3キャリアの携帯機種変更(MNP含む)でかかる事務手数料|無料はどこ?

3キャリアの携帯機種変更(MNP含む)でかかる事務手数料|無料はどこ?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

携帯を契約する時に付き物なのが、契約時に発生する事務手数料です。

一般的に契約する時の契約事務手数料は3,000円程度といわれていますが、乗り換え(MNP)契約や機種変更となると、これらの金額が異なる場合があります。

3キャリアで取り扱っている主な契約事務手数料は下記の通りです。

ドコモ・au・ソフトバンクの事務手数料について
  • 一律3,000円の契約事務手数料
  • 2,000円~3,000円の機種変更手数料
  • 2,000円~3,000円の乗り換え(MNP)の転出料
  • 9,500円の契約解除料
  • 契約解除料はプランによって異なる場合もある

事務手数料は、携帯を契約する以上絶対にかかってくるものですが、できれば安くしたいですよね。

しかし、現状事務手数料がかからないキャンペーンを行っているキャリアはほとんどありません

では、どのようにすれば事務手数料を無料することができるのか、それぞれ紹介していきます。

また、事務手数料が無料になるよりもお得になるキャンペーンについてもいくつか紹介するので、是非参考にしてください。

1 ドコモ・au・ソフトバンクでかかる事務手数料

スマホを操作する男女

まず、ドコモ・au・ソフトバンクでかかる事務手数料について解説をします。

今回紹介する事務手数料は下記の通りです。

内容ドコモauソフトバンク
契約事務手数料3,000円
機種変更手数料3,000円2,000円~3,000円3,000円
乗り換え(MNP)
の転出料
2,000円3,000円
契約解除料9,500円

契約事務手数料というのは、新規・乗り換え(MNP)でキャリアに新しく契約をする時に発生する費用です。機種変更手数料は読んで字のごとく機種変更の際にかかる費用です。

乗り換え(MNP)の転出料というのは、今使っているキャリアから新しく別のキャリアに乗り換え(MNP)る時にかかる費用です。これは、今使っているキャリアから請求されます。

契約解除料は、契約期間内に解約または他社へ乗り換え(MNP)する時に発生する、いわゆる「違約金」です。

まずは、私たちに特に馴染みの深いこの4種類の事務手数料について詳しく紹介します。

1-1 ドコモの場合

ドコモロゴ

画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモの事務手数料は下記の通りです。

内容料金
契約事務手数料3,000円
機種変更手数料3,000円
乗り換え(MNP)の転出料2,000円
契約解除料9,500円

ドコモの契約事務手数料・機種変更手数料・契約解除料については他の2キャリアと同じです。

乗り換え(MNP)の転出料に関しては、ソフトバンクとauが料金を変更した中で唯一2,000円を維持しているキャリアでもあります。

契約解除料については2年以内の解約で9,500円かかる仕組みとなっていますが、今後、2年契約のシステムが終了するという話もあるので今後はどのようになるのかわかりません。

その他の契約解除料について

2年以内の契約期間内に解約した場合、9,500円の契約解除料がかかります。しかし、それ以外にも契約解除料が発生する場合もあります。

それは、「端末サポート」に加入して契約をした場合です。

端末サポートとは、特定のスマホを購入する際に、スマホの機種代金を割引してくれて契約するというサービスです。つまり、機種代金がまったくかからなくなる場合が多いです。

ただし、機種代金がかからない代わりに、1年以内に解約をすると、短期契約解除料と呼ばれる高額な解除料が、本来の契約解除料に上乗せされて請求されます。

短期契約解除料は、機種代金相当額からスタートし、1ヶ月ごとに1年間減額していく仕組みです。端末サポートに加入して購入したら、最低でも1年間は使うべきでしょう。

1-2 auの場合

auロゴ

画像引用元:【au Online Shop】 au製品の通販 オンラインショップ

auの事務手数料は下記の通りです。

内容料金
契約事務手数料3,000円
機種変更手数料2,000円~3,000円
乗り換え(MNP)の転出料3,000円
契約解除料9,500円

機種変更だけ2,000円~3,000円とありますが、これは3G回線の機種変更が2,000円、4G/LTE回線の機種変更が3,000円だからです。

乗り換え(MNP)転出料に関しては、3年程前に料金が変更となりました。以前までは2,000円でしたが、変更以降3,000円となっています。

auもドコモと同様に、機種代金を大幅に割引した契約の場合は、通常の契約解除料の他に短期契約解除料が発生する場合があります。

1-3 ソフトバンクの場合

画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクでかかる事務手数料は下記の通りです。

内容料金
契約事務手数料3,000円
機種変更手数料3,000円
乗り換え(MNP)の転出料3,000円
契約解除料9,500円

ソフトバンクも、他の2社とほぼ同じ料金形態です。

ソフトバンクもauと同じ時期に乗り換え(MNP)の転出料が高くなりました。

au・ドコモと同様に、契約するプランやキャンペーンによっては短期契約解除料が発生する恐れもあります。

ドコモ・au・ソフトバンクでかかる事務手数料
  • 契約事務手数料は一律3,000円
  • 機種変更手数料・乗り換え(MNP)の転出料はドコモ2,000円、au・ソフトバンク3,000円
  • 契約解除料は基本的に9,500円(※プランによって異なる)
  • 一般的に3キャリアの手数料は統一されている

次の章では、ドコモ・au・ソフトバックで事務手数料が無料なのはどこなのか、を調べてみました。

【全キャリア別】MNP予約番号の取得方法。手数料と手段を比較してみた

2 ドコモ・au・ソフトバックで事務手数料が無料なのはどこなのか

次に、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアのうち、事務手数料が無料なのはどこか調べてみました。

結論、期間限定で事務手数料が無料になるキャンペーンを行っているキャリアはありませんでした。

しかし、オンラインショップ限定で事務手数料が無料になるなど、条件によって無料になるケースもあるようです。

その他にも、事務手数料が無料になるケースを集めてみたので、是非チェックしてください。

2-1 2019年2月現在3キャリア全てで事務手数料が発生する

デメリット

調べてみましたが、現状事務手数料がが無料になるキャリアはありませんでした。

どちらかというと、機種代金の割引や毎月の月額料金の割引、そしてポイントのプレゼント等が大半でした。

そのため、現在事務手数料無料のキャンペーンを行っているキャリアはないといえます。

2-2 ドコモではオンラインショップを使えば契約事務手数料・機種変更手数料が無料

画像引用元:ドコモオンラインショップ

ちなみに、ドコモではオンラインショップを利用して契約をすると、契約事務手数料や機種変更手数料が無料になります。

オンラインショップということで、ネット上で手続きをして、スマホを自宅に郵送またはショップで受け取るという流れになります。

これは、恐らくドコモがショップではなくオンラインショップの利用率を上げるために行っている特典だと思われます。

オンラインショップのメリット・デメリット

オンラインショップは、完全にネット上での手続きとなるので、会社での仕事の合間、自宅での家事の合間など、自分の好きなタイミングで申込みができるというのがメリットです。

さらに、24時間受付をしているため、自分の都合に合わせて手続きできるという点も嬉しいですね。

ショップでの手続きが不要なので、ショップでかかってしまうような頭金やオプションの半強制加入、不要な商品のセールストークなどもありません

一方で、ネット上で完結できる契約手法なため、何もかも自分で考え、自分でプランや機種を決めていく必要があります。

そのため、スマホに詳しい人であれば問題ありませんが、スマホや料金プランに対する知識に自信がない人は1人で手続きをするべきではないでしょう。

詳しい人に見てもらいながら、またはコールセンターに電話をしながらわからない部分を聞くことをおすすめできます。

それができないということであれば、ショップでの手続きが安心できるかもしれません。

さらに、最短で3日程度でスマホが自宅に届くようになりますが、受け取りは郵送となるので、手続きした当日に貰うことができません。

スマホの入手に急いでいる人も、あまり向いていないでしょう。

ドコモオンラインショップで予約購入/機種変更|店舗より便利な配送

2-3 特定のユーザーの事務手数料が無料になる「クーポン」がある

よろこぶ女性

一方、公式の事務手数料無料のキャンペーンはありませんが、特定のユーザーに送られるクーポンなどには事務手数料無料の特典がついている場合があります。

特定のユーザーということで、例えば利用期間が長いユーザーや、スマホの分割支払いが終わりに近づいているユーザーなど、ある程度条件を揃えたユーザー限定となります。

クーポンを貰える条件を満たしている場合、自宅に郵送されたりキャリアからDMで送られて来るようになると思うので、一度チェックしてみても良いかもしれません。

2-4 乗り換え(MNP)の転出料はほぼ確実にかかる

驚く女性

ちなみに、事務手数料無料というのはあくまで、そのキャリアで契約する時に発生する契約事務手数料や機種変更手数料が無料になる特典です。

そのため、乗り換え(MNP)の場合の転出料や契約解除料のような、元いたキャリアで発生する事務手数料は確実にかかると思ってください。

それらを無料にしたいのであれば、これから契約するキャリアのショップ等で交渉してみると良いでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで事務手数料は無料になるか
  • 事務手数料無料のキャンペーンは時期によって開催することがある
  • 2019年2月現在、事務手数料無料のキャンペーンは無い
  • ドコモであればオンラインショップを利用することで契約事務手数料・機種変更手数料が無料になる
  • 特定のユーザーに郵送されるクーポン等で無料になる可能性は高い
  • 乗り換え(MNP)で発生する転出料はほぼ確実にかかる

次の章では、事務手数料無料で携帯を新規/乗り換え(MNP)契約する方法についてしらべてみました。

ドコモMNP引き止めポイント|151に電話でもらえたら機種変更がお得に

3 事務手数料無料で携帯を新規/乗り換え(MNP)契約する方法

笑顔で電話をする女性

次に、事務手数料無料で携帯を新規または乗り換え(MNP)で契約する方法があるかどうか調べてみました。

現在、公式で事務手数料無料キャンペーンを実施していないとなると、公式でキャンペーンが開催されるのを待つというのも1つの方法です。

さらに、携帯ショップで値段交渉することによって「今回は特別に…」ということもあるかもしれません。

また、最近のキャリアはさまざまな事業も行っているので、同じキャリアの関連サービスに登録したらお得なクーポンをゲットできる可能性もあります。

このように、それぞれ事務手数料が無料になる可能性を集めてみました。

3-1 ひたすら公式のキャンペーンを待つ

ひたすら公式のキャンペーンを待つことも1つの方法です。

大体、月ごとに細かいキャンペーンが変わるので、月初にその都度確認してみるのも良いでしょう。

後は、3月など携帯業界の繁忙期にはお得なキャンペーンが開催される傾向が高いです。

大型連休前なども稼ぎ時ということで、短期のキャンペーンを実施することもあるので、是非こまめにチェックすることをおすすめします。

3-2 携帯ショップに行って値段交渉してみる

悩む女性

携帯ショップで値段交渉してみるのもおすすめです。

ただ、最近の携帯ショップは頭金を支払うのが普通になってきてしまっているので、こちらが値切る前に頭金を掲示され、良くて頭金を免除するくらいしかできないかもしれません。

頭金を掲示されたら「頭金がないお店があるからそっちに行きます」と行って断ると良いでしょう。

家電量販店と携帯ショップは異なる

家電量販店の中に携帯ショップが入っていますが、これは道路沿いやショッピングモール内にあるような携帯ショップとは若干形態が異なります。

従来の携帯ショップとは違うキャンペーンを、家電量販店内の携帯ショップで取り扱っている可能性があります。

そして、高確率で頭金を運用しているお店が少ない傾向にもあります。

携帯ショップでの交渉に疲れた時は、一度家電量販店内の携帯ショップで話を聞いてみるのも良いかもしれません。

3-3 誰でも使えるクーポンが出回っていないかチェック

最近の携帯キャリアは、携帯販売以外にも保険や電気、光回線、ネットショッピング、アプリサービス、クレジットカードなどあらゆる事業を行っています。

携帯キャリアは、基本的に携帯から保険、電気、光回線と何から何まで自社で契約を獲得したいと動いています。

そのため、キャリアと同系列の会社が運営しているサービスを利用したり、登録をすれば特別なクーポンが手に入るかもしれません。

それは、その時にどのキャリアで契約していても、そのサービスさえ利用したり登録すれば手に入れることができるクーポンです。

そのようなクーポンが配布されていないかどうか、一度確認してみるのも良いでしょう。

4 事務手数料無料がなくても機種代金割引のキャンペーンはある!

事務手数料無料のキャンペーンがなくても、現在機種代金割引のキャンペーンはたくさん開催されています。

事務手数料無料となると、還元される額は大体3,000円程度ですが、機種代金割引となると機種代金から5,000円~10,000円程度割引されるのがほとんどです。

そのため、事務手数料無料よりも、還元される金額だけ見ると機種代金割引のサービスの方がお得になるのです。

その分初期費用が高くなってしまいますが、今後料金を安くするという点では、機種代金割引キャンペーンの方が有効ではないでしょうか。

5 事務手数料が無料になるキャンペーンを開催する頻度は少ない傾向にある

悩む女性

最後に、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの事務手数料についてまとめます。

3キャリアの事務手数料の傾向について
  • 契約事務手数料は一律3,000円
  • 機種変更手数料・乗り換え(MNP)の転出費用は2,000円~3,000円
  • 公式で契約事務手数料が無料になるキャンペーンは開催されていない
  • ドコモのオンラインショップであれば契約事務手数料・機種変更手数料が無料になる
  • 無料にするなら携帯ショップで交渉するのも1つの方法
  • 契約事務手数料を無料にするよりも、機種代金割引キャンペーンの方がお得

以前まではかなり頻繁に契約事務手数料の無料キャンペーンが公式で開催されていましたが、2019年2月現在、同じようなキャンペーンは見つかりませんでした。

携帯ショップで値段交渉できる可能性もありますが、もしかしたら頭金を取られる可能性もあるかもしれません。

ドコモ契約を検討している人は、ドコモオンラインショップを利用すれば契約事務手数料・機種変更手数料を無料にすることができます

ただし、オンラインショップということで商品が後日店舗受取になるか自宅郵送のどちらかになります。

また、対面でスタッフに相談することができないので、ある程度スマホの扱いに慣れている人向けと言っても良いでしょう。

このように、契約事務手数料の無料キャンペーンを行っているキャリアは現状ありませんが、機種代金が割引になるというキャンペーンは多く実施されています。

高額な割引額だと、iPhoneから10,000円割引される等のキャンペーンがかなり多いので、是非契約を検討しているキャリアのキャンペーンをチェックしてみてください。

尚、普通の携帯ショップと家電量販店内の携帯ショップは形態が異なるため、一度家電量販店内の携帯ショップのキャンペーンを聞くのも1つの方法です。

実際にドコモで家族のスマホの機種変更をしようとした時、ショップでは頭金、機種代金がかかると言われていましたが、家電量販店では一切かからなかったという事例もあります。

よりお得に契約したいのであれば、是非色々なショップで話を聞いてみるのもおすすめです。

格安スマホに乗り換える理由・乗り換えない理由|利用割合は今何%

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ