【iPhone 11 Pro VS Pixel 4 】徹底比較|どっちが買いか?その理由

  • 2019年10月28日
  • by 
【iPhone 11 Pro VS Pixel 4 】徹底比較|どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「iPhone 11 Pro」が2019年9月に発売となり、カメラ性能が高いということでかなり話題になりました。

そして10月24日に、カメラ性能に定評のあるGoogleのPixelシリーズから新しいモデル「Pixel 4」が発売されました。

Pixel 4もiPhone 11 Proと同じく高スペック仕様のスマホですが、一体どちらを購入するべきなのでしょうか?

iPhone 11 ProとPixel 4はどっちがおすすめ?
  • スペックが全体的に高いのはiPhone 11 Pro
  • カメラ性能に定評のあるPixelシリーズなので、カメラ性能はPixel 4の方が良いかも
  • 機種代金がリーズナブルなのはPixel 4

今回は、iPhone 11 ProとPixel 4のスペックや特長を徹底的に比較してみました。

また、どちらのスマホが買いなのかについても言及するので、是非参考にしてください。

トップ画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhone 11 Proのスペック・特長

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhone 11 Proのスペック表は下記の通りです。

項目iPhone 11 Pro
ROM容量64GB256GB512GB
価格
(Apple Store)
106,800円122,800円144,800円
カラーゴールド
スペースグレイ
シルバー
ミッドナイトグリーン
サイズ・重さ144.0×71.4×8.1mm
188g
ディスプレイ5.8 Super Retina XDRディスプレイ
コントラスト比2,000,000:1
防沫性能、耐水性能、防塵性能◎(最大水深4mで最大30分間)
チップA13 bionic
カメラ(背面)トリプル1,200万画素カメラ
・超広角(f値2.4、120°)
・広角(f値1.8)
・望遠(f値2.0)
2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
10倍のデジタルズーム
ボケ効果と深度コントロールが使えるポートレート
6つのエフェクトが使えるポートレート
ナイトモード
カメラ(前面)・1200万画素
・f値2.2
・ボケ効果と深度コントロールができるポートレート
・6つのエフェクト
・4Kビデオ撮影・スローモーションに対応
ビデオ・4Kビデオ撮影(24fps、30fps、60fps)
・1080p HDビデオ撮影(30fps、60fps)
・720p HDビデオ撮影(30fps)
・ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大60fps)
・ビデオの光学式手ぶれ補正(広角)
・映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
・2倍の光学ズームイン
・2倍の光学ズームアウト
・6倍のデジタルズーム
Face ID
Apple Pay
販売キャリアドコモ公式ショップ
au公式ショップ
ソフトバンク公式ショップ

iPhone 11 Proは、2019年9月に発売になったiPhoneの最新モデルです。

iPhone 11 Proは、同時期に発売されたiPhone 11の上位モデルとして発売されました。

iPhone初のトリプルカメラ搭載

iPhone 11 Proは、iPhoneで初めてトリプルカメラが搭載されたiPhoneです。

  • 超広角
  • 広角
  • 望遠

の3つのカメラが搭載されており、最大120°までのワイドな写真を撮影することができます。

2倍の光学ズームも搭載されているので、2倍までは画質を変えることなくズームイン・ズームアウトが可能です。

6つのエフェクトも搭載されており、写真に合わせてエフェクトを加えることでまた雰囲気の違った写真に仕上げることができます。

夜景も綺麗に撮影できるようになった

iPhone 11 Proでは、光源の少ない暗がりの部屋や夜景、イルミネーションの撮影もしやすくなりました。

ナイトモードと呼ばれる新たな機能によって、黒潰れしやすい暗い場所の写真も明るく、細部まではっきりと鮮明に写るようになりました。

これまでiPhoneで夜景の写真を諦めていた人も、iPhone 11 Proであればクオリティの高い夜景やイルミネーションの写真を撮ることができるようになります。

iPhone 11シリーズにナイトモード搭載|暗い所でも明るい写真が撮れる新機能

モノクロエフェクトが加わったポートレート

iPhone 11 Proには、ポートレートと呼ばれる背景をぼかす撮影方法もあります。

iPhone 7 Plusから始まったポートレートモードですが、iPhone 11 Proではよりその性能がアップしました。

背景にモノクロのエフェクトを加えるポートレートにより、さらに被写体の色が際立ち鮮明でシャープな仕上がりにできます。

インスタグラムなどのSNSでポートレート写真をアップしている人も多いのではないでしょうか。

iPhone 11 Proでより高クオリティなポートレートが撮れます。

アプリもゲームもサクサク!A13 bionicチップ搭載

iPhone 11 ProにはA13 bionicチップが搭載されています。

iPhone向けのチップの中では、A13 bionicが最新であり、これまでのチップとは比べ物にならない程にパワーアップしているといいます。

特に、アプリやゲームの処理速度に関してはA12 bionicチップよりもさらにアップしており、3Dグラフィックの美麗な映像を使っているスマホゲームもサクサクと快適にプレイすることができます。

一度にたくさんのアプリを利用したり、容量の大きなスマホゲームをプレイする人におすすめです。

水深4mで最大30分間耐えられる防水耐性

スペックの高さだけでなく、防水や防塵などスマホの丈夫さにも定評があります。

iPhone 11 Proは防水耐性が優れており、水深4mで最大30分間耐えることができます。

そのため、水周りの仕事中にiPhone 11 Proを操作したり、雨が降っている中でも安心して使うことができます。

iPhone 11 Proの特徴
  • iPhone初のトリプルカメラ
  • ナイトモード搭載で夜景も綺麗に
  • モノクロエフェクトが加わったポートレート
  • アプリもゲームもサクサク操作できるA13 bionicチップ
  • 強い防水耐性
【iPhone 11 Pro VS iPhone 11】違いを徹底比較!どっちが買いか?

次の章では、Pixel 4のスペックと特長について詳しく解説します。

Pixel 4のスペックと特長

トップ画像引用元:Google Pixel 4 – Google ストア

Pixel 4のスペック表は下記の通りです。

項目Pixel 4
ROM容量64GB128GB
ソフトバンク価格87,840円101,760円
Googleストア価格89,980円103,950円
画面サイズ5.7インチ
サイズ・重量68.8×147.1×8.2mm
162g
バッテリー容量2,800mAh
カラーバリエーションジャストブラック
クリアリーホワイト
オレンジ(限定エディション)
OSAndroid 10
RAM容量6GB
CPUQualcomm Snapdragon 855
メインカメラ1,220万画素(メイン)+1,600万画素(望遠)
インカメラ800万画素
生体認証顔認証
防水防塵
キャリアSIMフリー
ソフトバンク

Pixel 4はGoogleの純正モデルであるPixelシリーズの最新モデルで、2019年10月24日に発売となりました。

Pixel 4が発売|価格やスペック、キャンペーンなどの情報まとめ

顔認証対応

これまでPixelシリーズは指紋認証に対応してきました。

Pixel 4からは「顔認証」に対応することになり、カメラで顔を認証して画面ロックの解除やスマホ決済ができるようになりました。

ただし、顔認証に対応できるようになったことで、指紋認証がなくなってしまったのが若干のデメリットかと思われます。

指紋認証を使い続けたかった人にとっては、少し不便かもしれません。

RAM6GB・Snapdragon 855の超高性能スペック

RAMの容量は6GBあります。

一般的なスペックのスマホのRAMは3GB~4GB程度で、ハイスペックスマホになると6GB~8GB程度です。

つまり、Pixel 4はハイスペックスマホの部類に入るスマホだということです。

さらに、Snapdragon 855という2019年現在でハイスペックなCPUを搭載しているので、容量の大きなアプリはもちろんゲームもサクサク操作することができます。

夜景モードがさらに進化したデュアルレンズのカメラ

Pixel 3の時点で夜景モードと呼ばれる、光量の少ない場所での撮影モードが搭載されていました。

Pixel 4になってから、その夜景モードもさらに進化をしています。

これまでよりも暗い場所の撮影で、細部まで鮮明な写真が撮れるようになりました。

暗い部屋はもちろん、夜景やイルミネーションなどぼやけやすい被写体にもぴったりです。

天体写真も撮れる

さらに暗い場所の写真も鮮明に撮れるようになったPixel 4の「夜景モード」。

その夜景モードは、何と天体写真も撮れるようになりました。

通常、スマホで夜空を撮影しようとしても光量が足りず、わずかな星の光を捉えることができません。

実際には満点の星空でも、星一つない真っ暗な写真になってしまうのです。

しかし、Pixel 4の夜景モードなら天体写真も鮮明に撮れます。自分のスマホで天の川が撮れるというのもすごいですよね。

ポートレートもより簡単にデジタル一眼レフ並の仕上がりに

ポートレートのクオリティも非常に高いといわれています。

背景をぼかし、より被写体にフォーカスすることでクオリティの高いポートレート写真が簡単に撮影できます。

それこそ、デジタル一眼レフ並の仕上がりだといわれています。

普段からポートレートを愛用している人にもおすすめのスマホだといえるでしょう。

Pixel 4の特長
  • 顔認証が搭載された
  • RAM6GB・Snapdragon 855の超高性能スペック
  • 夜景モードがさらに進化!天体写真も撮れる
  • ポートレートもより簡単にプロ並の仕上がりにできるようになった

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 11 ProとPixel 4を比較│どっちが買い?

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – 仕様 – Apple(日本)

では、

  • iPhone 11 Pro
  • Pixel 4

どちらを購入するべきなのでしょうか。

それぞれの特長やスペックを比較してみました。

これまでカメラ性能に定評があったのはPixelシリーズ

iPhone 11 Proは、発売当初から「カメラ性能がすごい」と話題になり、多くの人がiPhone 11 Proで撮影した写真をSNSにアップしていました。

一方で、これまでカメラ性能に定評があったのはPixelシリーズも同じです。

Pixelシリーズは他のハイエンドスマホよりもカメラ性能が高いといわれており、早い段階から夜景モードのような機能が搭載されてきました。

コストがリーズナブルなのはPixel 4

iPhone 11シリーズになってから若干機種代金が安くなりましたが、それでもiPhone=高いというイメージは健在です。

一方で、Pixel 4はiPhone 11 Proに比べて非常にリーズナブルです。

最新CPUを搭載しRAM6GBの高スペックスマホでありながら、64GBモデルであれば80,000円台で購入することができます。

そのため、高性能でなるべくコストを抑えたいということであれば、iPhone 11 ProよりもPixel 4の方がおすすめです。

安定して長く使えるスペックを備えているのはiPhone 11 Pro

iPhoneは、内部の部品の製造開発・OSの開発まで全て自社で行っています。

また、iPhoneシリーズ通じて一貫性があり、モデルの新旧に拘わらず長く安定したスペックで使えるといわれています。

格安SIMでは数世代前のiPhone 6sやiPhone 7がまだ発売されており、多くの人が購入して支障なく利用しています。

このように、長く安定したスペックで使えるという点では、iPhone 11 Proの方が優れているといえます。

AndroidかiOSかで選ぶのもおすすめ

iPhone 11 ProはiOS、Pixel 4はAndroidです。

搭載されているOSが異なり、スマホの見た目はもちろん操作も異なります。

とは言っても、例えばアメリカ人と日本人のように同じ人間で見た目や使っている言葉が違う程度なので、そこまで大きな違いはありません。

iOSを搭載しているiPhoneは操作性が非常にシンプルで、わかりやすいといわれています。

一方で、Androidはカスタマイズ性が非常に強く、自分の好きなようにアプリやウィジェットの配置や編集ができるようになります。

どちらのOSが自分に合っているかどうかで判断するのも良いかもしれません。

コスパが良いのはPixel 4!全体的に安定したスペックで使えるのはiPhone 11 Pro

アイフォンイレブン

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

最後に、iPhone 11 ProとPixel 4を比較した結果についてまとめます。

iPhone 11 ProとPixel 4を比較した結果
  • これまでカメラ性能に定評があったのはPixel 4なので、カメラ重視ならPixel 4の方が良いかも
  • コストが安いのはPixel 4
  • 長く使える安定したスペックがあるのはiPhone 11 Pro
  • 搭載されているOSで選ぶのも良い

iPhone 11 ProとPixel 4は2019年秋発売のスマホだという点と、高スペックでカメラ性能が優秀であるという点が共通点です。

搭載されているOSや機種代金は大きく異なりますが、どちらもカメラ性能に特化した優秀なスマホであることは間違いありません。

また、Googleの純正モデルとAppleの純正モデルという対の関係であることも、iPhone 11 ProとPixel 4の特長です。

カメラ性能に関しては、恐らくPixel 4の方が優れているかもしれませんし、コストもリーズナブルなのでカメラ重視・コスト重視の人におすすめです。

一方で、iPhone 11 Proは全体的に高性能だという点と、長く安定したスペックで使い続けられるという魅力があります。

自分にはどんなスマホが合っているのかを考え、是非次の機種変更や乗り換えに検討してみてはいかがでしょうか。

RAM6GB以上の高性能Androidスマホおすすめランキング【2020年最新版】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ