auスマートバリューで月額最大2,000円割引!適用条件と注意点

auスマートバリューで月額最大2,000円割引!適用条件と注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

4 auスマートバリューの申し込み方法は3つ!

auスマートバリューを利用する上で、1つ重要なことがあります。それは、たとえ適応条件を満たしていても、申し込みをしていなければ反映されないということです。

せっかく得られる割引のチャンスを逃さないためにも、契約内容の確認の仕方と申し込み方法を確認しておきましょう。

auスマートバリューの申し込み方法は大きく分けて3つあります。

4-1 【パターン1】web上で申し込む

仕事などで忙しく、日中にKDDIお客さまセンターへ電話する時間がない人は、web上で申し込む方法がおすすめです。24時間いつでも受け付けています。

PCやスマホから手続する場合は、My auログイン画面へアクセスし、「auIDとパスワード」を入力して契約を確認してから、auスマートバリューを申し込みましょう。

auケータイ(EZweb)からは、EZweb→「au oneトップ または トップメニュー」→「My au」→「申し込む/変更する」→「auスマートバリュー」と進めば手続することができます。

4-2 【パターン2】電話で手続する

自分で契約画面を操作していくのが苦手、もしくは面倒くさい……!という人は、日中にKDDIお客さまセンターへ電話する方法をおすすめします。

ただし、電話で申し込めるauスマホの回線は4回線までであることに注意してください。

また、対象固定通信サービスとauスマホの回線の契約者が一緒、または一緒の住所であること、もしくは異姓・同一住所・家族割加入であることが条件となっていますので気を付けましょう。

電話で申し込みができるか分からないという人は、それも含めて電話で確認してしまうのも1つの手です。

ただし、KDDIお客さまセンターは無料の相談窓口ということもあり、なかなか繋がりません。根気強くかける必要があります。

KDDIお客さまセンターの電話番号は、au端末からは「157」一般電話からは「0077-7-111」。これらの番号が利用できない場合は「0120-977-033」となっています。

年中無休で受付時間は9:00~20:00です。終了間近は特に込み合うので、余裕を持って早め早めに行動するとよいでしょう。

4-3 【パターン3】店舗で手続する

もし自宅の近くに店舗があるなら、店舗での手続きをおすすめします。

店舗によっては少し待ち時間がありますが、必ずその日に対応してもらえますし、分からない点や不安な点も口頭で説明してもらえます。

店舗での手続きは、最も確実で安心な方法だと言えるでしょう。申し込みするauスマホ回線の数も気にしなくてOKです。

注意事項として、契約者と同一姓・同一住所以外の場合は、家族・同一住所であることの証明書が必要となります。(別住所で50歳以上の場合は、家族の証明書のみでOKです)

証明書として認められるものは、「健康保険証(有効期限内)」 「住民票(続柄記載/発行日より3ヶ月以内)」 「戸籍謄本(発行日より3ヶ月以内)」などが挙げられます。

auスマートバリューの申し込み時に、店舗に持っていくものは以下の通りです。1つでも忘れてしまうと、その日に手続きを完了することができないので注意してくださいね。

  • 印鑑(法人の場合は法人印)
  • 本人確認書類(原本)
  • 現在利用中のau端末本体
  • 家族関係の証書書類(必要に応じて)

auスマートバリューを引越し先で利用する場合の費用と当日までの流れ

次のページでは、混同しやすい「auスマートポート」と「auスマートサポート」の違いについて解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ユキチ
ユキチ
モバイル市場でITサービスに携わって以降、気になるポイントを紹介しています。この時代にSNSや利便性をかなぐり捨てセキュリティー&プライバシー保護へ走る鎖国型人間。未だ相棒のiPhone6はカメラ兼ゲーム機として愛用中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ