ドコモの分離プランの全て|最大4割値下げは今より安くなるのか考察

ドコモの分離プランの全て|最大4割値下げは今より安くなるのか考察

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2018年10月31日の第二期四半期の決算説明会で、ドコモから「最大4割の値下げを行う」ことが明言されました

そのため、ドコモの料金がこの先安くなることが予想されます。

尚、決算説明会で発表された内容は下記の通りとなります。

ドコモの値下げについて

  • 2018年10月31日の決算説明会で発表された
  • 2019年4月以降にドコモ料金が2〜4割値下げされる
  • 1年間で4,000億円がユーザーに還元される
  • 分離プランが中心となっていく

これまでの「料金が高い」「料金プランがわかりにくい」などのユーザーからの指摘を改善するという理由から、4,000億円を年間でユーザーに還元していく方針だそうです。

ドコモ側は否定していますが、恐らく菅官房長官の「携帯料金は後4割程度は安くできるはず」という旨の発言も影響しているのではないかと考えられます。

どちらにせよ、ドコモの値下げを機に、携帯業界の料金形態が大きく変化することが予想されます。

今後乗り換えや機種変更を考えている人は、是非今回の内容を参考にし、乗り換えるべきか機種変更すべきか見極めてください。

トップ画像引用元:NTTドコモ ホーム

1 2018年10月31日のドコモの決算説明会での発表

悩む女性

まず、決算説明会におけるドコモの発表内容について細かく解説していきます。

決算説明会でのドコモの発表は下記の通りです。

  • 2019年4月以降に料金を2割~4割程度値下げする
  • 月々サポートの廃止で分離プランを中心にする
  • 年間4,000億円をユーザーに還元する

純粋に2割~4割値下げするというだけであれば、多くのドコモユーザーが「今の金額からそれだけ安くなるのかな。」と思うかもしれません。

しかし、問題は「月々サポートの廃止と分離プランをメイン化」という点です。

この内容により、ただ単に値下げになるのではなく、中には料金が高くなるユーザーもいるのではないか?と懸念されているのです。

それぞれの発表の内容がどのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

1-1 2019年の第一四半期から料金を最大4割値下げする

カレンダー

2019年の第一四半期、つまり2019年4月から最大4割値下げすることが明言されました。

これはあくまで、「ドコモの基本料金」のことだと見受けられます

ドコモの現在の料金形態を簡単に解説すると、このような構造になっています。

  • 機種代金
  • 通話プラン
  • パケットプラン
  • 月々サポート
  • インターネット接続サービス
  • その他オプション

このうちの、通話プラン・パケットプランが恐らく値下げ対象になるのではないかと想定されます。

ただし、ドコモは「ユーザーのプランがわかりにくいという声を受けて、わかりやすいプランを打ち出す」とも言っているので、新料金プランが出てくる可能性も高いです。

1-2 月々サポートの廃止して分離プランを中心に

悩む男性

また、ドコモは月々サポートの廃止と分離プランのメイン化を発表しました。

ここが問題になっている点です。

分離プランというのは、機種代金と利用料金を切り離したプランのことをいいます。

今は、24回の分割などでスマホの機種代金も利用料金に合算されている状態です。

それを機種代金と利用料金を完全に切り離すというものが分離プランです。分離プランは総務省も提唱し続けていたプランなので、これは国の方針通りと言っても良いでしょう。

問題は「月々サポートの廃止」というものです。

月々サポートとは?

月々サポートとは、機種代金を分割して利用料金に乗せた上で発生する月々の割引サポートのことです。

機種代金は満額発生しますが、月々サポートの割引額が基本料金から値引かれることで「機種代金月々実質○○円!」と宣伝されるようになります。

あくまで実質というのは、機種代金が満額かかっているからです。

例えば、月5,000円の機種代金に2,500円の月々サポートが入ったとしたら、実質2,500円の機種代金といわれます。

しかし、実際に2,500円の割引が基本料等から差し引かれているため、機種代金は割引になっていません。

そのため、解約すると割引がなくなるので、支払い終了まで月々5,000円の機種代金が請求されるようになります。

この月々サポートが廃止になるということで、本来あった割引がなくなり、機種代金が満額上乗せされることになります。

そのため、いくら基本料金が値下げになったとしても、機種代金が加わったらそこまで変わらない・むしろ高くなるのでは?と懸念されているのです。

1-3 ユーザー全体に4,000億円を還元

お金の節約

逆に高くなる・プラスマイナスゼロなのでは?という懸念がある中、ドコモ側はそれを否定しています。

現在、ドコモにはdocomo withというプランがあり、それは機種代金に関わらず利用料金から永年1,500円の割引を適用させるというプランです。

対象機種は限られていますが、お得なプランとして定評があります。

ドコモは、docomo withのような、機種代金とは一切関係のない割引を適用させていく方針だそうです。

また、年間4,000億円をユーザーに還元するとも発表しているので、月々サポートがあった時よりも値下げが期待できると明言されています。

ただ一方で、「中には全く変わらない、安くならないユーザーもいる」と補足されています。

どうなるかわからないというのが正直なところなので、しばらく様子見をするしかないかもしれません。

ドコモの値下げ発表の概要

  • 2019年4月以降に料金を最大4割値下げする
  • 端末代と通信料を一体化させない分離プランが主流となる
  • 4,000億円をユーザーに還元させる
  • 端末代と通信料を分離させることで月々サポートがなくなる予定
ドコモの料金プランを見直し・変更!利用料金を今より安くする方法

次のページでは、本当にドコモの料金は安くなるのかシミュレーションしてみました。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ