ChargeSPOT Wi-Fiの評判レビュー|口コミや料金解説から申し込み方法

街や施設でモバイルバッテリーをレンタルできるChargeSPOTからWiFiサービスが誕生しました。ChargeSPOT Wi-FiはChargeSPOTが月1回無料など、お得な特典もついたサービスで、クラウドSIMのためエリアを気にすることもありません。
  • 2022年8月16日
  • by.iton

chargespot wi-fi 評判

ChargeSPOT Wi-Fiは、モバイルバッテリーのレンタル代込みという、斬新な切り口のモバイルルーターです。

2022年6月にサービスを開始したばかりの商品のため、残念ながら評判レビューや口コミは、2022年8月現在において確認できません。

本記事ではChargeSPOT Wi-Fiの料金や申し込み方法について、詳しく解説します。

ChargeSPOT Wi-Fiまとめ
  • モバイルバッテリーシェアリング込みのモバイルルーター
  • 月1回・5日間まで無料で利用できる
  • クラウドSIMでつながりやすい
  • 端末代は実質0円
  • 24ヶ月の利用が前提
\詳細は下記をチェック/

※記事中の価格は税込表記です。

ChargeSPOT Wi-Fiとは

chargespot wi-fi

画像引用元:レンタル充電付きWi-Fi新登場!|CHARGESPOT Wi-Fi

ChargeSPOT Wi-Fiの特徴は、次のとおりです。

ChargeSPOT Wi-Fiの特徴
  • 持ち運びできるWi-Fiルーター
  • 「ChargeSPOT」の利用が月1回まで無料
  • 月100GBまで使える
  • 24ヶ月利用が前提
  • 端末代は実質0円

上記の特徴について解説します。

持ち運びできるWi-Fiルーター

ChargeSPOT Wi-Fiは、持ち運びできるWi-Fiルーターです。

ポケット型WiFiやモバイルルーターともいいますね。

ChargeSPOT Wi-Fiを利用すると、固定回線がない場所であっても、パソコンやスマートフォン、タブレットでインターネット通信を利用できます。

ChargeSPOTの利用が月1回まで無料

ChargeSPOT Wi-Fiの特徴は、「ChargeSPOT」の利用が月1回(※)まで無料で使えることです。

1回分の料金がChargeSPOT Wi-Fiの月額利用料に含まれているので、気軽にモバイルバッテリーをレンタルできます。

(※)レンタル期間は5日間まで

ChargeSPOTとは

ChargeSPOTは、モバイルバッテリーシェアリングサービスの1つです。

コンビニや携帯ショップなどにバッテリースポットが設置されており、最寄りのスポットで簡単に借りられる点が魅力。

スマートフォンを外出先で充電できるので、非常に便利です。

返却する場合は、借りた場所以外のスポットでも可能となっており、手軽に返却できることも嬉しいポイントです。

専用アプリでは、バッテリースポットのある店舗を地図上で表示でき、借りられるバッテリーの台数までわかるので、空振りすることがありません。

手軽に時間貸しで借りられるので、ちょっと充電したいというときに便利です。

ChargeSPOTの料金表

ChargeSPOTの料金表は次のとおりです。

レンタル時間料金
30分未満165円
30分~6時間330円
6時間~24時間(1日)480円
24時間~48時間(2日)660円
48時間~72時間(3日)990円
72時間~96時間(4日)1,320円
96時間~120時間(5日)1,650円
120時間以上(違約金含む)3,300円

ChargeSPOT Wi-Fiを使えば、月1回(利用期間は最大5日間まで)のChargeSPOTの利用料金が無料になります。

165円~1,650円のサービスが無料で使えるのは、結構お得といえるのではないでしょうか。

月100GBまで使える

ChargeSPOT Wi-Fiのデータ容量は、月100GBと大容量となっています。

かなり容量が大きいので、ストレスなく利用できるでしょう。

なおデータ容量は100GBの1種類のみです。

クラウドSIMで繋がりやすい

ChargeSPOT Wi-Fiは、クラウドSIMに対応しています。

利用する場所の電波状況に応じて、3社(ドコモ・au・ソフトバンク)のいずれかが自動で選択されるので、つながらないリスクを抑えられます。

24ヶ月利用が前提

ChargeSPOT Wi-Fiは、他の多くのモバイルルーターと同様に、24ヶ月の利用が前提です。

数日~数ヶ月単位でレンタルできるタイプのモバイルルーターではありません。

24ヶ月以内に解約すると違約金が発生しますので、ご注意ください。

端末代は実質0円

ChargeSPOT Wi-Fiの端末代金は、実質無料となっています。

モバイルルーターの売価は2万~3万円なので、これは嬉しいですよね。

2022年8月現在の端末は2021年発売のものなので古くもなく、安心して利用できます。

ChargeSPOT Wi-Fiの端末スペック

画像引用元:レンタル充電付きWi-Fi新登場!|CHARGESPOT Wi-Fi

ChargeSPOT Wi-Fiで提供されるモバイルWi-Fi端末は、「NA01」の1種類のみとなっています。

その端末のスペックは、次のとおりです。

NA01
サイズ約126(W)×66(H)×13(D) mm
質量約148g
ディスプレイ2.4 inch
連続稼働時間12時間
バッテリー容量3,500mAh
最大通信速度下り:150Mbps、上り:50Mbps
同時接続台数10台
Wi-Fi規格IEEE802.11 b/g/n

ダウンロード速度は最大150Mbps、バッテリー時間は最大12時間もちます。

同時接続は10台まで対応しているので、複数の端末で利用できるでしょう。

発売年は2021年6月なので、利用するには申し分ないスペックといえそうです。

ChargeSPOT Wi-Fiの料金

chargespot wi-fi

画像引用元:レンタル充電付きWi-Fi新登場!|CHARGESPOT Wi-Fi

ChargeSPOT Wi-Fiの料金について見ていきましょう。

ChargeSPOT Wi-Fiの利用料金まとめ
  • ChargeSPOT代込みのプランとWi-Fiのみの2プランがある
  • 端末代は月1,100円だが月月割があるので実質0円
  • 24ヶ月以内に解約すると「端末の残債+契約解除料」が発生する
  • 登録事務手数料として初回に3,300円かかる
  • ChargeSPOTを月2回以上使用すると1回あたり360円かかる

詳細は次の表のとおりです。

項目100GBプラン(C)100GBプラン備考
ChargeSPOT利用ありなし
利用料金3,608円/月3,278円/月初月は無料
端末代金実質0円端末代金1,100円/月×24回
-月月割▲1,100円/月×24回
事務手数料3,300円-
契約解除料10,450円24ヶ月以内に解約する場合に発生
支払い方法クレジットカード-
詳細詳細はこちら

利用料金

ChargeSPOT Wi-Fiの利用料金は、次の2種類があります。

ChargeSPOT Wi-Fiの利用料金
  • 100GB(C)・・・月額3,608円(ChargeSPOT 利用料込み)
  • 100GB・・・月額3,278円(ChargeSPOT 利用なし・Wi-Fiのみ)
  • 2プランの差額・・・330円

2種類のプランの違いは、ChargeSPOTの利用料が込みかどうかという点です。

プラン「100GB(C)」はChargeSPOTの月1回までの利用料が月額料金に含まれています。

プラン「100GB」はChargeSPOTの利用料は含まれておらず、モバイルルーターのみのプランです。

せっかくのChargeSPOT Wi-Fiなのですから、ChargeSPOT利用料込みの「100GB(C)」プランにしたいところです。

初月は利用料金無料

初月(利用開始日の属する日)は、利用料無料で利用できます。

たとえば8月5日に利用開始となった場合、8月分は利用料金無料でWi-Fiを使え、さらにChargeSPOTを1回利用できるのです。

端末代金

ChargeSPOT Wi-Fiの端末代金は、実質0円です。

ただ、無料で販売しているわけではありません。

端末代金実質0円の内訳は次のとおりです。

端末代金実質0円の内訳
  • 端末本体代金・・・月額1,100円×24回=26,400円
  • 月月割・・・月▲1,100円×24回=▲26,400円
  • 合計・・・月額0円

24回分割の場合、端末代は月額1,100円です。

ですが月月割として、月額1,100円分の割引が24ヶ月間あります。

割引があるので本体代金が無料となっているのです。

解約時に端末代金を請求される場合がある

契約している期間中は月月割があり端末代金が実質0円となりますが、24ヶ月を経過しないうちに解約した場合、月月割もなくなってしまいます。

24ヶ月以内に解約する場合は、本体代金の残債を返済する必要があるので、注意してください。

事務手数料

ChargeSPOT Wi-Fiの事務手数料は、3,300円です。

利用開始の初月に請求されます。

契約解除料

ChargeSPOT Wi-Fiを24ヶ月以内に解約する場合、10,450円の契約解除料がかかります。

なぜなら最低利用期間が2年となっているからです。

2年以上使えば契約解除料はかかりません

支払い方法

支払い方法は、クレジットカードのみに対応しています。

他の支払い方法には対応していません。

ChargeSPOTを月2回以上使った場合

ChargeSPOTを月2回以上利用した場合、追加の支払いが発生します。

利用回数月額利用料
2回360円
3回720円
4回1,080円
5回以上1,440円

1回あたり360円の料金がかかりますが、5回以上使っても上限は1,440円まで。

1回あたりの利用時間は、5日間(120時間)までとなっています。

ChargeSPOT Wi-Fiの評判レビュー・口コミ

chargespot wi-fi

画像引用元:レンタル充電付きWi-Fi新登場!|CHARGESPOT Wi-Fi

ChargeSPOT Wi-Fiの評判レビュー・口コミをTwitterで検索しましたが、実際にサービスを利用した人のツイートは確認できませんでした。

口コミがないのは、ChargeSPOT Wi-Fiがサービスを開始したのが2022年6月とごく最近であるためです(執筆時点2022年8月)。

時間が経過するにつれて、ChargeSPOT Wi-Fiを利用した人の声がネット上にアップされていくと思われます。

ChargeSPOT Wi-Fiのメリット

問題を解決する
ChargeSPOT Wi-Fiのメリットをまとめると、次の3つです。

ChargeSPOT Wi-Fiのメリット
  • つながりやすい
  • ChargeSPOT1回分が無料
  • 100GBまでたっぷり使える

それぞれのメリットを解説します。

つながりやすい

ChargeSPOT Wi-Fiのメリットは、つながりやすいことです。

エリアによっては、「ドコモは強いけどソフトバンクは弱い」・「ここはauしかつながらない」ということがあると思います。

ChargeSPOT Wi-FiはクラウドSIMなので、電波の強弱に応じて最適なキャリアが選択されます。

つながらないリスクがほとんどありません。

ChargeSPOT1回分が無料

ChargeSPOT Wi-Fiには、「ChargeSPOT」の利用料金1回分が含まれているので、気軽にバッテリーレンタルを利用できます。

ChargeSPOT をよく利用する人であれば、嬉しいサービスといえるでしょう。

またChargeSPOTをこれまでに使ったことがない方であっても、

  • 移動中にスマートフォンの電池が切れそうになった
  • モバイルルーターを使いすぎてすぐに充電がなくなる

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

「ChargeSPOT」を無料で利用できるので、お悩みを解消できますよ。

100GBまでたっぷり使える

ChargeSPOT Wi-Fiは、100GBまでたっぷり使えます。

ゲームや超高画質の動画視聴、リモートワークなどのさまざまな用途であっても、この1台で事足りるはず。

さらに100GBの中でも利用料金は低く抑えられているので、コストパフォーマンスも抜群です。

ChargeSPOT Wi-Fiのデメリット

考える女性

ChargeSPOT Wi-Fiのデメリットについても触れていきます。

ChargeSPOT Wi-Fiのデメリット
  • WiMAXやキャリア直の端末に比べるとスピードが遅い
  • 24ヶ月以内に解約すると違約金が発生する

上記について解説しましょう。

WiMAXやキャリア直の端末に比べるとスピードが遅い

ChargeSPOT Wi-Fiは、一般的なモバイルWi-Fiと比べると、スピードが劣ります。

たとえばUQ WiMAXのモバイルWi-Fi「Speed Wi-Fi 5G X11」のスペックは、下り最大2.7Gpbsです。

一方クラウドSIMの端末「NA01」は下り最大150Mbpsとなっており、比べるとやや見劣りしてしまいます。

なおこの速度の遅さは、クラウドSIM端末を販売している他の通信事業者も同様です。

普通に利用する分には遅いと感じるシーンは少ないでしょうが、超高速な通信を求める方には向かない可能性があります。

24ヶ月以内に解約すると違約金が発生する

ChargeSPOT Wi-Fiには、いわゆる縛りがあります。

2年間の契約期間となっており、縛りなしプランはありません。

2年以内に解約すると、一昔前の携帯電話のように違約金が発生します。

短期間利用には向きませんので、注意してください。

ChargeSPOT Wi-Fiの申し込み方法

画像引用元:レンタル充電付きWi-Fi新登場!|CHARGESPOT Wi-Fi

ChargeSPOT Wi-Fiの申し込み方法を見ていきましょう。

ChargeSPOT wi-Fiは、公式サイトから申し込みできます。

申し込みに必要なもの

ChargeSPOT Wi-Fiの申し込みに必要なものは、クレジットカードです。

利用可能なクレジットカードは、次のとおりです。

申込時に、手元に用意しておきましょう。

ChargeSPOT Wi-Fiで利用可能なクレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメックス
  • ダイナース

申し込み手順

申し込み手順は以下のとおりです。

  1. STEP.
    ChargeSPOT Wi-Fi公式サイトへアクセスする
  2. STEP.
    「申し込み」ボタンをタップ
    ChargeSPOT wi-fi 申し込み
  3. STEP.
    必要事項を記入
    chargeSPOT Wi-Fi 申し込み
  4. STEP.
    チェックをつけ「確認へ進む」をタップ
    chargespot wi-Fi 申し込み
  5. STEP.
    確認画面をチェックする
    ChargeSPOT Wi-Fi 申し込み
  6. STEP.
    クレジットカード情報を入力する
    ChargeSPOT Wi-Fi 申し込み
  7. STEP.
    重要事項説明書と規約を読みチェックを入れる
    ChargeSPOT Wi-Fi 申し込み
  8. STEP.
    「申込完了」ボタンをタップ
    ChargeSPOT Wi-Fi 申し込み
  9. 終了

ChargeSPOT Wi-Fiでお得に充電しよう

ChargeSPOT Wi-Fiについてまとめると、次のとおりです。

ChargeSPOT Wi-Fiまとめ
  • モバイルバッテリーシェアリング込みのモバイルルーター
  • 月1回・5日間まで無料で利用できる
  • クラウドSIMでつながりやすい
  • 端末代は実質0円
  • 24ヶ月の利用が前提
\詳細は下記をチェック/

ChargeSPOT Wi-Fiの料金には、モバイルバッテリーシェアリングサービスChargeSPOTの利用料1回分が含まれています。

3つのキャリアから適切なSIMが自動で選択されるため、つながりやすいことが特徴です。

24ヶ月分の月月割が適用されることで、端末代金は実質0円。

24ヶ月間の利用が前提であり、24ヶ月以内に解約すると「端末の残債+契約解除料」がかかってしまうので注意してください。

外出先での充電に困った経験がある方は、ぜひChargeSPOT Wi-Fiを検討してみることをおすすめします。

この記事を書いた人
22歳でIT関連企業に就職後、法人営業として13年間仕事してきました。ハードウェア販売、会計・売り上げ管理ソフトウェア導入の経験を活かし、IT関連の記事を執筆しています。ネットを使った調べ物が大好き。