ドコモ/au/ソフトバンクが新型コロナウイルス支援|データ無償化の対象は?

  • 2020年4月9日
  • by.araki

スマートフォン

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモ・au・ソフトバンク/ワイモバイルは、今回の新型コロナウイルスによる各種教育機関の休校措置等を踏まえ、学生向けの支援措置としてデータ無償化を実施しています。

この記事では、3社の支援措置について、内容や具体的な対象者、期間など、その概要を解説していきます。

携帯会社の支援措置の共通点
  • 25歳以下が対象者
  • 50GBまでの追加料金が無償化
  • 支援措置への申し込みは不要
  • データ追加は自分で行う

ドコモの新型コロナウイルスに対する支援措置

ドコモショップ

実施期間:2020年4月1日~2020年5月31日

ドコモでは、2020年4月1日時点の年齢が25歳以下の契約者または利用者を対象に、50GBまでの追加料金を無償化します。

具体的には、「スピードモード」および「1GB追加オプション」の利用料金(1,000円/1GB(税別))の支払いが、50GBを上限に免除されます。

支援措置への申し込みは不要です。

ドコモの対象プラン

以下のプランに加入している25歳以下の方が、支援措置の対象となります。

支援措置の対象となるプラン
  • 5Gギガライト
  • ギガホ2
  • ギガホTM
  • ギガライト2
  • ギガライトTM
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)【iPhone】
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)(SIMフリー)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)【iPhone】
  • シンプルプラン(スマホ)
  • データプラン(スマホ/タブ)
  • データプラン(スマホ/タブ)【iPhone】
  • データプラン(スマホ/タブ)【iPad】
  • データプラン(ルーター)
  • データプラン(SIMフリー)

auの新型コロナウイルスに対する支援措置

auショップ実店舗

実施期間:2020年4月1日~2020年4月30日

auでは、2020年3月31日時点の年齢が25歳以下の契約者または利用者を対象に、50GBまでの追加料金と、テザリングオプション利用料を無償化します。

具体的には、データ定額サービス/料金プランでの月間データ容量超過後にデータチャージした利用分のうち、50GB分までの利用料金の支払いが免除されます。

本来、テザリングオプションは、以下のプランでは月額500円かかるものです。

  • auフラットプラン20N/25 NetflixパックN
  • タブレットプラン20
  • auフラットプラン20/25 Netflixパック/30
  • auフラットプラン5(学割専用)
  • auピタットプラン
  • データ定額20/30
  • U18データ定額20

支援措置への申し込みは不要です。

auの対象プラン

以下のプランに加入している25歳以下の方が、支援措置の対象となります

スマートフォン(5G)
  • データMAX 5G
  • データMAX 5G Netflixパック
  • ピタットプラン 5G
スマートフォン(4G LTE)/ケータイ(4G LTE)
  • auデータMAXプラン Netflixパック
  • auデータMAXプラン Pro
  • auデータMAXプラン
  • ピタットプラン 4G LTE (旧「新auピタットプランN」)
  • ケータイカケホプラン
  • ケータイシンプルプラン
  • 新auピタットプラン
  • auピタットプラン
  • auピタットプラン (s)
  • auフラットプラン5 (学割専用)
  • auフラットプラン7プラス
  • auフラットプラン20/30
  • auフラットプラン25 Netflixパック
  • データ定額1/2/3/5/8/10/13/20/30
  • データ定額1/2/3/5/8/10/13 (ケータイ)
  • LTEフラット
  • ジュニアスマートフォンプラン
  • シニアプラン
  • LTEフラット cp (f・2GB)
  • U18データ定額20
  • データ定額1cp/3cp/5cp
  • データ定額1cp (auスマホはじめるプログラム専用プラン)
  • データ定額cp (0.8GB)
  • LTEフラット cp (1GB)
4G LTEタブレット
  • タブレットデータシェアプラン
  • タブレットプラン20
  • タブレットプラン ds (3年契約)/(3年契約/L)
  • タブレットプラン ds (2年契約)/(2年契約/L)
  • タブレットプラン cp (2GB・3年契約)
  • LTEフラット for Tab/Tab (L)
  • LTEフラット for Tab (i)
  • LTEフラット for Tab ds/Tab ds (L)
  • LTEフラット for Tab (i) ds

「U25データ通信料割引」も実施

auは4月中に対象プランを申し込んだ方へ、月額料金を2ヶ月間2,000円割り引くU25データ通信料割引を実施しています。

U25データ通信料割引
  • 対象の申し込み期間:2020年4月1日~4月30日
  • 適用条件①:契約者または登録利用者が25歳以下
  • 適用条件②:新たに対象プランへ加入
  • 対象プラン:データMAX 5G/データMAX 5G Netflixパック/auデータMAXプラン Pro/auデータMAXプラン Netflixパック
  • 申し込み翌月から2カ月間、月額料金を2,000円割引

また気になるポイントを以下にまとめました。

U25データ通信料割引のポイント
  • 既に対象プランに加入している人が、他の対象プランに変更しても割引は適用されない
  • auの学割とスマホ応援割IIの条件を満たしている場合は、この2つが適用される

U25データ通信料割引を適用させようと対象プラン①→対象プラン②の変更をしても、適用しないということのようですね。

また、auの学割とスマホ応援割IIの割引額を足しても2,000円に達しないときには、2,000円割引になるようU25データ通信料割引で差額を埋めてくれます。

ソフトバンク/ワイモバイルの新型コロナウイルスに対する支援措置

ソフトバンクとワイモバイルの併設ショップ

実施期間:2020年4月3日~2020年4月30日

ソフトバンクでは、年齢が25歳以下の契約者または利用者を対象に、50GBまでの追加料金と、テザリングオプションの利用料金を無償化します。

具体的には、追加データ購入の支払いが、50GBを上限に免除されます。

また、ワイモバイルでも50GBまでの追加料金が無償化されます。

テザリングオプションは、本来は月額500円かかるものです(ワイモバイルでは元々無料)

支援措置への申し込みは不要です。

ソフトバンク/ワイモバイルの新型コロナウイルスに対する対象プラン

ソフトバンクとワイモバイルでは、対象プランは指定されていません。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

3社とも自分でデータ追加購入する必要あり

ドコモ・au・ソフトバンク/ワイモバイルの支援措置は、それぞれよく似ています。

3社の支援措置の共通点
  • 25歳以下が対象者
  • 50GBまでの追加料金が無償化
  • 支援措置への申し込みは不要
  • データ追加は自分で行う

簡単に言うと、25歳以下のユーザーなら50GBのデータ容量が無償でもらえるということです。

ただし、自動的に50GBがもらえるわけではありません。

それぞれ以下の手続きが必要です。

  • ドコモ:「スピードモード」「1GB追加オプション」を申し込む
  • au:「データチャージ(購入)」をする
  • ソフトバンク:「チャージ(追加データ購入)」をする
  • ワイモバイル:「オートチャージ(快適モード)」を申し込む

手続方法自体は通常と同じです。支援措置を適用するための特別な手続きは必要ありません。

データ追加購入の方法

これまでデータの追加購入をしたことがない方も多いと思います。

そこで、各社の手続きページをまとめました。以下のリンクから手続きを行ってください。

とはいえ、特別なサイトが用意されているわけではありません。

他の手続きと基本的な流れは同じです。

ドコモ

ドコモのスピードモード設定方法|1GB追加オプションとの違いと解約方法も

au

» 【データチャージ】データチャージ(購入)方法を教えてください | よくあるご質問 | サポート | au

ソフトバンク

» チャージ(追加データ購入) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ワイモバイル

» オートチャージ(快適モード)|通信|サービス|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

50GBまで無償でデータ追加できる

以上、ドコモ・au・ソフトバンクの、新型コロナウイルスによる各種教育機関の休校措置等を踏まえた学生向けの支援措置でした。

3社の支援措置の共通点
  • 25歳以下が対象者
  • 50GBまでの追加料金が無償化
  • 支援措置への申し込みは不要
  • データ追加は自分で行う

今回の施策は、スマホを使ったオンライン授業などによる、大量のデータ利用を想定したものです。

支援措置への申し込みは不要ですが、データ追加は自身で行う必要があります。

手続きは難しくないので、あまり怖がらず、この機会に挑戦してみてくださいね。

【2020年9月】ポケットWiFiが無制限で使える!?大容量で安心の厳選6つ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ