3キャリアの携帯機種変更(MNP含む)でかかる事務手数料|無料はどこ?

3キャリアの携帯機種変更(MNP含む)でかかる事務手数料|無料はどこ?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

携帯を契約する時に付き物なのが、契約時に発生する事務手数料です。

一般的に契約する時の契約事務手数料は3,000円程度といわれていますが、乗り換え(MNP)契約や機種変更となると、これらの金額が異なる場合があります。

3キャリアで取り扱っている主な契約事務手数料は下記の通りです。

ドコモ・au・ソフトバンクの事務手数料について

  • 一律3,000円の契約事務手数料
  • 2,000円~3,000円の機種変更手数料
  • 2,000円~3,000円の乗り換え(MNP)の転出料
  • 9,500円の契約解除料
  • 契約解除料はプランによって異なる場合もある

事務手数料は、携帯を契約する以上絶対にかかってくるものですが、できれば安くしたいですよね。

しかし、現状事務手数料がかからないキャンペーンを行っているキャリアはほとんどありません

では、どのようにすれば事務手数料を無料することができるのか、それぞれ紹介していきます。

また、事務手数料が無料になるよりもお得になるキャンペーンについてもいくつか紹介するので、是非参考にしてください。

1 ドコモ・au・ソフトバンクでかかる事務手数料

スマホを操作する男女

まず、ドコモ・au・ソフトバンクでかかる事務手数料について解説をします。

今回紹介する事務手数料は下記の通りです。

内容ドコモauソフトバンク
契約事務手数料3,000円
機種変更手数料3,000円2,000円~3,000円3,000円
乗り換え(MNP)
の転出料
2,000円3,000円
契約解除料9,500円

契約事務手数料というのは、新規・乗り換え(MNP)でキャリアに新しく契約をする時に発生する費用です。機種変更手数料は読んで字のごとく機種変更の際にかかる費用です。

乗り換え(MNP)の転出料というのは、今使っているキャリアから新しく別のキャリアに乗り換え(MNP)る時にかかる費用です。これは、今使っているキャリアから請求されます。

契約解除料は、契約期間内に解約または他社へ乗り換え(MNP)する時に発生する、いわゆる「違約金」です。

まずは、私たちに特に馴染みの深いこの4種類の事務手数料について詳しく紹介します。

1-1 ドコモの場合

ドコモロゴ

画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモの事務手数料は下記の通りです。

内容料金
契約事務手数料3,000円
機種変更手数料3,000円
乗り換え(MNP)の転出料2,000円
契約解除料9,500円

ドコモの契約事務手数料・機種変更手数料・契約解除料については他の2キャリアと同じです。

乗り換え(MNP)の転出料に関しては、ソフトバンクとauが料金を変更した中で唯一2,000円を維持しているキャリアでもあります。

契約解除料については2年以内の解約で9,500円かかる仕組みとなっていますが、今後、2年契約のシステムが終了するという話もあるので今後はどのようになるのかわかりません。

その他の契約解除料について

2年以内の契約期間内に解約した場合、9,500円の契約解除料がかかります。しかし、それ以外にも契約解除料が発生する場合もあります。

それは、「端末サポート」に加入して契約をした場合です。

端末サポートとは、特定のスマホを購入する際に、スマホの機種代金を割引してくれて契約するというサービスです。つまり、機種代金がまったくかからなくなる場合が多いです。

ただし、機種代金がかからない代わりに、1年以内に解約をすると、短期契約解除料と呼ばれる高額な解除料が、本来の契約解除料に上乗せされて請求されます。

短期契約解除料は、機種代金相当額からスタートし、1ヶ月ごとに1年間減額していく仕組みです。端末サポートに加入して購入したら、最低でも1年間は使うべきでしょう。

1-2 auの場合

auロゴ

画像引用元:【au Online Shop】 au製品の通販 オンラインショップ

auの事務手数料は下記の通りです。

内容料金
契約事務手数料3,000円
機種変更手数料2,000円~3,000円
乗り換え(MNP)の転出料3,000円
契約解除料9,500円

機種変更だけ2,000円~3,000円とありますが、これは3G回線の機種変更が2,000円、4G/LTE回線の機種変更が3,000円だからです。

乗り換え(MNP)転出料に関しては、3年程前に料金が変更となりました。以前までは2,000円でしたが、変更以降3,000円となっています。

auもドコモと同様に、機種代金を大幅に割引した契約の場合は、通常の契約解除料の他に短期契約解除料が発生する場合があります。

1-3 ソフトバンクの場合

画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクでかかる事務手数料は下記の通りです。

内容料金
契約事務手数料3,000円
機種変更手数料3,000円
乗り換え(MNP)の転出料3,000円
契約解除料9,500円

ソフトバンクも、他の2社とほぼ同じ料金形態です。

ソフトバンクもauと同じ時期に乗り換え(MNP)の転出料が高くなりました。

au・ドコモと同様に、契約するプランやキャンペーンによっては短期契約解除料が発生する恐れもあります。

ドコモ・au・ソフトバンクでかかる事務手数料

  • 契約事務手数料は一律3,000円
  • 機種変更手数料・乗り換え(MNP)の転出料はドコモ2,000円、au・ソフトバンク3,000円
  • 契約解除料は基本的に9,500円(※プランによって異なる)
  • 一般的に3キャリアの手数料は統一されている

次のページでは、ドコモ・au・ソフトバックで事務手数料が無料なのはどこなのか、を調べてみました。

【全キャリア別】MNP予約番号の取得方法。手数料と手段を比較してみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ