モバイル保険でスマホのもしものために!最大3台まで補償可能

モバイル保険でスマホのもしものために!最大3台まで補償可能

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

さくら少額短期保険株式会社が提供している『モバイル保険』は、スマホなどのモバイル機器の故障・盗難時に修理費用などを補償してくれるサービスです。

これだけ聞くと「ドコモ・au・ソフトバンクなど各通信事業者から提供されている端末補償サービスとの違いがよくわからない」という方も多いでしょう。

しかし、実はこのモバイル保険にはそうした通信事業者が提供する端末補償サービスにはないメリットがあります。

当記事では、モバイル保険のサービス内容とそのメリットを紹介します。

もしものための『モバイル保険』

モバイル端末 スマホやタブレット

最初に、モバイル保険の特徴をまとめました。

モバイル保険の特徴

  • 補償上限額(年間10万円)までなら何度でも補償
  • 1契約で3台までのモバイル機器の補償が可能
  • スマホのMNP・機種変更後も継続可
  • 月額利用料金700円(非課税)

モバイル保険は、さくら少額短期保険株式会社が提供しているモバイル機器専用の保険です。

月々700円(非課税)を支払うことで、登録したスマホやタブレットなどのモバイル機器(最大3台)の故障や盗難などでかかった修理費用などを年間最大10万円まで何度でも補償してくれます。

ドコモ・au・ソフトバンクなどの通信事業者の端末補償サービスと大きく違うのは、現在利用中の通信事業者や端末の購入店に関係なく費用を請求できる点です。

通常の端末補償サービスは端末購入と同時に加入する必要がある上、乗り換え(MNP)すると利用できなくなり、その後はメーカーに有償で修理を依頼する必要があります。

一方、モバイル保険では補償を請求する際、登録した端末の通信事業者や購入店、修理依頼先の種類などは問われません。

そのため、モバイル保険は度々乗り換え(MNP)する方や通信事業者以外で購入したSIMフリースマホを使用する方にとっても、利用しやすいというメリットがあります。

1 モバイル保険のサービス内容

モバイル保険

画像引用元:ホーム | モバイル保険

それでは、モバイル保険のサービス内容を詳しく見ていきましょう。

1-1 モバイル保険の補償額

電卓とお金

まずはモバイル保険の補償額を紹介します。

補償範囲修理可能な場合修理不能な場合
1契約合計
(1年間)
最大100,000円
主端末最大100,000円25,000円or購入価格のうち低い金額
副端末12台合わせて最大30,000円(※)7,500円or購入価格のうち低い金額
副端末2

※既に主端末で補償を利用していて、補償可能残存額が30,000円未満の場合、残存額が補償の上限になります。

上記の表の通り、モバイル保険の補償額は年間最大10万円ですが、修理の可否や補償を受けるモバイル機器が主端末・副端末のどちらであるかによって補償額が変わってきます。

副端末よりも主端末の方が受けられる補償額が高くなっているので、登録の際は価格が高いモバイル機器を主端末に登録しておきましょう。

なお、1年以内に補償額10万円を使い切った場合、契約から1年後の更新時に再度補償額が10万円に復元します。

モバイル保険の補償は回数無制限

モバイル保険の大きな特徴の一つに、上限補償額はあれど補償を受ける回数には制限がないという点が挙げられます。

ドコモ・au・ソフトバンクなどの端末補償サービスでは「1年間に〇回まで」などの制限があることが多いです。

しかし、モバイル保険では主端末・副端末ともにそれぞれの上限額までなら何度でも補償を受けられます。

補償請求は修理費用を払ってから

先にも書いた通り、モバイル保険はスマホなどのモバイル機器の修理費用を補償するサービスです。

そのため、まずは故障したスマホを修理に出して修理費用を自分で支払ってから、モバイル保険に補償を請求するという形になります。

補償請求する手順については、後で詳しく紹介します。

1-2 モバイル保険が適用されるケース

水に濡れるiPhone

モバイル保険では、次のトラブルによる修理時に補償が行われます。

  • 外装破損(画面割れなど)
  • 損壊
  • 水濡れ全損
  • 故障
  • 盗難など

上記の通り、落下による画面割れから水没、更には盗難まで日常で起きそうなスマホのトラブルはおおむね補償してもらえます。

保険が適用されないケース

一方、次のような場合はモバイル保険の補償適用外となり、保険金が支払われません。

  • すり傷・汚れなど機能に直接関係ない外装の損傷
  • 置き忘れ・紛失
  • 故意による損害
  • 地震・噴火・津波による損害

上記以外でも補償の対象外となるケースがあるので、契約前に約款をよく確認しておきましょう。

1-3 モバイル保険に登録できる端末

モバイル保険に登録できる端末

画像引用元:サービス内容 | モバイル保険

モバイル保険では、スマホだけではなく日常生活で利用する無線通信が可能な製品が補償の対象となります。

例えばスマホ以外にタブレットやノートバソコン、スマートウォッチ、携帯ゲーム機、モバイルルーターなども補償の対象として登録可能です。

スマホならドコモ・au・ソフトバンクまたは格安SIMで購入した製品や技適マークのあるメーカー純正品なら問題なく登録できます。

また、モバイル保険ではメーカーまたは通信事業者が提供する有償補償サービスに加入していれば、購入から1年以上経過したスマホでも登録できる点もポイントです。

通常、ドコモ・au・ソフトバンクから格安SIMに乗り換え(MNP)する際、それまで契約していたスマホの有償補償サービスは利用できなくなります。

その上、MNP転出先によっては補償サービスに加入できないところもあります。

しかしそんな時でも、乗り換え前にモバイル保険に加入しておけば、スマホの補償サービスを切らすことなく乗り換えることができます。

補償対象外となる機器

モバイル保険では、次の機器は補償の対象外となります。

  • 日本国内での使用が認められていない製品(技適マークがないもの)
  • ドローンやラジコンなど遠隔操作するもの

主端末と副端末について

モバイル保険では、1契約(月額700円)につき、主端末1台と副端末2台の最大3台まで登録できます。

主端末は保険加入時に必ず登録する必要がありますが、副端末は必ずしも登録する必要はありません。

また、契約途中で新たなモバイル機器を副端末に追加したり、機種変更に伴い主端末のスマホを新しいスマホに変更することも可能です。

ドコモのケータイ補償サービスって必要?故障時の修理と交換の違い

次のページでは、モバイル保険の申込み方法と請求方法を詳しく紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

iPhoneのバッテリー交換にかかる時間とどこでするか|予約も可能?... iPhoneのバッテリー交換はどこでするかによって、かかる時間や費用が異なります。 そこで今回は、iPhoneのバッテリー交換にかかる時間と費用について解説します。 バッテリー持ちが不安になってきた方や長年同じiPhoneを利用して...
スマホが熱い時の対処法まとめ|事前の対策と簡単にできる冷却方法... スマホが急激に熱くなった、熱くなった後にフリーズするなどの不具合が発生したという現象を経験したことがある人は多いのではないでしょうか。 スマホが急激に熱くなり、持つのも少し辛いくらいになってしまうと「故障かな?」と疑いますよね。 ...
スマホのバッテリー交換の費用と寿命を延ばして長持ちさせる方法... スマホを長く使っていると、バッテリーの持ちが悪くなってきます。 買った時は余裕で1日使っても余裕があったのに、2年近く経ったら午後にはほとんどバッテリーがない! そうした経験ありますよね。 実はこれ、バッテリーの劣化が起こって...
スマホの画面が割れた!反応しない端末の修理と応急処置の方法... スマホの画面割れは中々なくなりません。自分のスマホが割れていない方も1日は1回はどこかしらで画面が割れたスマホを見るのではないでしょうか。 ドコモをはじめキャリアでは画面割れなどの修理費を安くする補償サービスがありますが、加入していな...