auの中古スマホについて|激安・おすすめ機種やSIMロック解除方法

  • 2019年2月27日
  • by 
auの中古スマホについて|激安・おすすめ機種やSIMロック解除方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auユーザーには、まだ「毎月割」が適用されている方も多いと思います。毎月割とは、auで新品のスマホを購入した際、機種ごとに設定されている通信料金割引サービスです。

この毎月割によって、これまでは中古スマホを買うよりもauで新品を買ったほうがトータルで料金が安くなるケースもありました。

しかし、「今後はその毎月割が適用されない」となったらどうでしょうか。auで新品を買い続ける理由はなくなってしまうかもしれませんね。

このページでは、auの中古スマホについて、おすすめ機種やそれを使うための手続き方法を紹介していきます。

トップ画像引用元:Xperia XZ2(エクスペリア エックスゼットツー) SOV37 | スマートフォン(Android スマホ) | au

1 au回線で中古スマホを使うなら狙い目の機種はこれだ!

画像引用元:au /スマートフォン 商品一覧│中古スマホ販売の【イオシス】

ではさっそく、中古で狙い目のおすすめスマホを見ていきます!

はじめに、どのようなスマホを中古で狙うべきか整理しておきましょう。中古で最もおすすめしたいスマホは、一言で言うなら「型落ちしたハイエンドモデル」です。

ハイエンドモデルには発売当時の最高峰の技術が採用されているため、最新のミドルレンジモデルやローエンドモデルよりもまだ性能面で優れていることが少なくありません。

それでも型落ちしたモデルはどんどん値崩れしていくもので、中古市場では驚くような激安価格で販売されていることもあります。

新品でも2~3万円で買えるローエンドモデルが増えている今だからこそ、あえて中古で買うならば性能も重視して考えることがおすすめです。

それでは、具体的にどのスマホがおすすめなのか、見ていきましょう。

1-1 iPhone 7

画像引用元:au /iPhone(アイフォン)スマートフォン 商品一覧│中古スマホ販売の【イオシス】

iPhone 7は2016年に発売されたiPhoneです。もう3年前のスマホですが、当時はApple渾身のハイエンドモデルだったこともあり、性能面は今でもバリバリの現役です。

iPhoneでは初となる防水とFeliCa(日本での主要な電子マネーやクレカ決済に必要な技術方式)に対応。普段使いに不足ありません。

CPUにはA10 Fusionを搭載。AnTuTuベンチマークスコアでは約17万を記録します。

最近の重たい3Dゲームなどではややカクつきや発熱が気になりますが、それでも十分に遊べるレベルです。そして、そういったゲーム以外の操作であれば、まだまだ快適そのもの。

そんなiPhone 7ですが、中古なら2万円台中盤から購入できる場合もあります。ローエンドモデルと遜色ない価格であり、まさに激安です。

ただ、iPhone 7のディスプレイサイズは4.7インチと今時にしては小さめ。もし大画面がいいのであれば、iPhone 7 Plusをおすすめします。

とはいえ、本体の状態が同程度の場合、iPhone 7 PlusのほうがiPhone 7よりも1万円ほど高くなってしまうので、価格との兼ね合いもよく検討してみる必要があるでしょう。

iPhone 7/7 Plusのスペック

項目/
モデル
iPhone 7iPhone 7 Plus
重量138g188g
ディス
プレイ
4.7インチ
Retina HD
ディスプレイ
5.5インチ
Retina HD
ディスプレイ
解像度1,334x750ピクセル解像度、326ppi1,920x1,080ピクセル解像度、401ppi
チップ64ビットアーキテクチャ搭載
A10 Fusionチップ
カメラ12MPカメラデュアルカメル:
12MP広角カメラ
12MP望遠カメラ
ビデオ
撮影
4Kビデオ撮影(30fps)
1,080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
Apple Pay
イヤホンジャック×

1-2 iPhone 8


au /iPhone(アイフォン)スマートフォン 商品一覧│中古スマホ販売の【イオシス】

iPhone 8は2017年に発売されたiPhoneです。iPhone 7より1年新しい分、CPUの性能が向上しています。

CPUのA11 Bionicは、AnTuTuベンチマークスコアで約23万を記録。カクつきや発熱が気になるような重たいゲームでも、スムーズに動作する場合が多いです。

中古なら4万円台から購入できるケースも出てきており、これまた激安という他ありません。

なお、iPhone 8は最新モデルであるiPhone XSやiPhone XR発売後も、長らく販売台数でトップを走っていた人気モデルでした。

今買ったとしても古さをまったく感じさせないスマホです。大画面のiPhone 8 Plusだと中古でも5万円超になります。

iPhone 8/8 Plusのスペック

項目iPhone 8iPhone 8Plus
搭載SoCApple A11 BionicApple A11 Bionic
ストレージ
(ROM)
64GB/256GB64GB/256GB
ディス
プレイ
サイズ
4.7インチ(LCD)
Ratina HD
5.5インチ(LCD)
Ratina HD
ディス
プレイ
解像度
1,334 x 7501,920 x 1,080
アウト
カメラ
12MPデュアル12MP
(広角と望遠)
インカメラ7MP7MP

1-3 Xperia XZ2 SOV37

画像引用元:au /xperia(エクスペリア)スマートフォン 商品一覧│中古スマホ販売の【イオシス】

Xperia XZ2は、2018年に発売したAndroidスマホです。実はこのスマホ、発売時はかなり酷評されていました。

「そんなスマホをおすすめするな!」と言われてしまいそうですが、これにはきちんとした理由があります。

それは、純粋なスペックとしては最新のハイエンドモデルと大差ないからです。

CPUにはSnapdragon 845を搭載。これはAnTuTuベンチマークでは約27万を記録する、今でもAndroidスマホに搭載されうるものとしては最高峰のものです。

IP68という最高の保護等級を持つ防水防塵性能の他、ソニーの技術を詰め込んだ約1,920万画素の高性能カメラを搭載。もちろんFeliCaも付いています。

Xperia XZ2 SOV37が不人気だった理由はコスパにあった

ではなぜ、これだけの機能を搭載したXperia XZ2が不人気だったのでしょうか?その原因は、大きくて重たい野暮なデザインと、ハイエンドモデルらしく高額だったことにあります。

現在も新品のものは、auから95,040円で発売されています。

恐らくこれを見た多くのauユーザーは、「この機種にそんな大金出すくらいなら、他にもっといいスマホが山ほどあるよな……」と感じてしまうのではないでしょうか。

しかし、中古で安く買えるとなれば、話は別ですよね。

Xperia XZ2は、今なら中古で3万円台から購入できます。Snapdragon 845を搭載しているスマホとしては、かなり安いです。

デザインの欠点に目をつむれば、最高クラスのAndroidスマホと言えるでしょう。

型番はSOV37を選ぼう

なお、auから発売しているXperia XZ2の型番は「SOV37」です。

au回線で使うことを想定しているのであれば、この型番のものを買えば、SIMロックの心配はありません。

Xperia XZ2のスペック

項目スペック
OSAndroid 8.0
サイズ約72×153×11.1mm
重量約198g
ディスプレイ約5.7インチ 2,160×1,080
(Full HD+)
CPUSDM845 2.8GHz/クアッドコア+1.8GHz/クアッドコア
メモリ
(RAM)
4GB
ストレージ
(ROM)
64GB
バッテリー容量3,060mAh
メインカメラ約1,920万画素
サブカメラ約500万画素
Xperia XZ2レビュー|最高のAndroidの名に恥じぬ評価とスペック

次のページでも引き続き、狙い目の中古スマホをご紹介いたします。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ