au回線の格安SIMで速度が速いのは?通信速度を比較してみた【2019】

au回線の格安SIMで速度が速いのは?通信速度を比較してみた【2019】

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

今回は、au系格安SIMの実際の通信速度を調査しました。

格安SIMの通信回線は、時間帯によって通信速度が大きく異なる傾向にあるため、朝・昼・夕方・夜の時間帯に分けて測定しています。

本記事を読めば、au回線を使用している格安SIMの中で、どこが最速であるかを知ることができますよ。

トップ画像引用元:おかげさまで総合満足度No.1|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

1 au系格安SIMの通信速度を時間別に比較!

今回測定した場所や測定方法、対象となるau系格安SIMは次のとおりです。

項目内容
場所東京都品川駅周辺
測定方法速度調査アプリ「RBB SPEED TEST」
を用いて実施。
各時間ごとに10回測定し、
それぞれの平均値を算出。
測定する
時間帯
朝8:30
昼12:00
夕方18:00
夜22:00
測定した
格安SIM
楽天モバイル
mineo
UQモバイル
IIJmio
BIGLOBEモバイル

測定した格安SIMは全部で5種類。

格安SIMは大手キャリアの回線とは異なり、時間毎の速度差が大きいという特徴があります。

よって、朝・昼・夕方・夜の4つの時間帯にそれぞれ測定を行いました。

では早速、時間別の通信速度を見ていきましょう。

1-1 【朝】au系格安SIMの通信速度の調査結果を比較

まずは通勤ラッシュが起こる朝の時間帯です。調査結果は表のとおりになります。

キャリア名下り速度
(単位:Mbps)
上り速度
(単位:Mbps)
楽天モバイル2.895.59
mineo2.372.96
UQモバイル6.302.28
IIJmio2.250.91
BIGLOBEモバイル7.633.03
平均速度4.292.95

まず下り速度ですが、最も速度が速かったのはBIGLOBEモバイルでした。2位はUQモバイルの6.30Mbpsで、この2社がダントツで速いという結果に。

3位は楽天モバイルの2.89Mbpsですが、mineoやIIJmioとそれほど差がありませんでした。

上り速度では、楽天モバイルが5.59Mbpsと他社を圧倒する形で第1位に。2位はBIGLOBEモバイル、3位がmineoです。

1-2 【昼】au系格安SIMの通信速度の調査結果を比較

次は、格安SIMでは最も速度が遅くなると言われている昼の時間帯での調査結果です。

キャリア名下り速度
(単位:Mbps)
上り速度
(単位:Mbps)
楽天モバイル1.636.24
mineo0.732.98
UQモバイル9.061.83
IIJmio0.521.11
BIGLOBEモバイル3.653.57
平均速度3.123.15

下り速度ではUQモバイルが他を寄せ付けない圧倒的な速さで第1位になりました。速度は9.06Mbpsと、大手キャリアの速度にも匹敵する強さです。

2位はBIGLOBEモバイルの3.65Mbpsですが、実はこれでも十分優秀な速度。昼休みの時間帯は1Mbpsも出ないなんてことはザラです。

上り速度では、朝の時間帯と同じく楽天モバイルが6.24Mbpsでトップ。

2位はBIGLOBEモバイルの3.57Mbps、3位はmineoの2.98Mbpsとなりました。

UQモバイルの圧倒的な下り速度と、BIGLOBEモバイルの下り上り共に安定した速度が目立ちますね。

1-3 【夕方】au系格安SIMの通信速度の調査結果を比較

次は帰宅ラッシュ時の夕方の時間帯です。

キャリア名下り速度
(単位:Mbps)
上り速度
(単位:Mbps)
楽天モバイル2.515.56
mineo1.831.68
UQモバイル7.121.52
IIJmio0.430.86
BIGLOBEモバイル5.324.04
平均速度3.442.73

下り速度の第1位は昼の時間帯と同じくUQモバイルとなりました。速度は7.12Mbpsと非常に高速で、2K画質の動画も問題なく視聴できるレベルです。

2位はBIGLOBEモバイルの5.32Mbpsで、こちらも動画視聴ができるほどの速度ですね。

上り速度ではこれまでと同様、楽天モバイルが5.56Mbpsでトップ。下り速度ではいまいちでしたが、上り速度には非常に強いようです。

2位はBIGLOBEモバイルの4.04Mbps、3位はmineoの1.68Mbps。この2社は、朝・昼の時間帯でも同じ順位でしたね。

1-4 【夜】au系格安SIMの通信速度の調査結果を比較

最後は夜22時台の通信速度の調査結果です。

キャリア名下り速度
(単位:Mbps)
上り速度
(単位:Mbps)
楽天モバイル4.427.42
mineo4.232.38
UQモバイル11.981.33
IIJmio4.161.25
BIGLOBEモバイル5.862.35
平均速度6.132.95

下り速度のトップはUQモバイル。通信速度11.98Mbpsと、2位の速度の約2倍です。

その2位はBIGLOBEモバイルの5.86Mbpsで、3位は楽天モバイルの4.42Mbpsでした。

下り速度はどの格安SIMも4Mbps台をマーク。全体的に優れた速度を出していました。

上り速度に関しては、やはり1位は楽天モバイルで7.42Mbps。2位はmineoの2.38Mbps、3位はBIGLOBEモバイルの2.35Mbpsでした。

この3社は他のすべての時間帯でもトップ3を維持しており、上り速度の優秀さが窺えます。

ドコモ回線の格安SIMで速度が速いのは?通信速度を比較してみた【2019】

次の章でも、引き続き格安SIMの実際の通信速度を紹介していきます。

1-5 下り速度が最速のau回線格安SIMは?

では最後に、各格安SIMの速度を評価するため、これまでの測定結果の平均値を比べていきます。

キャリア名平均下り速度
(単位:Mbps)
楽天モバイル2.86
mineo2.29
UQモバイル8.61
IIJmio1.84
BIGLOBEモバイル5.62

下り速度の第1位はUQモバイルで、平均値は8.61Mbpsとなりました。

この速度は大手キャリアの回線と比べても遜色ありません。UQモバイルの下り速度は、非常に優れていると言えるでしょう。

第2位はBIGLOBEモバイルの5.62Mbpsです。

スマホを利用する際、「5Mbps以上あれば、サイトの閲覧や動画視聴に支障はない」と言われていますから、この速度も十分素晴らしいですね。

3位は楽天モバイルで2.86Mbps。上位2社に比べるとやや劣ります。サイトの閲覧は問題なく行えるレベルですが、動画の視聴となると少々不便を感じる数字です。

1-6 上り速度が最速のau回線格安SIMは?

次は、上り速度の総合的な評価です。

キャリア名平均上り速度
(単位:Mbps)
楽天モバイル6.20
mineo2.50
UQモバイル1.74
IIJmio1.03
BIGLOBEモバイル3.25

第1位は楽天モバイルで、速度は6.20Mbps。楽天モバイルはすべての時間帯でトップであり、圧倒的な強さを見せつけてくれました。

第2位はBIGLOBEモバイルの3.25Mbps。BIGLOBEモバイルは下り速度でも2位でした。上りと下りを合わせた総合的な速度では、今回の中でトップですね。

第3位はmineoの2.50Mbpsという結果になりました。

1-7 各時間帯の平均速度から見えてくる混雑度

最後は、各時間帯の平均速度を比較してみましょう。

時間帯平均下り速度
(単位:Mbps)
平均上り速度
(単位:Mbps)
朝8:304.292.95
昼12:003.123.15
夕方18:003.442.73
夜22:006.132.95

格安SIMには、昼の時間帯の速度が著しく下がるという傾向があります。しかし、上の表を見る限り、昼と他の時間帯で、下り速度にそれほどの差はありませんよね。

その理由は、UQモバイルの速度が並外れているからです。

UQモバイルを除いて計算した場合、平均速度は1.63Mbpsにまで落ち込みます。つまり、それだけUQモバイルが平均値を押し上げているのです。

また、他の時間帯に比べて夜の速度が速いという点に、違和感を覚えた方もいるのではないでしょうか。

これは恐らく、この時間帯に自宅の光回線を利用する方が多く、格安SIMの回線が相対的に空いている状態となっているためでしょう。

ちなみに、夜の光回線の混雑具合は、格安SIM回線の昼の状況とよく似ています。

光回線は基本的に1Gbpsの速度で提供されていますが、夜の時間帯は5Mbpsを下回る場合も。

2 スマホでコンテンツを楽しむのに必要な速度

ここまでau系格安SIMの通信速度について見てきましたが、そもそも通信速度はどのくらいあれば十分なのでしょうか。

たしかに通信速度は速ければ速いに越したことはないのですが、速度のために余計なお金を払うのは抵抗がありますよね。

そこで、スマホでネット上のコンテンツを利用する際、どれくらいの速度があれば快適に楽しめるのか解説します。

2-1 最も通信速度が必要となる動画

スマホで利用できるコンテンツの中で、最も通信速度の影響を受けるのは動画です。

快適に動画を視聴するために必要な通信速度は、動画の画質によって異なります。主要な画質で要求される通信速度は以下のとおりです。

  • 480p(YouTubeの標準画質):1Mbps以上
  • 1,080p(フルHD、2K):5Mbps以上
  • 2,160p(4K):25Mbps以上

スマホの動画で最もポピュラーな480pは、1Mbpsもあれば快適に視聴できます。

また、高画質といえばフルHDや2Kに代表される1,080pが有名ですが、スマホの画面サイズでは480pもあれば、非常にきれいな画質で再生が可能です。

よって、「とにかく画質にこだわりたい」というわけでなければ、480p(1Mbps~)で十分と言えるでしょう。

逆に、2Kを超える高画質である4Kに必要な通信速度は、25Mbpsと非常にハイレベルです。

はっきり言って、これはスマホで満たせる速度ではありません。しかも、スマホの画面では4K動画の画質を十分に活かせないでしょう。

ですから、スマホで4K動画を視聴するのはやめておいた方が無難です。

2-2 音楽配信に必要な通信速度

動画ほどではありませんが、「音楽ストリーミング配信」サービスも通信速度を必要とするコンテンツのひとつです。

ここでは、無料で音楽聞き放題の音楽配信アプリ「Spotify」を例に、音楽配信に必要な通信速度を見ていきましょう。

音楽ストリーミング配信ができるアプリは「Spotify」以外にもたくさんありますが、必要とする通信速度はどのアプリも「Spotify」とほぼ同じです。

  • 低音質:24kbps
  • 標準音質:96kbps
  • 高音質:160kbps
  • 最高音質:320kbps

最高音質でも320kbpsであるため、それほど通信速度にこだわる必要はありません。

また、低音質でも良いのであれば、通信制限がかかった状態でも快適に聞くことができるでしょう。

2-3 Webサイトの閲覧に必要な通信速度

最後にご紹介するのは、Webサイトの閲覧に必要となる速度です。スマホで利用するコンテンツとして、最もポピュラーなものですよね。

ただし、一言で「Webサイト」と言っても、その種類は千差万別です。

最もメジャーな「検索サイト」だけでも非常に多くのサイトがありますし、企業のサイトや個人サイト、レシピサイト、ツール系サイトなど、挙げていけばキリがありません。

そして当然ながら、サイトを快適に閲覧するために必要な通信速度も、サイトによってまったく違ってきます。

一般的に、「ニュースサイト」の1ページあたりの容量は多くても500KBです。

これを1秒で表示するために必要な通信速度は62.5kbpsとなります。動画や音楽ストリーミング配信に比べると、随分低い速度ですよね。

大きな画像が何枚も挿入されているサイトであっても、500kbpsもあれば、大抵は快適に閲覧することができるでしょう。

2-4 スマホで快適にコンテンツを楽しむために必要な通信速度は?

これまでの説明を統合すると、スマホで快適に各種コンテンツを楽しむために、必要な通信速度は下のとおりとなります。

  • 動画(480p)を楽しみたい場合:1Mbps以上
  • 高画質動画(1080p)を楽しみたい場合:5Mbps以上

最も通信速度が必要なのは動画であるため、動画を基準に考えました。

この速度を確保することができれば、動画はもちろん音楽やWebサイトなどもストレスなく楽しめるはずです。

ではここで、今回調査したau系格安SIMの平均通信速度をもう一度見てみましょう。

キャリア名平均下り速度
(単位:Mbps)
楽天モバイル2.86
mineo2.29
UQモバイル8.61
IIJmio1.84
BIGLOBEモバイル5.62

動画視聴やサイトの閲覧を行う際に発生する通信は「下り」です。

表で取り上げている格安SIMの下り速度は、いずれも1Mbpsを超えていますね。

よって、どの格安SIMを選んでも、標準画質の動画であれば問題なく楽しめると言えるでしょう。

しかし、もし高画質の動画を楽しみたいのであれば、UQモバイルやBIGLOBEモバイルがおすすめです。

この2つ以外の格安SIMでは、昼間の通信速度が著しく低下するので注意してください。

3 下りに強いUQ、上りに強い楽天、総合力ではBIGLOBE!

今回はau系格安SIMの通信速度について解説しました。

下り速度で最も優秀だったのは、UQモバイルとBIGLOBEモバイル。

そして、上り速度で優れていたのは楽天モバイルとBIGLOBEモバイルでした。

また、今回対象となった格安SIMの平均速度を見ると、どの格安SIMでも動画を含めたコンテンツを楽しむためには、十分な通信速度を持っていることもわかりました。

ただし、昼の時間帯だけは速度が著しく低下するため、この時間の動画視聴は避けた方が無難でしょう。

ソフトバンク回線の格安SIMで速度が速いのは?MVNO通信速度比較【2019】

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ