ドコモオンラインショップで購入時の料金発生と利用可能になるタイミング

  • 2019年10月13日
  • by 
ドコモオンラインショップで購入時の料金発生と利用可能になるタイミング

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモオンラインショップでは、ドコモショップに行く必要なく、スマホの新規契約や乗り換え、機種変更ができます。

購入したスマホも郵送で自宅宛に送られるので、ドコモショップに行く必要は一切ありません。

営業時間を気にせず申し込めるという点などがメリットですが、ドコモオンラインショップで購入したスマホはいつ使えるようになって、いつから料金が発生するのでしょうか。

ドコモオンラインショップでスマホを購入したら使えるのはいつ?
  • 開通手続きをしない限り新しいスマホは使えない
  • SIMカードを変えない機種変更は、SIMカードを新しいスマホに差し替えないと使えない
  • 開通手続きには期限がある
  • 購入から開通手続きまでの間にスマホが使えなくなることはない

そこで今回は、ドコモオンラインショップで購入したスマホの利用開始と料金発生のタイミングについて解説します。

スマホが使えない期間があるのではないか、使えない期間も料金が発生するのではないかと心配している人は、是非チェックしてみてください。

トップ画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモオンラインショップ購入スマホが利用可能になるタイミング

まず、ドコモオンラインショップで購入したスマホが利用可能になるタイミングですが、基本的に手元に届いたばかりのスマホはすぐに使うことができません

使えるようにするには、

  • SIMカードを差し替える
  • 開通手続きを行う

といったことが必要です。

そのため、第3者に間違って届いてしまった場合も、自分の回線が悪用されるリスクはかなり低いです。

新規契約と乗り換えの場合

基本的に新規契約や乗り換えは、開通手続きをしなければ使うことができません。

開通手続き日が利用可能開始日となる

ドコモオンラインショップで購入したスマホは、開通手続きをしなければなりません。

新規契約や乗り換えの場合は、開通手続きをした日=利用可能日ということになります。

逆に、開通手続きをしないといつまで経っても使うことができません。

ただし、開通手続きをしない日数によっては自動開通・契約取消の可能性もあります。

開通手続きとは

開通手続きとは、新しいスマホで電話やネットができるようにするための手続きです。

この手続きは契約した時の暗証番号で認証する必要があるなど、第3者がむやみに自分に成りすましてスマホを使うのを防ぐようになっています。

オンラインで契約したスマホが確実に契約ユーザーの元に届かないと使えない仕様なので、セキュリティ面も安心できます。

開通手続きの方法

開通手続きの方法について紹介します。

開通手続きはネットと電話の2つの方法で行うことができます。

ネットで開通手続きをする方法

まず、ネットで開通手続きをする方法は下記の通りです。

  1. 電源が入っていない状態の新しいスマホにSIMカードを差し込む
  2. 電源を入れる
  3. ドコモオンラインショップのウェブサイトを開く
  4. 「お申し込み履歴」を選択し「購入履歴」へアクセス
  5. dアカウントでログイン、または「受付番号」、「連絡先電話番号」、「暗証番号」でログイン
  6. 「切り替え(開通)のお手続きへ」を選択
  7. 「開通前のご確認事項」と「完了メールの送信先」を確認
  8. 「ご注文確定する」を選択
  9. 手続き完了したら新しいスマホの電源をオンにする

既にdアカウントを持っている人はdアカウントによるログインが可能です。

持っていない人は、その時に作ってしまうか、受付番号や連絡先電話番号等で認証しましょう。

電話で開通手続きをする方法

尚、電話で開通手続きをする場合の手順は下記の通りです。

  1. 電源が入っていない状態で、購入したスマホにSIMカードを差し込む
  2. 電源を入れる
  3. 購入したスマホで「1580」へ電話
  4. 音声ガイダンスを聞き、暗証番号を入力後に#を押す
  5. 開通する案内が流れるので良ければ1を押して#を押す
  6. 開通手続きが完了したらスマホを再起動する

正直ネットよりも電話で手続きをする方が早く終わります。

24時間対応で音声ガイダンスのみですし、そこまで時間がかかるわけではありません。

購入から開通手続きまでにスマホが使えない時期はある?

オンラインで新規契約や乗り換えをする上で、1番気になるのが「スマホが使えない期間があるのかどうか」だと思います。

ドコモショップであれば即日契約で商品の即日渡しも可能です。

しかし、オンラインとなると郵送になるので、少なくとも1日~2日はかかります

ただし、乗り換えの場合は開通手続きをしない限り、今まで使っていたキャリアのスマホが使えます。(開通手続きの期限あり)

新規契約の場合も、今まで使っていたスマホを解約しない限りは使い続けることができます。

ただ、両方を利用・維持すると支払いも2つになってしまうので、必要に応じて解約するようにしましょう。

機種変更の場合

次に、機種変更の場合について解説します。

機種変更の場合は、

  • SIMカードが同梱されているか
  • 今まで使っていたSIMカードを引き続き使うか

のいずれかによって、利用可能になるタイミングが異なります。

SIMカードが同梱されている場合

購入したスマホに新しいSIMカードが同梱されている場合は、開通手続きを行った時点で新しいスマホが使えるようになります。

SIMカード同梱の場合の開通手続きの手順は、上記の新規契約と乗り換えの時の手順と同じです。

SIMカードが同梱されていない場合

新しいSIMカードが同梱されていない場合は、今まで使っていたSIMカードを新しいスマホに差し替える必要があります。

そのため、SIMカードを新しいスマホに差し替えした時点で使えるようになります。

SIMカードを差し替えるだけであれば、開通手続きは必要ありません。

SIMカードの差し替えの時は、故障を防ぐためにスマホの電源を切った状態で行いましょう。

ドコモオンラインショップ購入スマホが利用開始となるタイミング
  • 新規と乗り換えの場合は開通手続き日が利用開始日
  • 開通手続きをするまでは前のスマホが使える
  • SIMカードが同梱されている機種変更も開通手続きをした時点で新しいスマホが使える
  • SIMカードが同梱されていない機種変更の場合は、SIMカードを差し替えした時点で利用開始
ドコモオンラインショップでiPhoneを予約して機種変更するまでの流れ

次の章では、ドコモオンラインショップ購入のスマホの料金発生となるタイミングについて解説します。

ドコモオンラインショップ購入のスマホの料金発生となるタイミング

2台のスマホ

料金発生となるタイミングには、簡単に言うと、「新しいスマホの課金が始まるのはいつなのか?」ということになります。

こちらも基本的に、ユーザー側で使える状況になったことがわからないと料金発生となりません。

機種変更の場合はすぐに切り替わることもありますが、基本的に新しいプラン等が料金に反映されるのは機種変更の翌月となります。

新規契約と乗り換えの場合

新規契約と乗り換えの場合は、利用可能になるタイミングとほぼ同じです。

開通手続きをしなければ課金されることはありません。

ただし、開通手続きには期限があります。

開通手続き日が料金発生日となる

利用可能日と同じく、開通手続きをした日が料金発生日となります。

契約初月は日割り計算となるので、開通手続きをした日から月末までの日割り料金が発生すると思ってください。

月を跨ぐ可能性もあるので注意

月末にオンラインで購入をして、月初にスマホが届くという可能性もあります。

例えば、9月28日に契約をして10月1日にスマホが届き開通手続きをした場合、料金発生日は10月1日となります。

つまり、契約した9月は料金が発生せず、料金が発生するのは翌月からということになります。

「請求が来ない」と思った場合には。自分がいつ開通手続きをしたのかチェックしてみましょう。

開通手続きを放置していると契約取消のリスクも?

開通手続きには期限があります。

期限内に開通手続きをしないと自動開通や契約取消となるので注意しましょう。

  • 新規契約の場合:出荷完了日から15日以内
  • 乗り換えの場合:予約番号の有効期限内

新規契約の場合は、基本的に15日を過ぎたら自動開通となります。

つまり、放置していても開通されるのであまり問題はありません。

一方で乗り換えの場合は、予約番号の有効期限(発行から15日)を過ぎ、尚且つ1ヶ月以上放置してしまうと契約取消となります。

その場合、機種代金のみ請求されてドコモの契約は抹消されてしまうので、開通手続きの期限には十分に注意しましょう。

機種変更の場合

機種変更の場合は、前述したようにSIMカードが同梱されているか、今使っているSIMカードを使い続けるかによって異なります。

SIMカードが同梱されている場合

SIMカードが同梱されている場合は、開通手続き日が料金発生日となります。

ただし、機種変更の場合、開通手続きをした月の料金はこれまでの料金と同じになります。

新しいスマホの機種代金や料金プランが反映されるのは開通手続きの翌月からなので、当月はこれまで通りの料金だと思ってください。

SIMカードが同梱されていない場合

SIMカードが同梱されていない場合は、購入日の時点で新しい料金プランに切り替わります。

ただし、上記と同様に機種変更をした当月の料金はこれまで通りの料金となります。

機種変更時に料金プランを変えた場合は、機種変更翌月からその料金になると思ってください。

ドコモオンラインショップ購入スマホが料金発生するタイミング
  • 新規契約や乗り換えの場合は開通手続きをした時点で料金が発生
  • 新規契約の場合は商品出荷日から15日以内に開通手続きをしないと自動開通となる
  • 乗り換えの場合は予約番号の有効期限を過ぎて1ヶ月経過したら契約取消
  • SIMカードが同梱されている機種変更は開通手続き日が料金発生日
  • SIMカードが同梱されていない機種変更は購入日が切り替えのタイミング

ドコモオンラインショップを利用するメリットとデメリット

スマホを持つ女性

次に、ドコモオンラインショップを利用するメリットやデメリットについて触れていきます。

どのキャリアもオンラインショップのサービスに力を入れている傾向があり、今後さらにサービスが普及されると予想できます。

オンラインでスマホを買うということが当たり前になる可能性もあるので、是非今から使い慣れておいてはいかがでしょうか。

ドコモオンラインショップを利用するメリット

まず、ドコモオンラインショップを利用するメリットについて解説していきます。

ドコモオンラインショップでは初期費用を安くして契約することができるので、ドコモショップよりもお得に契約することが可能です。

契約事務手数料が無料

ドコモオンラインショップを利用すると契約事務手数料の3,000円がかかりません。

そのため、ドコモショップで契約をするよりも格段に安く契約することができます。

もちろん、スマホの郵送にかかる送料も一切発生しません。

頭金がない

最近ではどのキャリアのショップでも、公式でアナウンスされている以外の頭金と呼ばれるお金を請求することが多いです。

相場はショップによって異なりますが、大体5,000円~10,000円程度です。

しかし、ドコモオンラインショップには頭金がないので、余計な費用を払う必要もありません。

24時間いつでも申し込みができる

ドコモオンラインショップでは、24時間いつでも申し込みをすることができます。

審査のような人の手が必要となる業務は営業時間内となりますが、申し込み自体は深夜でも早朝でもいつでもできるので、自分の空き時間にサッと申し込みだけしておくことも可能です。

日中忙しい人にも便利なサービスですね。

ドコモショップに行く必要がない

申し込みから審査、契約まで全てオンラインで行われますし、購入したスマホも郵送で自宅宛に送られます。(ショップを選ぶこともできます)

そのため、ドコモショップに行く必要は一切ありません

ドコモショップの営業時間に間に合わない人や、長時間待つのが嫌だという人にも安心です。

ドコモオンラインショップ限定のキャンペーンもあるかも

ドコモオンラインショップ限定の割引キャンペーンが開催されることがあります。

ドコモショップにはないキャンペーンとなるので、ドコモオンラインショップを利用するだけでお得に契約することができます。

ドコモオンラインショップで機種変更する7つのメリットとデメリット

ドコモオンラインショップを利用するデメリット

次に、ドコモオンラインショップを利用するデメリットについて解説します。

ドコモオンラインショップでは、ネット通販のように自分で商品を決めて自分で購入手続きをします。

そのため、購入する時の手続きから手元に届いた後の初期設定まで、全て自分で行わなければいけません

購入したスマホは即日手に入らない

購入したスマホは郵送となるので、確実に最短でも発送まで1日~2日程度の時間がかかります。

そのため、今すぐ新しいスマホが欲しいという人には向いていません

初期設定は自分で行う

開通手続きの手順を解説しましたが、基本的に自分で開通手続きをはじめとする初期設定をする必要があります。

マニュアルがあるので大丈夫だと思いますが、スマホの操作に自信がない人には不安かもしれません。

わからないことをすぐに聞けない

スタッフが接客対応をしてくれるわけではないので、わからないことをすぐに聞ける人がすぐ傍にいません。

いざという時に頼れる人がいないのがデメリットです。

料金プランやスマホの機種など、スタッフに相談したいことがある人はドコモショップの方が心強いでしょう。

ドコモオンラインショップ契約でもスマホが使えなくなる期間はないので安心

スマホを操作する女性

最後に、ドコモオンラインショップを利用するメリットについてまとめます。

ドコモオンラインショップを利用するメリット
  • 契約事務手数料が無料
  • 頭金が0円
  • 24時間いつでも申し込みができる
  • ドコモショップに行かなくても良い
  • ドコモオンラインショップ限定のキャンペーンを利用できることもある

ドコモオンラインショップで購入したスマホは、基本的に開通手続きをしたりSIMカードを差し替えない限り勝手に使えるようになることはありません。

ただし、開通手続きのタイミングが遅すぎる場合は自動で開通または契約取消となるリスクもあるので気をつけましょう。

料金発生に関しても、開通手続きをしない限り料金が発生することもありません。

機種変更の場合は必然的に料金は翌月適用となります。

スマホが使えない期間やスマホが届く前に料金が発生するということはないので、安心してドコモオンラインショップを利用しましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ