auひかりの料金を徹底ガイド|お得に使うためのポイントを確認

auひかりの料金を徹底ガイド|お得に使うためのポイントを確認

auひかりとはKDDIの提供するFTTH(一般個人宅向け光通信サービス)です。高速で安定した光通信を利用することができます。

インターネットは今や生活には欠かすことのできないものとなっています。最近ではIoTの急激な普及などで、その重要性は今後さらに増していくことでしょう。

しかし、料金や契約内容などは非常にわかりづらいと感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はauひかりの料金やお得に使うためのポイントについてご紹介いたします。

1 auひかりの3つの特徴

光回線なんてどこを使っても同じようなもの、と思ってはいませんか?

実は光回線は会社ごとに様々なサービスが提供されています。その中でもauひかりならではのサービスや特徴について見ていきましょう。

1-1 auスマートバリュー


画像引用元:auスマートバリュー:料金・割引一覧

auひかりの1番の特徴はこの「auスマートバリュー」でしょう。

これはauのスマホ契約とセットにすることで、スマホの毎月の料金から値引きを受けられるサービスです。auスマホを使っているのであれば、使わない手はありませんね。

auスマートバリューでは世帯全体で値引きが受けられるのに加えて、50歳以上であれば離れて住んでいる家族であっても適用が可能です。

今やスマホと自宅の光回線の契約を同じ会社にまとめることで、月額料金を安くするということが当たり前になりつつあります。

生活には欠かせないものだからこそ、まとめて賢く使えるようにしたいものです。

月額料金からの値引き額に関しては下記の通りです。

料金プラン割引額
auピタットプラン(シンプル)〜1GB適用なし
(スーパーカケホ/カケホ)〜2GB
(シンプル)1GB〜2GB
500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)2GB〜1,000円
auフラットプラン20/301,000円
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
934円
データ定額5/20
LTEフラット
1,410円(最大2ヶ月間)934円(3年目以降)
データ定額302,000円(最大2ヶ月間)934円(3年目以降)

1-2 auひかりの回線速度


ホームタイプでは上り下り最大1Gbpsが主流となっており、高速で安定した光通信を利用することができます。

オンラインゲームや4Kなどの高画質動画の再生も快適にサクサクと行うことができます。

マンションタイプでもマンションギガ・マンションミニギガの2つの提供タイプで上り下り最大1Gbpsの高速回線を利用することができます。

マンションの場合は、建物自体に導入されている設備によって提供タイプが異なるので注意が必要です。

また、マンションタイプで1番多い提供タイプはマンションタイプVで下り最大100Mbpsとなっています。

確かに1Gbpsの高速回線と比べるとやや見劣りはします。

しかし、オンラインゲームなど、インターネットをヘビーに使う人には高速の光通信サービスが必要となりますが、一般家庭などでそこまでの通信速度が必要なければ、下り最大100Mbpsのプランでも十分に快適に利用できるだけの速度が出ます。

また、auひかりでは2018年3月1日より、東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県の一部地域を対象に上り下り最大10Gbpsの世界最速1位タイとなる光サービスを提供しています。(ホームタイプのみ)

現在、国内で上り下り最大10Gbpsの光通信を提供しているのは「auひかり」と「NURO光」の2社のみとなっています。

また、auひかりであれば、10ギガのプランであってもauスマートバリューの対象となるので、最新の高速通信もお得に利用することができます。

必要な回線速度について

光通信サービスには上り下り最大1Gbpsなどの速度の表記がされています。

国内の光通信サービスの速度表記は「ベストエフォート型」と呼ばれるもので、回線速度や品質を保証するものではなく、技術上の最高値の表記となっています。

なので、通信状況によっては、速度が低下したり通信が不安定になってしまったりもします。

そこで重要になってくるのが「実測値」と呼ばれるものです。

実測値とは実際の通信環境での速度であり、インターネットを快適に使えるかどうかはこの実測値によって変わってきます。

特に下りの速度はコンテンツの読み込みに使われるので、インターネットの利用に大きく関わってきます

上りに関しては、アップロードの速度になるので、動画投稿をしているなど一部の人以外はあまり気にする必要はないでしょう。

もちろんベストエフォートでの回線速度が高い方が実測値も速くなりやすい傾向にあります。

しかし下記の表を参考にすると、インターネットの日常的な利用では10〜30Mbpsもあれば十分快適に使うことができそうです。

なので、特別回線速度にこだわりがあるというわけでなければ、下り最大100Mbpsのマンションタイプでも問題はないでしょう。

速度利用環境
30Mbps以上オンライゲームをプレイするには必要な速度
10~30Mbps高画質動画もストレスなく視聴できる
5~10Mbpsネットサーフィン程度であれば支障なくできる
1~5Mbpsややページの読み込みが遅く感じる
1Mbps以下メールの送受信には支障のないレベル
ネットサーフィンなどは困難

次のページでは「auひかりの料金体系」について詳しく紹介します。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

au 2018夏|Xperia XZ2 SOV37を最安値でお得に購入・機種変更する方法... auから2018年夏モデルが発表され、すでにいくつかのモデルが発売されていますが、皆さんはどのモデルに機種変更をするか決めたでしょうか。 中でも注目度の高いのがソニーモバイルから発表された、XPERIAシリーズです。 そのため、...
画面割れスマホの買取価格|大手キャリア比較【iPhone/Android】... ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアを利用する際のメリットとして大きいのが、現在のスマホを下取りに出して最新のスマホを割引してもらえる「下取りプログラム」と呼ばれるサービスですよね。 手元にスマホは残りませんが、様々な特典や割引を...
auから楽天モバイルへ | 店舗もあって格安でいいこといっぱいで満足... 不安は楽天モバイルの店舗で解消 画像引用元:楽天モバイル | 店舗(楽天モバイルショップ) 34歳 女性 主婦 auから楽天モバイルに乗り換えた時期:2017年4月 私が、auから敢えて格安SIMに乗...
じぶん銀行「AI外貨予測」「AI外貨自動積立」国際的なアワードでファイナリストに... 「SMART × MOBILE = SMILE」 SMARTな「金融サービス」とMOBILEならではの「楽しさ」そして皆さまに「SMILE」をコンセプトに、スマホアプリで快適に資金管理できると評判の「じぶん銀行」。 じぶん銀行の...