携帯料金の平均っていくら?スマホとガラケーで月額は結構違う【2019】

携帯料金の平均っていくら?スマホとガラケーで月額は結構違う【2019】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホなどのモバイル機器を利用している限り毎月のように支払っている携帯料金。
「思ったより安い」と感じる人もいれば、「なんか高いような気がする」と感じている人もいるかもしれません。

また、「携帯料金の平均ってどれくらいなんだろう」と考えている人もいます。

そこで、今回は携帯料金の平均はいくらなのかをテーマに詳しくチェックしていきましょう。

料金はスマホを利用している場合とガラケー(フィーチャーフォン)を利用している場合でも異なります。

この記事では一般的な契約内容における携帯料金を詳しく紹介します。
この機会に契約が適切かどうかを見直してみるのはいかがでしょうか?

スマホ・携帯料金を節約する方法|平均よりも安くする5つの技術

1 携帯料金をチェックする際のポイント

fee

最初に携帯料金チェック時に注目したいポイントをみておきましょう。

スマホ料金のチェックポイント

  • 基本プラン(カケホの有無)によって料金が大幅に異なる
  • データ通信量には従量制プランと大容量定額プランがある
  • 各社とも料金プランは似たり寄ったり

スマホの料金を決めるポイントは「基本プランの料金とパケットパックの料金」の2つです。

そのため、自分の利用パターンに合っているかをチェックするのがオススメといえるでしょう。

記事内では3大キャリアの料金プランから平均価格をチェックしていきます。

ガラケー料金のポイント

  • 基本的にはスマホと同じようなプランが揃っている
  • キャリアによってはガラケー向けプランを用意している

ガラケー(フィーチャーフォン)の利用料金はキャリアによって多少の差があるので、自分の利用スタイルに合ったキャリアと契約するのがオススメです。

この記事ではそれぞれのキャリアの料金をチェックします。

2 スマホの利用料金をみてみよう!

Smartphone

最初にスマホの利用料金をチェックします。それぞれのキャリアにおける料金は次の通りです。

基本的に、3キャリアともほとんどデータ通信を利用しない人は5,000円台で大量に通信する人は10,000円以上になります。

なお、スマホ本体を分割購入している人は掲載されている料金に分割購入代金を加算するのを忘れないようにしてください。

2-1 ドコモの利用料金

ドコモの料金のしくみ

画像引用元:ドコモの料金のしくみ | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモの料金は基本プランとして下記3種類を

  • シンプル
  • カケホーダイ
  • カケホーダイライト

パケットパックとして下記2種類を用意しています。

  • ベーシックシェアパック
  • ウルトラシェアパック

料金は以下の通りです。

基本プラン料金表

基本プラン特徴料金(8%税込)
カケホーダイ国内通話無料2,916円
カケホーダイライト5分以内の国内通話無料1,836円
シンプル通話は従量制1,058円

基本プランは上記の3種類です。たくさん電話を掛ける人はカケホーダイを、あまり掛けない人はシンプルプランを契約するのがオススメです。

パケットパック料金表

パケットパック高速データ通信容量料金(税込)
ベーシックパック(従量制)~20GB7,560円
~5GB5,400円
~3GB4,320円
~1GB3,132円
ウルトラデータLLパック
(定額制)
30GB8,640円
ウルトラデータLパック
(定額制)
20GB6,480円

パケットパックは従量制プランと定額制プランがあり、コンスタントに5GB/月以上の通信をする人は定額制プランのほうがお得です。

ドコモの料金シミュレーション

上記の料金プランを念頭においてシミュレーションしてみましょう。

項目料金(税込)
基本プラン1,058円
(シンプル)
1,836円
(カケホーダイライト)
2,916円
(カケホーダイ)
spモード324円324円324円
パケットパック3,132〜7,560円
(ベーシック)
6,480円
(ウルトラL)
8,640円
(ウルトラLL)
月額利用料4,514〜8,942円8,640円11,880円

こうしてみてみると、基本プランとパケットパックの違いによって大きく異なるということがわかるでしょう。

ベーシックプラン+シンプルプランで契約した場合は5GBまでの場合、6,632円となりウルトラデータパックより安くなります。

外出先で動画を長時間視聴したり、オンラインゲームをプレイしたりしない限り5GBで収まることが多いので6,632円が平均的な価格といえそうです。

大容量プランを契約している人は8,000~12,000円になると考えておきましょう。

ドコモの平均利用料金

  • 5GB以内:6,632円
  • 大容量プラン:8,000~12,000円
ドコモの料金プランを見直し・変更!利用料金を今より安くする方法

2-2 auの利用料金

auピタットプラン

画像引用元:auピタットプラン | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

auも似たような料金プランを設定しており、内容は以下の表の通りです。

基本プラン料金表

基本プラン特徴料金(8%税込)
カケホ国内通話無料2,916円
スーパーカケホ5分以内の国内通話無料1,836円
シンプル通話は従量制1,058円

基本プランはドコモと似たような感じになっています。
音声通話の利用状況に応じて適切なものを選びましょう。

パケットパック料金表

パケットパック高速データ通信容量料金(税込)
auピタットプラン(従量制)~20GB6,998円
~5GB5,918円
~3GB4,838円
~2GB4,298円
~1GB3,218円
auフラットプラン3030GB8,100円
auフラットプラン2525GB6,642円
auフラットプラン2020GB5,940円

パケットパックは従量制プランと定額制プランが用意されており、ドコモと同様にコンスタントに5GB以上の通信を行う場合は定額制プランの方がお得になります。

なお、LTEフラットはLTEプランとセット加入しなければならないもので、料金がauフラットプラン20より高いので注意が必要です。

auの料金シミュレーション

auの料金をシミュレーションしてみましょう。

項目料金(税込)
基本プラン1,058円
(シンプル)
1,836円
(スーパーカケホ)
2,916円
(カケホ)
LTE NET324円324円324円
パケットパック3,218~6,998円
(ピタット)
3,218~6,998円
(ピタット)
5,940~8,100円
(フラット)
月額利用料4,600~8,380円5,378~9,158円9,180~11,340円

基本的にはドコモと似たような料金になります。従量制プランはドコモより細かく分かれているので、よりお得に利用できるかもしれません。

auの場合、シンプルプランとピタットプランで契約した場合1GB〜20GBまで利用する平均価格は6,490円となります。

また大容量プランでは7,000~11,340円あたりです。

auの平均利用料金

  • 5GB以内:6,490円
  • 大容量プラン:7,000~11,340円
auの料金プランを診断・変更!利用料金を最安にする方法とタイミング

2-3 ソフトバンクの利用料金

ウルトラギガモンスター+(プラス)

画像引用元:ウルトラギガモンスター+(プラス) | モバイル | ソフトバンク

続いてソフトバンクの料金プランについてもみていきます。
基本プラン+パケットパックという組み合わせは他の2キャリアと同じなので理解しやすいでしょう。

基本プラン料金表

基本プラン特徴料金(8%税込)
通話基本プラン通話は従量制1,620円
準定額オプション5分以内の国内通話無料
(オプションとして追加)
540円
定額オプション国内通話無料
(オプションとして追加)
1,620円

ソフトバンクの基本プランは従量制の通話基本プランが元になっていて、そこに必要に応じて定額・準定額オプションを追加するという仕組みになっています。

また、他の2キャリアとは異なり基本プランの料金の中にインターネット使用料が含まれているので、別途支払う必要はありません。

パケットパック料金表

パケットパック高速データ通信容量料金(税込)
ミニモンスター
(従量制)
~50GB7,538円
~5GB6,458円
~2GB4,838円
~1GB2,678円
ウルトラギガモンスター50GB6,458円

パケットパックは従量制プランと定額制プランの2本立てであることはかわりませんが、定額制プランが50GBのもの1本になっています。

こちらもコンスタントに5GB以上の通信をする場合は定額制プランの方がお得です。

ソフトバンクの料金シミュレーション

項目料金(税込)
基本プラン1,620円2,160円
(準定額オプション)
3,240円
(定額オプション)
パケットパック2,678~7,538円
(ミニモンスター)
6,458円
(ギガモンスター)
6,458円
(ギガモンスター)
月額利用料4,298~9,158円8,618円9,698円

料金シミュレーションをしてみると、大容量データ通信を利用する場合はドコモやauより安く使えます。

ソフトバンクの平均利用料は5GB以内ならば6,700円ほどになります。

また大容量データ通信を利用する場合でも10,000円以下で利用できるのは嬉しいポイントです。

ソフトバンクの平均利用料金

  • 5GB以内:6,700円
  • 大容量プラン:8,600~9,700円
ソフトバンクの料金プラン見直し!料金シミュレーションと変更方法

こうしてスマホの料金をチェックしてみると、3キャリアとも通信容量が少ない場合は4,500~6,000円通信量が多く定額制プランを契約した場合は9,500~12,000円になることがわかります。

このあたりが平均金額といえるので、契約内容に比べて高い料金を支払っている場合は余計なオプションを契約していないかを確認しましょう。

スマホの平均利用料金

  • 通信量が少ない:4,500~6,000円
  • 通信量が多い:9,500~12,000円

次のページではガラケー(フィーチャーフォン)の料金についてみていきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

携帯キャリア「分離プラン」は何がどう変わるの?今までとの違いは何?... 皆さんは「分離プラン」というものをご存知でしょうか? 分離プランとは、早ければ2019年夏に各大手キャリアに対して義務付けられる料金プランのことであり、月額料金を毎月払う我々の生活にも大きな影響を与えます。 特に、機種代金に与え...
ドコモ・au・ソフトバンク「2年縛り」の更新月を3ヶ月間に延長... 大手キャリアの契約プランは基本的に2年縛り。更新月と呼ばれる期間以外に解約すると、10,260円(税込)の解約金が発生してしまいます。 しかし、大手キャリア3社からこの更新月を延長するという発表がありました。今回は更新月延長の詳細と、...
携帯料金比較|ドコモ・au・ソフトバンクでスマホ代はどれが1番安い?... 2018年6月よりソフトバンクでは「スマホデビュー割」が終了し、新たなキャンペーンとして「おてがるプラン」がスタートしました。 使用したデータ通信量に応じて月々の支払額が変わる段階制の料金プランとなっています。 ドコモでは201...
子供に携帯は必要?3キャリアの月額料金・機種代金と防犯機能を比較... 子供が成長するにつれて、親としては携帯を持たせたほうがよいのか、持たせるとしたら何歳からが適切なのか、という点で悩むことは多いでしょう。 また、持たせる場合に3キャリアのうちどれにするかについて、費用や機能面でも悩むはずです。 ...