【2019年】ネックスピーカーおすすめランキング|音漏れ・遅延なし

【2019年】ネックスピーカーおすすめランキング|音漏れ・遅延なし

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

音楽を聴くときの主な方法としては、「機器から直接聞こえる音楽を聴く」、「イヤホンやヘッドホンから聞く」という方法がポピュラーでした。

しかし、2019年に入ってからはネックスピーカーと呼ばれる、肩にかけるタイプのスピーカーが注目を集めています。

  • ネックスピーカーと今までのイヤホンやヘッドホン、スピーカーとの違い
  • どんなネックスピーカーがおすすめなのか

を紹介していきます。

トップ画像引用元:SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER | BOSE

1 ネックスピーカーとはどんな音楽再生機器か?

Wearble speaker SONY

画像引用元:SRS-WS-1 | アクティブスピーカー | SONY

ネックスピーカーのおすすめを紹介する前に、ネックスピーカーとはどんなものかという概要やメリット、デメリットをお伝えしたいと思います。

各社で呼び名が違っていて、

  • アクティブスピーカー
  • ワイヤレススピーカー
  • ウエアブルスピーカー

と様々です。

ネックスピーカーとはネック=首にかけるスピーカーで、ワイヤレスで無線接続したスマホ等から音楽を流すスピーカーとなっています。

イヤホンやヘッドホン、あるいはスマートスピーカー含む据え置き型のスピーカーと比較するとネックスピーカーは耳に直接イヤーパッドを当てなくなったワイヤレスイヤホンとも言えます。

2 ネックスピーカーならではのメリット

グッドサインをする男女

ネックスピーカーが流行りだしたからには相応のメリットがあり、主に他のイヤホンやヘッドホンと比較して装着感や利便性の高さが評価されています。

具体的には以下の3点がネックスピーカーの評価されているメリットです。

2-1 家中どこでも高音質で聞ける

スピーカー

設置したらそのままの据え置き型のスピーカーは、人が移動すると、音が聞こえにくくなります。

最近はLINE Clovaのような持ち運びが出来るスマートスピーカーもありますが、その都度持ち運びしつつ置いて音楽を聴くのは面倒です。

しかし、ネックスピーカーは肩にかけるタイプのスピーカーなので、持ち運ぶ必要もなく電波の届く範囲であれば高音質の音楽を聴くことが出来ます。

これは据え置き型のスピーカーとネックスピーカーと比べてのメリットです。

2-2 耳に合う形状を探さなくても良い

イヤホン

ネックスピーカーとイヤホンを比較した時のメリットは、耳の穴や形状に合うイヤーキャップを探す手間が省けるという点です。

イヤホンには様々な形状のイヤーキャップがありますが、人によっては合わないので別のキャップを購入したりひどい時には利用を断念する事もあります。

ネックスピーカーは肩にかけたスピーカーから直接音が出てくるので、利用する人に合ったイヤーキャップを探す必要はありません

「自分の耳の穴は少し形状が変わっていて…」と、イヤホンを断念していた方にはネックスピーカーのメリットが合致しています。

2-3 ヘッドホンと異なり髪型が変わる事は無い

ヘッドフォンをする男性

イヤホンと異なりヘッドホンは耳をすっぽり覆うタイプなのでイヤーキャップを探さなくて良いというのは、ネックスピーカーと同じです。

しかし、ヘッドホンは両耳を挟み頭の上部を覆うような形状のベルトがあり、これが原因で長時間着用すると髪型が崩れるというデメリットがあります。

またヘッドホンの長時間の使用は圧迫感を感じて頭痛の原因にもなったり、耳が蒸れて衛生的にもあまりよろしいとは言えません。

ネックスピーカーは直接肌に触れる事も無いので耳が蒸れる事はなく、機器によっては衣服の襟に収納できるほどコンパクトな機器もあります。

髪型が崩れず耳の衛生にもネックスピーカーは負担をかけないというメリットは、ヘッドホンには無い独自のメリットです。

3 ネックスピーカーのデメリット

不安げな女性

ネックスピーカーのメリットを紹介しましたが、ネックスピーカーは決して欠点のない万能スピーカーではありません。

ネックスピーカーにも独特のデメリットがありますので、そちらも紹介したいと思います。

3-1 重量は軽いが使用し過ぎは肩に負担がかかる

肩を揉む

ネックスピーカーは肩にかけるタイプのスピーカーなので、過度に利用しすぎると肩にずっとスピーカーが乗った状態になってしまいます。

重量は軽いと100g以内のもありますが、ネックスピーカーによっては300gオーバーのものもあります。

缶コーヒー2本分がずっと肩に乗った状態になる機器もありますので、便利だからと長時間利用し過ぎると肩こりの原因にもなるでしょう。

3-2 音漏れは構造上仕方ない部分もある

うるさくて耳を塞ぐ女性

ネックスピーカーは耳に直接音を流すイヤホンやヘッドホンと異なり、首にかけたスピーカー部分から直接音が出る仕組みになっています。

そのスピーカーの構造の仕様上、音漏れは必須なので外出時に利用すると通り過ぎる人から視線を感じる事になるのでおすすめしません。

「外出先でも利用できる!」と謳っているネックスピーカーも数多く存在しますが、音漏れするので家庭内での利用に限定した方が無難です。

3-3 遅延の問題も見逃せない

不安で頭を抱える女性

Bluetooth接続・ワイヤレスのイヤホンやヘッドホンにも共通するデメリットとして、無線で接続する以上、音楽が出力されている機器とネックスピーカーで遅延が発生します。

せっかくネックスピーカーで高音質な音楽や音声が流れても、映像との音ずれが発生してしまうと臨場感は急激に醒めてしまいます。

ただメーカー側も遅延の問題を無視しておらず、低遅延に対応しているネックスピーカーも存在しますし、音楽再生のみであれば遅延は関係ありません。

後述しますが音楽再生のみしかネックスピーカーを使わないなら、遅延の問題は無視していただいて構いません。

完全ワイヤレスイヤホンおすすめ人気ランキング【iPhone/Android】

次の章では、ネックスピーカーの用途を決めておく重要性とランキング形式でネックスピーカーを紹介していきます。

4 ネックスピーカーを選ぶ際には用途を決めておこう

ネックスピーカーを紹介する前に、音漏れや遅延の問題があるのでネックスピーカーの用途を事前に決めておく事は大事です。

4-1 音楽再生のみなら安価なネックスピーカーでもOK

音楽を聴く女性

前述しましたがネックスピーカーを自宅内で音楽再生のみで利用するのであれば、遅延の問題も関係なく、音漏れもあまり考慮する必要はありません

遅延対策の低遅延機能や音漏れ対策を施したネックスピーカーは、高価なものが多くなりますが音楽再生のみなら安価なネックスピーカーでも充分実用できるでしょう。

4-2 動画、ゲーム利用なら低遅延の物を選びたい

ゲームをする男女

一方で動画鑑賞やゲームに利用するなら低遅延のネックスピーカーを選ぶ必要がありますので必然的に高価なネックスピーカーが多くなります。

20,000~30,000円するネックスピーカーも少なくないので、お財布とは要相談となるでしょう。

5 おすすめネックスピーカー5選

ではここからは用途や価格、機能等を考慮した結果、おすすめできるネックスピーカーをランキング形式で5点紹介したいと思います。

価格は全てAmazonのそれです。

5-1 王道のSONY『SRS-WS1』が1位

SONY_SRS-WS1

画像引用元:SRS-WS-1 | アクティブスピーカー | SONY

項目スペック詳細
メーカー名SONY
重量335g
価格21,498円
特長・パッシブラジエーターにより低音に強い
・人間工学に基づいて体にフィットするデザイン

ネックスピーカーの王道といえばSONY製の『SRS-WS1』で、高音質かつ低遅延機能を搭載したネックスピーカーになっています。

ワイヤレススピーカーは低音が弱い機器も多い中、パッシブラジエーターを搭載しており、低音部分を振動として再生するなど音質や機能面に優れたモデルとなっています。

弱点としてはスマホとの接続は有線となっている事と、335gとネックスピーカーの中でも特に重い重量が目に付きます。

連続使用時間も7時間となっているので、長時間利用するには充電面でも重量面でも若干難しいのが玉にきずと言えるでしょう。

5-2 音質重視の高級派BOSE『SoundWear Companion』が2位

BOSE SoundWear Companion

トップ画像引用元:SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER | BOSE

項目スペック詳細
メーカー名BOSE
重量260g
価格29,700円
特長・ノイズキャンセリング対応
・IPX4の防滴仕様対応

スピーカーの有名メーカーと言えばBOSEも例に漏れずネックスピーカーを販売しており『SoundWear Companion』は、スピーカーメーカーに恥じない高音質モデルです。

  • 独自開発のウェーブテクノロジーでクリアなサウンドを実現
  • Bluetoothを使ってスマホや音楽プレーヤー等と接続可能
  • ハンズフリー通話が可能
  • ノイズキャンセリング機能も搭載
  • 防水機能も備える

と、ネックスピーカーで欲しい機能をこれでもか!と言わんばかりに詰め込んだスピーカーでスピーカーメーカーBOSEのこだわりが窺えるモデルです。

難点としてネックスピーカーでも非常に高価な点がありますが、音質をとことん追求したい人にはおすすめのネックスピーカーと言えるでしょう。

5-3 低価格で遅延対策済KENWOOD『CAX-NS1BT-B』が3位

KENWOOD CAX-NS1BT-B

画像引用元:CAX-NS1BT | ワイヤレススピーカー | KENWOOD

項目スペック詳細
メーカー名KENWOOD
重量86.2g
価格12,441円
特長・バッシブラジエーター搭載
・高音質コーデックaptx対応

前述した2つのネックスピーカーとは方向性を変え、価格を抑えつつ必要な機能を兼ね備えたのがKENWOOD製の『CAX-NS1BT-B』です。

価格は約1万円台にも関わらず遅延対策の音質コーデックaptxに対応しつつ、パッシブラジエーターで低音の再生もカバーしております。

重量も86gと非常に軽いネックスピーカーなので長時間の使用も負担が少ないなど、機能面でも優れており価格もお手頃価格で手を出しやすいモデルです。

明確なデメリットも無く汎用性に優れたネックスピーカーですが、防水に対応しておらず尖った機能は無いので人によってはあまり面白みを感じないのが難点かもしれません。

5-4 とことん安値にこだわったDolTech『DT929』が4位

画像引用元:ワイヤレススピーカー Doltech DT929BLACK

項目スペック詳細
メーカー名DolTech
重量200g
価格5,599円
特長・価格が安い
・IPX4の防水規格

とにかく価格が安いネックスピーカーが欲しい!というお値段重視の方には、4位のDolTech製の『DT929』シリーズがおすすめです。

amazonでの参考価格が5,599円でネックスピーカーとしては破格の価格で手に入りやすく、10時間の再生とBluetoothによるスマホとの接続が可能です。

防水機能やハンズフリー通話にも対応しておりますので、ネックスピーカーをお試しで使ってみたい!という方におすすめです。

難点として遅延対策が施されていないので、必然的に用途は動画視聴やゲームではなく音楽再生のみに絞られます。

動画視聴やゲームでは音ずれが起こる可能性がありますので、あくまで音楽再生をメインに利用する、お試しでネックスピーカーを利用するのが主流となるでしょう。

5-5 わずか88gという軽さのSHARP『AN-SS1-B』が5位

AQUOS AN-SS1-B

画像引用元:サウンドパートナー AN-SS1 | アクオス:シャープ

項目スペック詳細
メーカー名SHARP
重量88g
価格11,200円
特長・重量が軽い
・低遅延コーデック『Fast Stream』対応

3位の『CAX-NS1BT-B』に価格や重量の面でライバル関係とも言えるSHARP製『AN-SS1-B』が第5位にランクインです。

3位の『CAX-NS1BT-B』の違いを簡単に述べると、価格を約1,200円程安くして、同じく遅延対策の規格に対応している代わりに再生時間を6時間短くしたとモデルと言えます。

6時間短くした…というと驚くかもしれませんが、『AN-SS1-B』の元々再生時間が14時間とかなり長めに設定されています。

こまめな充電が出来る人なら明確なデメリットとは言い難く、安さを求めるなら5位の『AN-SS1-B』を、長時間の再生を求めるなら3位の『CAX-NS1BT-B』がおすすめです。

イヤホンやホームスピーカー以外の新たな音楽再生機器となるか

SONY SRS-WS1

画像引用元:SRS-WS-1 | アクティブスピーカー | SONY

おすすめのネックスピーカーをランキング形式での紹介とメリット、デメリットに選ぶポイントをご案内させていただきました。

ネックスピーカーはその形状と音漏れが回避できないスピーカーなので、イヤホンや据え置き型スピーカーと比べて若干マイナーな印象は否めません。

しかし、肩に乗せるだけという簡単に装着できて耳が蒸れる心配がない事や、音質にこだわったモデルも出る等注目を集めているスピーカーです。

今後の商品展開によっては、2019年以降に音楽再生機器の新たなトレンドにもなりうるでしょう。

2019年ネックスピーカーおすすめのポイント
  • 本格的に利用するならソニー製『SRS-WS1』がおすすめ
  • お試しで購入するなら『DT929』がおすすめ
  • 価格は4,000円台から数万円台までピンキリ
  • スピーカーの構造上音漏れするので家庭内での利用推奨
Airpods/BOSE/SONY|人気メーカーのワイヤレスイヤホン徹底比較!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ