auからソフトバンクへMNPは新型iPhoneを格安で機種変更するチャンス

  • 2018年10月12日
  • by.pnatsu

iPhoneXS_20180912_001

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

新型iPhoneであるiPhone XS・iPhone XS Max・iPhoneXRの3機種が発表され、iPhone XS・iPhone XS Maxの販売が開始されています。

すでにどの機種を購入するか決定されている方や、iPhoneXRの様子を見てから購入を検討する予定の方もいらっしゃるかもしれませんね。

現在auを利用している方は、auのまま機種変更をする方法の他に、乗り換え(MNP)により機種変更をする方法があります。

実は、auからソフトバンクに乗り換え(MNP)することは、格安で新型iPhoneに機種変更することができるチャンスです。

ここでは、新型iPhone3機種の概要を紹介しつつ、au利用者がソフトバンクに乗り換え(MNP)ることでお得になる理由を紹介していきます。

新型iPhoneが気になっていて、少しでもお得に購入したいとお考えの方は是非参考にしてください。

トップ画像引用元:iPhone|iPhone XS|Apple公式サイト

1 新型iPhone3機種の詳細まとめ


画像引用元:iPhone|iPhone XS|Apple公式サイト

すでにどの新型iPhoneを購入するか決めている方もいらっしゃるかもしれませんが、これから決めようとされている方もいらっしゃるかもしれません。

まずは、今回発表された新型iPhone3機種はどのような違いがあるのかを確認してみましょう。

項目iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XR
サイズ高さ 143.6mm × 幅 70.9mm × 厚さ7.7mm高さ 157.5mm × 幅 77.4mm × 厚さ7.7mm高さ 150.9mm × 幅 75.7mm × 厚さ8.3mm
重さ177g208g194g
液晶画面サイズ5.8インチ6.5インチ6.1インチ
液晶画面解像度2,436 x 1,125ピクセル(458ppi)2,436 x 1,125ピクセル(458ppi)2,436 x 1,125ピクセル(458ppi)
CPUCPUA12 BionicチップA12 Bionicチップ
ストレージ64GB、256GB、512GB64GB、256GB、512GB64GB、256GB、512GB
メインカメラデュアル12MPカメラ(広角と望遠)デュアル12MPカメラ(広角と望遠)12MP広角カメラ
インカメラ7MPカメラ7MPカメラ7MPカメラ

新型iPhoneは、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhoneXRの3機種展開になっており、iPhone XSとiPhone XS Maxが先行して発売されました。

新型iPhoneは3機種展開となっているため処理能力がどうなのかというところが気になるところです。

処理能力はどうか


画像引用元:iPhone|iPhone XS|Apple公式サイト

新型iPhoneの3機種のCPUは6コアのA12チップが搭載されており、以前のA11チップに比較すると最大15%高速で50%も省電力化されています。

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhoneXR、3機種ともにA12チップを搭載しているため処理能力の面では同等となります。

ストレージはどうか


ストレージについては、iPhone XSとiPhone XS Maxは、64GB、256GB、512GBのラインナップになっています。

対してiPhoneXRは64GB、128GB、256GBのラインナップとなっているため、iPhone XS・iPhone XS Maxが上回っています。

iPhone XSとiPhoneXRの大きな違いは解像度とカメラ性能にあり


画像引用元:iPhone|iPhone XS|Apple公式サイト

処理能力の面では3機種ともに大きな違いはありませんが、一見してわかる違いというと液晶画面のサイズになります。

iPhone XS Maxの液晶画面サイズは6.5インチiPhone XSは5.8インチiPhoneXRは6.1インチとなっており従来のiPhoneと比較してもはるかに大きくなっています。

iPhone XSとiPhone XS Maxは液晶画面のピクセルの密度が458ppiであるのに対して、iPhoneXRは326ppiと若干低めになっています。

また、iPhone XSとiPhone XS Maxのカメラは1,200万画素の広角レンズと望遠レンズのデュアルレンズカメラになっています。

それに対してiPhoneXRは1,200万画素の広角レンズシングルレンズとなっているため、iPhone XS・iPhone XS Maxの下位モデルといえます。

新型iPhoneの価格


現在auを利用している方の場合には、キャリアを変更せずに新型iPhoneを購入するなら機種変更をすることになります。

auで機種変更をする際の新型iPhoneの価格は以下のようになります。

auで機種変更で購入する場合の本体価格

機種タイプ総額24回分割
iPhone XS(64GBモデル)128,640円5,360円
iPhone XS(256GBモデル)146,880円6,120円
iPhone XS(512GBモデル)171,840円7,160円
iPhone XS Max(64GBモデル)141,600円5,900円
iPhone XS Max(256GBモデル)159,840円6,660円
iPhone XS Max(512GBモデル)184,800円7,700円
購入au公式ショップ

通信料金も含めるといくらになるのか

最も価格の安いiPhone XS(64GB)を選択した場合は以下のような料金になります。

auピタットプラン(スーパーカケホ)
  • 基本料金:3,480円(税込:3,758円)
  • 機種代金込みの料金:9,118円(税込)

auのプランので5分間の通話定額が設定されており、データ通信部分は重量制のプランで1ヶ月あたりのデータ通信量が1GB未満の場合の料金になります。

ソフトバンクのiPhone XS/XS Max/XRに機種変更|4つの大きな割引を最大利用

次の章ではauからソフトバンクにMNPで機種変更がお得な理由を紹介します。

2 ソフトバンクに乗り換えで機種変更するべき理由とは

画像引用元:モバイル|ソフトバンク公式サイト

冒頭でauを利用している方はソフトバンクに乗り換えで機種変更する事で、格安で新型iPhoneを手に入れることができるとお伝えしました。

ここではその理由についてお伝えします。

ソフトバンク新型iPhoneの価格

※ソフトバンクへMNPで機種変更する場合の本体価格

機種タイプ総額24回分割
iPhone XS(64GBモデル)136,800円5,700円
iPhone XS(256GBモデル)155,040円6,460円
iPhone XS(512GBモデル)180,000円7,500円
iPhone XS Max(64GBモデル)149,760円6,240円
iPhone XS Max(256GBモデル)168,000円7,000円
iPhone XS Max(512GBモデル)192,960円8,040円
購入ソフトバンク公式ショップ
機種代金だけを単純にauと比較すると、ソフトバンクの全てのモデルが8千円程度高く設定されていることがわかります。

機種代金だけを比較してしまうと、手間をかけて乗り換え(MNP)するよりも、キャリアを変えずに機種変更した方が良いと考えてしまうかもしれませんね。

ソフトバンクはキャッシュバックが期待できる


最近は、キャリアの携帯ショップでは乗り換え(MNP)によるキャッシュバックを実施しているショップはほとんど見かけなくなりました

そのため、乗り換え(MNP)により機種変更をしてもあまり意味がないとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

ソフトバンクのオンライン専門の代理店では現在でも乗り換え(MNP)による高額キャッシュバックを実施していることをご存知でしょうか。

ソフトバンクのスマホを購入することができるショップの形態には以下のようなパターンがあります。

ソフトバンクのショップの種類
  • ソフトバンクショップ:路面にあるソフトバンクの看板を掲げたショップ
  • ソフトバンクオンラインショップ:ソフトバンクが公式運用しているオンラインショップ
  • 家電量販店:ヤマダ電機などの大型家電ショップでdocomo、au、ソフトバンクの3キャリアが同じフロアに入っている
  • オンライン専門代理店:ソフトバンクの代理店ですがオンライン専門で展開している

それぞれのショップがどれぐらいのキャッシュバックを提供しているのかを調査したところ以下のような結果となっています。

ソフトバンクショップ種類とキャッシュバック金額
  • ソフトバンクショップ:0円
  • ソフトバンクオンラインショップ:0円
  • 家電量販店:0~1万円程度
  • オンライン専門代理店:3〜5万円程度

ソフトバンクショップやソフトバンクオンラインショップでは、キャッシュバックを望むことはできません

しかし、家電量販店やオンライン専門代理店では現在でもキャッシュバックを実施しています。

更にキャッシュバックの金額では、オンライン専門代理店が圧倒的に多く、最大で5万円程度のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

家電量販店などでも、旧機種の場合には高額なキャッシュバックが設定されていることもありますが、最新機種で5万円はとても魅力的です。

ソフトバンクのオンライン専用代理店には以下のようなショップがあります。

キャッシュバックだけがメリットではないオンラインショップ

オンラインショップのメリット
  • 待ち時間がない
  • 24時間いつでも申し込みが可能
  • 在庫が豊富
  • 有料オプションの勧誘がない

この時期、新型iPhoneが発売されることもあり、どこのショップでも週末は順番待ちの方で混み合っていることが多いです。

その点、オンラインショップの場合には待ち時間が発生しないため、貴重な休日の大半を費やして機種変更を行うことはありません。

また、在庫面でみても実店舗の場合には、各ショップが独自に仕入れを行うためショップにより確保数にばらつきが生じます。

確保数の少ないショップで予約しても入手までには時間がかかってしまうということもあります。

しかし、オンラインショップの場合には一括で在庫を確保するため入手しやすい傾向があります。

有料オプションの勧誘で断りきれず、不必要な有料オプションに加入してしまい、嫌な思いをされた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オンラインショップなら、有料オプションの勧誘もないため、必要最小限のオプションを選択でき、最適なプランを自分の考えで決定できます。

ソフトバンクでは総費用はいくらぐらいになるのか


ソフトバンクで新型iPhoneを購入する場合には、端末代金の支払いを従来の24回のほかに48回払いを選択す流ことも可能です。

単純に支払い回数が長くなるだけではなく、2年経過した時点で次のiPhoneなどに機種変更をすることで、残りの端末代金の支払いが不要になります。

実際の支払い金額は以下のようになります。

48回払いを選択した場合の価格

機種タイプ総額48回分割
iPhone XS(64GBモデル)68,400円2,850円
iPhone XS(256GBモデル)77,520円7,500円
iPhone XS(512GBモデル)90,000円3,750円
iPhone XS Max(64GBモデル)74,880円3,120円
iPhone XS Max(256GBモデル)84,000円3,500円
iPhone XS Max(512GBモデル)96,480円4,020円
これで毎月の支払いの負担を減らすことができますし、2年おきに新型iPhoneを使いたいという方にもメリットのある支払い方法です。

デメリットあり?auからソフトバンクに乗り換えで覚えておくこと

次の章ではソフトバンクのプラン選びやキャンペーン利用で更にお得になる方法を紹介します。

3 通信料金の割引を駆使することでお得さが増す


ソフトバンクの複数の料金プランや各種キャンペーンを提供しているため、それらを駆使することでお得さが増してきます。

プラン一例

iPhone XS 64GBモデルを48回分割で購入する場合
※基本プラン(通話)

機種代金2,850円/月(税込)
通話プラン基本料金1.200円/月
ウェブ使用料300円/月
データ定額ミニモンスター2,480円/月
1年おトク割-1,000円/月(12ヶ月間)
おうち割 光セット-1,000円/月
通信費合計1,980円(税込:2,138円/月)
機種代金通信費合計4,988円/月(税込)
「基本プラン(通話)」を例として料金を算出しましたが、ソフトバンクの料金プランは3つの種類があります。

ソフトバンクの基本プラン
  • 通話プラン(定額)
  • 通話プラン(準定額)
  • 通話プラン

通話プラン(定額):

24時間全ての国内通話が、時間帯や回数、1回あたりの通話時間などの制限がなく完全定額となるプランになります。

通話プラン(準定額)

1回あたりの通話が5分までは定額に含まれますが、5分を超えた分については20円/30秒で通話料金が発生します。

通話プラン:

音声通話に定額部分が設定されておらず、音声通話を利用するたびに20円/30秒の通話料金が発生します。

最近は、アプリ内の音声通話を利用する方が多く、音声通話の利用頻度が低い方も多いため、料金を抑えるために「通話プラン」を選択する方法もあります

続いて、データプランにつていは以下の2つのパターンから選択するこができます。

ソフトバンクのデータ定額プラン
  • データ定額50GBプラス:5,480円
  • データ定額ミニモンスター:1,980円

データ定額50GBプラスは1ヶ月あたりに利用できるデータ容量が50GBと大容量になっているうえに、以下サービス利用時にはデータ容量を消費しません

データ定額50GBプラス対象サービス
  • YouTube
  • AbemaTV
  • TVer
  • GYAO!
  • Hulu
  • LINE
  • Instagram
  • Facebook

データ定額ミニモンスターは、使ったデータ容量に応じて料金が変動するため、たくさん使った月もあまり使わなかった月も無駄なく料金を支払うことができます

データ定額ミニモンスターは、1GBまでは1,980円で利用することができますが、以下の図のように段階的に料金がアップしていきます。

画像引用元:料金プラン|ミニモンスター|ソフトバンク公式サイト

そのため、常に5GBよりも多いデータを利用している方の場合にはデータ定額50GBプラスよりも高くなってしまう場合もあります

ソフトバンクのミニモンスターとiPhone XSの相性|お得に使う秘訣

家族でソフトバンクを使うなら50GBプランが割安になる

ソフトバンクの「データ定額 50GBプラス」「データ定額ミニモンスター」「データ定額 50GB」のいずれかのプランを家族で利用している場合、契約数に応じて以下のような割引が受けられます

家族みんな割+の値引き額
  • 1人利用:割引なし
  • 2人利用:500円割引/月
  • 3人利用:1,500円割引/月
  • 4人以上:2,000円割引/月

※データ定額ミニモンスター契約者は割引の対象外となります。

データ定額50GBプラスとデータ定額ミニモンスターの価格差は3,500円で、家族みんな割適応で4人以上利用の場合には2,000円の割引となります。

そのため、1GBを超える頻度が高く家族4人以上でソフトバンクを利用するという方の場合には、ほぼ使い放題となる50GBのプランがお得になります。

オンライン専用代理店なら高額キャッシュバックあり

ここまで、auからソフトバンクに乗り換え(MNP)で機種変更をすることで新型iPhoneを格安で購入することを紹介してきましたがいかがでしょうか。

ソフトバンクショップの種類にはいくつかありますが、オンライン専用の代理店の場合には最新機種も高額なキャッシュバックを実施しています

更に、最適なプラン選択の他に家族でスマホを利用する方の場合には、データ定額50GBプラスを選択することで大幅な割引を受けることも可能です。

現在auを利用している方で、新型iPhoneの購入を検討されている方は、ソフトバンクへの乗り換え(MNP)での機種変更を検討してはいかがでしょうか。

iPhone XS/XS Maxで高額キャッシュバックをもらってお得に乗り換える方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ