auおすすめ最新スマホランキング【2018夏モデル】

  • 2018年3月4日
  • by 
auおすすめ最新スマホランキング【2018夏モデル】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auからは2018年夏モデルとして、さまざまなスマホが発売されました。

そして、ついに新型iPhone3機種iPhone、iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRが登場しました。

この記事では、auの最新スマホの中から特におすすめの機種を紹介します。

また、大人気間違いなしのiPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRについても紹介します。

どんなスマホを選べば満足できるかは人によって異なりますので、ぜひこの記事の情報を参考にしてピッタリのスマホを見つけてみてください。

auの2018年春モデルのおすすめスマホについてもチェックしておきたい人はこちらも合わせて確認してください。

トップ画像引用元:au

大人気必至!iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XR

画像引用元:iPhone XS – A12 Bionic – Apple(日本)

ついに新型iPhone3機種「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」が登場しました。

機種選びの際に、まずはiPhoneの中から選ぶ方が多いのではないでしょうか。

間違いなく人気が出るiPhoneシリーズ。機種選びの第1候補といえるでしょう。

新型iPhone3機種の向上したスペックや、価格についてみていきましょう。

iPhone XS

画像引用元:iPhone XS – 仕様 – Apple(日本)

項目スペック詳細
CPUA12Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/256GB/512GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ143.6 × 幅70.9 × 厚さ7.7 mm
重さ177g
ディスプレイ5.8インチOLEDディスプレイ
解像度2,436 × 1,125
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・シルバー
フレーム素材ステンレス

「iPhone XS」のディスプレイは有機ELディスプレイを搭載した、最高解像度のSuper Retina HDを搭載しています。

そして、防水性能が格段に向上しました。

最大水深2メートルで30分間まで耐えられます。また、コーヒー、紅茶、ジュースなどの様々な液体によるテストを重ねています。

iPhone XSはIEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)

CPUもA12 Bionicへと進化し、今までのiPhoneで最もスペックの高い機種となりました。

デュアルカメラを搭載しています。

上段: 64GB
中段: 256GB
下段: 512GB
auドコモソフトバンクApple Store
一括価格128,640円
146,880円
171,840円
128,952円
147,096円
171,720円
136,800円
155,040円
180,000円
112,800円
129,800円
152,800円
新規実質価格54,000円
72,240円
97,200円
69,984円
88,128円
112,752円
※2
68,400円
77,520円
90,000円
※1
-
MNP実質価格-
機種変更実質価格63,600円
81,840円
106,800円
-
購入au公式ショップドコモ公式ショップソフトバンク公式ショップApple Store

iPhone XS Max

画像引用元:iPhone XS – 仕様 – Apple(日本)

項目スペック詳細
CPUA12Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/256GB/512GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ157.5 × 幅77.4× 厚さ7.7 mm
重さ208g
ディスプレイ6.5インチOLEDディスプレイ
解像度2,688 × 1,242
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・シルバー
フレーム素材ステンレス

誰もが予想していたiPhone XS Plusという表記ではなく、「iPhone XS Max」となりました。

「iPhone XS Max」のディスプレイは有機ELディスプレイを搭載した、最高解像度のSuper Retina HDを搭載しています。

こちらも防水性能が格段に向上しました。

最大水深2メートルで30分間まで耐えられます。また、コーヒー、紅茶、ジュースなどの様々な液体によるテストを重ねています。

iPhone XS MaxはIEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)

こちらもCPUもA12 Bionicへと進化しています。iPhone XS の大型版といえるでしょう。

デュアルカメラを搭載しています。

上段: 64GB
中段: 256GB
下段: 512GB
auドコモソフトバンクApple Store
一括価格141,600円
159,840円
184,800円
141,912円
160,056円
184,680円
149,760円
168,000円
192,960円
124,800円
141,800円
164,800円
新規実質価格66,960円
85,200円
110,160円
82,944円
101,088円
125,712円
※2
74,880円
84,000円
96,480円
※1
-
MNP実質価格-
機種変更実質価格76,560円
94,800円
119,760円
-
購入au公式ショップドコモ公式ショップソフトバンク公式ショップApple Store

iPhone XR

画像引用元:iPhone XR – 仕様 – Apple(日本)

項目スペック詳細
CPUA12Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/128GB/256GB
メモリ(RAM)3GB
本体サイズ高さ150.9 × 幅75.7× 厚さ8.3 mm
重さ194g
ディスプレイ6.1インチLCDディスプレイ
解像度1,792 × 828
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)シングルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・ブルー・レッド・コーラル・イエロー
フレーム素材アルミ

「iPhone XS Max」「iPhone XS」と同様、防水性能が向上しました。

ですが、「iPhone XS Max」「iPhone XS」と比べると少し劣ってしまいます。

最大水深1メートルで30分間まで耐えられます。iPhone XSもまた、様々なテストを経て液体がこぼれても問題ないことが実証されています。

iPhone XRはIEC規格60529にもとづくIP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)

こちらは液晶モデルになりますが、最高級の液晶を搭載しているため美しいディスプレイは健在です。

カメラはシングルですが、ポートレートに対応しています。

上段: 64GB
中段: 128GB
下段: 256GB
auドコモソフトバンクApple Store
一括価格未定98,496円
104,976円
116,640円
未定84,800円
90,800円
101,800円
新規実質価格未定39,528円
46,008円
57,672円
※1
未定-
機種変更実質価格未定未定-
MNP実質価格未定未定-
購入au公式ショップドコモ公式ショップソフトバンク公式ショップApple Store

auの2018年最新スマホ選びのポイントをチェック!


画像引用元:au 2018夏モデル7機種を取り扱い | 2018年 | KDDI株式会社

ここからはauの最新スマホを選ぶ前に押さえておきたいポイントをチェックしてみましょう。

どんなスマホがいいかを考える際には、次のポイントをチェックしましょう!

  • スマホの利用方法
  • スペック
  • デザイン
  • 価格

それぞれにおいて絶対にチェックしておくべきポイントを簡単にみておきましょう。

最新スマホ選びのポイント:利用方法


画像引用元:au 2018夏モデル7機種を取り扱い | 2018年 | KDDI株式会社

まずはじめに、あなたのスマホの利用方法を明確にしておきましょう。

その理由は、利用方法によって選び方やみるべきポイントが変わるからです。

一例として、ゲームを頻繁にプレイする場合はスペックが重要になりますので、ハイスペックスマホが最優先候補になります。

また、一日中屋外で使う場合はバッテリー持ちが重要になります。

このように利用方法によって選び方は全く異なりますので、こちらをまず考えるのがおすすめです。

最新スマホ選びのポイント:スペック


画像引用元:【au Online Shop】 au製品の通販 オンラインショップ

使い方と優先すべきポイントが決まったらauの2018年夏モデルの紹介ページに記載されているスペック表を確認しましょう。

なお、この記事ではスペック表でみておくべきポイントを抽出して掲載しますので、そちらにも目を通してみてください。

スペック表をみるまえに、見方として以下のポイントを押さえておきましょう。

CPU

スマホの処理能力を決める重要パーツ。高性能なものを搭載しているほど性能がいい

ストレージ(ROM)

データを保管するためのパーツ。大容量データを保管したい人は次のSDカード対応の有無と合わせてチェック

SDカード対応

外部ストレージに対応しているかどうかを示す。対応していれば安価に記憶容量を増やせる

RAM(メモリ)

アプリを快適に動作させるのに必須。マルチタスク性能などにかかわるパーツ

OSバージョン

最新のOSを搭載しているとさまざまな新機能が使える。メーカーがアップデートに積極的かも合わせてチェックしよう

ディスプレイ解像度

解像度が高いと鮮明な映像を楽しむことができる。また、解像度が高いほどディスプレイに表示される情報量が多い。

最新スマホ選びのポイント:デザイン


画像引用元:主な特長|AQUOS R2 SHV42|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

スペックの次にみておきたいのはデザインです。

販売ページにもスマホのデザインが細かく掲載されていますので、ぜひチェックしてください。

スマホメーカーによってデザインが異なり、それぞれに特徴があります。

一例としてGalaxyシリーズにはサイドが曲面状になった「Infinity Display」が搭載されています。

また、HUAWEIやASUSのスマホの一部には上部にノッチが存在しているなど、その特徴はさまざまです。

長く使うためににも気に入ったデザインかどうかをしっかりチェックしましょう。

最新スマホ選びのポイント:価格

価格も重要なポイントですのでしっかりチェックしましょう。

auの場合価格には数種類ありますのでこちらを覚えておいてください。

  • 一括価格: 一括購入時にその場で支払う価格
  • 実質価格: 一括価格から毎月割を差し引いた価格
  • アップグレードプログラムEX価格: アップグレードプログラムEXを利用した場合の実質価格

アップグレードプログラムEXを利用する場合、2年で再度機種変更をした場合、最大で半額になります。

ただし、旧機種の回収がありますので注意してください。

この記事では、それぞれの価格を合わせてチェックします。

auアップグレードプログラムEXがお得になるのはどんなユーザー?

au2018年夏の最新スマホの選び方

  • まずは使い方を把握しよう!
  • 必要なスペックを備えているかチェック
  • 気に入ったデザインかをチェック
  • 価格と購入方法を検討しよう!

次のページから実際にauの2018年夏の最新モデルからおすすめの機種を順番にみていきます!

auの最新機種に機種変更を考えている方は、auの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップもあわせてお読みください。

通常のショップでの機種変更方法では知らないうちに損をしていることがあります。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【2018年夏版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ... 2018年夏までに発売された最新スマホのおすすめランキングを作りました! ドコモ・au・ソフトバンクから発売されたスマホ、SIMフリースマホの全部の中から最強のスマホを決めました。 始めに最新スマホのおすすめランキングを紹介し、...
【iPhone 8 VS HTC U12+】4インチ台機種と6インチのSIMフリースマホを比較... 2018年夏の注目機種として、HTC U12+がリリースされました!最新CPUと高性能カメラで人気の高いSIMフリーモデルですね。 しかし、国内シェア1位のiPhoneとどちらにするか悩む方も多いようです。 そこで今回はiPho...
【iPhone 8 VS AQUOS R2】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断... 各キャリアの2018年夏モデルが出揃いましたね。今までシャープのスマホを利用していた方は、AQUOS R2が有力な選択肢になりますよね。 しかし、国内ではiPhoneのシェアが高いことで、iPhone 8とどちらがいいのか悩む方も多い...
RAM6GBの高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】... 2018年夏モデルが出揃い、今回も様々なスマホがリリースされました。 しかし、秋にはiPhoneの発表も控え、今買うなら性能が高くないと後悔する可能性もありますよね。 そこで、今回は大容量のRAM6GBを搭載した最高性能スマホを...