ドコモでAndroidからiPhoneに機種変更!料金やデータ移行方法も【2022年】

ドコモでiPhoneに機種変更するときの手順やお得にすませるコツを解説します。ドコモで購入できるiPhone13やiPhoneSE2の最新の価格はいくらでしょうか。機種変更に使える割引・キャンペーンや、機種変更後のデータ移行方法までご紹介。
  • 2022年3月1日
  • by.nuko

ドコモでiPhoneへ機種変更する時の手順

ahamoは月額2,970円20GBの格安プラン!
6月スタートの大盛りオプションなら月額4,950円100GBとお得に使えちゃいます!

この記事では、ドコモでAndroidからiPhoneに機種変更する際の料金や機種代金、キャンペーンやデータ移行方法について解説します。

AndroidからiPhoneに初めて機種変更する方は、「iPhoneにして高くならないか」と不安に感じることも多いようです。

これからiPhoneに買い換える方は、この記事で料金やお得に買えるキャンペーンをチェックしてiPhoneをゲットしてください!

iPhoneに機種変更するポイント
  • オンラインショップなら事務手数料無料
  • 購入プログラム利用でiPhone 13 mini 49,368円〜
  • iPhone SEなら38,016円〜
  • 月額料金はAndroidと一緒
  • 4G→5Gになるなら5G対応プランに変更が必要
人気記事

この記事では、ドコモの機種変更に使えるキャンペーン・クーポンなどをご紹介します。 ドコモでお得に機種変更をするには、ドコモオンラインショップでの機種変更がおすすめです。 また機種変更のタイミングは、今適用しているサービスや料金プ[…]

ドコモ機種変更

ドコモでAndroidからiPhoneへの機種変更にかかる料金

iPhone13レビュー

ドコモでAndroidからiPhoneへ機種変更する際、気になるのは機種変更の費用ではないでしょうか。

iPhoneの機種代金が発生するのはもちろん、事務手数料や端末割引プログラムを利用するかしないかで、かかる料金は異なります。

ドコモでiPhoneに機種変更する際の料金
  • 機種代金(実質約5万円〜)がかかる
  • ショップでは事務手数料がかかる
  • オンラインショップなら事務手数料0円
  • いつでもカエドキプログラムで機種代金が実質約半額

店頭で機種変更する場合は事務手数料がかかる

ドコモeSIMの再発行はドコモショップでしか手続き不可

画像引用元:ドコモショップ丸の内店 | NTTドコモ

ドコモショップや家電量販店などの店頭では、iPhoneに機種変更する際に事務手数料が発生します

事務手数料は今の契約内容によって変わり、簡単にまとめると次の通りです。

iPhoneにする際の事務手数料
  • 5G Androidスマホ→iPhone 13:2,200円
  • 4G Androidスマホ→iPhone 13:3,300円
  • 3Gのガラケー→iPhone 13:3,300円
  • 4Gガラホ→iPhone SE:2,200円

オンラインショップなら手数料無料

ドコモオンラインショップ

画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

事務手数料をかけずにiPhoneに機種変更するなら、ドコモオンラインショップを利用しましょう。

ドコモオンラインショップでは、AndroidからiPhoneへ機種変更する際の事務手数料が無料です。

ドコモオンラインショップのポイント
  • 機種変更の事務手数料が無料
  • 24時間いつでも手続きできる
  • 待ち時間なし
  • 機種変更したiPhoneが最短2日で届く

さらに、24時間いつでも待ち時間なく機種変更できます。

購入した機種は自宅に無料で配送されるので、申し込みから受け取りまでお店に行く必要はありません。

忙しくてなかなか機種変更しに行けない方も、ドコモオンラインショップなら気軽に手続きできますよ!

いつでもカエドキプログラムでiPhoneが実質約半額で手に入る

いつでもカエドキプログラム

画像引用元:いつでもカエドキプログラム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモでは、機種代金の約半額が免除される「いつでもカエドキプログラム」を提供しています。

いつでもカエドキプログラムでは、残価設定型の24回払いでiPhoneを購入し、23ヶ月目にiPhoneをドコモに返却することで、24回目の支払いが免除されます

24回目が1番高額に設定されていて、この支払いが免除されることで実質約半額まで安くなります。

具体的なiPhoneの機種代金は、次の章で一覧にまとめているので確認してください。

ahamoは月額2,970円20GBの格安プラン!
6月スタートの大盛りオプションなら月額4,950円100GBとお得に使えちゃいます!

ドコモのiPhoneを価格で比較|一番お得なのは?

iPhone 13シリーズ

ドコモオンラインショップでは、最新のiPhone 13シリーズと、iPhone SE(第2世代)の64GB・128GBを取り扱っています。

以下に各機種の通常価格と「いつでもカエドキプログラム」を利用した場合の実質価格をまとめました。

端末容量通常価格いつでもカエドキ
プログラム適用時
iPhone 1364GB111,672円56,232円
128GB125,136円63,096円
256GB164,736円84,216円
iPhone 13 mini128GB98,208円49,368円
256GB120,384円60,984円
512GB151,272円77,352円
iPhone 13 Pro128GB142,560円72,600円
256GB165,528円85,008円
512GB197,208円100,848円
1TB226,512円115,632円
iPhone 13 Pro Max64GB165,528円85,008円
128GB182,160円92,400円
256GB213,048円108,768円
1TB243,144円124,344円
iPhone SE(第2世代)※64GB57,024円38,016円
128GB62,568円41,712円
詳細ドコモ公式ショップを見る

2022年2月時点で、最も安く購入できるのはiPhone SE(第2世代) 64GBです。

ただ、適用される購入プログラムが「スマホおかえしプログラム」なので、通常価格の約2/3の実質価格となります。

iPhone 13 miniとの価格差が約1万円しかないので、コスパを考えるならiPhoen 13 miniの方がいいかもしれません。

純粋に安さ重視ならiPhone SE(第2世代)、コスパやスペックを考慮するならiPhone 13シリーズを購入するようにしましょう。

iPhone 12シリーズは在庫なしが続いている

ドコモオンラインショップの取り扱い機種一覧には、iPhone 12シリーズもまだ掲載されています。

しかし、購入画面にいくと全てのモデルが「在庫なし」になっています。

ここ最近ずっと購入可能な状態にならないので、事実上販売終了と考えていいでしょう。

ドコモでAndroidからiPhoneにした時の料金プラン

ドコモのギガプラン

画像引用元:ドコモのギガプラン | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモの料金プランは、AndroidでもiPhoneでも共通です。

そのため、すでに5G対応のAndroidスマホを利用中の方や、4GスマホからiPhone SEに機種変更する方は現在のプランのまま機種変更できます

一方、現在4G契約の方がiPhone 13を購入する場合は5G契約になるため「5Gギガホ プレミア」または「5Gギガライト」にプラン変更が必要です。

5Gギガホ プレミアの月額料金

5Gギガホ プレミアの割引後料金
月額料金7,315円
(3GB以下
5,665円
データ量無制限
ドコモ光セット割-1,100円
みんなドコモ割
(3回線以上)
-1,100円
dカードお支払い割-187円
割引後の月額料金4,928円
(3GB以下
3,278円)

5Gギガホ プレミアは、データ量無制限かつテザリングも無制限のプランです。

通常価格は月額7,315円と高額でうsが、みんなドコモ割とドコモ光セット割、dカードお支払いを適用することで月額4,928円まで安くなります。

また、30歳以下の方はU30ロング割も併用することで、6ヶ月間は1,089円で使えます。

割引期間中は5Gギガライトやahamoよりお得に使えるので、30歳以下の方は5Gギガホ プレミアを選びましょう!

5Gギガライトの月額料金

プランデータ量月額料金
5Gギガライト
ギガライト
〜7GB4,378円
〜5GB3,278円
〜3GB2,728円
〜1GB2,178円

5Gギガライトは、0GB〜7GBまで利用するデータ量に応じて月額料金が上がっていくプランです。

割引適用後は1GBが2,178円とドコモのプランの中でも最安値ですが、1GB単価は割高なプランです。

なお、プラン自体の上限は7GBまでですが、1GB・3GB・5GBに上限設定もできます。

上限を超えると最大128kbpsまで低速化し、正直使い物にならなくなります。

ただ、小容量で安く使いたい方は、5Gギガライトとギガプラン上限設定オプションを上手に組み合わせて利用しましょう。

以上のことから、5Gギガライトは自宅や職場・学校のWi-Fi利用が中心で、データ量の消費がほとんどない方向けのプランとなっています。

AndroidからiPhoneの機種変更でお得なキャンペーン・割引

ドコモにお乗り換えで最大22,000円分割引

画像引用元:ドコモにお乗り換えで最大22,000円分還元!

ここからは、ドコモのAndroidからiPhoneに機種変更する際に使えるキャンペーン・割引を見ていきましょう。

「いつでもカエドキプログラム」で、iPhoneは実質約半額まで安くなります。

他にもドコモは豊富にキャンペーン・割引を開催しているので、上手に利用することでさらにお得になります。

iPhoneへの機種変更がお得になるキャンペーン
  • 5G WELCOME割
  • 端末購入割引
  • 下取りプログラム
  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割
  • U30ロング割

5G WELCOME割

5GWELCOME割

画像引用元:キャンペーン・特典 一覧

他社からドコモへの乗り換えと機種変更を同時に行う場合は、「5G WELCOME割」で機種代金から22,000円割引、または高額dポイント還元が受けられます。

5G WELCOME割の対象iPhoneは次の通りです。

割引対象のiPhone
  • iPhone 13シリーズ
    →他社から乗り換えで22,000円割引
    →U15の新規契約で20,000ポイント還元
  • iPhone 12シリーズ
    →U30の乗り換えで20,000ポイント還元

今のところ、機種変更のみで対象のiPhoneはありません

ですが、他社から乗り換え+iPhone購入を考えている方は5G WELCOME割でお得にiPhoneを手に入れましょう!

端末購入割引

ドコモ キャンペーン

画像引用元:端末購入割引

端末購入割引」は、乗り換えや機種変更でドコモが指定する対象機種を購入した場合に、最大22,000円割引、またはdポイント還元が受けられる割引です。

現在ドコモが取り扱っているiPhoneは、乗り換えかつ30歳以下のみdポイント還元対象となっています。

割引対象のiPhone
  • iPhone SE(第2世代)
    →U30の乗り換えで20,000ポイント還元

5G WELCOME割同様に、機種変更で対象のiPhoneはありません

他社から乗り換えでiPhone SE(第2世代)を購入したら、たっぷり還元されるdポイントをd払い等で活用しましょう!

下取りプログラム

下取りプログラム

画像引用元:下取りプログラム

ドコモでは、不要になったスマホを「下取りプログラム」で下取りに出すことで、高額dポイント還元が受けられます。

2022年2月現在、Androidスマホの下取りは最大37,500円相当!

また、下取り価格は下がりますが、画面割れや機能不良品の下取りもOKです。

下取りプログラム
  • dポイントクラブ加入が条件
  • 査定額はdポイントで還元
    (店頭購入の場合のみ機種代金割引)
  • Androidスマホは最大37,500円相当を還元
  • iPhoneは最大75,000円相当を還元
  • いつでもカエドキプログラム・スマホおかえしプログラムと併用不可

ドコモのiPhoneに機種変更した後、古いスマホが不要な方は、下取り価格をチェックした上で下取りに出しましょう!

みんなドコモ割

みんなドコモ割

画像引用元:みんなドコモ割 | 料金・割引 | NTTドコモ

「みんなドコモ割」は、同じファミリー割引内の対象プランの回線数に応じて、月額料金がずっと割引されます。

5Gギガホ プレミアや5Gギガライトの場合、2回線で550円、3回線以上の1,100円の割引です。

端末価格自体が安くなるわけではありませんが、別居・同居を問わない上、割引期間も設定されていません。

ドコモを長く使うのであれば、かなり魅力的な割引です。

なお、ahamoの家族も人数にはカウントされます。

みんなドコモ割
  • ファミ割内の対象プラン数によって月額料金を割引
  • 2回線で550円割引、3回線で1,100円割引
  • 別居・同居は問わず同じファミリー割引に参加していればOK
  • 割引は半永久的に適用
  • ドコモ光セット割・dカードお支払い割・U30ロング割と併用可能

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割

画像引用元:ドコモ光セット割 | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモ光セット割」は、ドコモ光を契約しているユーザーを対象に、スマホの月額料金を最大1,100円割引するサービスです。

ドコモ光契約者のドコモ回線はもちろん、同じファミリー割引内の家族のドコモ回線も割引対象になります。

ドコモ光をセット利用している限り割引が続くので、みんなドコモ割と同様に必ず適用したい割引ですね!

ドコモ光セット割
  • ドコモ光契約者とファミ割の家族の月額料金を割引
  • ずっと最大1,100円割引
  • みんなドコモ割・dカードお支払い割・U30ロング割と併用可能

U30ロング割

ドコモ U30ロング割

画像引用元:U30ロング割

U30ロング割」は、30歳以下の方を対象にギガホ プレミア・5Gギガホ プレミアの月額料金が割引されます。

5Gギガホ プレミアの割引適用後料金

項目6ヶ月目まで7ヶ月目以降
5Gギガホ プレミア7,315円
みんなドコモ割
(3人以上)
-1,100円
ドコモ光セット割-1,100円
dカードお支払い割-187円
U30ロング割-3,839円-550円
割引後の月額1,089円4,378円

初めの6ヶ月間は大幅な割引が適用され、併用できる全ての割引を適用すると月額1,089円まで安くなります。

その後も31歳の誕生月まで550円割引がずっと続くので、割引総額はかなり大きくなります。

30歳以下でドコモのiPhoneを購入する方は、U30ロング割で半年間激安運用しましょう!

ドコモでAndroidからiPhoneに機種変更する前の注意点

Xperia 5 III ディスプレイ

続いて、ドコモでAndroidからiPhoneに機種変更する前に、注意したいポイントを解説します。

スムーズにiPhoneに機種変更するために、一通りチェックして準備してください。

iPhone機種変更前の注意点
  • Googleアカウントを確認しておく
  • Wi-Fi環境を用意する
  • 一部の電子マネーは移行できない可能性あり
  • LINEはトーク履歴など引き継ぎできないデータがある
  • 有料アプリ・アプリ内課金は引き継ぎ不可

Googleアカウントを確認しておく

AndroidからiPhoneに機種変更する前に、Androidで利用しているGoogleアカウントを確認しておきましょう

Googleカレンダーやメモなど、Androidスマホを使っているとGoogleアカウントに紐づいた情報が多くあるはずです。

そのため、iPhoneでGoogleアカウントにログインできないと、必要なデータが取り出せないということも。

iPhoneに機種変更する前に、GmailのWebサイト等にアクセスして、問題なくログインできるか確認しておきましょう。

なお、パスワードを忘れた場合の手続きは、ログイン済みのAndroidがある状態だとスムーズに進みます。

Wi-Fi環境を用意する

iPhoneを購入した後は、何かとデータ量を多く使います。

iPhoine購入後にデータ消費が多い操作
  • ゲーム等のアプリをインストール
  • Androidの写真・動画をクラウド経由でiPhoneに入れる

最低限必要なアプリやデータだけで、数十GB必要になる方もいます。

5Gギガホ プレミアならデータ量無制限ですが、ネットワークを圧迫する大量通信は速度制限になる可能性があります

iPhoneに機種変更した後に困らないように、アプリのインストールや写真・動画の取得はWi-Fi環境を用意して行いましょう。

一部の電子マネーは移行できない可能性あり

Androidスマホのおサイフケータイで各種電子マネーを利用している方は、iPhoneに移行できない可能性があることに注意しましょう。

例えばイオンで利用できるWAONは、AndroidからiPhoneへのデータ移行不可です。

おサイフケータイを利用している方は、機種変更前に必ず公式サイトでiPhoneにデータ移行できるかチェックしてください。

LINEはトーク履歴など引き継ぎできないデータがある

LINEアカウントが引き継外ないときの対処

画像引用元:LINE|いつもあなたのそばに。

AndroidからiPhoneに機種変更する際、LINEもデータ移行したいですよね。

Android同士ならほぼ全てのデータが引き継げますが、AndroidからiPhoneでは引き継げないデータが多いので注意しましょう。

iPhoneへ引き継ぎできるデータ
  • 友だちリスト・グループ
  • 自分のプロフィール情報
  • ステータスメッセージ
  • アルバム・ノートの情報
  • タイムライン
  • LINE Keepに保存しているデータ
  • LINE Pay・LINEポイント残高
  • ポイントクラブのランク
  • LINEスタンププレミアムの利用情報
iPhoneへ引き継ぎできないデータ
  • トーク履歴
  • 通知音の設定
  • LINE Outのチャージ済みクレジット
  • トークルームごとの通知ON/OFF設定

特にトーク履歴が引き継がれないことに注意が必要です。

LINEは新しい機種でログインすると、今までの機種ではトークの閲覧もできなくなります。

重要な連絡をLINEでしている方は、iPhoneに機種変更する前にスクショを残すなど、トーク履歴が見れなくなっても問題ないように準備しておきましょう。

有料アプリ・アプリ内課金は引き継ぎ不可

Androidスマホで有料の買い切りアプリを購入している方や、ゲーム等のアプリ内課金を利用している方は、iPhoneに引き継ぎできないことに注意しましょう。

課金している場合の注意点
  • 有料アプリはiPhone購入後にApp Storeで買い直し
  • Google Playで支払っているサブスクは解約
    →App Storeで再契約
  • ゲーム内課金はiOSへの引き継ぎ不可
    →ガチャ等で消費しきってからiPhoneにデータを移そう

特にゲーム内課金で購入した「石」が余っている方は、iPhoneに機種変更する前に使い切ってしまった方がいいでしょう。

AndroidからiPhoneへ機種変更した時のデータ移行方法

AQUOS R6 ディスプレイ

最後に、AndroidからiPhoneへ機種変更した時のデータ移行方法を解説します。

データ移行方法は多種多様な方法がありますが、ここではアプリを使った方法を見ていきましょう。

AndroidからiPhoneへデータ移行するアプリ
  • ドコモデータコピーアプリ
  • Move to iOS(iOSに移行)アプリ

ドコモデータコピーアプリ

ドコモデータコピーのアイコン

画像引用元:‎「ドコモデータコピー」をApp Storeで

ドコモデータコピーアプリは、ドコモが提供するデータ移行アプリです。

スマホ同士を直接Wi-Fiで接続してデータ移行するので、クラウド経由のデータ移行のようにデータ量を気にする必要はありません。

また、SDカードにバックアップもできるので、万が一の故障時にも安心です。

ドコモデータコピーで移行できるデータは次の通りです。

ドコモデータコピーで移行できるデータ

項目データ移行SDカードへバックアップ・復元※1
電話帳
+メッセージ○※○※
スケジュール/メモ
画像/動画
音楽○※
メール-
通話履歴-
※Android間のみ移行可能

一部iPhoneへは移行できないデータもありますが、簡単にデータ移行するならドコモデータコピーアプリを使ってみましょう。

アプリダウンロードはこちら
アップルストア

なお、Androidスマホにはプリインストールされています。

ドコモデータコピーでのデータ移行手順

手順画像引用元:ドコモ スマートフォンからiPhoneへのデータの移行 | お客様サポート | iPhone | NTTドコモ

  1. データ移行元・移行先にアプリをインストール
  2. iPhoneはWi-FiをON、BluetoothをOFFにしておく
    iPhoneはWi-FiをON、BluetoothをOFFにしておく
  3. アプリを起動して「はじめる」をタップ
    アプリを起動して「はじめる」をタップ
  4. Androidで「今までのスマートフォン」、iPhoneで「新しいスマートフォン」をタップ
    Androidで「今までのスマートフォン」、iPhoneで「新しいスマートフォン」をタップ
  5. Androidで「iPhone/iPad」、iPhoneで「それ以外」をタップ
    Androidで「iPhone/iPad」、iPhoneで「それ以外」をタップ
  6. iPhoneで「読み取り」をタップ
    iPhoneで「読み取り」をタップ
  7. Androidの画面に表示されたQRコードを読み取る
  8. コピーしたいデータにチェックを入れて「次へ」をタップ
    コピーしたいデータにチェックを入れて「次へ」をタップ
  9. データ移行が完了するのを待つ

これでデータ移行完了です。

Move to iOS(iOSに移行)アプリ

iOSに移行

画像引用元:iOSに移行 – Google Play のアプリ

AndroidからiPhoneへのデータ移行には、Appleの「Move to iOS(iOSに移行)」アプリもよく利用されます。

アプリダウンロードはこちら
 グーグルプレイ

ドコモデータコピーと同様にスマホ同士をWi-Fi接続するアプリで、スムーズにデータ移行できます。

ただ、本アプリを利用したデータ移行は、iPhoneの初期設定中にしか利用できません

データ移行をスキップして初期設定を完了させた場合は、後から利用できるドコモデータコピーを利用した方がいいでしょう。

オンラインショップとキャンペーン利用でお得にiPhoneに機種変更しよう

iPhone13 Pro

今回は、ドコモでAndroidからiPhoneに機種変更する際の料金や機種代金、キャンペーンを解説しました。

ドコモでiPhoneに機種変更のポイント
  • オンラインショップなら事務手数料無料
  • 購入プログラム利用でiPhone 13 mini 49,368円〜
  • iPhone SEなら38,016円〜
  • 月額料金はAndroidと一緒
  • 4G→5Gになるなら5G対応プランに変更が必要

ずっとAndroidを使っている方の中には、iPhoneは高いと思っている方もいます。

しかし、購入プログラムやキャンペーンを利用することで、ドコモのiPhoneは実質半額以下とかなり安くなります!

料金プランは5Gスマホ用になりますが、こちらもAndroidと同じプランなので安心です。

これから初iPhoneを購入する方は、今回の解説を参考に、ぜひドコモでお得に購入してください!

ahamoは月額2,970円20GBの格安プラン!
6月スタートの大盛りオプションなら月額4,950円100GBとお得に使えちゃいます!

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • 利用料金の税込100円につき10%還元(最大300pt)
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB)
年会費
11,000円(税込)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円

※ドコモ利用料金の還元は1,000円(税抜)につき100ポイントです。
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。

※ahamoはオンライン限定サービス(有償の店頭サポートあり)です。
※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。
ahamo申し込み時の注意点についてはこちら

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!