auひかりの料金を徹底ガイド|お得に使うためのポイントを確認

  • 2019年8月10日
  • by 
auひかりの料金を徹底ガイド|お得に使うためのポイントを確認

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回はauひかりの料金と、お得に使うためのポイントを解説します。

auひかりは他の光回線より、プランの内容が細かく分かれているので、解りにくいと感じている方も多いのではないでしょうか?

さらに、auは2019年5月に新プラン「新auピタットプラン」が登場してスマホのプランも一新されました。

これからauとauひかりの利用を考えている方は、ここでしっかりポイントを押さえて、お得にauひかりを使ってくださいね!

auひかりの料金体系

auひかり

画像引用元:auひかり ホーム1ギガ | インターネット回線 | au

auひかりの料金は、戸建向けの「auひかり ホーム」と集合住宅向けの「auひかり マンション」に分かれています。

それぞれ長期割引も異なるので、お住いにあったプランを見ていきましょう。

auひかり ホームの料金プラン

auひかり ホームでは全国に対応したauひかり ホーム1ギガと、関東の一部エリアが対応しているauひかり ホーム5ギガ・10ギガがあります。

それぞれ回線速度と利用料金が異なるので、お住いの地域・使い方にあったプランを選びましょう。

auひかり ホームの料金

プランずっとギガ得プランギガ得プラン通常プラン
auひかり ホーム 1ギガ
(受信最大1Gbps)
5,100円5,200円6,300円
auひかり ホーム 5ギガ
(受信最大5Gbps)
5,100円5,700円6,800円
auひかり ホーム 10ギガ
(受信最大10Gbps)
5,880円6,480円7,580円

auひかり ホームの利用料金は、契約期間によって料金が異なります。

auひかりの契約期間
  • ずっとギガ得プラン:3年自動更新契約、途中解約で15,000円の違約金
  • ギガ得プラン:2年自動更新契約:途中解約で9,500円の違約金
  • 標準プラン:契約期間なし

また、3年契約の「ずっとギガ得プラン」のみ、利用期間に応じて利用料金が安くなっていきます。

ずっとギガ得プランでの料金推移

プラン1年目2年目3年目
auひかり ホーム
1ギガ
5,100円5,000円4,900円
auひかり ホーム
5ギガ
5,100円5,000円4,900円
auひかり ホーム
10ギガ
5,880円5,780円5,680円

auひかり ホーム1ギガと5ギガでは料金が変わらないので、5ギガ対応地域の方は高速回線を積極的に利用した方がいいですね!

なお、auひかり ホーム5ギガ・10ギガは、auスマートバリューが無いと4年目以降は月額500円高くなってしまいます。

auを利用せずにauひかり ホーム5ギガ・10ギガを利用する方は十分に注意しましょう。

auひかり マンションの料金プラン

auひかり マンションの料金プラン

auひかり マンションの料金と速度は、お住いの物件がどの配線方式に対応しているかによって決まります。

複数のプランがありますが、自由に選べるわけではないので注意しましょう。

auひかり マンションの料金

タイプ月額料金受信速度
タイプG※16契約以上3,800円644Mbps
8契約以上4,100円
タイプV16契約以上3,800円100Mbps
8契約以上4,100円
都市機構3,800円
タイプE16契約以上3,400円
8契約以上3,700円
タイプF3,900円
マンション ギガ4,050円1Gbps
マンション ミニギガ5,000円
※ 「お得プラン」で契約した場合の料金

タイプGは2018年10月開始の新しいプランです。

タイプVと同じVDSL方式ですが、新しい通信規格を採用したことで受信最大644Mbpsを実現!

今タイプVに対応しているマンションは、順次タイプGに対応していきます。

「マンションだから光回線でも遅い」と感じたことのある方は、auひかりなら安心して使えますね!

なお、お住いのマンションがどのプランに対応しているかは、auひかり公式サイトやプロバイダのWebサイトで確認できます。

auひかり マンションの対応プラン確認手順

  1. auひかり マンションの公式サイトにアクセス
  2. 郵便番号を入力して「マンション・アパートなど」を選ぶ
  3. 「提供タイプと料金プランの確認」をタップ
  4. 住所を選ぶ
  5. マンション名を選んで「次へ」をタップ
  6. 「対応サービス」をチェックする

ここに表示されたプランがお住いのマンションに対応しています。

auひかり マンションは2年縛りなし?

auひかり マンションの料金プランには、2年縛りの「お得プランA」と縛りなしの「標準プラン」があります。

お得プランAを選ぶと2年間の自動更新契約となり、途中で解約すると7,000円の違約金が発生します。

ただ、お得プランAも標準プランも、タイプG以外は利用料金の違いはなく、月額400円の「おうちトラブルサポート」が無料で使えるという違いだけです。

タイプGだけは、お得プランで2年縛りにした方が圧倒的に安くなります。

タイプGのお得プラン有無の違い
  • お得プラン:月額3,800円
  • 標準プラン:月額4,900円

そのため、お住いの物件がタイプGに対応しているなら「お得プラン」、それ以外のタイプ対応なら「標準プラン」を選んだ方がいいですね!

マンションがauひかりに対応していない場合の対処

auひかり マンションに非対応の物件でも、auひかり ホームが利用できる可能性があります。

または、auひかり マンションには対応しているけれど、速度が遅いプランしか対応していない場合にもauひかり ホームを契約できれば解決しますね!

少しイレギュラーな方法になるので確実ではありませんが、次の条件さえクリアできれば、ほぼ開通すると見ていいでしょう。

マンションでauひかり ホームを契約する条件
  • マンションのオーナーや管理会社から壁の穴あけ・ビス留めの許可をもらう
  • 3階以下の階層に住んでいる

マンションにauひかり ホームを契約すると、壁に穴を開けて光ケーブルを引き込む可能性が高くなります。

そのため、マンションオーナーから許可をもらえないと、申し込んでも工事ができないということに。

また、光ケーブルは電柱より高い場所へ引き込めないので、マンションの3階以下の階層でないと物理的に工事ができません。

auひかり ホームで契約できれば、通常のマンション契約より快適に使えること請け合いです!

お住いがauひかり マンションに非対応でも諦めず、ぜひauひかり ホームを検討してください。

auひかりの初期費用は3,000円だけでOK!

auひかりの契約をする場合の初期費用は、「新規登録料」と「工事費」の2つがあります。

auひかりの初期費用

項目auひかり ホームauひかり マンション
新規登録料3,000円3,000円
工事費625円 × 60回
(一括:37,500円)
1,250円 × 24回
(一括:30,000円)
初期費用相当額割引-625円 × 60回※-1,250円 × 24回
合計3,000円3,000円
※ ネット+電話で申し込む場合

auひかり ホーム・マンションに関わらず新規登録料の3,000円は必須ですが、工事費は「初期費用相当額割引」で実質0円になります。

auひかり ホームのみ固定電話の利用も必須ですが、固定電話はauスマートバリューの条件にもなっているので特に問題はないでしょう。

そのため、auひかりの初期費用は「3,000円だけでOK」ということですね!

次の章では、auひかりをお得に使うポイントやauひかりを利用する際の注意点を解説します。

auひかりの提供エリアか確認する方法とエリア外でのおすすめ光回線

auひかりをお得に使うための3つのポイント

auひかりをお得に使うための3つのポイント

続いてauひかりをお得に使うためのポイントをチェックしましょう。特にこれからauにMNPをする方は、しっかりキャッシュバックをもらうのが重要です。

ここで紹介するポイントを押さえて、お得にauひかりを申し込みましょうね!

お得なキャンペーンのある窓口を利用する

最近はネットやスマホを契約しても、高額キャッシュバックがもらえることは少なくなりました。

しかし、auひかりなら、高額キャッシュバックがもらえる窓口が多くなっています。

auひかり公式でさえ、プロバイダをau one netにすれば10,000円のキャッシュバックを実施中!

また、代理店のWebサイトでは5万円以上お得になるところも。

さらに、他社回線と他社スマホからauに乗り換える時にかかる違約金をauが負担する「auひかりスタートサポート」もあります。

しっかりキャンペーンを活用すれば、auひかりに乗り換えるだけでかなりお得になりますよ!

キャンペーン利用例
  • 他社光回線の違約金還元:最大30,000円
  • 他社スマホ違約金還元:10,260ポイント/回線
  • 代理店のキャッシュバック:50,000円

4人家族がauへMNPをしてauひかりを申し込むなら、合計12万円もお得になるということですね!

auスマホとセットで使って家族全員割引!

auスマートバリュー

画像引用元:auスマートバリュー | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

auひかりとauのスマホをセットで利用すれば、「auスマートバリュー」で家族みんな割引が受けられます。

割引額は利用しているプランによって異なりますが、500円〜1,000円の永年割引は魅力的ですよね!

auスマートバリューの割引額

プラン割引額
新auピタットプラン0〜1GB-
1〜7GB500円/月
auフラットプラン7プラス1,000円/月
auデータMAXプラン
auピタットプラン0〜2GB500円/月
2GB〜20GB1,000円/月
auフラットプラン20・30
auフラットプラン25 Netflixパック

新料金プランの「新auピタットプラン」は、1GB以上でずっと500円割引です。
4人家族なら毎月2,000円割引がずっと続くので、年間24,000円もお得に!

auひかりとauスマホをセットで、毎月の料金をお得にしましょう。

固定電話も使うならKDDIまとめて請求

KDDIまとめて請求は、auスマホとインターネット、電話などの請求を1本にまとめるサービスです。

請求がまとまっていると管理しやすいのはもちろん、KDDIまとめて請求を利用することで、自宅の固定電話への通話料が24時間無料に!

外出先から家に電話をかける機会がある方は、KDDIまとめて請求にすれば通話料を気にせず使えます。

通話定額・通話定額ライトを利用していない方は、20円/30秒の通話料がかかってもったいないですよね。

家に電話をかけることの多い方は、auスマホとauひかりでKDDIまとめて請求を組んで、無料で家に電話をかけられるようにしておきましょう!

auひかりを利用する際の注意点

最後にauひかりを利用する際の注意点を見ていきましょう。

auひかりは安定した速度で快適な光回線ですが、メリットがあれば多少なりとデメリットもあります。

契約した後に気づいて困ってしまうことの無いようにしましょうね。

フレッツ光より利用できるエリアが少ない

日本

auひかりはほぼ全国に展開されていますが、一部のエリアはエリア外になることがあります。

特にauひかり ホームは、東海・関西の次のエリアは未提供です。

これは、東海・関西エリアには関西電力等のKDDIが業務提携している企業があり、地域密着型の光回線がすでにあるためですね。

auひかり ホームが提供エリア外のエリア
  • eo光のエリア:大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県、兵庫県、福井県
  • コミファ光のエリア:愛知県、静岡県、三重県、岐阜県

上記エリアではeo光やコミファ光といった、auひかりの代替サービスと言える光回線が提供されています。

通信速度等の品質やauスマートバリューといった割引はauひかりと同等なので、東海・関西エリアの方はお住いの地域に合った光回線を利用しましょう。

ギガ対応のマンションがまだ少ない

auひかり マンションでは、物件が対応している配線方式によって回線速度が大きく変わります。

ただ、ほとんどのマンションは屋内配線に既設の電話線を利用した「VDSL方式」を採用しています。

VDSL方式は今まで最大100Mbpsでしたが、2018年10月からは同じ環境で最大644MbpsになるタイプGが開始されました。

とはいえ、タイプGは順次対応となり、まだ100Mbpsのままになっているマンションばかりですね。

もしお住いの対応を確認してもギガ非対応の場合は、次の2つの対処法でギガ対応できるかチェックしましょう。

ギガ非対応の場合の対処
  • auひかり ホームが引けるか確認する(3F以下)
  • So-net光やBIGLOBE光などの光コラボがギガ対応で使えるか確認する

上記2つの方法でギガ対応できれば、auスマートバリューも問題なく適用されます。

auひかりのテレビサービスに注意!

auひかりのテレビサービスに注意!

auひかりのテレビサービスは、専門チャンネルとビデオオンデマンドの視聴のみです。

フレッツテレビのようなパススルー方式の地デジ・BS視聴サービスではないので、フレッツ光や光コラボレから乗り換える方は注意しましょう。

今フレッツテレビを利用している方がauひかりに乗り換えると、次のいずれかの方法でテレビ視聴環境を整える必要があります。

auひかりで地デジ・BSを見るには…
  • 地デジ・BSアンテナでのテレビ視聴
  • J:COM等のケーブルテレビを契約

auひかりとは別に費用がかかるので、フレッツテレビ利用中の方は十分注意してくださいね。

auひかり ホームは解約時に回線撤去料がかかる

これからauひかり ホームを契約する方は、解約する時に28,800円の回線撤去料が必要になることを覚えておきましょう。

今auひかり ホームを利用中の方も、2018年3月1日以降の申し込みの方は、解約時に撤去工事が必要です。

ただ、引越しの場合は回線撤去料が免除されるケースがあります。

回線撤去料が免除されるケース
  • 移転手続きを行い引越し先でauひかりを同一プロバイダで利用する
  • 引越し先がauひかりの提供エリア外、かつau指定のポケットWi-Fi契約を行う

引越し以外は回線撤去料が免除されることがないので、auひかりを解約する可能性がある方は忘れないようにしましょうね。

電話番号やメールアドレスが変わる可能性がある

自宅の固定電話やプロバイダーのメールを利用している方は、auひかりへ乗り換えると電話番号やメールアドレスが変わる可能性があります。

電話番号が変わるケース
  • 光回線等のオプションとして電話番号を発行してもらった方
メールアドレスが変わるケース
  • auひかりで利用できないプロバイダを利用している方
  • 利用中プロバイダがメールアドレスのみのコースがない場合

固定電話は「加入権」がない場合、発行元の光回線やケーブルテレビを解約すると電話番号は消失します。

逆に加入権がある方は、今後他の光回線に乗り換えても固定電話の電話番号はずっと引き継げるということですね。

また、メールアドレスは発行元のプロバイダから変えると使えなくなってしまいます。

auひかりは複数のプロバイダに対応していますが、今使っているプロバイダがauひかりに非対応の場合はプロバイダを変えることに。

一部のプロバイダはメールアドレスのみ月額100〜300円程度で残すこともできます。

auひかり非対応のプロバイダを使っている方は、auひかり申し込み前にプロバイダのサービス内容を確認してみてくださいね!

auひかりの料金とお得に使うためのポイントまとめ

今回はauひかりの料金プランと、お得に使うためのポイントを解説しました。
auスマホの料金プランは、スマホのデータ量に応じて月額料金が上がっていきます。

そのため、auスマホを使うならauひかりでデータ量も月額料金も節約したいですね!

auひかりの料金プランまとめ
  • 新規登録料3,000円、工事費は実質0円!
  • 戸建は月額5,100円〜で最大10Gbps
  • マンションは月額3,800円〜で最大1Gbps
  • 今100Mbpsのマンションも順次最大644Mbpsになる!

auひかりは戸建もマンションも、快適な通信速度で使えます。

特に今100Mbpsのマンションでも、「タイプG」に対応すれば644Mbpsとかなり高速化されますね!

auひかりお得ポイントまとめ
  • auスマートバリューで家族全員のauスマホが割引!
  • キャッシュバック等のキャンペーンで他社違約金負担なし!
  • 固定電話を使うならKDDIまとめて請求で通話料無料!

今回お伝えしたお得にするポイントもしっかり押さえて、auひかりでネットもスマホもお得に使ってくださいね!

auひかりキャッシュバックキャンペーン比較!高くて早くもらえるのは!?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ