携帯キャリア「分離プラン」は何がどう変わるの?今までとの違いは何?

携帯キャリア「分離プラン」は何がどう変わるの?今までとの違いは何?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

皆さんは「分離プラン」というものをご存知でしょうか?

分離プランとは、早ければ2019年夏に各大手キャリアに対して義務付けられる料金プランのことであり、月額料金を毎月払う我々の生活にも大きな影響を与えます。

特に、機種代金に与える影響が大きく、近いうちに機種変更などを考えている方には無視できないデメリットもあるのです。

今回はこの分離プランの詳細と、我々消費者に与える影響を解説していきます。

トップ画像引用元:NTTドコモ ホーム

1 分離プランとは?

画像引用元:auピタットプラン | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

分離プランとは、端末料金と通信料金が完全に分離したプランのことです。

現在の携帯電話料金は、機種代金や通信料金、オプションなど各料金が複雑に絡み合っており、消費者としては非常にわかりにくい構造となっています。

そこで、分離プランでは、そんな難解な料金構造を、割引を含めて完全に分離。消費者が理解しやすいシンプルな料金システムに変更される予定です。

分離プランは総務省が主導

この分離プランは、2018年11月26日に総務省が発表した緊急提言案が発端となっています。

そして2019年2月25日、「長期契約してくれれば、携帯電話の端末代金を割引しますよ」というやり方を禁止する改正案がまとまり、自民党総務部会に了承を受けました。

この改正案は、現在開催されている国会に提出される予定で、早ければ2019年夏頃に、大手キャリアに対して完全分離プランが義務付けられます。

2 分離プランになるとどう変わる?

最も気になるのは、我々消費者に対する影響ですよね。

ここでは、分離プランが我々に与える影響について詳しく見ていきましょう。

2-1 機種代金の割引が無くなる!

最も大きな影響が、「機種代金の割引の廃止」です。

現在の料金プランでは、「特定の端末を購入すれば、通信料金が安くなりますよ」といった割引サービスが存在しますよね。このサービスのデメリットは、消費者の端末選びの選択肢が狭まってしまうことです。

そこで、分離プランではこのような割引サービスを廃止して、「消費者が端末と料金プランを自由に選べる環境作り」を目指すことに。

一見、とても良いことのようにに思えますが、これは逆に言えば、機種代金に関する割引が無くなるということです。

今後、無くなるかもしれない割引サービス
  • ドコモ:月々サポート、端末購入サポート、docomo withなど
  • au:毎月割など
  • ソフトバンク:月月割(2019年1月に新規受付終了)など

また、auとソフトバンクには、機種代金を実質半額にする以下の割引サービスが存在します。

  • au:アップグレードプログラムEX
  • ソフトバンク:半額サポート

これらの加入条件には、通信契約を4年間も結ばなければならない「4年縛り」があります。

これについては総務省もかねてから批判しており、今回の改正案で抜本的な改善を求めているようです。そのため、上記のサービスも廃止される可能性が高いでしょう。

割引サービスがなくなるとどうなる?

実は、これらの割引サービスによる割引額は非常に高めなのです。購入する機種によっては、機種代金を半額以下にできる可能性も。

ところが、分離プランの登場によって、それがすべて無くなってしまうのです。

分離プランには「端末と料金プランを自由に選べるようになる」というメリットもありますが、同時に「割引が無くなる」というデメリットもあり、その影響は相当大きなものであると言えるでしょう。

2-2 通信料が安くなる?

40にのっている人

現在の料金プランでは、機種代金に対して大幅な割引が適用されていますが、この割引を実現するための原資は通信料金から賄われています。

裏を返せば、現在の通信料金は「割高」なのです。

分離プランは総務省の緊急提言案により浮上したものですが、この案には「不明確な端末購入補助を廃止して、通信費の割引に充当する」というものがあります。

要は、「これまであった機種代金の割引に使っていたお金を、通信料金から割引いてください」ということです。

これだけ見ると、機種代金の割引がそのまま通信料金の割引に使われるため、消費者には損が無いように見えますよね。

しかし実際は、機種代金の割引額がそのまま通信料金の割引額になるとは限らないのです。

なぜなら、明確に「機種代金の割引額を通信料金へそのまま移しなさい」とは書かれていないから。

明確な定義もされていないので、結局のところ、「通信費をいくら下げるのか」という一番気になる点は、各キャリアの判断に委ねられています。

トータルでは携帯電話料金が高くなる可能性も・・・

上のような事情があるため、通信料金は下がったとしても、機種代金を含めた月額料金は逆に高くなる恐れもあります。

ましてや、大手キャリアは営利企業であるため、基本的には利益を増やしていかなければならない立場です。

現に、ドコモが総務省の方針に則り、通信料金の2割~4割減を発表した結果、ドコモの株価がストップ安まで大幅下落しました。

ドコモの株主にとって、通信料金の値下げ=ドコモの減益ということに他なりません。ドコモ側としては、株主の声に応える必要があるため、大幅な値下げは難しいことが予想されます。

2-3 最新機種が買いにくい

分離プランの登場により、通信料金は安くなるものの、機種代金は高くなることが予想されます。

割引がまったく効かなくなるため、これまで購入しやすかったスマホの最新機種が、非常に買いにくくなるかもしれません。

昨今のスマホの最新機種は、10万円を超えることも珍しくないですよね。それでも購入できるのは、やはり各キャリアの機種代金割引額が大きかったためです。

もはや携帯電話は生活必需品ですから、携帯電話をあまり持ち歩かない方でも、「1台も買わない」ということはほとんどないでしょう。しかし、機種変更などによる新機種の購入者は明らかに減ることが予想されます。

このような背景があるため、auでは新たな端末購入補助を検討していると発表がありました。また、ソフトバンクも端末を金利付きの分割払いで販売することを検討しています。

しかし、機種代金割引の原資となっていた通信料金を安くすることを迫られているのですから、それほど期待はできないかもしれません。

ドコモの分離プランの全て|最大4割値下げは今より安くなるのか考察

次の章でも、引き続き分離プランの影響について解説していきます。

2-4 格安SIMに移る人が多くなる可能性も

大手キャリアの通信料金は、格安SIMに比べると割高です。

しかし、大手キャリアではiPhoneなどの最新機種を安く購入できるというアドバンテージがあり、これがあるからこそ大手キャリアに留まっていた方も多いはず。

しかし、分離プランが本格始動すれば、そのアドバンテージは無くなってしまいます。

大手キャリアで機種代金の大幅値引きがされないのであれば、大手キャリア以外でスマホを購入し、格安SIMで契約を結んだ方が、遥かに安上がりになりますよね。

このような事情から、格安SIMに移る人も多くなりそうです。

2-5 5G通信の普及が難しくなる

現在の主流である4Gの後継として、大きな期待が寄せられている5G通信。スマホのみならず、自動車の自動運転などにも利用される5G通信は、我々の生活に大きな影響を与える次世代の通信技術です。

5G(次世代移動通信)回線て何?いつから始まって、何がどう変わるの?

しかし、この5G通信を利用するためには、最新のスマホが必要になります。

iPhoneはまだ5G通信対応の機種を発表していませんが、Androidスマホは2019年に5G対応の機種が発売される予定です。

分離プランの導入で最新スマホの購入が難しくなる

5G通信という最新技術に対応しているのですから、恐らくですが機種代金もこれまでより高額になるでしょう。そうなれば、確実に価格は10万円超えとなりますが、分離プランでは機種代金の値引きが効きません。

いくら次世代の通信技術に興味はあっても、高額な最新機種には手を出しにくいですよね。

すると結果的に、5G対応スマホがあまり売れない → 5G通信を使う人が少ない → 5G通信が普及しない・・・という負の連鎖が起きてしまう恐れも。

また、メーカーとしても売れない端末は量産したくないものです。そうなると、競争原理が正常に働かなくなってしまい、さらに機種代金が高額になってしまうことが予想されます。

5G対応スマホをいかに売り出すか

現在わかっている情報から考えれば、このままでは5G対応スマホはいつまでたっても安くならず、結果5Gは普及しないでしょう。

これは、5G通信を提供する大手キャリアにとっても深刻な問題です。大手キャリアはすでに5G通信設備に対して多額の投資を行っているため、このままでは確実に赤字に。

大手キャリアのこれからの動きに注目していきたいですね。

3 分離プランで毎月の通信費がいくらになるのかシミュレーション

まずは、機種代金の割引を一切なくしてしまうと、どのくらいの月額料金になるのか計算していきましょう。

今回採用する端末はiPhone XRの64GBです。ドコモでiPhone XRを機種変更した場合の月額料金と年額料金を見ていきます。

項目割引適用割引不適用
機種代金4,104円×24回4,104円×24回
シンプルプラン1,058円1,058円
ベーシックパック(1GB未満)3,132円3,132円
インターネット接続サービス324円324円
月々サポート-2,457円×24回なし
月額合計6,161円8,618円
年額合計73,932円103,416円

上の表は、左側が割引を適用したもので、右側が適用していないものです。

月々サポートが無ければ、月額で約2,500円、年額では30,000円も高くなってしまいます。

しかし、総務省の改正案には、この「機種代金の割引に必要だったお金を利用して、通信料金を安くすること」という記載があり、ドコモでは「通信料金を2~4割値引きする」と既に公表しています。

そこで今度は、上の計算結果の通信料金を4割引してみました。

項目月々サポートあり割引不適用通信料金4割引
機種代金4,104円×24回4,104円×24回4,104円×24回
シンプルプラン1,058円1,058円635円
ベーシックパック(1GB未満)3,132円3,132円1,879円
インターネット接続サービス324円324円194円
月々サポート-2,457円×24回なしなし
月額合計6,161円8,618円6,812円
年額合計73,932円103,416円81,744円

月々サポートを適用したものと比べると、通信料金の4割引では月額で700円、年額で8,000円ほど高くなってしまっていますね。

通信料金は安くなるので、すでに新しい機種を持っている方にとってはメリットがありますが、今ちょうど機種変更を検討しているという方は、早めに手続きを行った方が良さそうです。

au、ソフトバンクの場合は?

auやソフトバンクでは、通信料金の値引きに関して、ドコモのような発表は今のところありません。なぜなら、auとソフトバンクには既に分離プランがあるからです。

  • auの分離プラン:auピタットプラン、auフラットプラン
  • ソフトバンクの分離プラン:ミニモンスター、ウルトラギガモンスター+

これらのプランは、各大手キャリアのユーザーであればお馴染みのものですよね。特にauは、いち早く分離プランを導入しており、通信料金の値下げは既に行っていると発表しています。

裏を返せば、今回の総務省の改正案による値引きは行わない可能性が高いということです。

ソフトバンクはこのような発表をしていませんが、すでに分離プランがあるところを見ると、割引を期待するのは難しいかもしれません。

4 機種変更はいつするべき?

最後に、機種変更のベストな時期について解説します。まずは、現在分かっている情報を簡単におさらいしておきましょう。

  • 分離プランによって、機種代金の割引が一切無くなる可能性が高い
  • 通信料金は安くなる
  • 分離プランを含む総務省の改正案が実施されるのは、早くて2019年夏

そして、シミュレーションでは以下の事実が分かりました。

通信料金が4割引きだったとしても、機種代金の割引額の相殺は難しい

また、法改正が実施される2019年夏に近づくほど、報道で大きく取り上げられる可能性も高まっていくため、新機種の購入は困難になってしまうでしょう。

つまり、機種変更やMNPなど、これから新機種を購入するのであれば、行動は早ければ早いほどいいと言えます。

もちろん今後、ドコモ・au・ソフトバンクの方針が変わる可能性は十分にあります。

しかし、いずれにしても「そろそろ新機種を購入したい」とお考えの方は、早めに購入しておくのが吉です。

ドコモの中古スマホについて|激安・おすすめ機種や手続き方法を紹介

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ