auの機種変更で一括0円・実質0円はもうない?今1番安い端末はいくら?

auの機種変更で一括0円・実質0円はもうない?今1番安い端末はいくら?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回の記事ではauで機種変更を考えているユーザーを対象に、一括0円や実質0円の現状と今1番安い端末はどれで値段はいくらなのか紹介していきます。

昔からのauユーザーには1台10万円を超える高額なスマホの値段表を見て「かつての0円携帯時代みたいな安い携帯電話はもう無いのか…」との声も少なくありません。

かつて日本中を沸かせた高額なキャッシュバックや割引で、0円で携帯電話を購入できた時代…果たして2019年夏の現状は0円の携帯電話はあるのか、値段の安い携帯電話はいくらなのか現状を見てみましょう。

auの機種変更で一括0円・実質0円は無いのか?今1番安い端末価格
  • 一括0円(0円携帯)は総務省の指導により絶滅危惧種に等しい
  • 実質0円(毎月割)はケータイ・タブレットのみ継続しスマホは終了予定
  • 今1番安いAndroidは32,400円の8台
  • iPhone 7(32GB)が今1番安いiPhone
  • ケータイなら実質負担金額10,800円の2台
  • 3Gの携帯電話利用中ならお得に機種変更出来るチャンス
auの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

トップ画像引用元:au Online Shop限定!特別価格!3240円割引 & 抽選で99人に1人、9,999円キャッシュバック! | au Online Shop

auの機種変更での一括0円は皆無

結論を先に申し上げるとau2019年夏モデルの機種変更で一括0円と呼ばれる、高額なキャッシュバックや割引は残念ながらauでは皆無です。

元々auではスマホの機種代金の割引を取り止めていく傾向にありましたが、2018年に登場した料金プラン『auピタットプラン』の登場を皮切りに本格的に機種代金の割引を撤廃しています。

残念ながらauの携帯電話で一括0円(0円携帯)は絶滅危惧種に等しい存在と言えるでしょう。

一括0円(0円携帯)は総務省の指導により無くなった

一括0円で購入できた携帯電話が無くなったのは、下記のような総務省からの指導が背景にあったと見られています。

  • 0円で購入できるがユーザーを囲い込む手法になっている
  • 解約しようとしても契約期間や特定のオプション加入必須なのでユーザーが損をする
  • 料金プランや割引が複雑化し、ユーザー側が困惑しやすい

au以外のドコモとソフトバンクも、高額なキャッシュバックにより一括0円で購入できる時代もあり、直接現金を渡す文字通りのキャッシュバック店もあったと噂される程です。

ただ流石にそのような現状を総務省からの指導が入り、2019年時点のau直営店では0円携帯になる一括0円は行われていません。

キャンペーンで割引は行われていますがキャッシュバックではなく、機種代金の割引に使えるポイントを付与する方式がよく行われています。

一部の携帯電話販売店では極稀に見つかることもある

iPhone

画像引用元:iPhone X iPhone X | au オンラインショップ | 新型機種など 予約・購入

auの直営店では一括0円は見つけられませんでしたが、逆に言うとauの直営店ではない店舗でのチャンスは残っています。

店舗独自のキャンペーンや割引、各種特典付与を計算すると一括0円と等しい条件でスマホを購入できる店舗も一部では残っているようです。

独自キャンペーンは店舗独自が行っているTwitterやFacebook等のSNSで告知されることが多いので、機種変更を考えたら近場の店舗のSNSをフォローしてみるのもおすすめです。

一括0円のまとめ:機種変更で一括0円スマホは滅多に見かけない代物

auの機種変更で一括0円の現状をまとめると以下のようになります。

  • 高額なキャッシュバックや割引で一括0円購入できる携帯電話は皆無に等しい
  • au直営店では総務省の指導が入った結果0円携帯は存在しない
  • 店舗独自のキャンペーンで、一括0円状態の携帯電話が見つかる可能性はある

一括0円携帯電話を見つけるのは至難の業ですが、見つけたら掘り出し物なので欲しいスマホなら条件を確認して機種変更すると良いでしょう。

auの機種変更で実質0円(毎月割)はケース次第

auでは機種代金を24回分に割った分を毎月割引することで、機種代金を実質0円にする毎月割と呼ばれる割引を実施しています。

一括0円が高額なキャッシュバックと割引で短期的に機種代金を0円にするのに対し、実質0円は2年間利用することで割引を完了させる長期的な割引という点で異なります。

一括0円が禁止され、0円携帯も白い目で見られるようになるにつれ、実質0円になるとは言えなかった、毎月割はお得だとauはアピールしていました。

しかし、残念ながらスマホの実質0円(毎月割)は終焉の時がすぐそこまで来ています。

スマホの実質0円(毎月割)は2019年8月31日に新規受付を終了

iPhone

画像引用元:iPhone X iPhone X | au オンラインショップ | 新型機種など 予約・購入

スマホの実質0円は特定の料金プランに加入するのが条件でしたが、対象となっている料金プランは2019年8月31日に新規受付を終了します。

9月1日以降は毎月割が適用されない料金プランのみ新規受付可能になるので、スマホの購入代金を実質0円にすることは出来なくなるのです。

毎月割は2018年に出た『auピタットプラン』の時点で適用されなくなっていたので、au側では主力のスマホの機種代金の割引を撤廃しようと思っていたのかもしれません。

タブレットやケータイでは実質0円(毎月割)は継続

ケータイやタブレットの料金プランは、2019年9月1日以降も毎月割の対象になっているので実質0円が完全撤廃ではありません。

auのスマホではなくタブレットやケータイでは実質0円の毎月割は継続して行われるので、どうしても安い携帯電話が欲しいなら敢えてケータイに機種変更する手もあります。

スマホからタブレットに機種変更する方は珍しいですが、もしタブレットに機種変更するなら毎月割の適用となる料金プランを選ぶと良いでしょう。

auの実質0円まとめ:スマホの一括0円は終了だがケータイとタブレットは継続

auの実質0円(毎月割)の適用可否についてまとめると下記のようになります。

  • 機種変更先がスマホ…毎月割対象料金プラン終了の為、実質0円はほぼ終了
  • 機種変更先がケータイもしくはタブレット…毎月割対象料金プランを選べば実質0円は継続

スマホの実質0円は無くなりますが、ケータイやタブレットは継続するのでケータイ同士やタブレット同士の機種変更の実質0円は、まだまだ現役です。

ケータイとタブレットはお得に購入できるので、ケータイユーザーとタブレットユーザーにはチャンスが残っていると言えるでしょう。

【2018-19年冬春版】最新タブレットおすすめランキング|iPad/Android

次のページでは、今1番安いau端末はいくらかを徹底調査しました。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ