【2021年】ドコモでiPhoneへの機種変更はいくらかかる?価格や料金を解説

ドコモでiPhoneに機種変更するときの手順やお得にすませるコツを解説します。ドコモで購入できるiPhone12やiPhoneSE2の最新の価格はいくらでしょうか。機種変更に使える割引・キャンペーンや、機種変更後のデータ移行方法までご紹介。
  • 2021年4月9日
  • by.morino

ドコモでiPhoneへ機種変更する時の手順

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回は、ドコモでiPhoneに機種変更する際の端末価格、手続きの仕方、データ移行、一番安い乗り換え方法などを解説していきます。

大手キャリアのドコモでは、毎年iPhoneの新機種が発売されます。

iPhoneに興味があるけれど、ドコモで機種変更をする際の価格や手続きが気になって、なかなか乗り換えに踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

最近は話題のahamoの提供が開始され、ドコモに注目が集まってきています。

他社回線から乗り換えたばかりなのでドコモの機種変更がわからないという人も、ぜひ参考にしてみてください。

ドコモでiPhoneへ機種変更する場合のまとめ
  • ドコモオンラインショップなら事務手数料・送料無料
  • 機種変更・契約変更手続きもまとめて行える
  • 今買うならiPhone 12シリーズが最もお得
  • iPhone同士の移行なら「クイックスタート」
  • Androidからの移行なら「ドコモデータコピー」
ドコモの機種変更を3万円お得にする方法とクーポン・キャンペーン情報 ※本記事中の価格は総額表示

ドコモのiPhone機種変更はいくらかかる?

iPhone 12 Pro

画像引用元:iPhone 12 Pro・iPhone 12 Pro Max | iPhone | NTTドコモ

iPhoneへの機種変更で最も気になる点が、やはり料金ではないでしょうか。

端末の購入価格が発生するのはもちろんですが、それに加えて、割引プログラム・下取りプログラム利用の有無やどこで手続きをするかによっても料金が異なってきます。

ここではiPhone 12 Proを例に、ドコモの機種変更において想定される3つのシーンで乗り換えた場合のおよその費用を算出しました。

ドコモでiPhoneの機種変更にかかる金額
  • 機種代金(約5万円~)と手数料がかかる
  • オンラインショップなら手数料0円
  • スマホおかえしプログラムなら機種代金がお得になる

店頭で機種変更するなら事務手数料がかかる

ドコモショップや家電量販店の店頭で機種変更をする場合は、契約変更または機種変更の事務手数料が発生します。

iPhone 12 Proは5G対応機種のため、現在Xi料金プランまたはFOMA料金プランに加入している方は、5G料金プランへの契約変更手数料として3,300円がかかります。

また、既に5G料金プランに加入している人は機種変更手数料として2,200円がかかります。

iPhone 12 Proの購入価格と合わせると、店頭で手続きした場合は合計131,296円~172,788円がかかる計算です。

店頭で機種変更した場合の料金
  • iPhone 12 Pro(128GB)⇒131,296円~132,396円
  • iPhone 12 Pro(256GB)⇒144,760円~145,860円
  • iPhone 12 Pro(512GB)⇒171,688円~172,788円

オンラインショップから自分で機種変更なら事務手数料が0円

ドコモは、24時間365日いつでもスマホを購入できるドコモオンラインショップを運営しています。

店舗へ足を運ばなくてもスムーズに手続きを行えるので、大変便利です。

実は、これまでに紹介した購入方法の中で最も安く機種変更できるのがオンラインショップなのです。

オンラインショップで購入手続きを行うと、契約変更手数料3,300円または機種変更手数料2,200円が無料になり、送料もかかりません。

オンラインショップで機種変更した場合の料金(割引なし)
  • iPhone 12 Pro(128GB)⇒129,096円
  • iPhone 12 Pro(256GB)⇒142,560円
  • iPhone 12 Pro(512GB)⇒169,488円

スマホおかえしプログラムを利用すればiPhoneがお得に使える

ドコモでは、端末の購入代金を一部負担してくれる「スマホおかえしプログラム」を提供しています。

適用条件は、36回分割払いを指定し、24ヶ月後にドコモへ返却することです。

スマホおかえしプログラムの対象は最新機種がメインとなっており、iPhone 12 Proも対象となっています。

iPhone 12 Proの場合は容量によって価格は異なりますが、実質負担額と事務手数料を合わせると合計88,264円~116,292円がかかります。

ただし、返却時に端末の画面が割れているなど状態が悪いと違約金を支払うことになるので、取り扱いには注意が必要です。

オンラインショップで機種変更した場合の料金(スマホおかえしプログラム利用時)
  • iPhone 12 Pro(128GB)⇒86,064円
  • iPhone 12 Pro(256GB)⇒95,040円
  • iPhone 12 Pro(512GB)⇒112,992円

ドコモのiPhoneを価格で比較|一番お得なのは?

ドコモ iPhoneシリーズの価格

画像引用元:iPhone Top | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモオンラインショップでは、現在iPhoneの最新機種iPhone 12シリーズとiPhoneSE(第2世代)の取り扱いをしています(2021年4月時点)。

各機種の料金を表にまとめました。

端末容量本体価格スマホおかえし
プログラム適用時
iPhone 1264GB101,376円67,584円
128GB109,296円72,864円
256GB123,552円82,368円
iPhone 12 Pro128GB129,096円86,064円
256GB142,560円95,040円
512GB169,488円112,992円
iPhone 12 Pro Max128GB142,560円95,040円
256GB156,024円104,016円
512GB182,952円121,968円
iPhone 12 mini64GB87,912円58,608円
128GB95,832円63,888円
256GB110,088円73,392円
iPhone SE(第2世代)64GB57,024円38,016円
128GB62,568円41,712円
256GB75,240円50,160円
詳細ドコモドコモ公式ショップ

2021年4月時点で最もお得な機種は、ドコモオンラインショップでの取り扱いもあり、スマホおかえしプログラムの対象となっている最新のiPhone 12シリーズです。

スマホおかえしプログラムを利用すれば負担額は3分の2で済みますし、買い取りで最後まで使う場合の価格も全キャリアの中で比較的安価に設定されています。

軽量小型のiPhoneが良いなら、iPhone SE(第2世代)も候補に入るでしょう。

iPhone 11シリーズは現在ドコモオンラインショップでは扱っていませんが、ahamoへのプラン変更・機種変更を想定しているなら大幅に値引きされるので、ハイスペックで価格の安いiPhoneを探しているなら検討する価値があります。

iPhone 12シリーズ

iPhone 12シリーズは、「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 mini」の4モデルからラインナップされた最新機種です。

シリーズ初の5G対応機種ということもあり、大変話題を集めました。

ドコモ iPhone12の機種変更まとめ|Pro・miniをお得に購入する方法も

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)は、廉価版モデルとして発売された機種です。

軽量小型でカラーバリエーション豊富、iPhone 8をベースにしたスペックと機能性を兼ね備えているため、iPhone入門モデルとして人気を集めています。

iPhone 11シリーズ

iPhone 11シリーズは、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3モデルからラインナップされた機種です。

ドコモでは2020年9月20日より発売されています。

現在はドコモオンラインショップでの取り扱いはありませんが、ドコモの新プランahamo向けの機種に「iPhone 11」がラインナップされ、再び話題になっています。

従来の価格よりも安価に設定されているため、大変お買い得です。

ドコモの機種変更をお得にするキャンペーン・割引

ドコモキャンペーン

画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

端末の代金を約30%値引きしてくれる「スマホおかえしプログラム」は高額なiPhoneを購入するのに大変役立ちますが、ドコモではほかにも機種変更をお得にするキャンペーンや割引を実施しています。

ここでは、機種変更に役立つ6つのキャンペーンと割引を紹介します。

条件に合う方は、ぜひ活用してみてください。

機種変更をお得にするキャンペーン・割引
  • 5GWELCOME割
  • 端末購入割引
  • はじめてスマホ購入サポート
  • 下取りプログラム
  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割

5GWELCOME割

5GWELCOME割

画像引用元:5G WELCOME割

他社からドコモへの乗り換えと機種変更を同時に行う場合は、端末価格が22,000円値引きされる「5GWELCOME割」が適用されます。

対象機種は、iPhone 12シリーズなどの5G対応機種です。

スマホおかえしプログラムとの併用も可能です。

5GWELCOME割
  • MNP転出時&機種変更を同時に行うと適用
  • 5G対応機種が対象
  • 端末価格が22,000円値引きされる

端末購入割引

端末購入割引

画像引用元:端末購入割引

「端末購入割引」は、ドコモが指定する対象機種への機種変更・契約変更した場合に、機種代金が5,500~22,000円値引きされる割引です。

現在オンラインショップや店頭で発売されているiPhoneのうち、「iPhone 11 Pro」「iPhone 11」「iPhone SE(第2世代)」も対象となっており、お得に機種変更できます。

端末購入割引
  • 対象機種への機種変更・契約が条件
  • iPhoneの対象機種は22,000円値引き

はじめてスマホ購入サポート

はじめてスマホ購入サポート

画像引用元:はじめてスマホ購入サポート | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

「はじめてスマホ購入サポート」は、他社の3G回線プランまたはドコモのFOMA指定プラン⇒Xiプラン・5Gプランへの乗り換えを行うときに、対象機種の販売価格が値引きされる割引です。

割引額は大きいのですが、対象機種が古く、既にオンラインショップでは取り扱いがないので利用するメリットが少ないです。

はじめてスマホ購入サポート
  • 指定プランへの乗り換えが条件
  • iPhoneは「iPhone XS Max」「iPhone XS」「iPhone XR」「iPhone SE(第1世代)」が対象
  • 44,000円~110,000円が値引き
  • 古い機種なので取り扱いが少ない

下取りプログラム

下取りプログラム

画像引用元:下取りプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

ドコモでは、お持ちのスマホを下取りに申し込むことでスマホの購入代金を値引きする「下取りプログラム」を実施しています。

iPhoneは最大77,300円、Androidスマホは最大39,200円で下取りしてくれます。

査定金額は、端末の購入代金にも充当できるdポイントに還元される仕組みです。

なお、スマホおかえしプログラムとの併用はできないので注意しましょう。

下取りプログラム
  • dポイントクラブ加入が条件
  • 査定額はdポイントに還元される
  • iPhoneシリーズなら最大77,300円値引き
  • Androidスマホなら最大39,200円値引き
  • スマホおかえしプログラムとの併用不可

みんなドコモ割

みんなドコモ割

画像引用元:みんなドコモ割 | 料金・割引 | NTTドコモ

「みんなドコモ割」は、3親等以内の家族で利用しているドコモ回線の数に応じて月額料金が値引きされます。

2回線であれば550円、3回線以上であれば1,100円月額料金が値引きされます。

端末価格自体が安くなるわけではありませんが、別居・同居を問わない上、割引期間も設定されていないので、ドコモを長く使うのであれば大変魅力的な割引です。

みんなドコモ割
  • 家族内で利用しているドコモ回線の数に応じて月額料金を値引き
  • 2回線で550円、3回線以上で1,100円値引き
  • 別居・同居は問わない
  • 半永久的に適用される
  • ドコモ光セット割との併用可能

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割

画像引用元:ドコモ光セット割 | 料金・割引 | NTTドコモ

「ドコモ光セット割」は、インターネット回線のドコモ光を契約しているユーザーを対象に、スマホの月額料金を割引するサービスです。

割引対象となるプランは、「5Gプレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホプレミア」「ギガホ」「ギガライト」の6種類です。

こちらも端末価格自体が安くなるわけではありませんが、割引期間も設定されていないので大変お得です。

ドコモ光セット割
  • ドコモ光を契約しているユーザーの月額料金を割引
  • 220~1,100円値引き
  • 割引対象のプランが設定されている
  • 半永久的に適用される
  • みんなドコモ割とも併用可能

ドコモで機種変更前に注意すべきポイント

ドコモ機種変更のイメージ

画像引用元:dアカウントで機種変更が簡単に! | お客様サポート | NTTドコモ

続いて、ドコモで機種変更する際に注意するべき6つのポイントを解説します。

新しいiPhoneへスムーズに乗り換える前に、ぜひ一読して準備しておきましょう。

機種変更前に注意すべきポイント
  • Apple IDとdアカウントを確認
  • 旧機種のデータをバックアップする
  • 最新のiOSにアップデートする(iPhoneのみ)
  • Wi-Fi環境を用意する
  • 一部電子マネーは移行できない
  • LINEの引き継ぎを行う

各種IDの確認・取得

iPhoneに機種変更する場合は、必ずApple IDが必要になります。

初期設定の際かiPhoneの「設定」で取得できます。

無料で取得できるので、iPhoneが手元に届いたら設定しておきましょう。

既にApple IDを持っている人は、パスワードが正常に機能するかどうか、iCloudにログインするなどして確認しておくとよいでしょう。

また、新しい機種でも引き続きドコモのサービスを利用するにはdアカウントが必要となります。

Webブラウザでdアカウントポータルサイトにアクセスし、パスワードを確認しておくことをおすすめします。

旧機種のデータをバックアップしておく

機種変更を行う際に必要となるのが、旧機種から新機種へのデータ移行です。

データをスムーズに移行するためには、まず古い機種のデータをバックアップしておく必要があります。

バックアップしておかないと写真やアプリなどのデータを失ってしまうため、大変重要な作業です。

最新のiOSにアップデートしておく(iPhoneのみ)

iPhone同士でデータの移行を行う方法に、クイックスタートという機能があります。

クイックスタートは、旧機種のすべてのデータを新機種へそっくりそのままコピーして移行するという機能です。

この機能を使って移行を行う場合は、旧機種・新機種共にiOS 12.4以降のバージョンが要求されます。

iOSのバージョンが異なると上手くコピーができなくなるため、念のためどちらの機種も最新版のiOSへアップデートしておくことをおすすめします。

Wi-Fi環境を用意する

クラウド間でバックアップやデータの移行を行うときには、大量のデータ通信が発生します。

モバイル通信を使うとすぐにデータ使用量の上限に達してしまうので、Wi-Fi環境を用意しておくとデータ通信量の節約になります。

電子マネーは一部移行できないものがある

iPhone同士の移行であれば、旧機種に登録していた各種電子マネーやクレジットカードが自動的に新しい機種へ引き継ぎできます。

AndroidからiPhoneへ移行する場合は、SuicaなどApple Payに対応している電子マネーであれば残高を引き継ぎできます。

しかし、おサイフケータイが前提となっているnanaco・WAON・楽天Edyなど一部の電子マネーは、AndroidからiPhoneに残高を引き継ぐことができません。

機種変更前に残高を使い切ったり、旧機種をおサイフケータイ専用機種として使ったりなど、今後の使い道を考えておくことをおすすめします。

LINEの引き継ぎを行う

今やメールや電話に代わる手段として人気を集めているLINEを、メインの連絡手段として使っている人も多いのではないでしょうか。

iPhone同士で機種変更する場合もAndroidからiPhoneへ機種変更する場合も、トーク履歴など一部のデータはそのままでは引き継ぎできないため、あらかじめバックアップしておく必要があります。

続いて、旧機種で「アカウント引き継ぎ」をオンにし、新機種のLINEでアカウントとパスワードを入力してログインすればほとんどのデータが移行されます。

なお、引き継ぎ後はトーク履歴の復元も忘れずに行っておきましょう。

期間限定】29歳以下ならdカード GOLDで最大35,000円分のポイント還元!お得なキャンペーン続々のdカード・dカード GOLDの詳細はこちら。

ドコモでiPhoneへ機種変更する時の流れ

機種変更の手続きと端末購入をスムーズに行いたいなら、ドコモオンラインショップが便利です。

近隣に店舗がない人や、営業時間内に店舗へ足を運ぶのが難しい人におすすめです。

購入する端末を決めたら、以下の手順を参考に購入手続きと機種変更(契約変更)手続きを行いましょう。

ここでは、例としてドコモオンラインショップでiPhone 12 Proへ機種変更する時の流れを解説します。

  1. ドコモドコモオンラインショップにアクセスし、ドコモ回線を契約しているアカウントでログイン
    ドコモオンラインショップ機種変更手順01
  2. 購入したい商品・カラー・容量・購入方法・支払い方法や必要事項を選択
    ドコモオンラインショップ機種変更手順02
  3. 画面の指示に従って購入手続きに進み、商品の受け取り方法・料金プラン・支払い情報などを選択
  4. 古い機種のデータをバックアップ
  5. 古い機種のSIMカードを取り外し、新しい機種にSIMカードを装着
  6. 新しい機種にデータを移行
  7. ドコモオンラインショップにアクセスし、商品出荷日から15日以内に開通手続きを行う

iPhone同士で機種変更した時のデータ移行方法

iPhone同士のデータ移行

画像引用元:クイックスタートを使って新しい iPhone、iPad、iPod touch にデータを転送

iPhone同士で機種変更する場合のデータ移行方法は、3つの方法が用意されています。

各方法の詳細を見ていきましょう。

iPhone同士でデータ移行する方法
  • クイックスタート
  • iCloud
  • iTunes

クイックスタート

クイックスタートとは、古いiPhoneと新しいiPhone同士をかざすだけで古い端末のデータを移行できる大変便利なデータ移行方法です。

iOS 12.4以降のiOS、iPhone 5S以降の機種ならば利用可能です。

転送時間は3種類の方法の中で最も早く、およそ5~10分という短時間で移行が完了します。

iCloud

古いiPhoneと新しいiPhoneを同一のWi-Fiネットワークに接続し、iCloudサーバーにバックアップしたデータを移行する方法です。

ワイヤレスでデータ移行できますが、データの移行が完了するまでかなり時間がかかるのがデメリットです。

iTunes

パソコンを持っているなら、iTunesを使った移行方法も利用可能です。

パソコンとiPhoneを有線接続し、パソコンにインストールした「iTunes」というAppleの管理ソフトを使って移行します。

iCloudと同じく、データの移行が完了するまでかなりの時間を要します。

AndroidからiPhoneへ機種変更した時のデータ移行方法

Android→iPhoneへのデータ移行

画像引用元:ご利用方法(データ移行) | お客様サポート | NTTドコモ

AndroidからiPhoneという異なるOS間へのデータ移行方法は、主に2つのアプリを使った方法が用意されています。

各方法の詳細を見ていきましょう。

AndroidからiPhoneへデータ移行する方法
  • ドコモデータコピー
  • Move to iOS(iOSに移行)

ドコモデータコピー

ドコモデータコピー

画像引用元:ドコモデータコピー | お客様サポート | NTTドコモ

ドコモユーザーであれば、「ドコモデータコピー」アプリを使ってAndroidからiPhoneへ簡単にデータを移行できます。

スマホ同士をWi-Fi接続するので、自宅にWi-Fi環境がなくても移行できるのは魅力です。

Move to iOS(iOSに移行)

AndroidからiPhoneにデータ移行する場合によく使われるのが、Appleの「Move to iOS(iOSに移行)」アプリです。

同アプリは、スマホ同士をWi-Fi接続してデータ移行を行います。

純正アプリだけあって正確かつスムーズに移行できますが、キャリアメールやアプリなど一部データの移行はサポートしていません。

そのため、ドコモユーザーならほとんどのデータをほぼまるごと移行できる「ドコモデータコピー」の方がおすすめです。

ドコモオンラインショップなら手続きも購入も簡単!

iPhone 12 miniレビュー
今回は、ドコモで機種変更する場合の価格、手続き、データの移行方法などを紹介してきました。

今買うなら、これからの5Gエリア拡大を見越してiPhone 12が最もおすすめです。

オンラインショップなら事務手数料や送料も無料になります。

また、機種変更時に併用できる割引も多いので、今回の記事を参考にしてお得にiPhoneへ機種変更してみてください。

ドコモでiPhoneへ機種変更する場合のまとめ
  • ドコモオンラインショップなら事務手数料・送料無料
  • 機種変更・契約変更手続きもまとめて行える
  • 今買うならiPhone 12シリーズが最もお得
  • iPhone同士の移行なら「クイックスタート」
  • Androidからの移行なら「ドコモデータコピー」
ドコモオンラインショップで機種変更した時の注文から開通までの流れ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • ahamo利用料金の税込100円につき10%還元
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB、2021年9月~)
年会費
11,000円
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円