BIGLOBEモバイルの家族利用|容量を分け合えるシェアSIMがお得

  • 2018年12月26日
  • by.nsaori0520

2918d142e2593f7022f4d51d77f62c52

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

毎月の携帯料金が高いと感じている人が意外に多いようです。

同時に、契約している料金プランの通信容量だけでは足りずに、毎月追加している人も多いことでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、BIGLOBEモバイルのシェアSIMです。

家族間や複数端末でシェアSIMを利用することにより、これまでよりもリーズナブルな料金でスマートフォンライフを楽しめます。

BIGLOBEモバイルのシェアSIMの魅力をお伝えします。

トップ画像引用元:データ容量のシェアが月額200円からできるシェアSIM|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

1 家族や1人での複数台利用ならBIGLOBEのシェアSIMがおすすめ

画像引用元:データ容量のシェアが月額200円からできるシェアSIM|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのシェアSIMサービスを家族で利用するとかなりお得になります。

もちろん、1人で複数台のスマートフォンやタブレットを使う時でも、シェアSIMサービス利用で月額料金を節約することができます。

業界最安値とも言われる、お得なシェアプランのBIGLOBEモバイルシェアSIMの特徴は次の通りです。

BIGLOBEのシェアSIMの特徴
  • シェアSIMは通信容量を複数SIMでシェア
  • 家族でシェアSIMを利用すると1世帯あたりの月額料金を大幅に節約可能
  • 条件は主SIM契約者が3GB以上のプランでOK
  • 追加できるシェアSIMは最大で4枚まで
  • 追加SIM契約者でもMNP転入が可能
  • 追加SIM契約者もエンタメフリーオプションの利用が可能

それでは、BIGLOBEモバイルのシェアSIMの内容やメリットを詳しく見ていきましょう。

2 BIGLOBEのシェアSIMは便利でとってもお得

BIGLOBEモバイルのシェアSIMは、簡単に言うと「主SIM(主契約するSIM)で契約している容量を複数のシェアSIM(追加SIM)で分けあって使える」サービスです。

家族間でシェアするのが一般的ですが、中には1人のユーザーが複数のスマートフォンやタブレット、ゲーム機などでシェアする使い方もあります。

主SIMの契約容量が3GB以上からシェア可能で、最大4枚まで利用可能です。

例えば、4人家族のうちのお父さんが主SIMとして音声SIMの12GBの契約で、これを家族3人で分け合うと、それぞれ単独で契約するよりもかなり安くなります。

しかし、プランの組み方によっては単独の方が安くなることもあるので、必ずしもシェアSIMで安くなるとは限らないことを頭に入れておくべきです。

また、BIGLOBEモバイルには家族会員になることで、家族1人ずつの料金が毎月200円割引になるサービスもあります

ほとんどの場合、シェアSIMの方が安くなりますが、家族会員の方が安いという例外もあります。

いずれにせよ、BIGLOBEモバイルのシェアSIMサービスは業界最安値のサービスだと話題なので、一度チェックしてみる価値ありです。

それでは、BIGLOBEモバイルのシェアSIMの具体的な料金を見ていきましょう。

2-1 主SIMの料金プランと種別

シェアSIMサービスを利用する際の主SIM(主契約するSIM)の料金プランは、3GB以上から選べます。

料金プランの回線タイプには、NTTドコモ回線のタイプDとau4GLTE回線のタイプAがあり、どちらか好きなタイプを選べます。

また種別にはデータSIM、SMS機能付きデータSIM、音声通話SIMの3種類があり、種別と回線タイプ、容量ごとに月額が違います。

プラン音声通話SIM
(プランA・D)
SMS機能付きデータSIM
(プランA・D)
データSIM
(タイプD)
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円2,150円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円5,200円
30GB7,450円6,870円6,750円

2-2 BIGLOBEのシェアSIMの料金

主SIMに追加するシェアSIMの料金は、種別によって違います。

項目料金(月額)
データSIM200円
SMS機能付きデータSIM320円
音声通話SIM900円

また、シェアSIM1枚ごとに初期費用がかかります。初期費用は次の通りです。

  • 追加手数料 3,000円
  • 準備料 394円

追加手数料が少し高いので、契約前に頭に入れておきましょう。

2-3 シェア可能なSIMカードの種類

主SIMの種別によってシェアが可能なカードの種類が違います。

主SIMが音声通話SIMの場合

項目主SIMが音声通話SIM
データSIM可能
SMS機能付きデータSIM可能
音声通話SIM可能

※ただし、主SIMがau4GLTE回線のタイプAの場合、データSIM追加は不可。

主SIMがデータSIM(SMS機能付含む)の場合

項目主SIMがデータSIM(SMS機能付含む)
データSIM不可
SMS機能付きデータSIM可能
音声通話SIM可能

シェアSIMの主契約者が音声通話SIMを使っている場合は、全てのSIMカードが対応可能です。

しかし、SMS機能付きのデータSIMを使っている場合は、データSIMのシェアSIMが不可能です。

SMS機能付きのデータSIMとデータSIMのシェアは『不可』と覚えておきましょう。

BIGLOBEモバイルおすすめ最新スマホランキング【2018秋冬モデル】

次の章では、BIGLOBEのシェアSIMのメリットを詳しく説明します。

3 BIGLOBEのシェアSIMのメリット

BIGLOBEモバイルのSIMのメリットは大きく3つあります。

家族会員サービスによる家族割では、得られないメリットもあるので要チェックです。

3-1 月額料金が安くなってお得

BIGLOBEモバイルのSIMを使うことで、家族全員が単独で契約をするよりも月額料金が安くなります。

選ぶ料金プランによっては逆に高くなることもありますが、ほとんどの場合、リーズナブルな月額料金で利用することができます。

例えば、4人家族で比較してみます。

シェアSIM利用金額
主SIM 20GB5,200円
他の家族は音声SIM契約でシェア利用900円×3=2,700円
合計7,900円

主SIMを20GBプランの音声データSIMで契約し、他の3人は音声SIMを契約してデータ容量をシェアするとします。

4人で利用して月額7,900円となります。単純計算で1人5GBほど使えるので一般的な利用でしたら十分でしょう。

6GBプランをそれぞれ4人で契約金額
6GBプラン2,150円
4人で利用の合計8,600円

BIGLOBEモバイルには5GBプランがないので6GBプランで計算してみます。

単独で契約すると音声データSIMの6GBプランが月額2,150円で4人なので、8,600円となり、月額の差は700円です。

少ないように見えますが、1年で計算すると700円×12ヶ月で8,400円の差になります。

3-2 未成年でも音声通話SIM利用可能

BIGLOBEモバイルでは、18歳未満の未成年の音声通話SIMの契約ができません。

しかし、シェアSIMサービスの利用で主SIMが成人の場合は、追加のシェアSIMで未成年でも音声通話SIMの契約が可能です。

ただし、未成年の場合は6歳以上が対象となります。

3-4 エンタメフリーオプション利用可能

BIGLOBEのエンタメフリーオプションは、指定されているサイトやサービスを使う際の通信料が使い放題になるサービスです。

BIGLOBEモバイルの目玉と言っても過言ではないサービスをシェアSIMの中でも、オプションにて利用することができます。

エンタメフリーオプションの対象になっているサイトやサービスは、次の通りです。

  • YouTube
  • AppleMusic
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • GooglePlayMusic
  • AmazonMusic
  • radiko.jp
  • U-NEXT
  • YouTubeKids

シェアSIMで利用する場合のエンタメフリーオプションの料金は、通常と同じく月額480円で利用できます。

動画や音楽をオンラインで楽しむ場合、データ通信量がかなりかかってしまうので、エンタメフリーオプションは格安SIMの業界でも注目されているオプションサービスのひとつです。

BIGLOBEモバイル|格安SIMで上限気にせず動画見放題のエンタメフリーとは?

3-5 主契約者以外の名義でMNP転入可能

スマートフォンの契約を乗り換える時に電話番号をそのまま移せるMNP転入ですが、主SIM契約者以外の名義でも利用可能なのも、シェアSIMのメリットのひとつです。

このメリットは、他の格安SIM業者では提供されていないので、かなり貴重なサービスです。

例えば、シェアサービスプランを用意しているOCNモバイルONEやIIJmioでは、MNP転入での主SIM契約者以外の名義の契約が認められていません。

ただし、BIGLOBEモバイルで主SIM契約者以外の名義により、MNP転入をする場合は家族会員登録により家族IDの発行が必要です。

4 家族会員とシェアSIMの違い

BIGLOBEモバイルには、シェアSIMサービスの他に家族会員サービスもあり、家族割ができるサービスとして混同されがちです。

しかし、2つのサービスは微妙に内容が違います。

BIGLOBEモバイルのシェアSIMサービスと家族会員サービスの違いを、詳しく見ていきましょう。

4-1 家族会員サービスとは?

BIGLOBEモバイルの家族会員サービスは、家族のうちの1人が代表者となり、残りの家族が会員登録することで、代表者と紐付けて割引などを受けられるサービスです。

契約は個別となるので、家族1人ずつに対して請求が発生します。

代表者以外は月に200円の割引を受けることができます。

シェアSIMサービスのように代表者の通信容量のシェアはできず、それぞれに選択した料金プランの料金を毎月支払うシステムです。

シェアSIMサービスの場合は、代表者が解約してしまうと他の家族を解約しなければいけません。

しかし、家族会員サービスの場合は、個別に契約をしているので、代表者が解約しても残りの家族は、契約を継続することができます。

4-2 シェアSIMと家族会員の具体的な違い

シェアSIMと家族会員サービスの具体的な違いを、わかりやすくまとめました。

サービス名シェアSIM家族会員
選べるプラン3GB以上
(3GB・6GB・12GB・20GB・30GB)
全プラン
割引額シェアSIM人数、主SIMの通信容量、比較する対象プランによって変動代表者以外の家族会員は毎月200円割引
年齢制限6歳以上未成年は不可
人数制限シェアSIMは4枚まで家族会員登録は4人まで
サービス内容主SIMの通信容量を分け合う各々が別の契約プランで自分の通信容量を使う
MNP転入
・転出
各シェアSIMへのMNP転入、各シェアSIMからMNP転出が可能

主SIM契約者以外の名義でもMNP転入が可能
一人ずつの契約のため、それぞれが自由にMNP転入・転出できる
支払い
主SIM契約者がまとめて支払う
家族会員の代表者が
まとめて支払う
代表者が解約すると
シェアSIMが使えなくなる
主SIM者が解約する前にシェアSIM者も解約か、MNP転出が必要
200円の割引はなくなるが、同じプランで使い続けられる

同じようなサービスに思えますが、細かいところに違いがあるので、よくチェックしてから契約しましょう。

料金がお得かについても、選ぶ料金プランによってどちらがお得かが変わってくるので、実際に計算をしてから決めるのがおすすめです。

BIGLOBEモバイルの店舗とオンライン|それぞれでできること比較

次の章では、BIGLOBEのシェアSIMの条件と注意点を説明します。

5 BIGLOBEのシェアSIMの条件と注意点

BIGLOBEモバイルのシェアSIMサービスを利用するにはいくつかの条件があります。

また、注意点もあるので、しっかりチェックしておきましょう。

5-1 生計を共にしている家族が対象

シェアSIMは、誰でも追加できるわけではありません。主SIM契約者と生計を共にしている家族が対象になります。

生計を共にしていない独立した家族は、対象にならないので気をつけましょう。

例えば、血が繋がっていたとしても別の世帯で独立して暮らしている子供は対象になりません。

一緒に暮らしている配偶者や子供、祖父母などが対象となります。

シェアSIM追加は6歳以上が対象

追加するシェアSIM契約者は6歳以上が対象になります。

6歳以下の子供は、たとえ生計を共にしていたとしても対象にならないので気をつけましょう。

5-2 対応機種をチェックしておくこと

シェアSIMを追加する場合は対応機種のチェックが必要です。

シェアするSIMカードに対応している機種でなければ、使用することができません。

シェアSIMカードに対応している機種はBIGLOBEモバイルのホームページから検索できるので、契約前に確かめておきましょう。

メーカー名と対応SIMタイプで検索できるのでとても簡単で便利です。

動作確認端末 | BIGLOBEモバイル

5-3 絶対に安くなるわけではないので要注意

シェアSIMに加入すれば、絶対に毎月の料金が安くなるわけではありません。

よく似たサービスに家族会員がありますが、家族会員の方が安くなる場合もあります。

また、個別で通常通り契約している方が安い場合もあります。

どのサービスでお得になるかは、選ぶプランや通信容量、SIMカードの種別などで違ってきます

プランや通信容量が決まっているのであれば、契約前にある程度で構わないので、計算をして比較しておくことをおすすめします。

6 BIGLOBEのシェアSIMの申し込み方法

シェアSIMの申し込みはBIGLOBEモバイルのマイページから行います。

申し込みの手順を簡単に説明します。

  1. BIGLOBEモバイルの公式サイトから会員専用のマイページへ
  2. 「モバイル契約の詳細」をクリック
  3. 「シェアSIMカード数 0枚」記載の「追加する」の項目をクリック
  4. 「このIDに追加する」or「新たに家族会員IDを取得して追加」を選択、家族利用の場合は「このIDに追加する」をクリック
  5. 音声通話SIMからSMS機能付きデータSIM、データSIMの3種類の種別から該当するSIMカードを選択
  6. シェアSIMを追加する契約者の本人確認書類をアップロード
  7. 「SIMのみ」or「SIM+端末」のうち、該当するものを選んでクリック
  8. 対応機種にした適用したSIMカードのサイズを「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類から選択
  9. 住所変更の有無を選択
  10. 「規約に同意して進む」をチェック、「確認画面へ」で申し込み内容を確認
  11. 確認した後に「申し込みを確定」をクリック

以上で申込み完了となります。

BIGLOBEモバイルのシェアSIMの申し込みは、5分程度で終わります。

パソコンやスマートフォンからマイページにアクセスすれば、簡単に申し込みができるので、便利です。

主SIMを新規で契約してからシェアSIMを申し込む場合、1枚目の主SIMカードが届いてから2日後程度より、シェアSIMの申し込みが可能です。

7 家族割したいならBIGLOBEのシェアSIMがおすすめ

格安SIMや携帯会社の料金プランには家族割がありますが、BIGLOBEモバイルには家族割がありません。

その代わりにお得な『BIGLOBE シェアSIM』が用意されています

シェアSIMを賢く利用すれば1世帯あたりのスマートフォンの利用料金や通信費用を節約することができます。毎月の料金もまとめて支払えるので便利です。

家族利用だけではなく、1人で複数の端末を繋ぎたい場合も、シェアSIMが最適でリーズナブルな料金でインターネットやゲームを楽しむことができます。

格安SIM業界でもメリットが多いと話題のBIGLOBEモバイルのシェアSIMの魅力を知った上で、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

格安SIMで音声通話を含めた月額料金比較|最安のMVNOはどこ?

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ