イオンモバイルの評判|料金・速度を他社と比較した時のデメリット

イオンモバイルの評判|料金・速度を他社と比較した時のデメリット

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

イオンモバイルは、格安SIMの中でも特にリーズナブルな格安SIMとして定評があります。

名前の通り、イオンモールなどを運営するイオンリテール株式会社が運営しています。

イオンモバイルは、ネット契約が主流の格安SIMの中でも、全国のイオン系列の店舗で契約ができるなどネット慣れしていない人にとって便利な格安SIMです。

イオンモバイルの特徴

  • 通信速度は一般的な格安SIMレベル
  • 11種類のデータ通信量からプランを選べる
  • 050のIP電話ならかけ放題が使える
  • 取り扱いスマホが型落ち・割高なので購入は要検討

ネットで評価を見ていると、イオンモバイルのあまり良くない口コミや評価を見ることがあります。

確かに、イオンモバイルは名前を変える前のイオンスマホの時に、あまり評判が良くありませんでした。

しかし、その後イオンモバイルと名前を変えた際にサービス内容や通信環境を見直し、大幅に改善したといわれています。

今回は、そんなイオンモバイルに現在どのような料金プランがあるのか、そして口コミや評価からわかるデメリットなども紹介します。

トップ画像引用元:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

▽安さ重視ならイオンモバイル!おすすめのキャンペーン情報はこちら
イオンモバイル

1 イオンモバイルの口コミ・評価

女性

まず、実際にイオンモバイルを使ったことがある人の声を調べてみました。

使ったことのない格安SIMを知るには、実際に使ったことのある人の評価や口コミを調べるのが非常に効果的な手段です。

ただし、極端なネガティブ・キャンペーン、ポジティブ・キャンペーンをしている可能性もあるので、鵜呑みにせずあくまで参考程度に見ておくことが大切です。

今回は、イオンモバイルの口コミの中でも特に多かったマイナスの評価について紹介をします。

格安SIMは会社によってサービスも通信品質も大きく異なる性質上、メリットを見るよりもデメリットに目を向けた方が契約する時に失敗しにくい傾向にあります。

1-1 時間によって通信速度が変動する

時計

多くの人が使う時間帯である昼休憩の12時~13時あたりと、仕事終わりの18時以降で通信速度が変動することが多いようです。

ただし、これは格安SIM全社に共通して言えることだと思ってください。

格安SIMは基本的に、大手キャリアから回線をレンタルして通信サービスを運営しています。

レンタルする回線数は格安SIMによって異なるため、通信品質に差が出てしまいます。もちろん、レンタルしている回線が多ければ多い程通信品質は良い傾向にあるでしょう。

しかし、ほとんどの格安SIMはレンタルした回線の中で、混雑時に対応できるための回線の用意する余裕がありません。

そのため、混雑する時間帯によってネットが繋がりにくい・速度が遅いという現象になるのです。

大手キャリア通りに回線を使える格安SIMは、UQモバイルかワイモバイル程度です。この2社はソフトバンク・auの子会社にあたるのでそれも当然ですよね。

その他の格安SIMは、多かれ少なかれ同様の現象があると認識しておきましょう。

1-2 取り扱っているスマホがマイナー・型落ちばかり

悩む男女

これも、どの格安SIMにも言えることですが、取り扱っているスマホがマイナーで型落ちばかりだという評価です。

格安SIMなのですから、ユーザー層もスマホ料金を安くしたくて契約するはず。そんな中で10万円を超えるようなiPhoneやXperiaを取り扱っていても売れるわけがありません。

そのため、格安スマホと呼ばれる3万円~5万円程度が相場のスマホを多く取り揃えているのです。

大体ASUSやHUAWEIなどが主流ですが、日本でそこまで人気がないだけで、海外ではシェアはトップクラスの人気メーカーです。

そのため、なるべくスマホの機種代金も安くしたいとなったら、日本で言うマイナーなメーカーのスマホだったり、型落ちの値下げしたスマホを取り扱うのは当然の選択となります。

格安SIMで取り扱っているスマホが嫌なら、

  • 今使っているスマホを引き続き使う
  • AppleストアなどでSIMフリーのiPhoneを購入

するのが良いでしょう。

1-3 イオンモバイルの評判があまり良くない理由

悩む女性

イオンモバイルの評価は、口コミを見ると極端に分かれている傾向にあります。

それは何故かと言うと、イオンモバイルの前身であるイオンスマホのイメージが強いからだと思います。

イオンモバイルは、元々イオンスマホとして3年ほど前にサービスが開始されました。

格安SIMの先駆者と言っても過言ではありませんでしたが、通信速度が遅い・使い物にならないなど、評価は散々でした。

その後、サービスを改善し、通信環境も整った上でイオンモバイルと名称を変更したのです。

このような経緯があるので、イオンスマホの頃を知っている人は、イオンモバイルに対してあまり良いイメージを抱かないかもしれません。

しかし、現在のイオンモバイルは、通信環境もサービスも改善され、標準的な格安SIMのスペックであることは間違いないでしょう。

イオンスマホの時よりも、明らかに使い勝手は良くなりましたし、通信環境もサービス開始直後と比べ、支障なくネットを使えるくらいに良くなったといいます。

イオンモバイルの口コミ・評価

  • 時間によって通信速度が不安定になる
  • スマホが高い、型落ちモデルばかり
  • イオンスマホの時はおすすめできない格安SIMとして定評があった
  • イオンモバイルとなった今、サービスはかなり改善されている
  • イオンモバイルの評価が分かれるのは、イオンスマホ時代の印象があるから
【格安SIM比較】通信速度が安定して速いのはどこ?遅いのはどこ?

次のページでは、イオンモバイルの料金と通信速度について解説します。

▽安さ重視ならイオンモバイル!おすすめのキャンペーン情報はこちら
イオンモバイル

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

60歳以上は通話無料!ワイモバイルの「かんたんスマホ」の購入でね!... auのBASIO3、ドコモのらくらくホン、ソフトバンクのシンプルスマホ4等、キャリアはシニア層向けのスマホを多く販売しております。 格安MVNO業者のワイモバイルも例外でなく、かんたんスマホ(705KC)を販売しておりますが60歳以上...
QT mobile(QTモバイル)の評判|速度・料金を他の格安SIMと比較検証... QTモバイルとは、九州電力の系列会社が運営している格安SIMサービスです。 他の格安SIMが取り扱う前の早い段階から、ソフトバンク回線を取り扱っている格安SIMとして知られていましたが、現在そこまで知名度は高くありません。 そん...
月額1,000円台でスマホ運用できるおすすめ格安SIM比較【2019年】... 格安SIMに変えようと考える人の大半は「料金を安くしたい」「2年契約に縛られない契約がしたい」という理由からではないでしょうか。 格安SIMでは、料金をキャリアの半額以下にすることも不可能ではありません。 ましてや、月々1,00...
月額2,000円台でスマホ運用できるおすすめ格安SIM比較【2019】... 毎月の固定費として頭を悩ませている人も多いのがスマホの通信費。 格安SIMと呼ばれる通信事業者に切り替えるだけで、大手3キャリアと比較すると、場合によっては3分の1程度の金額でスマホ運用が可能です。 しかしながら、格安SIMと言...