Booklive!とebookjapanはどっちがいい?|画質や安さなどを比較

この記事では、Booklive!とebookjapanはどっちがいのかについて13項目に分けて比較しています。品揃えや無料作品数、月額料金など気になる項目が沢山です。この二つの電子書籍サービスで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。
  • 2022年6月14日
  • by.annacom14

Bookliveとebookjapanの比較のアイキャッチ

マンガを読むなら電子書籍ストアがおすすめ!割引キャンペーンも開催中!

この記事では、電子書籍を読むのにBookLive!とebookjapanのどちらがいいのか、画質や安さについて比較しています。

BookLive!とebookjapanは、どちらもマンガ好きな人に人気の電子書籍サービスです。

掲載している書籍数が豊富で、幅広いジャンルのマンガが楽しめます。

しかし、掲載している本の種類やサービス内容に違いがあり、どちらを利用するか迷っている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、BookLive!とebookjapanがおすすめな人の特徴や、各サービスのキャンペーン情報についても詳しく解説しています。

BookLive!とebookjapanの利用を検討中の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

この記事では、電子書籍ストアのおすすめ27選を紹介しています。 通勤通学時やおうち時間、移動先など好きなタイミングで読める電子書籍ストアはいまや大人気です。 読みたいジャンルとコストパフォーマンスからベストな電子書籍サービスを見[…]

電子書籍ストアおすすめ比較
BookLive!とebookjapanの比較まとめ
  • マンガの取り扱い数が豊富なのはebookjapan
  • マンガ以外の書籍も楽しみたいならBookLive!
  • どちらも数多くの漫画が無料で読める
  • クーポンやお得なキャンペーンが豊富
  • BookLive!はTポイント・ebookjapanはPayPayポイントが貯まる使える

トップ画像引用元:ebookjapan

BookLive!がおすすめな人

BookLive!サイトトップ

画像引用元:BookLive!

BookLive!がおすすめな人の特徴についてまとめました。

BookLive!がおすすめな人
  • マンガ以外の書籍も読みたい人
  • 本棚に鍵機能が欲しい人
  • クーポンを利用してお得に読みたい人
  • 豊富な決済方法を利用したい人

BookLive!は、140万冊以上の書籍を配信している日本最大級の電子書籍配信サービス。

マンガの他、ラノベ・小説・ビジネス書・雑誌などの書籍も多数取り扱っているのが特徴です。

したがって、マンガだけでなく、幅広いジャンルの本を読みたい人にマッチしたサービスといえるでしょう。

お得な割引キャンペーンを開催したり、毎日引けるクーポンガチャが引けたりするのも魅力のひとつ。

キャンペーンやクーポンを利用すれば10%~半額で購入することができ、お得に書籍を入手することができます。

決済方法が豊富なのも利点で、クレジットカードやキャリア決済、電子マネーなどが利用できます。

\無料マンガが10,000冊以上!/

ebookjapanがおすすめな人

ebookjapanのロゴ

画像引用元:ebookjapan

ebookjapanがおすすめなのは、以下のような人です。

ebookjapanがおすすめな人
  • マンガをメインに読みたい人
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザー
  • PayPayユーザー
  • ポイント還元率の高さを重視する人

ebookjapanは、マンガを中心に80冊以上の書籍を取り扱う電子書籍配信サービスです。

BookLive!と比べて全体の書籍数は少ないですが、マンガの取り扱い数はenbookjapanの方が多いのが特徴。

したがって、マンガをメインに利用したい人に適したサービスといえます。

ebookjapanオリジナルのマンガを多数掲載しているのも特徴で、他サービスでは読めない作品が楽しめます。

また、購入額に応じてPayPayポイントが還元されるのも魅力です。

Yahoo!プレミアム会員やソフトバンク・ワイモバイルユーザー向けの特典も用意されているので、対象ユーザーはさらにお得に利用できます。

\ここでしか読めないあの作品も/

BookLive!とebookjapanの違いを13項目で比較

BookLive!とebookjapanの違いを比較
ここからは、BookLive!とebookjapanの違いについて詳しく解説していきます。

品揃えや無料作品数、キャンペーンなど、13項目を比較しました。

BookLive!とebookjapanのサービス内容

比較項目BookLive!ebookjapan
品揃え140万冊以上80万冊以上
無料作品数22万冊以上5,000冊以上
月額料金無料
初回特典50%OFFクーポン
来店ポイント
シークレットクーポン
6回まで利用できる50%OFFクーポン
クーポン毎日回せるクーポンガチャ
アプリ限定割引クーポン
シークレットクーポン
曜日限定クーポン
Yahoo!プレミアム会員限定ポイント還元
週末クーポン
期間限定割引クーポン
セール・キャンペーン激安セール
まとめ買いパック
対象作品が無料・割引
月末お得サタデー
全額PayPay残高決済でお得キャンペーン
対象作品が無料・割引
ポイント還元Tポイント
ブックライブポイント
PayPayポイント
支払い方法クレジットカード
スマホ決済(LINE Pay・PayPay・楽天Pay)
後払いpaidy
ドコモ払い
auかんたん決済
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
WebMoney
BitCash
モバイルSuica
楽天Edy
Google pay
ブックライブプリペイドカード
三省堂書店店頭決済サービス
Tポイント
ブックライブポイント
Yahoo!ウォレット
クレジットカード
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い
ドコモ払い
auかんたん決済
WebMoney
BitCash
アプリ機能ありあり
ブラウザ機能目次
縦読み
ページめくり変更
目次
縦読み
画像の拡大・縮小
しおり・メモ機能
ページめくり変更
マルチデバイス5台5台
画質良好良好
運営会社株式会社BookLive株式会社イーブックイニシアティブジャパン/ヤフー株式会社

品揃えを比較

BookLive!

画像引用元:ブックライブ

品揃えは、BookLive!の方が豊富です。

現在BookLive!では、692,652タイトル1,419,600冊を配信中

マンガだけでなく、ライトノベル約16,000冊・小説/文芸約95,000冊・ビジネス/実用書約145,000冊と、幅広い書籍を取り扱っています。

マンガのジャンルも充実しており、少年・青年・少女・女性・TL・BLなどのマンガが楽しめます。

一方、ebookjapanでは、マンガを中心に80万冊をラインナップ。

小説や雑誌なども取り扱っていますが、BookLive!と比べると少なめです。

ただし、マンガの取り扱い数はebookjapanの方が充実しているので、マンガを購入するのに利用したいという人に適しています。

ebookjapanオリジナルマンガも掲載されているので、他サービスでは読めないマンガを探している人にもおすすめです。

比較対象BookLive!ebookjapan
総作品数140万冊以上80万冊以上
ジャンル少年・青年マンガ
少女・女性マンガ
ライトノベル
小説・文芸
ビジネス・実用書
雑誌
写真集
TL
BL
少年・青年マンガ
少女・女性マンガ
ライトノベル
TL
BL
ハーレクイン
文芸・ビジネス・実用
マンガ雑誌
雑誌・グラビア
アダルト

無料作品数を比較

ブックライブの公式サイトの画像

画像引用元:ブックライブ

無料作品数についても比較しました。

無料作品数
  • Booklive!:22万冊以上
  • ebookjapan:5000冊以上

無料作品が豊富なのは、BookLive!です。

マンガの他、ライトノベルやビジネス書にも無料で読めるものがあり、22万冊以上が無料で楽しめます。

また、BookLive!ほどではありませんが、ebookjapanの無料作品数も5,000冊以上と豊富です。

無料掲載されている作品は時期や各サイトの施策によって異なるので、両方のサービスを併用してみるのもおすすめです。

月額料金を比較

お金

月額料金はどちらも無料です。

書籍を購入する際に、その都度購入代金を支払います。

無料作品を読むだけなら、会員登録も必要ありません。

気になった本があれば、気軽に見てみることができますよ。

比較項目BookLive!ebookjapan
月額料金無料
書籍の購入方法都度購入都度購入
(アプリ版ではポイント購入)

初回特典を比較

ebookjapan

画像引用元:ebookjapan

各サービスでは、はじめて会員登録した人を対象にしたお得な特典が用意されています。

お得な特典
  • BookLive!:50%OFFクーポン/来店ポイント/初回登録者限定のシークレットクーポン
  • ebookjapan:6回まで利用できる50%OFFクーポン

初回特典がお得なのは、ebookjapanです。

初回登録すると、6回まで利用できる50%OFFクーポンがもらえます。

一部対象外の作品もありますが、ほとんどの書籍の購入に使用可能です。

有効期限は取得から60日間と期間も長いので、欲しい本がたくさんある場合もお得に購入することができますよ。

BookLive!では、登録から24時間限定で使える50%OFFクーポンがもらえます。

初回登録者限定のシークレットクーポンももらえるので、初回はお得に書籍が購入可能です。

さらに、来店ポイントがもらえる初心者応援キャンペーンも開催していて、10日間毎日ログインすると合計200ポイントがもらえます。

クーポン・ポイント特典を比較

ebookjapan 本棚機能

画像引用元:ログイン

BookLive!とebookjapanのクーポン・ポイント特典について比較していきましょう。

どちらのサービスでも数多くのクーポンやポイント特典を受け取ることができ、安く書籍を購入できます。

Booklive!のクーポン

クーポンの種類内容
毎日回せるクーポンガチャ全作品50%OFFなど、お得なクーポンがもらえる
アプリ限定割引クーポン不定期に配布される
シークレットクーポン全作品に使える50%OFFシークレットクーポン
全作品に使える20%OFFシークレットクーポン

BookLive!では、ログインするだけで毎日クーポンガチャが回せます。

全作品に使える50%OFFクーポンなどのお得な割引クーポンがもらえる可能性がありますよ。

また、現在は期間限定で使えるシークレットクーポンも配布中です。

期間中は利用回数無制限で、何冊でも使えます。

BookLive!では不定期ですが、お得なシークレットクーポンが配布されることがよくあります。

書籍を購入する際はクーポンが配布されていないかチェックしてから利用しましょう。

ebookjapanのクーポン・ポイント特典

クーポンの種類概要
1,500円OFFクーポン期間:6月・7月の毎週火曜日
対象作品の第1巻がお得に購入できる期間:6月7月の毎週水曜日
まとめ買いがお得キャンペーン期間:6月7月の毎週木曜日
Yahoo!プレミアム会員限定特典毎週金曜日に購入すると20%相当のPayPayポイントゲット
週末クーポンソフトバンク・ワイモバイルユーザー/Yahoo!プレミアム会員:15%割引のクーポンを付与
それ以外のユーザー:最大10,000円分まで利用できる15%割引のクーポン
開催日:毎週土曜・日曜・祝日
期間限定割引クーポン対象作品に使えるクーポン
KADOKAWA30%OFFクーポン期間:6月18日~6月20日

クーポンやポイント特典が充実していたのは、ebookjapanです。

曜日限定のクーポンや期間限定の割引クーポンなどを配布しています。

クーポンは、Yahoo!プレミアム会員やソフトバンク・ワイモバイルユーザーが対象のものもありました。

Yahoo!プレミアム会員やソフトバンク・ワイモバイルユーザーにメリットの多いサービスなので、対象者はぜひ利用しましょう。

セール・キャンペーンを比較

BookLive!の1日1回クーポンガチャ

画像引用元:ブックライブ

BookLive!とebookjapanではお得なセール・キャンペーンを定期的に開催しており、対象作品がお得に購入できます。

現在開催中・これから開催が予定されているキャンペーンについてまとめましたので、参考にしてみてください。

Booklive!のセール・キャンペーン
  • 激安セール
    対象作品が期間限定で特別価格で購入できる
  • まとめ買いコーナー
    対象作品をまとめて購入するとTポイントがもらえる
  • 対象作品や対象の出版社の作品が無料・割引になるキャンペーン
    人気作品や話題作品がお得に購入できる
ebookjapanのセール・キャンペーン
  • 月末お得サタデー 誰でもお得に変えるキャンペーン
    対象期間内に全額PayPay残高で書籍を購入すると最大48%相当のPayPayポイントゲット
  • 7月の金曜は全額PayPay残高決済でお得キャンペーン
    全額PayPay残高で書籍を購入すると20%相当のPayPayポイントゲット
  • 金曜日はPayPay残高で全額払いがお得キャンペーン
    PayPay残高で購入すると、購入金額に対して5%相当のPayPayポイントゲット
  • 対象作品や対象の出版社の作品が無料・割引になるキャンペーン
    人気作品や話題作品がお得に購入できる

どちらのサービスでも、人気作品や話題作品がお得に購入できる割引セールが開催されています。

キャンペーンは期間限定で開催されるものが多いので、現在開催中のキャンペーンは公式サイトをチェックしてみてください。

また、ebookjapanでは、PayPayポイントが還元されるキャンペーンも開催。

PayPayユーザーはお得に購入できる大チャンスとなっているので、ぜひ利用してみましょう。

ポイント還元を比較

パソコンを操作する女性

BookLive!とebookjapanのポイント還元についても比較しました。

ポイント還元
  • BookLive!:Tポイント/ブックライブポイント
  • ebookjapan:PayPayポイント

BookLive!では、Tポイントとブックライブポイントが利用できます。

ブックライブポイントは、ブックライブ専用のプリペイドカードを購入すると利用できるポイントです。

また、初回登録者特典の来店ポイントもブックライブポイントが付与されます。

Tポイントを利用するための利用手続きを行うと、下記サービスが利用できます。

Tポイント利用手続きすると利用できるサービス
  • キャンペーンでのポイントバック
  • サンクスプレミアムクラブ
  • Airbookサービス

ebookjapanではPayPayポイントが貯まります。

購入金額に応じて1%のPayPayポイントが付与され、本の購入の他、Yahoo!ショピング・PayPayモールなどでも利用が可能です。

PayPayポイントを利用するには、Yahoo!JAPAN IDとPayPayアカウントの連携が必要になるので注意してください。

PayPayユーザーは、PayPay残高で購入すると購入金額に応じて0.5%のPayPayポイントがもらえます。

Yahoo!プレミアム会員は、さらにお得です。

Yahoo!プレミアム会員の利用特典
  • 通常ポイント還元1%に加え、購入金額の1%相当のPayPayポイントがもらえる
  • 金曜日は3%相当のPayPayポイントがもらえる

サービスによって利用できるポイントサービスが異なるため、Tポイントをよく利用する人はBooklive。

PayPayユーザー・ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならebookjapanの利用がおすすめです。

支払い方法を比較

money

BookLive!とebookjapanの支払方法は以下の通りです。

項目BookLive!ebookjapan
支払方法クレジットカード
スマホ決済(LINE Pay・PayPay・楽天Pay)
後払いpaidy
ドコモ払い
auかんたん決済
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
WebMoney
BitCash
モバイルSuica
楽天Edy
Google pay
ブックライブプリペイドカード
三省堂書店店頭決済サービス
Tポイント
ブックライブポイント
Yahoo!ウォレット
クレジットカード
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い
ドコモ払い
auかんたん決済
WebMoney
BitCash

支払方法が充実していたのは、BookLive!。

スマホ決済や後払いサービス、電子マネーなども利用できるため、ユーザーが希望する支払方法が選べます。

アプリ機能を比較

ebookjapan 異世界書店

画像引用元:ebookjapan

BookLive!とebookjapanのアプリ機能の違いについて比較してみましょう。

比較項目BookLive!ebookjapan
利用料無料
対応端末iOS・Android・Windows PC
縦読み対応
目次対応
ページめくり変更対応非対応
画像拡大対応
明るさ調整対応
本棚機能対応
本棚ロック対応非対応
アプリからの購入非対応対応
ダウンロード機能対応
ブラウザビューア対応(対応作品のみ)対応

Booklive!アプリの魅力は、鍵付き本棚が設置できること。

見られなくない書籍を隠すことができます。

便利機能には、新刊・続巻の通知機能を搭載。

新刊が発売されるとお知らせしてくれるので、買い忘れを防ぐことができます。

なお、Booklive!アプリは、ブラウザで購入した書籍を読むためのアプリのため、書籍の購入はできないので注意してください。

ebookjapanは、「背表紙機能」が搭載されているのが特徴です。

購入した書籍をまるで自宅や本屋の本棚のように並べて表示できます。

購入した書籍がひと目でチェックでき、使いやすいと評判の機能で、この機能が使いたいからebookjapanを利用しているという人がいるほどです。

本棚の使いやすさを重視するなら、ebookjapanの利用がおすすめですよ。

ブラウザ機能を比較

スマホ iPhone

BookLive!とebookjapanのブラウザ機能も比較してみました。

比較項目BookLive!ebookjapan
縦読み対応
目次対応
ページめくり変更対応非対応
画像拡大対応3分割
ページ自動めくり非対応
ブラウザビューア対応(対応作品のみ)対応
しおり・メモ機能対応非対応

ブラウザ機能が充実していたのは、BookLive!。

画面の拡大・縮小や、しおり・メモなどをつけることができて資格の勉強などに利用するのに便利です。

一方、ebookjapanでは1ページを3分割で拡大表示するモードがあり、拡大した状態でコマを進めていくことができます。

イチイチスワイプなどして拡大する必要がないので便利ですよ。

マルチデバイス機能を比較

スマホのデータをバックアップする

マルチデバイス機能は、どちらも5台まで

スマホ・タブレット・PCで読むことができます。

電車で移動中や外出先ではスマホ。自宅ではタブレットの大画面で楽しむといった使い方ができるので非常に便利です。

複数の端末を登録すれば、家族で書籍のシェアもできますよ。

画質を比較

スマホを二台持ちする人

BookLive!とebookjapanを、アプリで本を読むときの画質・機能を比較すると次の通りです。

比較項目BookLive!ebookjapan
画質
(マンガの容量目安)
中〜高画質
(100MB〜150MB前後)
高画質
(150MB前後)
縦読み
目次
自動ページ送り××
拡大表示
しおり
本棚機能
背表紙表示×
本の購入手続き×
複数台同時利用5台5台

スマホでマンガを読む場合だと、正直どちらのアプリでもパッと見たかぎり画質の差は感じません。

ただ、データ量を比較するとebookjapanの方が3割り増しくらいの容量があります。

そのため、iPadなど大画面で読む場合には、ebookjapanの方がキレイに見える可能性があります。

運営会社を比較

eBookJapan

画像引用元:eBookJapan公式サイト

最後に、運営会社についても見ていきましょう。

BookLive!の運営会社は株式会社BookLiveで、凸電子印刷の子会社です。

ebookjapanは、株式会社イーブックイニシアティブジャパンとヤフー株式会社が共同運営しています。

どちらとも、大手企業が運営する日本最大級の電子書籍配信サービスです。

創業から10年を超える老舗なので、安心して利用できます。

BookLive!とebookjapanはマンガ以外も読みたいかで選ぼう

BookLive!のアプリ

画像引用元:ブックライブ

今回は、BookLive!とebookjapanのどちらが利用しやすいか比較してきました。

BookLive!はマンガだけでなく、他ジャンルも比較的充実しています。

一方、ebookjapanはマンガ中心のサービスで、他ジャンルは若干弱めです。

BookLive!とebookjapanの比較まとめ
  • マンガの取り扱い数が豊富なのはebookjapan
  • マンガ以外の書籍も楽しみたいならBookLive!
  • どちらも数多くの漫画が無料で読める
  • クーポンやお得なキャンペーンが豊富
  • BookLive!はTポイント・ebookjapanはPayPayポイントが貯まる使える

マンガ以外も読みたいならBookLive!、マンガだけでいいならebookjapanを選べばいいでしょう。

どちらもお得なキャンペーンや割引セールを開催しており、お得に書籍が購入できます。

BookLive!とebookjapanで迷っている方は、ぜひ今回の解説を参考に、使い方にあった方でお得に電子書籍を楽しんでください!

マンガを読むなら電子書籍ストアがおすすめ!割引キャンペーンも開催中!

この記事を書いた人
宮城県出身の元キャリアショップ店員。ドコモ・au・ソフトバンクでの勤務経験があり、その知識を活かしウェブライターに転身。 契約中のキャリアはドコモ。スマホはiPhone、タブレットはiPadを使用。 漫画やアニメを観るのが毎日の楽しみ。ダイエッターでもあり、3ヶ月で10kgの減量に成功。美ボディを目指して奮闘中!