auひかりのプロバイダおすすめランキング|料金・速度を徹底比較【2021年最新】

  • 2021年3月15日
  • by.Iris777

auひかり

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

auひかりを使うときにはいくつかのプロバイダから好きなものを選べるので、「比較するとおすすめはどこなのだろうか?」と思う人もいるのではないでしょうか?

フレッツ光ほど多種多様なプロバイダが存在するわけではありませんが、auひかりのプロバイダもそれぞれ個性があります。

そこで、今回はauひかりで使えるおすすめのプロバイダをチェックしましょう。

これからauひかりを新規契約しようと考えている人や、別の光回線から乗り換えたいと考えている人は必見です!

auひかりのプロバイダの選び方
  • 対応プランで選ぶ
  • キャッシュバックや割引などのお得さで選ぶ
  • 必要なオプションを提供しているところを選ぶ
人気記事

auひかりは、特にauのスマホユーザーに人気の高い光回線サービスで、auスマホとセットで持つと料金がお得になると大変評判です。 一方で、使えるエリアが限られているなどのマイナスな声もあります。 そこで今回は、auひかりのサービス[…]

auひかり

トップ画像引用元:auひかり | auスマホがおトクになる光 | 【公式】GMOとくとくBB

auひかりのプロバイダ一覧比較表

auひかり

画像引用元:auひかり ホーム1ギガ

最初に、auひかりで選べる8つのプロバイダを比較してみましょう。

今回はサービス面、料金面、速度面から比較します。

それぞれの特徴を簡単に知りたい人は、ぜひチェックしてみてください。

auひかりのプロバイダ一覧
  • @nifty
  • @T COM
  • ASAHIネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net
  • GMOとくとくBB

2021年3月時点で、auひかりで選べるプロバイダは上記の8つです。

いずれも有名なところばかりなので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

IPアドレスの発行をはじめとした基本的な接続サービスの内容はどこのプロバイダを選んでも変わりませんが、オプションサービスの有無などが異なります。

それぞれのプロバイダの特徴を理解し、自分の使い方に合っているところを選びましょう。

速度面での比較

名称最大通信速度実効速度
au one net10Gbps非公開
So-net10Gbps
GMOとくとくBB10Gbps
BIGLOBE10Gbps
@nifty10Gbps
ASAHIネット1Gbps
DTI10Gbps
@T COM10Gbps

速度面では、ASAHIネット以外のすべてが最大10Gbps(ホーム10G)のプランを提供しています。

実効速度についてはすべてのプロバイダにおいて非公開です。

「自分が実際に使ってどの程度の速度がでるのか」は使用環境によって大きく異なるため、契約して使ってみないとわからない部分があります。

マンションタイプの場合は導入している設備によって最大速度が異なるため、先に設備状況をチェックしてみてください。

月額料金面での比較

ホームタイプ

項目月額料金3年間の総額
au one net5,390円198,000円
・12ヶ月目まで: 5,610円/月
・24ヶ月目まで: 5,500円/月
・36ヶ月目まで: 5,390円/月
So-net5,390円137,808円
・3828円/月×36ヶ月
GMOとくとくBB5,390円198,000円
・12ヶ月目まで: 5,610円/月
・24ヶ月目まで: 5,500円/月
・36ヶ月目まで: 5,310円/月
BIGLOBE5,390円217,800円
・11ヶ月目まで: 6,160円/月
・23ヶ月目まで: 6,050円/月
・36ヶ月目まで: 5,940円/月
@nifty5,390円211,640円
・1ヶ月目: 無料
・12ヶ月目まで: 6,160円/月
・24ヶ月目まで: 6,050円/月
・36ヶ月目まで: 5,980円/月
ASAHIネット5,390円184,415円
・1ヶ月目: 無料
・12ヶ月目まで: 5,335円/月
・24ヶ月目まで: 5,225円/月
・30ヶ月目まで: 5,115円/月
・36ヶ月目まで: 5,390円/月
DTI5,390円198,000円
・12ヶ月目まで: 5,610円/月
・24ヶ月目まで: 5,500円/月
・36ヶ月目まで: 5,390円/月
@T COM5,390円198,000円
・12ヶ月目まで: 5,610円/月
・24ヶ月目まで: 5,500円/月
・36ヶ月目まで: 5,390円/月

マンションタイプ

項目月額料金3年間使用時の料金
au one net4,455円160,380円
So-net4,453円114,932円
・24ヶ月目まで:2,561円/月
GMOとくとくBB4,455円160,380円
BIGLOBE4,455円160,380円
@nifty4,455円122,925円
・1ヶ月目:無料
・25ヶ月目まで:3,080円/月
ASAHIネット4,455円122,925円
・1ヶ月目:無料
・25ヶ月目まで:3,080円/月
DTI5,500円
(※1)
198,000円
・5,500円×36ヶ月
(※1)
@T COM5,500円
(※1)
165,000円
・24ヶ月目まで:4,125円/月
※1: マンションミニギガ契約時
上記の表は、ホームタイプ1G(ずっとギガ得プラン)およびマンションギガを契約したときの料金です。

DTIと@T COMはマンションギガプランを提供していないため、便宜的にマンションミニギガの料金を掲載しています。

実際には、主流となっているマンションギガ導入物件では契約できないので注意してください。

基本的な月額料金は、同じプランであればどこのプロバイダを選んでも変わりません。

しかし、割引キャンペーンの内容に差があるため、3年間利用したときの料金を比べると大きな差があります。

3年間の料金を比較した場合、ホームタイプ・マンションタイプともにお得なのはSo-netです。

料金面を重視する人は、是非チェックしてみてください。

サービス面での比較

項目ホーム1Gホーム5G/10Gマンションメールアドレス数メールボックス容量
au one net対応対応対応55GB
So-net対応対応対応4無制限
GMOとくとくBB対応対応対応15無制限
BIGLOBE対応対応対応55GB
@nifty対応対応一部非対応15GB
ASAHIネット対応非対応対応6無制限
DTI対応対応対応15GB
@T COM対応対応対応15GB

auひかりで選べるプロバイダのサービス内容を一覧でまとめると、上記の表のとおりです。

メールアドレスの個数やセキュリティサービスの内容は、プロバイダによって異なります。

オプションサービスの料金もプロバイダによって異なるので、比較・検討して自分の使い方に合ったところを選びましょう。

auひかり おすすめプロバイダランキング!【2021年最新】

auひかり

画像引用元: auひかりの魅力 | インターネット光回線 | auひかり by KDDI

それでは、早速おすすめのプロバイダをランキング形式で紹介します。

auひかりの契約を検討していて、プロバイダ選びで迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

auひかり おすすめプロバイダランキング
  1. GMOとくとくBB
  2. So-net
  3. BIGLOBE
  4. au one net
  5. @nifty
  6. @T COM
  7. DTI
  8. ASAHIネット

1位: GMOとくとくBB

auひかり GMOとくとくBB

画像引用元:auひかり | auスマホがおトクになる光 | 【公式】GMOとくとくBB

名称GMOとくとくBB
ホーム1G対応
ホーム5G/10G対応
マンション対応
メールアドレス数15
メールボックス容量無制限
セキュリティ
サービス
209円/月
安心ネットフィルター
オンライン
サポート
出張サポート7,480円/月
かけつけ設定サポート

GMOとくとくBBは安価でお得なプロバイダとして知られています。

フレッツ光対応サービスも提供しているので、使ったことがある人もいるのではないでしょうか?

GMOとくとくBBを選ぶときにチェックしたいポイントをみていきましょう。

GMOとくとくBBのメリット

GMOとくとくBBのメリット
  • 独自キャンペーンで最大20,000円のキャッシュバックを受けられる
  • サポート体制が手厚い
  • オプションが充実している
  • 取得できるメールアドレスの個数が多い

GMOとくとくBBはメリットが多いプロバイダです。

KDDIが提供する割引プログラムを適用できるのはもちろん、GMOとくとくBB限定のキャンペーンとして最大20,000円のキャッシュバックを受けられます。

これはauひかりとauひかり電話をセットで契約すると、工事費相当額のキャッシュバックが受けられるものです。

GMOとくとくBBはサポート体制も手厚く、2020年時点で満足度92%を達成しています。

安価なだけでなくサポートも充実しているので、長期間安心して使いたい人におすすめです。

セキュリティや訪問サポートなどもオプションで提供しており、必要に応じて選べるのも嬉しいポイントです。

無料で15個までメールアドレスを取得でき、なおかつメールボックスの容量が無制限なのはGMOとくとくBBだけのメリットなのでこちらも必見です。

お得にauひかりを契約したい人は、ぜひGMOとくとくBBのサイトから申し込んでください。

GMOとくとくBBのデメリット

GMOとくとくBBのデメリット
  • キャッシュバックの受け取りが分かりにくい

キャッシュバックがあるのがGMOとくとくBBのメリットですが、受け取り手続きが分かりにくいのは大きなデメリットです。

キャッシュバックに関する連絡が来るのが契約時に新規作成するメールアドレス宛なので、見逃してしまう可能性があります。

GMOとくとくBBでauひかりと契約した人は、キャッシュバックがもらえるまでは作成したメールアドレスをきちんとチェックしてください。

キャッシュバックスケジュールは、開通から11ヶ月目の翌月末日に1回目(半額)、開通から23ヶ月目の翌月末日に2回目(残額すべて)です。

全額受け取るのに2年かかるので、忘れないように注意しましょう!

2位: So-net

auひかり So-net

画像引用元:So-net auひかり 割引特典 | So-net

名称So-net
ホーム1G対応
ホーム5G/10G対応
マンション対応
メールアドレス数4
メールボックス容量無制限
セキュリティ
サービス
550円/月
So-netセキュリティサービス
オンライン
サポート
330円/月+相談料
So-net安心サポート
出張サポート無料
So-net訪問サポートサービス

So-netはソニーが運営するプロバイダで、知名度が高いプロバイダの1つです。

So-netならではの特典もいくつかあるので、お得に使いたい人はあわせてチェックしてみてください。

So-netのメリット

So-netのメリット
  • 独自キャッシュバックや割引キャンペーンがある
  • 実質料金が安い
  • 5G/10Gプランも安価に使える

So-netは割引やキャッシュバックが手厚く、お得に利用できるプロバイダの1つです。

月額料金割引特典を選べば、1Gプランだけでなく5G/10Gプランもお得に利用できるので、月々の料金をお得にしたい人にとっても見逃せません。

料金面を重視するユーザーにとっておすすめのプロバイダの1つです。

特典は月額料金割引・PlayStation Now利用権(24ヶ月分)・キャッシュバックの3つで、そのなかから1つを選べます。

契約形態によってキャッシュバックと月額料金割引のどちらがお得になるか変わるので、あらかじめ計算してから契約してください。

So-netのデメリット

So-netのデメリット
  • キャッシュバックの受け取りを忘れがち
  • サポート品質にやや問題あり

特典でキャッシュバックを選んだ場合、早くて翌月15日に、遅ければ翌々月の15日に受け取れます。

ただし、受け取るには支払い方法を登録し、マイページから手続きしなければなりません。

GMOとくとくBBと同様にメールでのお知らせもありますが、So-netアドレス宛なので注意しましょう。

受け取り忘れないためにも、カレンダーなどで受け取り開始日を管理することをおすすめします。

受け取り開始日から45日以内に手続きしないと失効するので注意しましょう。

また、サポート品質に問題があると感じるユーザーも多いため、手厚いサポートを求める人は注意してください。

デメリットをきちんと理解した上で契約するなら、So-netはお得に使えるプロバイダです。

3位: BIGLOBE

BIGLOBEのauひかり

画像引用元:auひかり|最大10Gbpsの高速光回線|BIGLOBE

名称BIGLOBE
ホーム1G対応
ホーム5G/10G対応
マンション対応
メールアドレス数5
メールボックス容量5GB
セキュリティ
サービス
418円/月
セキュリティセット・プレミアム
オンライン
サポート
522円/月
お助けサポート
出張サポート初回訪問の翌月末まで無料
ブロードバンド出張サポート

とにかくコストを抑えたいと考えている人や、せっかく契約するならキャッシュバックが充実したところを選びたいと考えている人におすすめなのがBIGLOBEです。

通信品質にも問題なく、オプションサービスも充実しているので利便性を求める人にとっても見逃せません。

BIGLOBEのメリット

BIGLOBEのメリット
  • 独自キャッシュバックが手厚い
  • 手厚いサポートを提供している
  • ポイントサービスや会員優待も充実

BIGLOBEを利用する最大のメリットは、契約時に高額なキャッシュバックを受けられることです。

KDDIが主催するキャンペーンやキャッシュバックをもれなく適用できるのはもちろん、独自キャッシュバックも手厚くなっています。

2021年3月時点で、ホームタイプの場合は最大で126,250円のキャッシュバックを受けられるのでお得です。

ほかにも、リモートサポートや出張サポートを含めてアフターサポートが手厚いのも嬉しいポイントです。

キャッシュバックをもらってお得にauひかりを契約したいなら、ぜひBIGLOBEを検討してみてください。

BIGLOBEのデメリット

BIGLOBEのデメリット
  • キャッシュバックと月額料金割引で還元総額が異なる
  • 料金が分かりにくいケースがある

還元額が大きいのがBIGLOBEのメリットですが、キャッシュバック以外に月額料金の割引という形でも還元を受けられます。

しかし、キャッシュバックと割引で合計還元額が異なるので注意してください。

一例としてホームタイプを契約した場合、キャッシュバックは最大126,250円、月額料金割引は最大107,990円です。

基本的にキャッシュバックを受けるほうがお得になるので事前にチェックしましょう。

また、月額料金割引を選んだ場合は途中で料金が上がるため、料金体系が分かりにくくなる点にも注意してください。

4位: au one net

au one net

画像引用元:プロバイダ au one net | インターネット回線 | au

名称au one net
ホーム1G対応
ホーム5G/10G対応
マンション対応
メールアドレス数5
メールボックス容量5GB
セキュリティ
サービス
330円/月
セキュリティセット・プレミアム
オンライン
サポート
550円/月
お助けサポート
出張サポート7,480円
かけつけ設定サポート

au one netはKDDIが運営するプロバイダです。

auひかりを運営しているのもKDDIなので、より安心して利用できます。

au one netならではのメリットもあるので、ぜひチェックしてみてください。

au one netのメリット

au one netのメリット
  • Pontaポイントを貯められる
  • 設定サポートが充実している
  • 問い合わせ先を一本化できる

auひかりでau one netを使うと、毎月の通信料金がPontaポイントの還元対象になります。

普段からPontaポイントを貯めている人には大きなメリットの1つです。

また、回線提供元とプロバイダが同じKDDIになるため、問い合わせ窓口を一本化できます。

サポート体制も万全なので、安心してauひかりを使いたい人はぜひチェックしてみてください。

au one netのデメリット

au one netのデメリット
  • キャッシュバックが少ない

auひかりで利用できるプロバイダは高額キャッシュバックを行っているところが多いものの、au one netはキャッシュバックが少なくなっています。

契約時のお得さを重視する人向けではないので、十分に注意しましょう。

5位: @nifty

@nifty auひかり

画像引用元:@nifty auひかり|@nifty(ニフティ)プロバイダ

名称@nifty
ホーム1G対応
ホーム5G/10G対応
マンション対応
メールアドレス数1
メールボックス容量5GB
セキュリティ
サービス
550円/月
セキュリティセット・プレミアム
オンライン
サポート
550円/月+550円/10分
@niftyまかせて365
出張サポート7,480円
かけつけ設定サポート

@niftyは老舗の有名プロバイダの1つです。

独自の特典が充実しており、これらに魅力を感じるならおすすめできます。

@niftyのメリット

@niftyのメリット
  • セキュリティ関連のサービスが充実
  • ノジマと提携したキャンペーンがある
  • Wi-Fiルータのプレゼントを選べる

@niftyでauひかりを契約する場合、多くのプロバイダが行っているキャッシュバックの他にもキャッシュバック+Wi-Fiルータプレゼントを選べます。

キャッシュバックを選んだ場合は30,000円ですが、Wi-Fiルータを選んだ場合は25,000円+Wi-Fiルータです。

auひかりの契約と同時にルータを購入しようと考えていた人にとってはお得な仕組みです。

ノジマとの提携キャンペーンの内容は、毎月1回ノジマの店頭で商品購入すると、購入金額が8%OFFになります。

@niftyは365日サポートなど、サポート体制も万全なので安心して使いたい人も必見です。

これらに魅力を感じる人は、ぜひ検討してみてください。

@niftyのデメリット

@niftyのデメリット
  • キャッシュバックの受け取りが複雑
  • 特徴的なサービスがない

@niftyのキャッシュバックは、12ヶ月目に半額が、24ヶ月目に残額が振り込まれます。

それぞれ前月に手続きしないと受け取れないので、忘れやすいのがデメリットです。

キャッシュバックを重視して選んだ人は、受け取り忘れないように注意してください。

また、@niftyならではのサービスは少ないので、こちらもデメリットの1つです。

回線品質などはほかのプロバイダと変わりません。

6位: @T COM

@T COMのauひかり

画像引用元:auひかり | @T COM(アットティーコム)接続サービス

名称@T COM
ホーム1G対応
ホーム5G/10G対応
マンション一部のタイプに非対応
メールアドレス数1
メールボックス容量無制限
セキュリティ
サービス
539円/月
ノートンオンラインサービス
オンライン
サポート
550円/月
FOR YOU
出張サポート7,480円
かけつけ設定サポート

@T COMはフレッツ光のプロバイダや光コラボなど、さまざまな接続サービスを提供している事業者です。

auひかりのプロバイダも提供しており、1G/5G/10Gの全てに対応しています。

auひかりを検討している人なら、誰でも加入できるので選択肢の1つです。

@T COMのメリット

@T COMのメリット
  • 独自キャッシュバックが高額(50,000円)
  • キャッシュバックの受け取りが比較的容易
  • オプションもお得に利用できる

@T COMでauひかりを契約すると、KDDIのキャンペーンに加えて50,000円の独自キャッシュバックを受け取れます。

このキャッシュバックは契約月の7ヶ月後に受け取れるので、2回に分けてキャッシュバックされる事業者より忘れにくいのもメリットです。

auひかり電話やauひかりTVなどのオプションサービスにも無料期間があり、お得なのでぜひチェックしてみてください。

@T COMのデメリット

@T COMのデメリット
  • マンションタイプの一部に非対応

@T COMはマンションタイプの一部(タイプG/タイプF/マンションギガ)には対応していません。

特に、マンションギガはマンションタイプで主流のサービスなので居住中のマンションの対応状況を確認してから申し込んでください。

非対応のタイプが導入されているマンションに居住している人は、別のプロバイダを選びましょう。

7位: DTI

DTIのauひかり

画像引用元:auひかり|光ファイバー|接続サービス:ユビキタスプロバイダ DTI

名称DTI
ホーム1G対応
ホーム5G/10G対応
マンション一部のタイプに非対応
メールアドレス数1
メールボックス容量5GB
セキュリティ
サービス
提供なし
オンライン
サポート
無料
SiLK Touch
出張サポート7,480円
かけつけ設定サポート

DTIも老舗プロバイダの1つで、安心して利用できます。

フレッツ光、光コラボ、ドコモ光、auひかりを提供しているため、使っている人もいるのではないでしょうか?

すでに別サービスでDTIを使っている人がauひかりに乗り換えるときにもおすすめです。

DTIのメリット

DTIのメリット
  • 初月無料で利用できる

DTIでauひかりを契約すると、キャッシュバックを受け取りつつ初月無料で利用できます。

お得に利用したいと考えているなら、ぜひ検討してみてください。

老舗プロバイダなのでサポートにも問題がなく、安心感を重視する人にもおすすめです。

DTIのデメリット

DTIのデメリット
  • マンションタイプの一部に非対応
  • セキュリティサービスを提供していない

前述した@T COMと同様に、マンションタイプの一部に対応していないのがデメリットです。

自分のマンションが非対応プランになっている場合は、別のプロバイダを選びましょう。

セキュリティサービスも提供していないため、必要とする人は別途用意しなければなりません。

8位: ASAHIネット

ASAHIネットのauひかり

画像引用元:auひかり|プロバイダ・インターネット接続は【ASAHIネット】

名称ASAHIネット
ホーム1G対応
ホーム5G/10G非対応
マンション対応
メールアドレス数1
メールボックス容量5GB
セキュリティ
サービス
550円/月
マカフィー・セキュリティスイート
オンライン
サポート
提供なし
出張サポート7,480円
かけつけ設定サポート

ASAHIネットを検討しているユーザーは致命的なデメリットがあるので注意してください。

ここで詳しく解説するので、きちんとチェックしてから契約するのがおすすめです。

ASAHIネットのメリット

ASAHIネットのメリット
  • 初月無料で利用できる

ASAHIネットもDTIと同様に初月の利用料金が無料になります。

もちろんキャッシュバックもあるので、イニシャルコストを抑えたいと考えている人は必見です。

ASAHIネットのデメリット

ASAHIネットのデメリット
  • 5G/10Gプランに非対応
  • リモートサポートを提供していない

ASAHIネットは唯一、5G/10Gのプランに対応していないプロバイダです。

こちらは致命的なデメリットなので、契約を検討している人は十分に注意してください。

1Gで契約する予定でも、エリア拡大などで5G/10Gに切り替えたくなったときに解約して再契約する必要があります。

ASAHIネットにこだわりがない限り、別のプロバイダを選ぶのがおすすめです。

auひかりのプロバイダとは

auひかりのプロバイダについて簡単に解説します。

auひかりにおいて、プロバイダの役割は以下の通りです。

プロバイダの役割
  • 接続サービスを提供する(IPアドレスの発行など)
  • オプションサービスを提供する
  • 不具合発生時などにサポートする

フレッツ光やドコモ光など、プロバイダが果たす役割はほかの光回線と同様です。

プロバイダによって提供するサービスの内容や通信品質が異なる可能性があるので、しっかり比較・検討して選びましょう。

auひかりのプロバイダの選び方

auひかり

画像引用元:インターネット回線 | au

auひかりはプロバイダの変更に対応しておらず、変更する場合は一旦解約して再契約する必要があります。

そのため、契約時には後悔しないようにしっかり考えて選ぶのがおすすめです。

プロバイダを選ぶときのポイントを解説します。

対応状況で選ぶ

プロバイダによっては、一部のプランに対応していないところがあります。

マンションタイプの一部に対応していないプロバイダや、5G/10Gプランに対応していないところがあるので注意してください。

プロバイダを選ぶときは、自分が使いたいプランに対応しているかどうかを最初にチェックしましょう。

キャッシュバック・割引が大きいところを選ぶ

auひかりはキャッシュバックや月額料金の割引、オプション料金の割引を積極的に行っています。

光回線は工事費などのイニシャルコストがかかるので、お得に契約したいならキャッシュバックや割引に注目するのがおすすめです。

オプションサービスの充実度で選ぶ

セキュリティやサポートなどを重視する人は、オプションサービスに注目しましょう。

必要なオプションサービスを提供していることを確認してから契約してください。

auひかり電話などの基本的なオプションはどこのプロバイダでも提供しています。

なお、固定IPは全てのプロバイダで提供していません。

auひかりキャッシュバックキャンペーン比較!高くて早くもらえるのは!?

プロバイダによってauひかりの料金は変わる?

auひかりでは、複数社の中からプロバイダを選択することになります。

そうなるとまず気になるのは、どのプロバイダが一番安いのかでしょう。

結論としては、どのプロバイダを選んでも月額料金は同じです。

auひかりでは、回線とプロバイダの利用料金は毎月まとめて請求されます。

ユーザー視点では、あくまで「auひかりに支払っている」という印象になるので、プロバイダとの関わりを意識する機会は少ないでしょう。

auひかりの一戸建てでの月額料金は下記の通りです。

プロバイダによってauひかりの通信速度は変わる?

どのプロバイダでも料金は一緒となると、次に気になるのが通信速度ですよね。

auひかりではプロバイダによって、通信速度が変わることはあるのでしょうか。

これも結論としては、どのプロバイダを選んでも通信速度は変わりません。

auひかりが公表している理論値は、どのプロバイダも一緒です。

地域や混雑具合によって変わることはある

通信速度は基地局との距離や利用者の数、建物との相性など、いくつもの要因が絡み合って決まるものです。

そのためどのプロバイダでも、特定の地域や時間帯によって遅くなることはあります。

インターネットの口コミサイトなどには、「○○は速い or 遅い」といった感想がたくさん書き込まれています。

しかし、これらはあくまで感想を書き込んでいる人の環境での話にすぎません。

好みのプロバイダでauひかりを快適・お得・便利に使おう!

auひかりを契約するときは、8つのプロバイダから好みに応じて選べます。

それぞれに特徴やメリット・デメリットがあるので、チェックしてから契約しましょう。

auひかりのプロバイダの選び方
  • 対応プランで選ぶ
  • キャッシュバックや割引などのお得さで選ぶ
  • 必要なオプションを提供しているところを選ぶ

今回チェックしたプロバイダランキングを振り返ると以下の通りです。

何を重視するかによって、おすすめのプロバイダは人によって異なります。

今回紹介したポイントを一通りチェックし、好みのところを選んでください。

自分の使い方に合ったところを選べば、快適にauひかりを使えます。

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。