au『2年契約』『2年契約N』とは?違いやメリット・デメリットを解説

  • 2022年11月16日
  • by.morino

AQUOS sense7

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、auの割引サービス『2年契約』と『2年契約N』の違いについて解説します。

auをはじめキャリアの料金プランはさまざまな割引があるため、複雑に感じる方も多いのではないでしょうか。

今回紹介する2つの割引は名前が似ていることもあり、違いがよくわからないという方が非常に多い割引です。

auの月額料金を見直したい方は、この記事を参考に2年契約・2年契約Nの内容と違いを確認してください。

au『2年契約』『2年契約N』のまとめ
  • 2年契約・2年契約N共に2年縛り
  • 2年契約
    主に4G LTEの旧プラン向け割引
    月額料金が1,650円引き
  • 2年契約N
    契約解除料の撤廃直前の4G・5Gプラン向け割引
    月額料金が187円引き
  • 2022年4月以降は契約解除料なし&割引は継続
  • 旧プラン用の割引のため最新プランへの適用不可
  • 新規受付は終了
  • 割引対象の料金プランより最新プラン・格安SIMの方がお得に使える

※本記事の価格はすべて総額表記

au『2年契約』とは

iPhone11-Pro-グリップ

『2年契約』は、auの旧4G LTEプラン用の月額料金割引サービスです。

2019年12月25日をもって新規受付が終了しました。

名称の通り2年縛りの契約で、対象プランの月額料金から1,650円を割引、年間19,800円割引とかなりお得な割引です。

また、従来は途中解約の契約解除料が10,450円(au継続11年以上で3,300円)でしたが、2022年4月1日からは契約解除料が撤廃されました。

契約解除料がなくなってからも月額料金割引は継続しているため、現在対象プランを利用中の方は損をしているわけではありません。

『2年契約』の対象機種と対象料金プランは次の通りです。

※対象料金プランは全て新規受付を終了しています。

2年契約の対象機種
  • スマートフォン(4G LTE)
  • iPhone
  • ケータイ(4G LTE)
  • WiMAX2+データ通信端末
  • +WiMAXデータ通信端末
  • 4G LTEタブレット
  • iPad
  • 4G LTE対応PC
2年契約の対象料金プラン
  • スーパーカケホ
  • カケホ
  • スーパーカケホ(a)
  • auピタットプラン
  • auフラットプラン30
  • auフラットプラン5(学割専用)
  • 新auピタットプラン
  • auピタットプラン(s)
  • auフラットプラン7プラス
  • auデータMAXプラン
  • auフラットプラン20
  • auフラットプラン25 Netflixパック
  • スーパーカケホ(ケータイ)
  • カケホ(ケータイ)

今利用しているauスマホが3〜4年目で、途中でプラン変更していない方の多くは上記の料金プランを利用しているはずです。

現在は契約解除料が撤廃されているため、新しい端末への機種変更でも他社への乗り換えでも気軽に手続きできます。

ただし、『2年契約』も対象料金プランも新規受付を終了しているため、機種変更・プラン変更をすると2度と元には戻せないことに十分注意してください。

『2年契約』を利用した旧プランと最新プランの料金比較

ここで、2年契約の頃の料金プランと現行プランの月額料金を比較してみましょう。

現在auの料金プランはデータ量無制限の「使い放題MAX」が主流で、あまりデータ量を利用しない方は、povoやUQモバイルに乗り換えて月額料金抑える傾向にあります。

一方で、2年契約の対象プランの頃は、段階制定額の「auピタットプラン」を利用する方が大多数を占めていました。

旧プランと最新プランの比較

料金プラン月額料金データ量
auピタットプラン3,828円
〜8,228円
0GB〜20GB
ピタットプラン 5G/4G3,465円
〜6,765円
0GB〜7GB
使い放題MAX 5G/4G7,278円無制限
くりこしプランS +5G
(UQモバイル)
1,628円3GB
(13ヶ月間無料で+2GB)
データ追加3GB(30日間)
(povo2.0)
990円3GB

2年契約の旧プランと最新プランを比較すると、基本的に最新プランやUQモバイル・povo2.0を利用した方が安くなることがわかります。

利用するデータ量が少ない場合はUQモバイルやpovo2.0が非常に安く、旧プランのまま利用し続けるより乗り換えた方がいいでしょう。

逆に毎月5GB以上利用する場合、旧プランはコスパが非常に悪くなります。

auの最新プラン「使い放題MAX」にプラン変更すれば、データ量無制限になり、さらに旧プランで5GB以上利用するよりお手頃価格です。

総じて、2年契約の頃のプランを使い続けている方は、早めに最新プランへの変更、または格安SIMや格安プランへの変更を検討してください。

2年契約の特徴
  • 2年縛りの割引
  • 月額料金が1,650円値引きされる
  • 旧料金プランが対象
  • 最新プランや格安SIM・格安プランに変更した方がお得

au『2年契約N』とは

auショップ
『2年契約N』は、2019年10月に開始された料金プランを対象とした割引サービスです。

※2022年3月31日をもって新規受付を終了しました。

その名の通りいわゆる2年縛りの割引で、月額料金が常時187円値引きされます。

2年契約など他の割引と比較すると値引率は決して大きくありませんが、年間2,244円割引と、1年を通してみるとそこそこ割引されます。

また、割引サービス開始当初は途中解約の契約解除料が1,100円必要でしたが、2022年4月1日以降は契約解除料が撤廃されました。

現在は割引のみ受けられて、いつでも負担なく解約可能です。

『2年契約N』の対象端末と対象料金プランは以下の通りです。

※2つのプランを除き新規受付を終了しています。

2年契約Nの対象端末
  • スマートフォン(5G)
  • スマートフォン(4G LTE)
  • iPhone
  • タブレット(4G LTE)
  • ケータイ(4G LTE)
  • WiMAX 2+対応ルーター
2年契約Nの対象プラン
  • ピタットプラン 5G
  • ピタットプラン 5G(s)
  • ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
  • ピタットプラン 4G LTE(s)
  • 各種データMAX系プラン
  • タブレットプラン20
  • モバイルルータープラン 5G
  • モバイルルータープラン
  • ホームルータープラン
  • ルーターフラットプラン80

なお、ピタットプラン 5Gおよびピタットプラン 4G LTEは現在も新規受付中のプランですが、2年契約Nの新規受付は終了しています。

両プランをこれから契約する際は、au PAYカードお支払い割で2年契約Nと同等の割引となります。

データMAX 5Gなど最近のプランも割引対象となっているため、現在も2年契約Nを利用している方も多いのではないでしょうか。

『2年契約N』を利用した旧プランと最新プランの料金比較

ここで、2年契約Nの頃の料金プランと現行プランの月額料金を比較してみましょう。

2年契約Nが開始された頃のメインプランは「データMAX」で、料金体系はほとんど最新プランに近いものとなっています。

あまりデータ量を使わない方はUQモバイルやpovoへ乗り換えていることが多く、auを継続している方の多くはたっぷりデータ量を消費しています。

以上のことを考慮して新旧プランを比較すると次の通りです。

旧プランと最新プランの比較

料金プラン月額料金データ量
データMAX 5G/4G LTE8,228円無制限
使い放題MAX 5G/4G7,278円無制限
くりこしプランL +5G
(UQモバイル)
3,828円25GB
(13ヶ月間無料で+5GB)
データ追加20GB(30日間)
(povo2.0)
2,700円20GB

2年契約Nの旧プランと最新プランを比較すると、データMAXを利用しているなら最新の「使い放題MAX」に変更した方が、月額1,000円も安く利用できます。

毎月たっぷりデータ量を消費している方は、My auで料金プランを変更しましょう。

一方で、データ量が20GB前後で足りる方は、UQモバイルやpovoに乗り換えるのがおすすめです。

サポートが必要ならUQモバイル、サポート不要ならpovoを選べば、今と同じ快適な通信のまま月額料金をグッと抑えられます。

2年契約Nの旧プランを現在も利用している方は、ぜひ最新プランや格安SIM・格安プランを検討してください。

2年契約Nの特徴
  • 2年縛りの割引
  • 月額料金が常時187円値引きされる
  • 少し前の料金プランが対象
  • ピタットプラン5G/4Gはau PAYカードお支払い割で代替
  • データMAXは最新プランの使い放題MAXに変更した方がお得
  • 20GB前後のデータ消費ならUQモバイル・povoがおすすめ

au『2年契約』『2年契約N』の違い

iPhone12シリーズの色

ここで、『2年契約』と『2年契約N』の違いも確認しておきましょう。

どちらも名前が似通っている2年縛りの割引サービスですが、対象プランなど細かな部分が異なります。

項目2年契約2年契約N
契約期間2年2年
対象プラン
(一部抜粋)
auピタットプラン
auフラットプラン30
新auピタットプラン
auデータMAXプラン
auフラットプラン20
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE
データMAX 5G
データMAX 4G
割引額1,650円187円
契約解除料10,450円
※現在は無料"
1,100円
※現在は無料"
受付終了日2019年12月25日2022年3月31日

『2年契約』と『2年契約N』は対象プランと割引額が異なる

『2年契約』『2年契約N』では、割引対象となる料金プランと、割引される月額料金が異なります。

2年契約は5Gが登場する前の割引で、さらに総務省の規制も緩かったため割引額が月々1,650円と高額になっています。

2年縛りの有無で年間約2万円ほどの料金差が生まれるため、多くの方は2年契約を利用していました。

ただ、契約解除料も10,450円と高額なため、なかなか他社への乗り換えができないデメリットもありました。

一方で、2年契約Nは5Gプランも対象の割引で、キャリアのユーザー囲い込みに対する規制が強まった時期に登場しました。

割引額が月々187円と控えめな代わりに契約解除料も1,100円と安いため、以前より気軽に乗り換え可能になることを売りにしています。

2022年11月現在、契約解除料は撤廃されているので、『2年契約』『2年契約N』は単純に対象プラン・割引額だけが異なると捉えていいでしょう。

『2年契約』も『2年契約N』も新規受付終了

2022年11月現在、『2年契約』『2年契約N』は、どちらの割引もすでに新規受付を終了し、受付していた当時から同じ料金プランを継続利用している方のみ利用できる状態です。

また、対象となる料金プランも新規受付は終了しています。

そのため、1度でも最新プランへプラン変更すると、2度と『2年契約』『2年契約N』は利用できません。

とはいえ、先に解説した通り、多くの方は最新プランやUQモバイルなどの格安SIMを利用した方がお得です。

au『2年契約』『2年契約N』のメリット

メリット

auの『2年契約』『2年契約N』のメリットは、以下の通りです。

au『2年契約』『2年契約N』のメリット
  • いつでも無料で解約・プラン変更可能
  • 対象プランを継続していれば割引が継続

いつでも無料で解約・プラン変更可能

auの『2年契約』と『2年契約N』は、2年縛りをすることで月額料金を割引するサービスです。

そのため、いずれも途中解約に契約解除料が発生していました。

しかし、総務省のガイドライン変更に伴い、2022年3月31日をもって契約解除料が撤廃されています。

つまり、現時点ではいつ解約やプラン変更してもOKということです。

対象プランを継続していれば割引が継続

『2年契約』も『2年契約N』も契約解除料が無料になっていますが、対象プランの月額料金割引は継続しています。

今後も割引自体が終了するというアナウンスはないので、今後も同じ料金プランを続ける限り割引も継続すると見ていいでしょう。

au『2年契約』『2年契約N』のデメリット

デメリット

auの『2年契約』『2年契約N』のデメリットは、以下の通りです。

au『2年契約N』のデメリット
  • 1度でも解約・プラン変更すると元に戻せない
  • プラン自体の料金体系が変わり今となっては高い

1度でも解約・プラン変更すると元に戻せない

『2年契約』は2019年12月25日、『2年契約N』は2022年3月31日に新規受付を終了した割引サービスです。

割引対象となる料金プランも新規受付を終了しているため、1度でもプラン変更やauの解約をすると2度と利用できません。

基本的に最新の料金プランの方がお得に使えるため問題ないでしょうが、プラン変更や解約する際は元に戻せないことは忘れないようにしましょう。

プラン自体の料金体系が変わり今となっては高い

『2年契約』も『2年契約N』も、対象となる料金プランを毎月安くしてくれます。

特に『2年契約』は月々1,650円も割引があるため、割引サービス単体でのお得感が非常に高い割引です。

しかし、各割引内容の解説でも触れた通り、最新の料金プラン自体が安価な価格設定となっています。

割引後の月額料金を見ると、『2年契約』『2年契約N』適用後の対象プランの料金は、現行プランより高額です。

「最新プランはほとんど割引がない」と思ってプラン変更をしないでいると、結果的に損してしまうということですね。

現時点で『2年契約』『2年契約N』の対象プランを利用中の方は、ぜひ使い方に合わせてauの『使い放題MAX』やUQモバイル、povoも検討してください。

『2年契約』『2年契約N』の対象プランはプラン変更・乗り換え推奨!

au料金プラン

画像引用元:料金・割引 | スマートフォン・携帯電話 | au

今回は、auの割引サービス『2年契約』『2年契約N』について解説しました。

au『2年契約N』のまとめ
  • 2年契約・2年契約N共に2年縛り
  • 2年契約
    主に4G LTEの旧プラン向け割引
    月額料金が1,650円引き
  • 2年契約N
    契約解除料の撤廃直前の4G・5Gプラン向け割引
    月額料金が187円引き
  • 2022年4月以降は契約解除料なし&割引は継続
  • 旧プラン用の割引のため最新プランへの適用不可
  • 新規受付は終了
  • 割引対象の料金プランより最新プラン・格安SIMの方がお得に使える

『2年契約』も『2年契約N』も、2年縛りで月額料金が安くなる割引サービスです。

ただし、どちらの割引も新規受付を終了しているため、これから契約することはできません。

また、最新料金プランは全体的にお得度が高くなったことで、『2年契約』『2年契約N』の対象プランはプラン変更・乗り換え推奨となっています。

現時点で『2年契約』『2年契約N』を利用している方は、ぜひ他の料金プラン・他社への乗り換えを検討してください。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴10年目のフリーランスライター。パソコン・スマホ・格安SIM・サブカルなどの書籍・オウンドメディア・コラムを執筆。iPhone歴はiPhone 3Gから、Android歴はNexus 5からスタート。iPhoneやスマホアプリの可能性に惹かれてこの道に入ったと言っても過言でないほど、スマホ大好き人間。
au公式サイトを見る