au「故障紛失サポート with AppleCare Services」契約を確認するには

  • 2018年10月20日
  • by.a-sato

819621556537b1e34118f7b4c602372d_m

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone購入時に多くの方が悩むAppleCareの加入ではありませんか。

今回はauで新しくリリースされる保証オプション「故障紛失サポート with AppleCare Services」の特徴について解説をしていきます。

「故障紛失サポート with AppleCare Services」は従来のAppleCareよりもさらに充実した保証内容となっており、iPhone購入を検討している方には是非加入して欲しいオプションです。

併せて「故障紛失サポート with AppleCare Services」のメリット・デメリットについても説明していきますので参考にして下さい。

1 auのApple Care+が変わりました

画像引用元:au公式サイト

2018年9月14日にauからAppleCare+のさらに進化した保証オプション「故障紛失サポート with AppleCare Services」を展開すると発表されました。

「故障紛失サポート with AppleCare Services」は、従来のAppleCareよりもさらに細かい保証内容が追加され、保証可能な期間等変更があるそうです。

これからauでiPhoneの契約を考えている方は是非チェックすべきオプションだといえるでしょう。

2 『故障紛失サポート with AppleCare Services』とは

まず、「故障紛失サポート with AppleCare Services」の特徴についてです。

「故障紛失サポート with AppleCare Services」の料金や保証状況、サービス期間などを重点的に紹介します。

2-1 『故障紛失サポート with AppleCare Services』の契約内容

故障紛失サポート with AppleCare Servicesの特徴は下記の通りです。

  • 機種によって利用料金が707円から1,190円に変動する
  • 保証期間が4年間に延長
  • 盗難紛失時にも11,800円で同一機種の新品を貰える

従来のAppleCareからの変更点として、機種によって料金が変わるという点が大きいポイントです。

現在発売されている新モデルのiPhone XSとiPhone Xの場合は1,190円の月額料金となります。

iPhone 6 Plus、iPhone 6sシリーズ、iPhone7、iPhone8、iPhone XRは月額890円となります。(plusも同様の価格です)iPhone XRがiPhone Xよりも安いというのが驚きですね。

そのため、これから契約をする方のほとんどは、月額が890円か1,190円になると思ってください。最安値はiPhone SEで707円です。

従来のAppleCareの価格が約600円ほどなので、その価格に比べると若干高くなっていることがわかります。

しかし、その分保証の範囲が広くなり、保証期間が長くなったという特徴があります。

2-2 サービス期間は4年間に延長

料金の他に特筆すべき点は、サービス期間が4年間に延長となったことです。

従来のAppleCareは2年間の保証期間でしたが、故障紛失サポート with AppleCare Servicesでは4年まで保証がつくようになりました。

その背景として考えられるのは、48回の機種代金分割支払いが普及してきたからだと思われます。

最近になって月額料金を安くするということで、機種代金を24回ではなく48回支払いにするシステムを採用しているキャリアが増えています。

48回の支払いをiPhoneを使いながらしていくということで、必然的に4年間使う方が多くなると考えられます。

4年間使うのに2年の保証しかない保証オプションに入るというのも納得できませんよね。

そのため、48回支払いの方でも支払い完了までiPhoneを守ることができる保証オプションが必要になったのだと考えられます。

ちなみに4年を過ぎると従来のAppleCareと同様に自動解約となり課金されることはありません。

2-3 故障紛失サポート with AppleCare Servicesの保証状況

従来のAppleCareの保証状況は下記の通りです。

  • 自然故障の場合は無償修理
  • 画面損傷の場合は1回につき3,400円
  • その他の修理については11,800円

故障に関する保証内容は故障紛失サポート with AppleCare Servicesになっても変わりません。

故障紛失サポート with AppleCare Servicesで変わった点は下記です。

  • 紛失盗難の場合11,800円で最短当日中に新品機種を発送

盗難紛失による保証が追加され、4年間で2回まで可能となります。

盗難紛失に遭った場合はその日にAppleのコールセンターに電話すると最短当日中に新品機種が発送されるようになります。

恐らく盗難紛失に遭ったという証明が必要になるので、必ず警察に届出をして「紛失届の受理番号」を貰うようにしてください。

盗難紛失の場合は、3割引き程度の会員価格で同一機種を一括購入できる程度の保証が多く、今までは盗難紛失してしまった場合はほぼ諦めなければいけないというケースが非常に多くありました。

筆者も、以前iPhone 4sを紛失した際に会員価格で3割引き程度になった機種を一括で購入するか、iPhone 5に機種変更するかと聞かれて泣く泣く機種変更した覚えがあります。

そのため、故障紛失サポート with AppleCare Servicesの紛失盗難保証はかなりお得に新品のiPhoneが手に入れることができます。

普段からよく、iPhoneやモノを失くす方は加入すべきかもしれません。

iPhoneの修理・故障はAppleCare+がお得?キャリアの保証サービスと比較

故障紛失サポート with AppleCare Servicesとは
  • 保証期間が2年間から4年間に延長される
  • 利用料金は機種によって異なる
  • 盗難紛失時の保証も追加
  • au専用の保証オプションなので契約時のみ加入可

次の章では、「以前のApple Care加入の人がどうなるのか」について調べてみました。

3 以前のApple Careに加入をしていた人はどうなるのか

次に、以前のAppleCareに加入していたユーザーはどうなるのか調べてみました

古いモデルはiPhone SEから、新しいモデルはiPhone XS、iPhone XRまで故障紛失サポート with AppleCare Servicesが適用されるようになります。

今後は故障紛失サポート with AppleCare Servicesが通常のiPhone専用の保証オプションとなるため、従来のAppleCareには加入できなくなります

では、今までのユーザーはどうなるのでしょうか。

中には4年間の保証期間にしたいと考えている方もいると思いますが、故障紛失サポート with AppleCare ServicesはiPhone購入時にしか加入することができません。

そこで、既存ユーザーへの対応を調べたので是非参考にして下さい。

3-1 Apple Careは2019年1月以降順次自動的に切り替わる

公式サイトの情報によると、今までAppleCareに加入していたユーザーも2019年1月以降に順次切替えられるということです。

これは自動的に切り替わるので、こちらで何か手続きをする必要はありません。

2019年1月より順次ということなので、具体的にいつ頃になるかはわかっていません。

恐らく同じようにAppleCareに加入しているユーザーでも、切り替えのタイミングが前後する可能性もあるでしょう。

切り替え前に保証を適用する場合

もしも、2019年1月以前または1月に入ってから切り替えが終わる前に故障してAppleCareを使う場合はどうなるのでしょうか。

恐らくは今までのAppleCareの内容が適用され、AppleCare適用時の修理費等は変更後と変更前では変わらないので問題はありません。

問題がある点とすれば、

  • ちょうど2年の保証期間が終わるタイミング
  • 紛失や盗難に遭った場合の保証

についてでしょう。

この場合も、恐らくですが今までのAppleCareの内容が適用されてしまうので、1度auのカスタマーセンターに問い合わせるべきです。

「切り替わるといわれているんだけど、自分のiPhoneはまだ切り替わっていません。その場合保証はどうなりますか?」というように聞きましょう。

ちなみに切り替え対象のユーザーにはメールが送られるそうなのでしっかり確認してください

3-2 契約内容の確認はMy auやショップ・カスタマーセンターで確認する


画像引用元:My auトップページ

故障などのサポートサービスを契約しているか、契約からどのくらい期間が経過しているか確認したい場合があります。

その時にはMy au、またはショップ・カスタマーセンターで確認したり、問い合わせるようにしましょう

My auであれば自分でログインして確認できるので、1番スピーディーにチェックできます。

また、自分は何回修理をしているのか、交換をしているのかなどの修理の履歴についてはショップまたはカスタマーセンターに問い合わせるようにしてください。

修理や交換の履歴はMy auでは確認することが現状できません。

3-3 利用料金は変わらない

また、気になる点は利用料金です。

故障紛失サポート with AppleCare Servicesは契約している機種によって利用料金が変わります。そして、今まで利用していたAppleCareよりも割高になるケースがほとんどでしょう。

今までのAppleCareで事足りていたのに、と思っている方にとってはかなり損だと思います。

しかし、公式サイトの情報によると利用料金は一切変わらない、つまり、従来の金額のままで保証内容と期間が変更になるだけということです

それなら逆にお得になりますし、オプション料金が上がるわけではないのでいつも通りの金額で使い続けることができるようになります。

au「故障紛失サポート with AppleCare Services」修理・保証の料金とは

以前からAppleCare加入していたユーザーはどうなる?
  • 2019年1月以降に順次切り替え
  • 利用の月額料金は変わらない
  • サービス内容も故障紛失サポート with AppleCare Servicesに変わる

次の章では、「故障紛失サポート with AppleCare Servicesには加入すべきか」について考えてみました。

4 故障紛失サポート with AppleCare Servicesには加入すべきか

次に、「故障紛失サポート with AppleCare Servicesは加入すべきか」かどうかについて解説します。

スマホを新しく契約する際、必ずショップのスタッフから「保証オプションはどうしますか?」と聞かれます。

毎回この質問でどうしようかと悩む方も多いのではないでしょうか。

以前使っていたスマホを落として画面を割ってしまった、水に濡らしてしまったなどの経験がある方はすぐに保証オプションの加入を決めるかもしれません。

しかし、壊した経験のない方や初めてiPhoneを使う方は、加入しようかどうしようか悩んでしまいます。

そこで、故障紛失サポート with AppleCare Servicesのメリットとデメリットをそれぞれ紹介するので、是非参考にしてください。

4-1 故障紛失サポート with AppleCare Servicesのメリットは?

まず、故障紛失サポート with AppleCare Servicesのメリットは下記の通りです。

  • 故意による故障の場合修理費が減額
  • 盗難紛失にも対応
  • 4年間の保証期間つきなので利用中は安心

最近auでも48回の機種代金分割支払いが推奨されるようになりました。

これはあくまで毎月の料金を安くするためのものですが、4年間同じスマホを使うとなるとどうしても壊れないかどうか気になってしまいます。

一般的に、スマホの充電や基盤の寿命は使用頻度にもよりますが2年程度だといわれています。

そのため、4年という長い期間使用するということで、今までのAppleCareの2年保証では心もとないと感じる方も増えています。

一方で、故障紛失サポート with AppleCare Servicesは4年の保証期間が用意されているので、48回支払いで4年間使う前提のユーザーも安心して使うことができます。

また、修理費は最大でも11,800円と、かなり安くなります。

通常iPhoneの修理を保証なしで行おうとすると、故障の程度によっては「新品を購入した方が安い」といわれる場合もあります。

格安の非正規の修理業者に頼むのも良いですが、基本的に純正品ではないガラスやバッテリーとの交換になるのでApple製品にこだわりがある方にはおすすめできません。

さらに、故障紛失サポート with AppleCare Servicesには盗難紛失時の保証もプラスされています。

基本的に多くの保証オプションには盗難紛失時の保証はついていません。

その点、故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入していれば万が一盗まれり、失くしたという時にも安心できます。

4-2 故障紛失サポート with AppleCare Servicesのデメリットは?

故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入するデメリットはたった1つだけです。

  • 毎月故障紛失サポート with AppleCare Servicesの支払い料金が発生

機種によって金額は異なりますが、現在の新モデルであるiPhoneXSを購入した場合の月額料金は1,190円です。

この金額は他の保証オプションに比べてかなり高いです。

しかし、その分保証範囲も広く、保証期間も長いという点が魅力ですが、その分毎月の月額料金が高くなってしまいます。

生命保険のように解約時にお金が戻ってくることもありませんから、iPhoneに対する掛け捨ての保険と言っても良いでしょう

壊れたり紛失することがあれば良いのですが、結局4年間オプション料金を払い続けて使わなかったという方も出てくると思います。

そうなるとかなり損した気分になるかもしれませんが、保険なので「備えあれば憂いなし」ともいえます。

5 購入後の申込みは不可なのでiPhone購入時は念のために加入すべき

最後に、故障紛失サポート with AppleCare Servicesについてまとめたいと思います。

故障紛失サポート with AppleCare Servicesのポイント
  • 保障期間が4年間
  • 紛失盗難にも電話一本で対応可能
  • 月額料金は707円から1,190円と幅がある
  • iPhone契約時にしか加入できない

iPhoneは画面割れが非常に多く、「自分は大丈夫」と思っている方ほど画面を割ってしまうケースが非常に多いです。

そのため、大丈夫だと思ってAppleCareに加入しなかったことで、故障時に全額修理費実費になってしまったり、やむを得ず非正規の修理業者に依頼して純正モデルではないガラスと交換という対応をする方も少なくありません

故障紛失サポート with AppleCare Servicesは、月額料金が機種によって高くなるものの、壊れてしまった時はもちろん、盗難紛失時にも電話一本で新しい機種を配送してくれるサービスを行っています。

さらに、4年間の分割支払いが徐々に一般的になっている中で、2年の保証期間が4年になるという点も嬉しいポイントです。

iPhone購入時にしか加入できないオプションサービスなので、自分は大丈夫と思わずに新しいiPhoneを購入する時にはとりあえず加入してみてはいかがでしょうか。

もちろん、加入後にオプションを外すことは可能です。「自分は壊さないな、大丈夫だな」と思った時にオプションを外せば問題ありません。

街ではよく、画面がバキバキに壊れたままでiPhoneを使う方が見受けられます。

比較的割れやすいとされているiPhoneをいつまでも綺麗に使えるように、故障紛失サポート with AppleCare Servicesの加入を検討することをおすすめします。

Androidスマホの画面が割れた時のリスク|修理の値段・期間と応急処置

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ