au 通話定額2・通話定額ライト2とは?それぞれの違いや注意点を解説

  • 2021年12月8日
  • by.affiprecious

通話定額2

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auの通話オプションには、通話定額2と通話定額ライト2があります。

どちらも通話が多い方には嬉しいオプションですが、無料ではありません。お金を払うからには、自分にあっている方を選びたいですよね。

そこで本記事では、通話定額2と通話定額ライト2について詳しく解説。

サービス内容だけではなく、加入する際の注意事項や基準なども詳しくまとめています。通話オプションの契約を検討している方はぜひご覧ください。

auの通話定額2・通話定額ライト2まとめ
  • 通話定額ライト2:1回5分以内の通話が無料。月額880円
  • 通話定額2:国内通話が24時間無料。月額1,980円
  • 電話きほんパックと電話きほんパック(V)が無料に。申込みは別途必要
  • 1ヶ月あたり20分以上通話するなら、通話定額ライト2がおすすめ
  • 1ヶ月あたり45分以上通話するなら、通話定額2がおすすめ
  • SNS世代の子供には、通話オプションは不要かも?

トップ画像引用元:通話定額2/通話定額ライト2 | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

通話定額2とは

iPhone13レビュー

通話定額2は通話が多い方向けの有料オプションです。

オプション名月額料金オプション内容
通話定額21,980円国内通話24時間無料

月額料金は1,980円と高めですが、国内通話は24時間無料に。

auの通話料金は30秒で22円ですから、44分通話した場合は1,980円です。

通話定額2は、月間44分以上の通話をする方にとってお得なオプションと言えます。

国内通話以外の通話サービスも無料になる

通話定額2は、国内通話が24時間無料になるだけではありません。

下記の便利な通話サービスも無料で利用できます。

通話定額2で無料になる通話サービス
  • 電話きほんパック(通常、月額330円)
  • 電話きほんパック(V)(通常、月額440円)

電話きほんパックは、「お留守番サービスEX」「待ちうた」「三者通話サービス」「迷惑電話撃退サービス」がセットになった有料オプションです。

さらに、電話きほんパック(V)では「割り込み通話」も付いてきます。

どちらも通話が多い方には嬉しいサービス内容です。これが無料で使えるのは嬉しいですね。

ただし、どちらのパックも利用するためには別途申し込みが必要です。忘れないよう注意してくださいね。

通話定額ライト2とは

iPhone12

通話定額ライト2も携帯電話での通話が多い方向けの有料オプションですが、通話定額2よりも月額料金が安く、無料通話時間も短いのが特徴です。

オプション名月額料金オプション内容
通話定額21,980円国内通話24時間無料
通話定額ライト2880円1回5分以内の国内通話無料

通話定額ライト2では、1回5分以内の国内通話が無料になります。

つまり、通話時間が5分以内であれば、何度電話をかけても無料になるということです。

短い通話が多い方にはピッタリのオプションですね。

月額料金は、通話定額2よりもだいぶ安い880円。多くの人にとって使いやすいオプションではないでしょうか。

通話定額ライト2でも通話サービスは無料!

通話定額2と同じく、通話定額ライト2でも以下のオプションが無料になります。

通話定額2で無料になる通話サービス
  • 電話きほんパック(通常、月額330円)
  • 電話きほんパック(V)(通常、月額440円)

なお、通話定額2との時と同様、これらのサービスは別途申し込みが必要です。注意してくださいね。

通話定額2・通話定額ライト2の注意点

ここからは、通話定額2・通話定額ライト2の注意点について解説していきます。

知っておくべき注意点が多いため、しっかり覚えておきましょう。

通話定額2・通話定額ライト2の注意点
  • サービス対象外の通話がある
  • 家族内通話は24時間無料!
  • オプション解約時に注意<

サービス対象外の通話がある

下記の通話は、通話定額2・通話定額ライト2のサービス対象外となります。

対象外となる通話
  • 電話番号への通話や番号案内:104
  • 行政1XYサービス:188
  • #ダイヤル(クイックダイヤル)
  • SMS送信
  • 衛星電話/衛星船舶電話への通話

これらに該当する通話では、通常どおり22円/30秒(衛星船舶電話は55円/30秒)の通話料金がかかるため、注意してください。

家族内通話は24時間無料!

「通話相手は家族のみ」という方は多いのではないでしょうか。

そして、家族との通話料金を節約するために、通話定額2・通話定額ライト2の契約を検討している方もいるかと思います。

しかし、家族もauユーザーである場合は、互いに「au家族グループ」に加入した方がお得です。

同じau家族グループ内の国内通話であれば、通話定額2・通話定額ライト2の契約とは関係なく、通話料が24時間無料になります。

家族以外との通話も多い場合はさておき、ほぼ家族としか通話しないのであれば、本オプションの加入は控えた方が無難です。

オプション廃止時の注意点

通話定額2と通話定額ライト2を解約するときには、電話きほんパックの扱いに注意してください。

上でも触れましたが、通話定額2や通話定額ライト2に加入することで、電話きほんパックの料金は無料になりますが、電話きほんパックを利用するためには、別途申し込みをする必要があります。

そして、これは解約時も同様です。

例えば、通話定額2と電話きほんパックに加入していた人が通話定額2だけを解約した場合、ます。自動解約されません。

翌月から電話きほんパックの月額料金330円が発生してしまいます。

電話きほんパックは、加入時だけでなく解約時も別途手続きが必要であることを覚えておきましょう。

通話定額2と通話定額の違いは?

スマホを触って操作する

auでは、かつて「通話定額」という通話オプションを提供していました。

通話定額2は、まさにこのオプションの後継にあたります。

通話定額2と通話定額の違いは以下のとおりです。

オプション名月額料金オプション内容その他サービス
通話定額21,980円国内通話24時間無料電話きほんパック・
電話きほんパック(V)が無料
通話定額1,870円国内通話24時間無料なし

月額料金とサービス内容に差がありますね。

月額料金は、旧版である通話定額の方が110円安いです。

しかし、通話定額2では、電話きほんパックと電話きほんパック(V)が無料になります。

総合的に見れば通話定額2の方が優れてはいますが、電話きほんパックが不要である方には、通話定額の方が合っていたかもしれませんね。

なお、旧版の通話定額はすでに新規受付を終了しているため、これから申し込む場合、通話定額2・通話定額ライト2のどちらかを選ぶことになります。

通話定額2・通話定額ライト2は必要?

ビジネスマンとスマホ

auの通話料を考えれば、通話定額2と通話定額ライト2はかなりお得なオプションと言えます。

しかし、お得だからといって考えなしに加入してしまうと、損してしまうかもしれません。

通話定額ライト2の月額料金はお手頃価格の880円ですが、年額では10,560円もかかります。

家族4人が加入した場合、1年で42,240円です。

もし4人がほとんど通話をしなかったら、1年かけて4万円以上のお金を無駄にすることになります。

いくら月額が安くても、使わなければただ損をするだけです。

そこで、ここからは通話定額2・通話定額ライト2の必要性について詳しく解説していきます。

まずは過去の通話履歴をしっかりチェック!

通話オプションの必要性は、自分のこれまでの通話履歴を見れば分かります。

auの通話オプションを適用する前に、まずはひと月あたりの通話時間をしっかり確認してみましょう。

そして、以下の基準に照らし合わせてみてください。

通話オプションがお得になる通話時間
  • 通話定額ライト2:ひと月の通話時間が20分以上
  • 通話定額2:ひと月の通話時間が45分以上

通話定額ライト2が向いている人

auの通話料は30秒で22円、通話定額ライト2の月額料金は880円です。

ひと月あたり20分通話すると、通話料金が880円になります。

つまり、1ヶ月間あたりの通話時間が20分を超えるのであれば、通話定額ライト2を使った方がお得になるということですね。

通話定額ライト2は、1回5分以内の国内通話が無料になります。

すべての通話が無料になるわけではありませんが、総務省の調査によれば、現代日本人の1回あたりの通話時間は平均2分半程度であるそうです。

通話定額ライト2による節約効果はかなり高いのではないしょうか。

通話定額2が向いている人

ひと月あたりの通話時間が45分で、通話料金が1,980円になります。この金額は、通話定額2の月額料金と同じです。

そのため、この通話時間を超える場合は、通話定額2に加入した方がお得になります。

通話定額2は、国内通話であれば無料です。対象外の通話さえしなければ、これ以上の料金は発生しません。

ただし、通話の頻度が高かったとしても、そのほとんどが5分以内の通話である場合は、通話定額ライト2でも十分でしょう。自分の通話履歴をよく確認してみてくださいね。

通話オプションが無駄になっている可能性も?

スマホデビューする子供のために、通話オプションの契約を迷っている親御さんは多いのではないでしょうか。

「全く通話できないのは不便だろう」と、つい親心から通話定額ライト2を契約したくなってしまいますが、ちょっと待ってください。

手続きを進める前に、今一度「子供がそこまで通話をするかどうか」検討してみることをおすすめします。

たしかに大人である親世代は、よく電話で話をするかもしれません。

しかし、現代の子供たちは、電話ではなくSNSアプリでコミュニケーションを取っています。

LINEアプリがその筆頭ですよね。しかも、アプリ内で無料通話もできます。

「電話をしたくなったら、LINEアプリの通話機能を使えば良い」という人は、親世代にも多いのではないでしょうか。

au家族グループへの加入で解決する可能性も

また、「通話はよくするけれども、連絡先は親ばかり」という子供も少なくないはずです。

この場合は、auの家族グループに親子で一緒に加入すれば、通話料が無料になります。

通話定額ライト2の月額料金は880円です。その手軽さから加入する方も多いのですが、まったく使わなければもったいないだけ。

1年間の出費は合計10,560円にもなります。子供が2人いる場合は、1年で21,120円です。

今、子供に通話オプションを付けるかどうか迷っている場合は、「ひとまず様子を見てから」というのも1つの選択肢ですよ。

通話オプションの必要性は人それぞれ

本記事では、auの通話定額2・通話定額ライト2について解説しました。

auの通話定額2・通話定額ライト2まとめ
  • 通話定額ライト2:1回5分以内の通話が無料。月額880円
  • 通話定額2:国内通話が24時間無料。月額1,980円
  • 電話きほんパックと電話きほんパック(V)が無料に。申込みは別途必要
  • 1ヶ月あたり20分以上通話するなら、通話定額ライト2がおすすめ
  • 1ヶ月あたり45分以上通話するなら、通話定額2がおすすめ
  • SNS世代の子供には、通話オプションは不要かも?

auの通話オプションを付けるか否かは、通話時間が「1ヶ月あたり20分以上」かどうかで判断することができます。

よく電話をかける人なら、20分の通話時間などあっという間に到達してしまうでしょう。

そのような場合は、通話オプションをうまく使えば、携帯電話料金を大幅に減らすことが可能です。

逆に、あまり通話をしない方や、主なコミュニケーション手段がSNSである子供世代には、効果の薄いオプションと言えます。

「きっといつかは役に立つ」という考えから加入する方も多いかと思いますが、これらのオプションは無料ではありません。

本当に加入すべきかどうかは、自分の通話履歴を調べればわかります。まずはそこから始めてみましょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。