auのiPhone11に機種変更|お得に購入する完全ガイド

auのiPhone11に機種変更|お得に購入する完全ガイド

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 11はとても人気の端末で、auでもiPhone 11に機種変更する方が多いです。

どうせauでiPhone 11に機種変更するなら、お得に購入したいですよね。

auではお得にiPhone11へ機種変更できるキャンペーンやクーポンがあります。

この記事ではauのiPhone 11に機種変更するお得なテクニックを紹介していきます。

auのiPhone11にお得に機種変更
  • 新規・乗り換えならauオンラインショップで11,000円割引
  • クーポンを持っている人は10,000円割引が可能
  • 下取りプログラムでau WALLETポイント還元もあり
  • auオンラインショップなら頭金が0円

トップ画像引用元:iPhone 11 新型デュアルカメラ搭載|au

auのiPhone11で使えるキャンペーン

au 乗り換え MNP キャンペーン
2020年2月時点でauのiPhone11で使えるキャンペーンの内、適用されるユーザーが多いキャンペーンは主に3つあります。

キャンペーンは併用して使えるものもあるので、それぞれを詳しく見ていきましょう。

auオンラインショップお得割(新規・乗り換え)で最大11,000円割引

iPhone11はauオンラインショップで新規契約、または他社からの乗り換えを行うと機種代金が割引される「auオンラインショップお得割」の対象になっています。

機種変更では適用されませんが、iPhone11の購入先を店舗ではなく、オンラインショップにするだけで機種代金11,000円割引されます。

簡単な手順の割に割引金額が大きいので、auのiPhone11を購入する時はauオンラインショップが基本と覚えておきましょう。

下取りプログラム(通常・乗り換え)でau WALLETポイント還元

auでは新規契約(乗り換え含む)・機種変更で、今の携帯電話をauに下取りしてもらう「下取りプログラム」を実施中です。

還元額はau WALLETポイントで行われ、下取りで貯めたポイントを毎月の機種代金に充当できるので、毎月の負担を減らせる実質値下げになります。

下取り対象の携帯電話や還元されるau WALLETポイントは不定期で変動するので、iPhone11購入前に一度チェックしておきましょう。

アップグレードプログラムNXで最大12回分の機種代金免除

購入後の実質値引きを狙えるのが「アップグレードプログラムNX」です。

auでiPhone11を36回分割支払いで購入し、24ヶ月目以降の機種変更でiPhone11を引き取ってもらうと最大12回分の支払いが免除されます。

iPhone11を約33%OFFで購入できるのと同じですが、2年後にiPhone11を引き取る際に問題が無いか審査が行われるので、iPhone11は丁重に使用しましょう。

auのiPhone11で使えるキャンペーン
  • auオンラインショップお得割(新規・乗り換え)で最大11,000円割引
  • 下取りプログラム(通常・乗り換え)でau WALLETポイント還元
  • アップグレードプログラムNXで最大12回分の機種代金免除

auのiPhone11で使えるクーポン

auショップ

画像引用元:auショップ・コンビニでのチャージ(入金)方法 | プリペイドカードへのチャージ(入金)方法 | au WALLET

auでは機種変更や新規契約で使えるキャッシュバッククーポンを配布しており、iPhone11もキャッシュバック対象となっています。

クーポンを入手できたらお得に購入できるチャンスなので、是非この機会を逃さないようにしましょう。

auのiPhone11でキャッシュバックされる金額は10,000円

auのiPhone11でキャッシュバックされる金額は下記表のように容量問わず10,000円となっています。

機種名au WALLETキャッシュバック金額
iPhone11(64GB/128GB/256GB)10,000円

キャッシュバックで10,000円分が実質値下げとなるので、他のキャンペーンと併用できるならダブルでお得になるでしょう。

余談ですがiPhone11の上位モデルに当たる「iPhone11 Pro」「iPhone11 Pro Max」も同じくクーポンによる10,000円キャッシュバックの対象となっています。

iPhone11より更に高スペックなiPhoneが欲しい人もお得に入手できるチャンスです。

クーポン自体の配布は少なくなっているので見つけたらチャンス!

auのクーポンは各種Webサイトの会員登録やauが提供するショッピングサイト「Wowma」、あるいは株主優待券から入手可能です。

ただし、今まで様々な場所から入手できたクーポンですが、2020年になってから配布されることも少なくなっています。

クーポン自体の希少価値が高まっているので、運よく入手出来たら期間中に忘れずに交換しましょう。

→au公式ショップでiPhone 11を見る

auでiPhone11を持った時の運用費

iPhone

「iPhone11に機種変更したいが、月額料金がいくらになるか分からない…」と悩んでいる方も少なくありません。

そこで下記条件を設定して「iPhone11を安く使った時の運用費」と「iPhone11をガッツリ使った時の運用費」をシミュレーションしてみましょう。

シミュレーションの前提条件
  • 購入するのはiPhone11(64GB)
  • 36回分割支払いで契約
  • 料金プランは新auピタットプランN(2年契約N)を1GB未満で利用と仮定
  • 通話オプションは無し
  • 毎月の月額料金の割引無し

iPhone11を安く使った時の初月の運用費は5,980円が目安

auのiPhone11を安く使った時の初月の運用費は下記の通りで5,980円が目安になります。

料金内訳金額
新auピタットプランN(~1GB)の基本料金2,980円
契約事務手数料3,000円
合計5,980円

auでは分割支払いの機種代金は契約の翌々月から請求されるので、初月は基本の料金プランと契約事務手数料3,000円のみ請求されます。

更に有料オプションやゲームアプリの課金等があれば上記の料金に上乗せされる仕組みです。

初月以降の運用費は5,500円が最低限の目安

初月以降の2ヶ月目からの月額料金は5,500円となります。

料金内訳金額
新auピタットプランN(~1GB)の基本料金2,980円
機種代金2,520円
合計5,500円

基本料金プラン+機種代金の5,500円がiPhone11運用費と覚えておきましょう。

通話オプション込・データMAXプラン Netflixパックだと12,580円

「iPhone11でネットをガッツリ使いたい!」「通話もたくさん利用するから通話オプションも契約したい」という方向けの運用費もシミュレーションしてみましょう。

契約する料金プランを月額容量無制限のデータMAXプラン Netflixパックに、通話定額オプションも付けたのが下記表です。

料金内訳金額
基本料金7,880円
通話定額オプション1,700円
契約事務手数料(初月のみ)3,000円
機種代金(2ヶ月目以降)2,520円
初月の合計12,580円
2ヶ月目以降の合計12,100円

※過去にスマホ応援割が適用されていなければ6ヶ月間6,880円

流石に月額容量無制限プランなので初月12,580円、2ヶ月目以降12,100円と、それなりに月額料金が発生します。

しかし、格安SIMのように容量無制限で低速ではないので、自宅にWi-Fiが無い人は検討する価値はあると言えるでしょう。

安く利用し続けたいならアップグレードプログラムNXで2年後に機種変更しよう

iPhone11の運用費を安くしたいなら購入時にアップグレードプログラムNXに加入して、2年後に機種変更しましょう。

機種代金の実質66%を支払えば残債は免除されるので、トータルの運用費を節約できる結果になる為です。

アップグレードプログラムNXは無料で加入できますし、2年後には最新のiPhoneもリリースされているはずなので無理にiPhone11を使い続けるより、2年後に機種変更がおすすめです。

auオンラインショップでiPhone11に機種変更するメリット

auオンラインショップのメリット

画像引用元:au Online Shopなら、頭金なし!送料無料!来店不要! | au Online Shop

「iPhone11を購入するならauオンラインショップがおすすめ」とキャンペーンの項目で述べたように、購入は店舗購よりauオンラインショップの方がiPhone11は向いています。

独自キャンペーンを行っている点も理由ですが、それ以外にもauオンラインショップならではのメリットが5点あります。

auオンラインショップならiPhone11を頭金0円で購入できる

auオンラインショップでは頭金0円で購入できる点をセールスポイントにしており、機種代金を安く抑えることが可能です。

頭金と呼ぶと住宅や車のように「総額の一部を前もって払い、残りを月額で支払う」と思われがちですが、携帯電話の頭金は賃貸住宅の礼金と同じで機種代金に充当されない仕組みです。

特にiPhone11はお手頃価格の人気モデルなので、10,000円以上の頭金を設定している店舗もあります。

auオンラインショップなら頭金0円をメリットにしているので、店舗購入よりも機種代金を抑えて購入できるのでおすすめです。

iPhone11を送料無料で配達してくれる

auオンラインショップでiPhone11を購入すると送料無料で配達してくれるのも、地味ながら大きいメリットです。

精密機器を配送する際に高額な配送料を取るWebサイトも珍しくありませんが、auオンラインショップは総額2,500円以上なら配送料無料になっています。

機種代金が60,000円を超えるiPhone11なら、2,500円以上の条件を軽々クリアできるので配送料はかかりません。

24時間営業しており来店も不要なので日中忙しい人でも申込みできる

auオンラインショップはメンテナンス時を除いて24時間年中無休で営業しており、店舗に来店せず申込み可能なのもメリットです。

24時間対応のメリット
  • 日中忙しくて店舗に行く暇が無い
  • どの料金プランやオプションを契約するかじっくり検討したい
  • 手早く手続きを進めたい

auオンラインショップなら24時間年中無休・来店不要のメリットを生かして上記の要望を叶えることが可能です。

スマホ・パソコンからいつでも申込みできるので時間の制約も無く、スタッフもいないので手続きを手早くするめることが可能です。

不明点があればau公式ホームページのチャットやカスタマーセンターに聞いて検討すればよいので、忙しい人にこそ無理に来店するよりauオンラインショップがおすすめです。

iPhone11なら在庫切れの心配がほぼ無く最短翌日配送

「スマホの機種変更しようとしたが店舗に在庫が無かった」という経験はないでしょうか。

au直営でのauオンラインショップならこの点も心配無用です。

在庫は店舗に比べると豊富にありますので急に品切れになる可能性は低いので安心して購入できます。

特にiPhone11はカラーバリエーションが豊富なのが仇となって「店舗で欲しい色だけ売り切れ…」という事態が起きやすいので、注文時点でカラーを選べるauオンラインショップの方がおすすめです。

iPhone11対応のカバーや保護フィルムも同時購入できる

auオンラインショップならiPhone11に対応したカバーや液晶保護フィルムも同時購入できるので、わざわざ別店舗まで買いに行く必要がありません。

店舗だとiPhone11のカバー含むアクセサリー品が売り切れてたり、バックスペースの関係で入荷していないこともあります。

auオンラインショップなら公式で取り扱っている正規品なので品質も高く、売り切れの心配も無いのでiPhone11本体以外も買い揃えたい人にもおすすめです。

auオンラインショップのメリット
  • auオンラインショップならiPhone11を頭金0円で購入できる
  • iPhone11を送料無料で配達してくれる
  • 24時間営業しており来店も不要
  • iPhone11なら在庫切れの心配がほぼ無く最短翌日配送
auオンラインショップで機種変更する7つのメリットとデメリット

auオンラインショップでiPhone11に機種変更する手順

iPhone11の画像

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

実際にauオンラインショップでiPhone11に機種変更する手順は下記のようになります。

auオンラインショップでiPhone11に機種変更する手順
  1. auオンラインショップにログイン
  2. auオンラインショップのiPhone11詳細ページから機種変更を選択
  3. 支払い方法に分割支払いを選択して、契約者情報・料金プランや割引・決済方法を入力して確定
  4. 申込みに不備が無ければiPhone11が発送
  5. iPhone11が手元に届くまでに、iCloud等データ移行の準備を実施
  6. iPhone11を受け取り、au ICカードを挿入
  7. 電話回線を切り替え
  8. iPhone11のアクティベーションを実施して、Apple IDで再ログイン
  9. iCloudからデータ引き継ぎ
  10. アプリの再インストールを行い、引き継ぎも完了して終了

上記はauのiPhoneからiPhone11へ機種変更する手順ですが、Androidでもデータお預かりアプリや「Move to iOSアプリ」でデータ移行できます。

LINEのトーク履歴のような移行できないデータもありますが、基本的にAndroid→iOSでデータやアプリの引き継ぎが出来るサービスがほとんどです。

「OSが異なるからデータが引き継ぎできないか不安で機種変更に踏み出せない…」そんな方はアプリ提供元の引き継ぎに関する問い合わせしてみると良いでしょう。

auのiPhoneで一括0円・実質0円端末はない

無料

かつてはauのiPhoneに乗り換え・あるいは機種変更すると一括0円になったり、実質0円になる強力な割引やキャッシュバックがありました。

2020年2月時点で一括0円・実質0円になるiPhoneは果たして存在するのでしょうか。

auのiPhoneで一括0円・実質0円は無い…

結論を申し上げると「2020年2月時点でauのiPhoneには一括0円・実質0円は存在しない」という結果になります。

iPhone11を例にすると、クーポンの割引金額は10,000円で、auオンラインショップの割引も11,000円なので実質0円には程遠い結果になります。

au WALLETポイントや下取りで機種代金の実質値下げを行うのが現実的と言えるでしょう。

auのiPhone最安値はiPhone7の24,860円(初スマホ割適用時)

最も安くauのiPhoneを手に入れられるケースは「3Gケータイ・スマホを使用中のauユーザーがiPhone7(32GB)に機種変更した時」になります。

初スマホ割と呼ばれる機種代金値下げキャンペーンが行われており、iPhone7を半額未満の24,860円で入手できるので、これが2020年2月時点でのiPhone最安値です。

3Gケータイ・スマホ利用中のユーザー限定なので、対象の数は少なめですが現在該当の携帯電話を使っている人は、3G電波の停波前に安く乗り換えられるチャンスを逃さないようにしましょう。

iPhone11のスペック

iPhone11

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

最後にiPhone11のスペックや特徴をまとめて、どこがiPhone11の魅力なのかまとめてみましょう。

スペック内容
チップA13 Bionicチップ
内部ストレージ64GB/128GB/256GB
画面サイズ6.1インチ Liquid Retina HDディスプレイ
耐水性能水深2mで最大30分間の耐水性能
背面カメラデュアル12MPカメラ
カラーバリエーションパープル/イエロー
グリーン/ブラック
ホワイト/PRODUCT RED

iPhone11は前モデルiPhone XSシリーズの後継機に当たり、A13 Bionicチップに換装して基本性能をベースアップしつつ、バッテリーが長持ちして使い勝手の良さが増しています。

主にカメラ性能に力を入れていますが、一方で最新のiPhoneの中では価格は安く抑えられており、カラーバリエーションも増えているのでライトユーザーに向いたiPhoneです。

超広角・広角のダブルレンズカメラでワイド撮影もより高画質になった

iPhone11はiPhone XSからカメラレンズを1つ追加してダブルレンズカメラになったのが見た目と性能の大きな違いです。

超広角・広角レンズの組み合わせを生かしたワイド撮影がより高画質になったので、集合写真や野外のパノラマ撮影でも高画質な写真が期待できます。

4Kビデオ撮影が可能になり、ナイトモードで夜景撮影にも強くなった

写真以外にもビデオ撮影で4Kの高画質なビデオ撮影が可能になり、高画質な動画撮影にも対応したのが大きなメリットです。

最近ではスマホで撮影して動画投稿する人も少なくありませんが、容量が大きいiPhone11を選べば動画撮影のお供に向いています。

ナイトモードで夜景撮影にも強くなったので、iPhone11を使用するには写真・動画撮影は積極的に使い倒すのがおすすめです。

auでお得にiPhone 11へ機種変更しよう!

auのiPhone11

画像引用元:iPhone 11 新型デュアルカメラ搭載|au

iPhone11は2019年発売モデルの中でも最安モデルなので、これからiPhoneデビューを考えている方におすすめの1台です。

auのiPhone11を考えているなら、独自の割引があり頭金0円で入手できるauオンラインショップでの購入やクーポンを探して入手すると良いでしょう。

auのiPhone11にお得に機種変更
  • 新規・乗り換えならauオンラインショップで11,000円割引
  • クーポンを持っている人は10,000円割引が可能
  • 下取りプログラムでau WALLETポイント還元もあり
  • auオンラインショップなら頭金が0円

他社ユーザーも乗り換え販促キャンペーンでiPhone11が対象となる可能性もあるので、お得にiPhone11を入手したい人は、今後の情報を要チェックです。

auの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ