galaxy Z Fold3 5G237,565円2021年10月上旬以降
Galaxy Z Flip3 5G148,925円2021年10月上旬以降
iPhone13115,020円〜2021年9月24日
iPhone13 mini101,070円〜2021年9月24日
iPhone13 Pro143,040円〜2021年9月24日
iPhone13 Pro Max156,995円〜2021年9月24日
Galaxy A21 シンプル22,000円2021年9月9日
Redmi Note 10 JE28,765円2021年8月13日
Xperia 1 III178,000円2021年7月9日
OPPO Find X3 Pro122,095円2021年6月30日
Xperia 10 III53,985円2021年6月18日
OPPO A54 5G28,765円2021年6月4日
Galaxy S21 5G118,540円2021年4月22日
Galaxy S21+ 5G138,730円2021年4月22日
TORQUE 5G88,885円2021年3月26日
Galaxy A32 5G31,190円2021年2月25日
AQUOS sense5G39,890円2021年2月10日
iPhone 12 Pro127,495円~2020年11月13日
iPhone 12 Pro Max141,900円~2020年11月13日
iPhone 12103,430円~2020年10月23日
iPhone 12 mini90,065円~2020年10月23日
Galaxy A51 5G75,435円2020年11月7日
Galaxy Z Fold2 5G259,980円2020年11月4日
Galaxy Z Flip 5G185,835円2020年11月4日
Google Pixel 579,935円2020年10月15日
Xperia 5 Ⅱ109,425円2020年10月17日
Galaxy Note 20
Ultra 5G
159,830円2020年10月15日

2021年9月24日にiPhone13シリーズがついに発売。

2021年春には大人気のGalaxy Sシリーズが発売されたほか、Xperiaシリーズの最新作であるXperia 10 IIIも発売されました。

2021年夏以降にも、XperiaシリーズのフラッグシップであるXperia 1 IIIが発売さています。

また、フラグシップモデルだけでなく、Galaxy A21 シンプルやRedmi Note 10 JEなど低価格モデルも増えています。

auでスマホを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!
22,500円(税抜)以上で送料が無料
3自宅で受け取れる

auスマホおすすめ機種ランキング:総合

スマホおすすめランキング
それでは2021年最新スマホのおすすめ機種をチェックしていきましょう!

まずは総合的におすすめのスマホを11機種紹介します。

第1位:iPhone13/13 mini

iPhone 13のラインナップ

画像引用元:Apple公式サイト

2021年9月24日に、待ちに待ったiPhone13が発売されます。

パッと見た限りはiPhone12と似ていますが、スペックが進化しているので今1番おすすめです!

iPhone13のスペック

iPhone 13
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ173 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PRODUCT RED)・スターライト・
ミッドナイト・ブルー・ピンク
詳細iPhone 13の実機レビュー

iPhone13 miniのスペック

iPhone 13 mini
画面サイズ5.4インチ
本体サイズ高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.65mm
重さ140 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PRODUCT RED)・スターライト・
ミッドナイト・ブルー・ピンク
詳細iPhone 13 miniのレビュー

iPhone13/13 miniで注目したいのは次のポイントです。

iPhone13/13 miniの注目ポイント
  • センサーシフト式手ブレ補正を搭載!
  • 新機能シネマティックモード・フォトグラフスタイルを搭載
  • バッテリー持ちが大幅アップ!

センサーシフト式手ブレ補正を搭載!

iPhone13とiPhone13 miniには、iPhone12 Pro/Pro Maxに搭載されていた「センサーシフト式手ブレ補正」が搭載されています。

センサーシフト式手ブレ補正は、従来の「レンズシフト式」より手ブレ軽減効果が高く、この機能目当てにiPhone12 Proを選んだ人もいるくらいです。

上位モデルの機能が使えることは、iPhone13/13 miniの大きなメリットですね!

新機能シネマティックモード・フォトグラフスタイルを搭載

iPhone13/13 miniでは、新機能の「シネマティックモード」やフォトグラフスタイルをバッチリ搭載しました。

iPhone13/13 miniのカメラ機能
  • シネマティックモード:動画撮影時のフォーカス自動切り替えや被写界深度を後から調整できる
  • フォトグラフスタイル:写真の色調を撮影時に設定できる

特にシネマティックモードはProに搭載されそうな機能なので、発表を見たときにiPhone13/13 miniにも搭載されることに驚きました。

バッテリー持ちが大幅アップ!

iPhone13/13 miniは、iPhone12と比べて大幅にバッテリー持ちがよくなりました!

参考までに公式の稼働時間を比べると次の通りです。

iPhone13/13 miniのビデオ再生時間比較
  • iPhone13:最大19時間
  • iPhone12:最大17時間
  • iPhone13 mini:最大17時間
  • iPhone12 mini:最大15時間

電池消費の激しいビデオ再生で、それぞれ2時間もバッテリー持ちが長くなっています。

動画やゲームを楽しみたい方にとって、バッテリー持ちが良くなるのは嬉しいですよね!

iPhone13とiPhone13 miniの違い

iPhone13/13 miniのスペックを比較すると次の通りです。

項目iPhone 13iPhone 13 mini
画面サイズ6.1インチ5.4インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.65mm
重さ173 g140 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PURODUCT RED)・スターライト・ミッドナイト・ブルー・ピンク

スペックを比較して分かる通り、iPhone13とiPhone13 miniのスペックは同じです。

違いは大きさと重さだけで、iPhone13は標準的なサイズ、iPhone13 miniは片手にすっぽり収まるサイズです。

「最近のスマホは大きすぎて使いにくい…」

そう感じている方は、iPhone13 miniを選べばしっくりくるのではないでしょうか。

iPhone13はカラフルな5色

iPhone13/iPhone13 miniは、前モデルからカラーバリエーションが変更されました。

iPhone13/13 miniのカラバリ
  • スターライト(白系)
  • ミッドナイト(黒系)
  • ブルー
  • ピンク
  • PRODUCT RED

特に新色としてピンクが追加されていて、女性に人気の出そうな色合いです。

iPhone 6sで人気だったローズゴールドとは色合いの違うピンクですが、かわいい色が好きな方はぜひチェックしてみてください。

iPhone13の価格

項目端末価格(税込)割引適用後※
128GB156,995円84,755円
256GB170,945円92,345円
512GB198,965円107,525円
1TB226,870円122,590円
詳細auオンラインショップ
※スマホトクするプログラムを利用し、25カ月目に機種返却をした際の支払い額

iPhone13 miniの価格

項目端末価格(税込)割引適用後※
128GB101,070円54,510円
256GB115,020円62,100円
512GB143,040円77,280円
詳細auオンラインショップ
※スマホトクするプログラムを利用し、25カ月目に機種返却をした際の支払い額

iPhone13とiPhone13 miniでは、価格に1万円以上の差があります。

iPhone13 miniは本体・画面が小型なだけなので、画面が小さくてOKならiPhone13 miniの方がコスパがいいですね!

第2位:iPhone13 Pro/Pro Max

iPhone 13のラインナップ

画像引用元:Apple

iPhone13/13 miniよりスペック・機能にこだわる方にはiPhone13 Pro/Pro Maxがおすすめです。

iPhone13 Proのスペック

iPhone13 Pro Maxのスペック

iPhone13 Pro/Pro Maxはカメラ機能が強力!

iPhone13 Pro/Pro Maxは、広角・超広角・望遠のトリプルカメラを搭載しています。

加えてカメラのスペックや機能がiPhone13/13 miniより強力です。

iPhone13 Pro/Pro Maxのみ対応のカメラ機能
  • 望遠レンズを搭載
  • iPhone13/13 miniより明るいレンズ
  • デジタルズームが最大15倍
  • 最大4KのProResビデオ撮影
  • ProRAW撮影ができる
  • ナイトポートレートに対応
  • マクロ撮影に対応
  • LiDARスキャナを搭載

ざっと並べるだけで、これだけの機能差があります。

iPhoneで写真・動画をたくさん撮る方はiPhone13 Pro/Pro Maxを選ぶべきでしょう。

スペックもiPhone13より強化!

iPhone13 Pro/Pro Maxは、スペック面もiPhone13/13 miniより高くなっています。

iPhone13 Pro/Pro Maxのスペック強化ポイント
  • 同じA15でもGPUが5コア搭載
    (iPhone13/13 miniは4コア)
  • ディスプレイが可変120Hzで超滑らか
  • 最大1TBのストレージ

チップにA15 Bionicを搭載しているのはiPhone13/13 miniと同じですが、GPUが5コアに強化されています。

また、ディスプレイが60Hzから最大120Hzに強化されているため、電力を抑えつつ操作の快適性が上がりました。

さらに、iPhone13 Pro/Pro Maxのみ1TBモデルが投入されています。

4K動画をたくさん撮りたい方でも、iPhone13 Pro/Pro Maxなら本体ストレージだけでやりくりできそうです。

性能重視なら、iPhone13 Pro/Pro Maxのどちらかを選ぶようにしましょう!

iPhone13 Pro/Pro Maxの違い

iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxを比較すると次の通りです。

項目iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
画面サイズ6.1インチ6.7インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.65mm
重さ203 g238 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB・1TB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーグラファイト・ゴールド・シルバー・シエラブルー

比較すると分かる通り、iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxは本体サイズ・重さが大きく異なります。

大画面がいいならiPhone13 Pro Max、標準サイズがいいならiPhone13 Proを選べばOKですね。

また、iPhone13 Pro Maxの方が本体が大きい分、バッテリーの容量も多くなっています。

iPhone13 Pro/Pro Maxの稼働時間比較
  • iPhone13 Pro:最大22時間のビデオ再生
  • iPhone13 Pro Max:最大28時間のビデオ再生

1日ずっとビデオ再生をすることはないでしょうが、バッテリー持ちを重視する方はiPhone13 Pro Maxを買えば安心して使えるでしょう。

iPhone13 Proの価格

iPhone 13 Pro
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ203 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB・1TB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーグラファイト・ゴールド・
シルバー・シエラブルー
詳細iPhone 13 Proのレビュー

iPhone13 Pro Maxの価格

iPhone 13 Pro Max
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.65mm
重さ238 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB・1TB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーグラファイト・ゴールド・シルバー・シエラブルー
詳細iPhone13 Pro Maxのレビュー

iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxでは、1万円以上の価格差があります。

また、スマホトクするプログラムを利用すれば10万円前後の実質負担で済みますが、一括払いだとかなり高額です。

スペック的にどちらも同じなので、大画面またはバッテリー持ちを重視するのでなければ、iPhone13 Proを選びコストを抑えた方がいいでしょう。

第3位 Galaxy S21/S21+

Galaxy S21グリップ
Galaxy S21とGalaxy S21+は、2021年4月22日に発売されたGalaxyシリーズのフラッグシップモデルです。

Galaxy S21+はauの独占販売となります。

Galaxy S21のスペック

Galaxy S21
画面サイズ約6.2インチ
本体サイズ高さ:151.7mm
幅:71.2mm
厚さ:7.9mm
重さ171g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠: 約6,400万画素
インカメラ約1,000万画素
バッテリー4,800mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 888
認証顔・指紋
防水IP68
カラーファントムバイオレット・
ファントムグレー・
ファントムホワイト
詳細Galaxy S21の実機レビュー

Galaxy S21+のスペック

Galaxy S21+ 5G
連続待受時間約520時間
サイズ約W76×H162×D7.8mm
重量約200g
バッテリー容量4,800mAh
連続通話時間約2,040分
内蔵メモリ容量 (RAM)8GB
内蔵メモリ容量 (ROM)256GB
ディスプレイタイプDynamic AMOLED
ディスプレイサイズ約6.7インチ
ディスプレイ最大表示色約1,677万色
ディスプレイ解像度2,400×1,080(FHD+)
防水IPX5/IPX8 
防塵IP6X 
au ICカードau Nano IC Card 04
OSAndroid™ 11
CPUQualcomm®
Snapdragon™ 888
生体認証指紋/顔
詳細Galaxy S21+の実機レビュー
基本的なスペックはGalaxy S21もGalaxy S21+もほぼ変わりません。

大きく異なるのはディスプレイサイズで、Galaxy S21+は6.7インチ、Galaxy S21は6.2インチです。

そのため、大画面で映像コンテンツを楽しみたい方にはGalaxy S21+、それ以外の方にはGalaxy S21をおすすめします。

CPUは最高峰のSnapdragon 888

Galaxy S21/S21+は、現時点の最高峰CPUであるSnapdragon 888を搭載。

処理能力は前機種であるGalaxy S20よりもアップしました。

メモリが前機種に比べてスペックダウンした8GBである点は少々残念ですが、ストレージは256GBに増えてたっぷり保存できます。

また、ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzに対応し、タップ操作が超快適です。

デザインも一新

Galaxy S21/S21+ではこれまでの湾曲ディスプレイは採用せず、フラットになりました。

ファントム系のカラーはいずれも落ち着いた金属色で、背面はサラサラ、側面はツルツルの質感となっています。

背面のカメラもよりスタイリッシュな印象になり、全体的に洗練されたデザインです。

また、認証方法は顔と指紋の両方に対応しています。

指紋認証は流行りのオンスクリーンタイプで素早く認識してくれます。

カメラ機能

Galaxy S21/S21+のカメラは、超広角・広角・望遠の3眼カメラです。

特に望遠機能の有効画素数は6,400万画素かつ光学ズームも3倍で、遠くの被写体も画像劣化せず撮影できます。

もちろん暗闇でも撮影できるナイトモードも搭載し、夜間や薄暗い場所でも安心してカメラが使えます。

Galaxy S21の価格

キャリア本体価格割引適用時※予約・詳細
ドコモ99,792円66,528円ドコモドコモ公式ショップ
au118,540円66,700円au公式サイトauオンラインショップ

※auはスマホトクするプログラム適用時の場合

Galaxy S21+の価格

項目本体価格割引適用時※予約・詳細
au138,730円79,810円au公式サイトauオンラインショップ

※auはスマホトクするプログラム適用時の場合

auでの販売価格はGalaxy S21が10万円超え、Galaxy S21+が13万円台とかなり高めです。

しかし、スマホトクするプログラムを利用すれば、それぞれ7万円弱・8万円弱とお得に購入できます。

第4位 Xperia 5 II

Xperia 5 II

画像引用元:Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)| Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 5 IIは、人気のXperiaシリーズのフラグシップモデルです。

Xperia 5の持ちやすい縦長サイズはそのままに、5Gにもバッチリ対応しています。

より新しく高性能なXperia 1 IIIが発売されていますが、最高スペック・最高のカメラ性能にこだわる方でなければXperia 5 IIがおすすめです。

まずはXperia 5 IIのスペックをチェックしましょう。

Xperia 5 IIのスペック

Xperia 5 II
画面サイズ約6.1インチ
本体サイズ高さ:158mm
幅:68mm
厚さ:8.0mm
重さ約163g
アウトカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約1,200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUSnaodragon 865
認証顔・指紋
防水IP68
カラーピンク・ブルー・グレー・
ブラック・パープル(ドコモ限定)
詳細Xperia 5 llの実機レビュー

横幅68mmで片手でも使いやすい

Xperia 5 IIはXperia 5とほぼ同じ筐体サイズで、縦に長いフォルムです。

最近のスマホは大画面化が進み、片手ユーザーには少し使いにくいですよね。

しかし、Xperia 5 IIは横幅68mmと6.1インチのスマホとしては非常に細く、片手でも全く問題なく使えます。

今まで小型のスマホを利用してきた人も、Xperia 5 IIなら違和感なく使えるのではないでしょうか。

Xperiaだから安定のカメラ性能

Xperia 5 IIは、超広角・広角・望遠で各1,220万画素のトリプルカメラを搭載してシーン別に切り替えて撮影できます。

被写体の瞳を瞬時に検出してフォーカスが追従するリアルタイム瞳AFや秒間最高20コマの連写など便利な撮影機能もしっかり搭載されています。

また、レンズもプロ御用達の ZEISSレンズを採用。

撮影シーンに合わせたオート設定もこだわりのマニュアル設定もできるので、スマホでも写真にこだわるならXperiaが安定ですね。

やっぱりマルチウィンドウスクリーンは便利!

新機能ではありませんが、Xperia 5 IIは縦長フォルムを活かして2アプリを上下に分けて表示する「マルチウィンドウスクリーン」に対応しています。

YouTubeを表示しながらWebやSNSを利用するなど、都度アプリを切り替える必要がなくなります。

使わない人は全く使わない機能ですが、動画・SNS・Web検索を頻繁に使うならマルチウィンドウスクリーンがとても便利ですよ!

Xperia 5 IIの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ99,000円66,000円ドコモオンラインショップドコモ公式ショップを見る
au88,140円51,060円au公式ショップを見る
ソフトバンク115,200円57,600円ソフトバンク(公式)を見る

※ ドコモはスマホおかえしプログラム、auはかえトクプログラム、ソフトバンクはトクするサポート+適用時の場合

Xperia 5 IIは一括払いで約9万円と高額ですね。

しかし、スマホトクするプログラムを利用すれば5万円台で購入できるので、高スペックな割に安く手に入ります。

第5位:Xperia 1 III

Xperia 1 III

画像引用元:Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー) | ディスプレイ | Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 1 IIIは、2021年7月9日に発売された最新Xperiaで、現行Android最高峰のスペックとカメラ性能が欲しい方にイチオシの1台です。

Xperia 1 IIIのスペック

Xperia 1 III
サイズ高さ:165mm
幅:71mm
厚さ:8.2mm
重量188g
ディスプレイ6.5インチ
アウトカメラ超広角:約1,220万画素
広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
3D iToFセンサー
インカメラ約800万画素
バッテリー4,500mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 888
認証指紋
カラーロストブラック・フロストパープル
詳細Xperia 1 IIIのレビュー

現行最高峰のスペック

Xperia 1 IIIは最新のSnapdragon 888とRAM12GBを搭載し、ストレージも256GBとAndroidの中でも最高峰の性能です。

AnTuTuベンチマークスコアも80万点以上をたたき出しています。

スペック重視でauのAndroidスマホを選ぶなら、Xperia 1 IIIを選びましょう!

世界初の焦点距離が可変する望遠レンズ搭載

Xperia 1 IIIは広角・超広角・望遠のトリプルカメラですが、望遠レンズに世界初の可変式望遠レンズを採用しています。

つまり、擬似的にクアッドカメラを搭載しているのと同じということですね。

また、Xperia 1 IIIは一眼レフカメラのように、シャッタースピードやISO感度などを細かく設定した撮影もOKです。

スマホカメラでも写真にこだわりたい方にとって、Xperia 1 IIIは最高の1台になるでしょう。

Xperia 1 IIIの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ154,440円102,960円ドコモ公式サイト
au178,000円98,440円公式サイト
ソフトバンク188,640円94,320円公式サイト

※ ドコモはスマホおかえしプログラム、auはスマホトクするプログラム、ソフトバンクはトクするサポート+適用時の場合

Xperia 1 IIIはauの一括価格が178,000円、スマホトクするプログラムを利用しても約10万円と高額な1台です。

その分スペックもカメラ性能も高く、性能面で一切妥協しない方向けの1台となっています。

第6位:iPhone SE(第2世代)

iPhoneSE2
iPhone SE(第2世代)は、2020年5月11日に発売されたiPhone SEの後継機種です。

ミドルスペックの価格ながら、驚異的なCPU性能を持つスマホとして非常に人気を集めています。

iPhone SE(第2世代)のスペック

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

iPhone 11 Proとほぼ同じ処理能力!

iPhone SE(第2世代)が属するミドルスペックスマホは、一般的にコスパに優れているスマホであり、現在は非常に人気があります。

ただ、ミドルスペックスマホの中には処理能力が微妙な機種もあるため、使い方によっては「もっといい機種を買っておけばよかった…」ということも。

しかし、iPhone SE(第2世代)はiPhone 11 Proと同じCPUを搭載し、最新ゲームも大抵のタイトルはサクサク動かせる性能があります。

他の性能が違うため、iPhone 11 Proと全く同じというわけではありませんが、安くてスペックも十分高いため人気があるのですね。

ホームボタンが復活!

長らく廃止となっていたホームボタンが、iPhone SE(第2世代)で遂に復活しました。

ホーム画面に戻る機能に加え、従来の指紋認証も復活しているため、これだけでiPhone SE(第2世代)を手に取ってみたいという方も多いのではないでしょうか。

また、iPhone SE(第2世代)のディスプレイは小型の4.7インチ。

従来機種であるiPhone SEの4インチは実現できなかったものの、小型でポケットに収まりやすい小型サイズを待ち望んでいた方も多いでしょう。

iPhone SE(第2世代)は、まさに原点回帰の端末と言えますね。

カメラはポートレート撮影も可能!

iPhone SE(第2世代)はメリットが非常に多い機種ですが、iPhone SE(第2世代)のカメラレンズは1基しか搭載されていません。

2021年現在では、エントリークラスのスマホすら2基以上のカメラを持つものも多いため、カメラ機能は少々弱さが目立ちますね。

ただし、ぼけを生かした「ポートレート撮影」は搭載されており、動画も4K画質のものを撮影できるため、普段使いには十分な機能と言えます。

iPhone SE(第2世代)の価格

iPhone SE(第2世代)64GB128GB256GB
au通常55,270円61,250円75,215円
スマホトクする
プログラム
28,750円31,970円39,215円
詳細au公式ショップを見る

第7位:iPhone 12/12 mini

iPhone 12 mini
iPhone13が登場しましたが、iPhone 12/12 miniも継続販売されています。

特にiPhone 12 miniの64GBと128GBが値下げされたので、お得にiPhoneを購入したい方におすすめです。

iPhone 12のスペック

iPhone 12
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ162 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・

グリーン・ブルー・
パープル
詳細iPhone 12評価レビュー

iPhone 12 miniのスペック

iPhone 12 mini
画面サイズ5.4インチ
本体サイズ高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.4mm
重さ133 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・
グリーン・ブルー・
パープル
詳細iPhone 12 mini評価レビュー

iPhone 12とiPhone 12 miniは5G対応

iPhone 12及びiPhone 12 miniは、5Gに対応しています。

5Gに対応することで、大容量の高速通信が可能になりました。

現状ではまだ5G対応エリアは限定的ですが、順次5G対応エリアはどんどん広がっています。

iPhone SE(第2世代)は5G非対応なので、5Gを利用するならiPhone 12以上を選ぶようにしましょう。

頑丈になったiPhone 12とiPhone 12 mini

iPhone 12とiPhone 12 miniではCeramic Shieldという新しいカバーガラスを採用しています。

どのスマホよりも頑丈と言われるセラミック入りのガラスで、落下してもガラスが割れにくいという優れものです。

これまで割れやすいところがデメリットと言われてきたiPhoneですが、これからはむしろ割れにくいところがメリットになるでしょう。

iPhone 12とiPhone 12 miniの違い

下表はiPhone 12とiPhone 12 miniのスペックを比較したものです。

モデルiPhone12iPhone12 mini
ディスプレイ6.1インチ5.4インチ
サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.4mm
重さ162 g133 g
アウトカメラ12MP
デュアルレンズカメラ
インカメラ12MP
ROM64GB/128GB/256GB
CPUA14 Bionic
OSiOS 14
認証Face ID
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED・グリーン・ブルー
5G対応○/Sub 6GHz
詳細iPhone 12レビューiPhone 12 miniレビュー
ご覧いただいた通り、ほとんどのスペックが同じです。

しかし、そんな中でも大きく違う点がいくつかあります。

iPhone 12とiPhone 12 miniの違い
  • ディスプレイサイズ:
    iPhone 12は6.1、iPhone 12 miniは5.4
  • 重さ:
    iPhone 12は162g、iPhone 12 miniは133 g

iPhone 12 miniはは片手ですっぽり収まるサイズなので、女性など手が小さい方におすすめです。

iPhone 12のカラバリはシンプル5色

iPhone 12とiPhone 12 miniのカラーバリエーションはこちらの5色です。

iPhone 12とiPhone 12 miniのカラーバリエーション
  • ブラック
  • ホワイト
  • (PRODUCT)RED
  • グリーン
  • ブルー

前回のiPhone 11にあったイエローやパープルなどの優しめの色が減り、ブルーが仲間入りしました。

シンプルな色ばかりなので、これまでより更に選びやすくなりました。

iPhone 12の価格

容量64GB128GB256GB
機種代金103,430円108,260円122,435円
スマホトクするプログラム
実質負担額
55,430円57,500円65,435円
乗り換え(MNP)の場合-22,000円
新規契約の場合-11,000円
購入au公式ショップ

iPhone 12 miniの価格

項目64GB128GB256GB
一括払い90,065円
→71,650円
95,240円
→77,170円
109,305円
スマホトクする
プログラム適用時
48,185円
→41,170円
50,600円
→44,045円
58,305円
乗り換え(MNP)の場合-22,000円
新規契約の場合-11,000円
機種変更の場合-5,500円
詳細auオンラインショップ
iPhone13の発表を受け、iPhone 12 mini 64GBと128GBが大幅に値下げされました。

安くiPhoneを買いたい方は、iPhone 12 miniも検討しましょう!

なお、iPhone 12やiPhone 12 mini 256GBは現時点では値下げされていませんが、今後値下げされる可能性もゼロではありません。

第8位 Galaxy A32 5G

Galaxy A32 5G

画像引用元:Galaxy A32 5G(ギャラクシーA32 5G)|Galaxy公式(日本)

Galaxy A32 5Gは2021年2月25日に発売された、Galaxyシリーズのエントリーモデルです。

Galaxy A32 5Gのスペック

Galaxy A32 5G
ディスプレイ約6.5インチ
本体サイズ高さ:164 mm
幅:76 mm
厚さ:9.1 mm
重さ約209g
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約500万画素
深度:約200万画素
インカメラ約1,300万画素
バッテリー5,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUMediaTek Dimensity 720
OSAndroid 11
認証指紋・顔
カラーオーサムホワイト/ブラック/ブルー
詳細Galaxy A32 5G SCG08レビュー

カメラは4眼!

Galaxy A32 5Gのカメラは、広角・超広角・マクロ・深度測位の4眼カメラを搭載しています。

特にマクロレンズは搭載するスマホは少なく、写真の用途によってはGalaxy A32 5Gがぴったりです。

望遠レンズが搭載されていないとはいえ、本体価格3万円台のカメラとしては申し分のない機能を備えています。

Galaxy A32 5Gの基本性能

Galaxy A32 5GのCPUには「MediaTek Dimensity 720」が採用されています。

有名なSnapdragonにたとえると、丁度「720」と「765G」の中間にあたる性能を持っているCPUです。

処理の重いゲームアプリなどをサクサクと動かすのは難しい性能ですが、普段使いなら十分に使えるレベルです。

また、ディスプレイは6.5インチと大型でバッテリーは5,000mAhと、価格の割に性能面は豪華な1台となっています。

Galaxy A32 5Gの価格

項目機種代金割引適用時
au31,190円25,070円※
購入au公式ショップ

※スマホトクするプログラム適用時

Galaxy A32 5Gは3万円台と非常にお手頃です。

スマホトクするプログラムで約6,000円安くなりますが、利用しなくても十分購入しやすい価格ですね。

第9位 AQUOS sense 5G

AQUOS sense5G

画像引用元:AQUOS 2020 秋冬 最新モデル|AQUOS:シャープ

AQUOS sense 5Gは、非常に人気の高いAQUOS senseシリーズ初の5G対応モデルです。

5G対応ながら価格は安めに抑えられていて、コスパ重視の5Gスマホとして注目を集めている1台です。

AQUOS sense 5Gのスペック

AQUOS sense 5G
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:148mm
幅:71mm
厚さ:8.9mm
重さ178g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8
カラーライトカッパー・
オリーブシルバー・ブラック
詳細AQUOS sense5Gの実機レビュー

必要十分な性能

AQUOS sense 5Gに搭載されているCPUのランクは、先にお伝えしたGalaxy A32 5Gよりも少し劣ります。

また、RAM容量も4GBなので、ミドルレンジのど真ん中といった具合のスペックです。

とはいえ、このスペックがあれば動画やSNSに大抵のゲームも使えるので、普通の使い方を自負している人なら困ることはないでしょう。

また、カメラはトリプルレンズに加えてAIの自動シーン設定と、流行りの機能もしっかり備えています。

AQUOS公式サイトのコピー通り、必要十分な性能をバランスよく取り入れた1台になっていますね。

バッテリーが大幅強化

AQUOS sense 5Gはバッテリー容量が4,570mAhと、AQUOS sense3より570mAhも増えました!

省電力に定評のあるIGZOディスプレイや充電を管理するインテリジェントチャージでバッテリー劣化を最小限に抑えてくれるので、1台を長く利用したい人も安心です。

AQUOS sense5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時購入
ドコモ39,600円-ドコモオンラインショップ
au39,890円26,450円auオンラインショップ
ソフトバンク52,600円26,280円ソフトバンク公式ショップ
楽天モバイル45,800円-楽天モバイル公式

本体価格は約4万円ですが、スマホトクするプログラムを適用すれば2万円台で購入できます。

第10位 Xperia 10 III

ドコモのxperia 10 III

画像引用元:Xperia 10 III SO-52B | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ

 Xperia 10 IIIは人気シリーズXperiaの最新作で、2021年6月18日に発売されたばかりの機種です。

Xperia 10 IIIのスペック

Xperia 10 III
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:154mm
幅:68mm
厚さ:8.3mm
重さ169g
アウトカメラ標準:1,200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
インカメラ800万画素
RAM6GB
ROM128GB
CPUQualcomm
Snapdragon 690
OSAndroid 11
バッテリー4,500mAh
認証指紋認証
カラーブラック、ホワイト、
ブルー、ピンク、
イエロー(ドコモ限定)
詳細Xperia 10 IIIのレビュー

持ちやすいボディサイズと大容量バッテリー

Xperia 10 IIIには、前機種と同じ6インチディスプレイが採用されていますが、本体サイズはわずかにダウンしました。

横幅も狭くなったため、片手でも持ちやすいサイズになっています。

バッテリーは4,500mAhと大容量で、「いたわり充電」にもバッチリ対応しているためバッテリー劣化が少なく長持ちです。

1台のスマホを長期間使い続けたい方には嬉しい仕様となっていますね!

Xperia 10 IIIの価格

キャリア機種代金割引適用時※予約
ドコモ51,480円なしドコモ公式サイト
au53,985円36,225円公式サイト
ワイモバイル54,000円36,000円公式サイト

※ ドコモはスマホおかえしプログラム、auはかえトクプログラム、ソフトバンクはトクするサポート+適用時の場合

「大人気の最新Xperiaシリーズが何でこの順位?」と思われていた方も多いことでしょう。その理由は、この価格にあります。

ライバル機種にあたるGalaxy A32 5GやAQUOS sense5Gと比較すると少し高いですよね。

購入時は各種割引をうまく活用しましょう。

第11位 OPPO A54 5G

OPPO A54 5G

画像引用元:OPPO A54 5G | オウガ・ジャパン

OPPO A54 5Gは、2021年6月4日に発売された比較的新しいスマホです。

OPPO A54 5Gのスペック

OPPO A54 5G OPG02のスペック
サイズ高さ:163mm
幅:75mm
厚さ:8.4mm
重量約190g
バッテリー容量5,000mAh
外部メモリ
推奨最大容量
256GB microSDXC™
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
ディスプレイTFT-LCD
約6.5インチ
2,400×1,080
CPUSnapdragon™ 480 5G Mobile Platform
2.0GHz/2+1.8GHz/6
生体認証指紋/顔
メインカメラ
(4眼)
約4,800万画素
約800万画素
約200万画素
約200万画素
サブカメラ約1,600万画素
詳細OPPO A54 5Gのレビュー

OPPO A54 5Gのカメラは4眼!

本体価格2万円台のOPPO A54 5Gには、驚きの4眼カメラが搭載されています。

メインである広角レンズの有効画素数は約4,800万画素。性能も優秀です。

暗闇での撮影が可能なウルトラナイトモードも使えるため、夜間での撮影もバッチリ。

さらに、細部まで撮影できるマクロレンズも搭載。

2万円台のスマホとは思えないカメラ機能です。

バッテリーは5,000mAhと超大型

OPPO A54 5Gのバッテリーは5,000mAhです。

CPUの性能があまり高くないため、電池持ちは非常に優秀と言えるでしょう。

また、18Wの急速充電にも対応しています。

OPPO A54 5Gの価格

OPPO A54 5Gの価格
28,765円auオンラインショップ

OPPO A54 5Gの価格は驚異の2万円台です。

スマホトクするプログラムを利用すればさらに安くなりますが、利用するまでもないと思います。

auスマホおすすめ機種ランキング:安さ重視のコスパ編

続いてコスパでスマホを選ぶ際のおすすめ機種ランキングを見ていきましょう。

「必要十分なスペックを備えた5Gスマホ」の代表格はAQUOS sense 5Gですが、Galaxy A32 5Gはそれに引けを取らないほどの実力を持っています。

一方、安さだけでなくスペックとのバランスを取るなら、iPhone SE(第2世代)がぶっちぎりの1位になるでしょう。

おすすめ機種ランキングコスパ編
  1. iPhone SE(第2世代)
  2. Galaxy A32 5G
  3. AQUOS sense 5G

第1位:iPhone SE(第2世代)

iPhoneSE2 フロント
ミドルスペックの中で驚異の処理能力を誇るiPhone SE(第2世代)。

iPhone 8譲りの4.7インチの小型ボディに、iPhone 11 Proと同じA13 Bionicを搭載した超高コスパモデルです。

iPhone SE(第2世代)のスペック

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

「iPhoneが欲しいけど高い…。」

そんな人はiPhone SE(第2世代)を選べばOKです!

また、ホームボタンが復活しているので、マスクをしたまま快適に使えるのもポイントです。

iPhone SE(第2世代)の価格

iPhone SE(第2世代)64GB128GB256GB
au通常55,270円61,250円75,215円
スマホトクする
プログラム
28,750円31,970円39,215円
詳細au公式ショップを見る

第2位 Galaxy A32 5G

Galaxy A32 5G

画像引用元: Galaxy A32 5G(ギャラクシーA32 5G)|Galaxy公式(日本)

優秀な性能と4眼カメラも搭載しながら、3万円台と非常にコスパに優れた機種です。

Galaxy A32 5Gのスペック

Galaxy A32 5G
ディスプレイ約6.5インチ
本体サイズ高さ:164 mm
幅:76 mm
厚さ:9.1 mm
重さ約209g
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約500万画素
深度:約200万画素
インカメラ約1,300万画素
バッテリー5,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUMediaTek Dimensity 720
OSAndroid 11
認証指紋・顔
カラーオーサムホワイト/ブラック/ブルー
詳細Galaxy A32 5G SCG08レビュー

防水防塵、おサイフケータイにもしっかり対応しており、普段使いのスマホとしては非常に優秀です。

Galaxy A32 5Gの価格

項目機種代金割引適用時
au31,190円25,070円※
購入au公式ショップ

※スマホトクするプログラム適用時

第3位 AQUOS sense 5G

AQUOS sense5G ディスプレイ
AQUOS sense 5Gは低価格で充実した機能が人気のAQUOS senseシリーズ最新モデルです。

AQUOS sense 5Gのスペック

AQUOS sense 5G
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:148mm
幅:71mm
厚さ:8.9mm
重さ178g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8
カラーライトカッパー・
オリーブシルバー・ブラック
詳細AQUOS sense5Gの実機レビュー

5Gスマホの新たな「必要十分スマホ」として、人気を集めています。

価格も5Gスマホとは思えないほどの安さです。

AQUOS sense5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時購入
ドコモ39,600円-ドコモオンラインショップ
au39,890円26,450円auオンラインショップ
ソフトバンク52,600円26,280円ソフトバンク公式ショップ
楽天モバイル45,800円-楽天モバイル公式

auスマホおすすめ機種ランキング:機能重視のハイスペック編

続いてスペック重視のおすすめ機種をみていきましょう。

ゲームのプレイだけが目的ならミドルスペックスマホでも問題ないこともあります。

しかし、高画質動画の編集などゲーム以上に重い処理をしたい人や長期的に快適な状態をキープしたい人はハイスペックスマホを選んだ方がいいですよ!

おすすめハイスペックスマホ
  1. iPhone 13 Pro/Pro Max
  2. Xperia 1 III
  3. Galaxy S21

第1位:iPhone13 Pro

iPhone 12 Pro

スペックを重視するのであれば、iPhoneのハイエンドモデルでもあるiPhone13 Proがおすすめです!

iPhone 13Proのスペック

iPhone 13 Pro
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ203 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB・1TB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーグラファイト・ゴールド・
シルバー・シエラブルー
詳細iPhone 13 Proのレビュー

最新のA15 BionicチップはAndroidのSnapdragon 888を上回り、しかもiPhone13よりGPUコアが多くなっています。

また、120Hzのリフレッシュレートやカメラレンズの強化など、iPhone 12よりかなり進化しています。

今スペック重視で選ぶなら、iPhone13 Proは見逃せない1台ですね!

iPhone13 Proの価格

容量128GB256GB512GB1TB
一括払い143,040円156,995円185,015円212,920円
スマホトクする
プログラム適用時
77,280円84,755円99,935円115,000円
購入au公式ショップを見る

第2位 Xperia 1 III

Xperia 1 III

画像引用元:Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 1 IIIは人気のXperiaシリーズ最新・最高峰モデルです。

Xperia 1 IIIのスペック

Xperia 1 III
サイズ高さ:165mm
幅:71mm
厚さ:8.2mm
重量188g
ディスプレイ6.5インチ
アウトカメラ超広角:約1,220万画素
広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
3D iToFセンサー
インカメラ約800万画素
バッテリー4,500mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 888
認証指紋
カラーロストブラック・フロストパープル
詳細Xperia 1 IIIのレビュー

最新Snapdragon 888と超大容量のRAM12GBで、どんなアプリもサクサク超快適に動きます。

Androidでスペックを最重要視するなら、Xperia 1 IIIを真っ先に検討しましょう!

Xperia 1 IIIの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ154,440円102,960円ドコモ公式サイト
au178,000円98,440円公式サイト
ソフトバンク188,640円94,320円公式サイト

※ ドコモはスマホおかえしプログラム、auはスマホトクするプログラム、ソフトバンクはトクするサポート+適用時の場合

第3位 Galaxy S21

Galaxy S21

Androidでスペック重視なら、Galaxy S21がおすすめです。

最高峰のSnapdragon 888に8GBと大容量のメモリを搭載し、今手に入るスマホでこれ以上のスペックはそうそうありません。

Galaxy S21のスペック

Galaxy S21
画面サイズ約6.2インチ
本体サイズ高さ:151.7mm
幅:71.2mm
厚さ:7.9mm
重さ171g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠: 約6,400万画素
インカメラ約1,000万画素
バッテリー4,800mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 888
認証顔・指紋
防水IP68
カラーファントムバイオレット・
ファントムグレー・
ファントムホワイト
詳細Galaxy S21の実機レビュー

また、大きなスマホの方が良い方には、au独販のGalaxy S21+を選べばスペックも画面サイズも大満足なはずです。

Galaxy S21の価格

キャリア本体価格割引適用時※予約・詳細
ドコモ99,792円66,528円ドコモドコモ公式ショップ
au118,540円66,700円au公式サイトauオンラインショップ

※ドコモはスマホおかえしプログラム、auはスマホトクするプログラム適用時

キッズ向けのauおすすめスマホはこれ!

mamorino5のカラーバリエーション

画像引用元:mamorino5

小学生以下のキッズ向けには、mimarino5(ミマリーノ ファイブ)がおすすめです。

mimarino5は、2019年2月22日発売のキッズ向けケータイで、スマホのようなタッチパネル操作ができる機種です。

mimarino5のスペック

mimarino5のスペック
カラーブルー / ラベンダー / ホワイト
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約56×99×15.5mm
重量約105g
バッテリー容量1,200mAh
ディスプレイ約2.8インチ QVGA / TFT液晶
ROM
(ストレージ)
4GB
RAM
(メモリ)
512MB

mimarino5には、GPSでの居場所の確認や大音量ブザーにココセコムと、キッズ向けの安心機能が豊富に搭載されています。

また、発着信やSMSは指定した相手に限定されるのも安心して子供に持たせられるポイントでしょう。

共働きで子供が1人になる時間が多いなら、子供にmimarino5を持たせてみてはいかがでしょう。

シニア向けのauおすすめスマホはこれ!

Galaxy A21 シンプル

画像引用元:Galaxy A21 シンプル(ギャラクシー エートゥエンティワン シンプル)SCV49 | スマートフォン(Android スマホ) | au

これから初スマホに挑戦するシニアの方には、Galaxy A21 シンプルがおすすめです。

Galaxy A21 シンプルは使いやすさにこだわり、初スマホでも安心して利用できます。

Galaxy A21 シンプルのスペック

Galaxy A21
ディスプレイ約5.8インチ
本体サイズ高さ:約150 mm
幅:約71 mm
厚さ:約8.4 mm
重さ約159g
アウトカメラ約1,300万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー3,600mAh
RAM3GB
ROM64GB
CPUOcta-Core 1.6GHz,1.35GHz
OSAndroid™
認証顔認証
カラーブラック・ホワイト・レッド

スペックは決して高くありませんが、電話やメール、Web検索など基本的な使い方なら問題なく使えます。

「スマホを持ってみたいけど操作が不安。」
「周囲に使い方を聞ける人がいない。」

そんな人のスマホデビューには、ぜひGalaxy A21 シンプルを検討してください!

auのスマホ機種変更で使えるお得なキャンペーン

冒頭のスマホ選びのチェックポイントでもお伝えしましたが、auのスマホを選ぶ際は開催中のキャンペーンを確認しましょう。

2021年9月現在、auのおすすめキャンペーンは次の3つです。

auおすすめキャンペーン
  • au Online Shop お得割
  •  5G機種変更おトク割

各キャンペーンの詳細も確認していきましょう。

au Online Shop お得割

auオンラインショップお得割

画像引用元:au Online Shop お得割 | キャンペーン | au

キャンペーン期間:2020年4月1日〜終了未定
(対象機種は都度変更)

au Online Shop お得割は、名前の通りauオンラインショップで対象機種を購入すると、機種代金から最大22,000割引されるキャンペーンです。

基本的には新規契約とMNPが対象となる割引ですが、ごく一部のモデルは機種変更も対象です。

割引金額

機種名新規MNP機種変更
iPhone 12 Pro11,000円22,000円-
iPhone 12 Pro Max11,000円22,000円-
iPhone 1211,000円22,000円-
iPhone 12 mini11,000円22,000円-
iPhone SE(第2世代)11,000円22,000円-
iPhone 11 Pro
(64GB・256GB)
22,000円22,000円22,000円
AQUOS zero5G
basic DX
11,000円22,000円-
Mi 10 Lite 5G11,000円22,000円-
GRATINA16,500円16,500円-
ZTE a111,000円22,000円-
Galaxy A4111,000円22,000円-
AQUOS sense3 basic11,000円16,500円-
XPERIA 10 II11,000円22,000円-
Galaxy S20 5G22,000円22,000円-
Galaxy S20+ 5G11,000円22,000円-
Xperia 1 II11,000円22,000円-
Xperia 5 II 11,000円22,000円-
Galaxy Z Flip22,000円22,000円22,000円
Galaxy Note20 Ultra 5G11,000円22,000円-
Galaxy A51 5G11,000円22,000円-
Google Pixel 511,000円22,000円-
TORQUE G0411,000円22,000円-
BASIO422,000円22,000円-

基本的に新規契約は11,000円割引、乗り換え(MNP)は22,000円割引と考えていいですね。

auオンラインショップでは頭金無料で契約できることもあり、auのスマホを買うならauオンラインショップを活用しましょう!

5G機種変更おトク割

5G機種変更おトク割
5Gスマホに機種変更する場合は、こちらの「5G機種変更おトク割」が適用できます。

最近はほとんど5Gスマホなので、対象モデルは非常に多くなっています。

店頭の場合は機種代金から5,500円OFF、オンラインショップの場合は5,500円相当がau PAY残高にチャージされます。

auオンラインショップでスマホを機種変更する手順

最後にauオンラインショップで機種変更する手順をチェックしましょう。

auオンラインショップでの機種変更には数多くのメリットがあります。

オンラインショップのメリット
  • 24時間いつでも手続きできる
  • 送料無料で自宅受け取りできる
  • 5,000円〜の頭金がかからない

また、au Onine Shop お得割のようなオンラインショップ限定キャンペーンもあります。

お得に機種変更をするなら、auオンラインショップを活用しましょうね!

  1. auオンラインショップにアクセス
    auオンラインショップ トップページ
  2. 希望のスマホを選んで『予約・購入』を選択
    スマホを選んで予約・購入
  3. 色を選んで『カートに入れる』を選択
    色を選んでカートに入れる
  4. 『au Online Shopで契約・購入』を選択
    au Online Shopで契約・購入
  5. 契約種別で『機種変更』を選び『進む』
    機種変更を選び進む
  6. au IDでログインする
    au IDでログインする
  7. 画面に従い『料金プラン』『クーポン・ポイント』『契約者情報』『受取り方法』等を選択していく
    画面に従いプラン等を選んでいく
  8. 注文内容と重要事項説明を確認して注文を完了する
    注文内容と重要事項説明を確認
  9. 商品が届いたら同梱の『ご利用開始のお手続きについて』を確認して新しいスマホへ回線切り替えを実施
  10. 電話帳・写真・動画等のデータを移行・初期設定を行い完了

以上でauオンラインショップでの機種変更は完了です。

画像はスマホの画面ですが、もちろんパソコンでも同様に機種変更OKです。

お得にauのスマホを手にするために、ぜひauオンラインショップを活用しましょう!

スマホ端末を選ぶ際のおすすめチェックポイント

LG style3グリップ
スマホを選ぶ時に重視する点は人それぞれあると思いますし、中にはスマホメーカーが好きという理由でずっと同じシリーズを使い続けている人もいるでしょう。

しかし、中にはどのスマホを選べば良いのかわからない人も多いと思います。

この章では、どのような点を重視してスマホを選べば良いのか詳しく説明するので、是非チェックしてください。

スマホ購入時のチェックポイント
  • iPhoneかAndroidか
  • どのくらい高性能なチップが必要か
  • カメラ性能をチェック
  • 大きさや見た目などのデザインで選ぶ
  • 開催中のキャンペーンも確認しよう

iPhoneかAndroidか

スマホを選ぶ際は、まずiPhoneとAndroidスマホのどちらにするかを決めましょう。

機種変更の人は、今使っているスマホと同じ方を選ぶ人が多いですね。

初スマホの人は周囲で使っている人が多い方を選ぶといいかもしれません。

スマホのごく基本的な操作はiPhoneとAndroidで変わりませんが、アプリのインストールや設定など細かな点で異なります。

使い方がわからなくなったとき、周りに同じスマホを使っている人がいれば気軽に聞けるので安心して使えるのではないでしょうか。

どのくらい高性能なチップが必要か

スマホを選ぶうえで、どれくらいの性能のチップが搭載されたモデルを選ぶかも大切なポイントです。

iPhoneは、最新モデルなら最新チップが搭載されています。

発売時点でかなり高性能な処理能力を有しますが、実は1〜2年前のモデルでも処理能力に困ることはありません。

そのため、コスパで選ぶなら去年のモデルを選ぶのもありですね。

一方、Androidはモデルによって搭載されているチップが異なります。

現在最新のチップではSnapdragon 888が高性能チップですが、ミドルレンジのSnapdragon 600〜700番台でも処理能力は十分です。

また、使いやすさを左右するRAMの容量は、一般的なスペックだと3GB~4GB程度です。

ヘビーな使い方をする人でも6GB~8GBあれば十分だといわれています。

当然、高性能チップを搭載したモデルは高額モデルになるので、どの程度の性能が必要かは慎重に選んだ方がいいかもしれませんね。

カメラ性能をチェック

最近のスマホはトリプルカメラを搭載し、下手なデジカメよりカメラ性能が高いモデルが増えています。

特に最近はAI機能を駆使し、撮影シーンに合わせて自動的に最適な設定にしてくれるスマホが増えています。

そのため、なんとなく写真を撮ってもキレイな写真を撮りやすくなっていますね。

とはいえ、スマホによって細かな特徴は異なります。

写真をよく撮る人は、スマホがどんなカメラ性能を持っているのかしっかりチェックして選びましょう。

大きさや見た目などのデザインで選ぶ

最近のスマホの多くは6インチ以上の大画面です。

動画をよく観る人は画面が大きい方が良いでしょう。

しかし、「持ちやすい方が良い」や「嵩張るのは嫌だ」という人もいるでしょう。

スマホの画面や全体的なサイズで選ぶのもおすすめです。

開催中のキャンペーンも確認しよう

auでは、特定のスマホ購入キャンペーンやオンラインショップ限定キャンペーンなどが開催されています。

機種変更に使えるキャンペーンも多数ありますよ。

キャンペーンは毎月のように入れ替わるので、スマホを購入するときは開催中のキャンペーンをしっかりチェックしましょう。

【2021年10月】auキャンペーン情報|機種変更・乗り換えで今使えるもの

自分にぴったりのauスマホに機種変更しよう!

今回は2021年最新のauおすすめスマホを紹介しました。

auの最新モデルは5G対応ハイスペックスマホから高コスパモデルまで揃っています。

ランキングで紹介したスマホは人気も高く、今機種変更するならイチオシです。

また、スペック重視・コスパ重視のおすすめはそれぞれ以下の通りです。

おすすめ良コスパスマホ
  1. iPhone SE(第2世代)
  2. Galaxy A32 5G
  3. AQUOS sense 5G
おすすめハイスペックスマホ
  1. iPhone 13 Pro
  2. Xperia 1 III
  3. Galaxy S21

これから機種変更する人は、上記のおすすめスマホから気に入る1台をぜひ見つけてくださいね!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!