スマホ決済アプリを比較|大手4社の特長と使い勝手の良し悪し

スマホ決済アプリを比較|大手4社の特長と使い勝手の良し悪し

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナー

キャッシュレス決済が政府からも促進されており、クレジットカード支払いをはじめとするキャッシュレス決済が普及し始めています。

そこで注目されているのは、スマホで簡単に支払いができるスマホ決済アプリです。

今回はLINE Pay、楽天ペイ、Origami Pay、PayPayの特に大手であるスマホ決済アプリ4社の特長やメリットについて調べてみました。

どの会社も、支払い方法から1回に使える利用上限額などが大きく異なり、「どこでも良いや」と適当なサービスを選ぶ訳にはいかないようです。

そんな4社の特長とメリットを調べて各サービスを比較した結果、ニーズによって選ぶべきサービスが異なることがわかりました。

スマホ決済アプリを探している人は、是非参考にしてください。

今回調べたスマホ決済アプリの大手4社
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • Origami Pay
  • PayPay

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

↓この記事を動画で!↓

1 LINE Payのサービスについて

画像引用元:LINE Pay

LINE Payは、名前の通りLINEが運営しているスマホ決済アプリです。

LINE Payではチャージ残高を利用して買い物を行うことができ、1回の買い物につき10万円から100万円まで利用することが可能です。

ただし、LINE Payで100万円の支払いを行う場合は本人確認済みが必要です。

また、チャージ残高支払いのみとなっているため、後払いで遣い過ぎないようにしたいと考えている人にもぴったりなスマホ決済アプリです。

既にユーザー数が3,000万人を突破しており、今1番注目されているスマホ決済アプリだといっても過言ではありません。

LINEを通じて友だちに送金したり、会計の割り勘を依頼することができるなど、非常に便利なサービスが盛りだくさんだという点もLINE Payも魅力です。

1-1 LINE Payのサービスの概要

画像引用元:LINE Pay

LINE Payには、スマホ決済だけでなくプリペイドカードもあります。最短、申し込み30秒で発行できるプリペイドカードは、JCB加盟3,300万店で使うことができます

どのスマホ決済アプリにも言えることですが、スマホ決済アプリだけではどうしても対応できる店舗が限られてしまいます。

そのため、プリペイドカードとスマホ決済アプリを同時に使うことで、日常使っている店舗の大半は利用できるのではないかと思われます。

また、20%還元が初回特典でつくなどかなりお得なキャンペーンも頻繁に行っています。新しくスマホ決済アプリを使用してみたいと考えている人にとってもお得なサービスでしょう。

ドコモキャンペーンバナー

1-2 LINE Payのメリット

LINE Payのメリットは下記の通りです。

  • ランクとコード支払いを利用することで最大5%のポイント還元が実現できる
  • 初回で20%ポイントが還元されるなどお得なキャンペーンが多い
  • JCB加盟店3,300万店舗で利用できるプリペイドカードの申し込みも可能
  • LINEで友だちに送金したり割り勘の依頼を送ることができる
  • チャージ残高支払いとなるので、後払いで遣い過ぎるということを避けることができる

LINEアプリの友だちに送金をしたり、割り勘の依頼を送ることもできます。割り勘の金額を自動的に計算して会計してくれるのでかなり便利なサービスですよね。

LINEのランクとコード支払いを利用することによって最大5%のポイント還元も行うことができます。

キャンペーンを抜きにして、今回紹介する4社の中ではダントツに還元率が高いです。

LINE Payカードの使い方|発行からチャージと決済の手数料まで解説

2 楽天ペイのサービスについて

画像引用元:楽天ペイ:カード払いをアプリひとつで

次に、楽天ペイのサービスについて解説をします。楽天ペイとは、名前の通り楽天が運営しているスマホ決済サービスとなります。

楽天にはそのほかにも楽天カードや楽天Edyなどのクレジットカードや電子マネーのサービスもありますが、ここ最近でスマホ決済アプリにも進出するようになりました。

ローソンやミニストップなどのコンビニ、アパレルや居酒屋をはじめ、地方の歯科医院やクラブ、バーなどでも利用できる点が特徴です。

また、支払いは、

  • バーコード決済
  • QRコード読み取り
  • 自分で金額を打ち込んでセルフ決済

などさまざまな方法で支払いを行うことができます。

そして、楽天カードを支払い先に設定することで、楽天ポイントの還元率をアップさせることも可能であるため、楽天サービスを普段から愛用している人にとてもおすすめです。

2-1 楽天ペイのサービスの概要

画像引用元:楽天ペイ:街もネットも簡単お支払い!ポイントも貯まる!

楽天ペイは、名前の通り楽天が運営しているスマホ決済アプリです。

支払いがクレジットカードのみと、他のスマホ決済アプリのようにチャージ支払いや銀行口座支払いではないという点が特徴です。

チャージ支払いの楽天Edyと区別をつけるためでしょう。必然的にクレジットカード支払いのみとなるので、チャージ残高不足を心配する必要が無いという点が嬉しいポイントです。

また、楽天カードを合わせれば最大1.5%のポイント還元がつくのもお得です。

それ以外にも、特定の店舗利用で10%ポイントバックなどのキャンペーンを行っていることも多いため、効率良くポイントを稼ぐことができます。

2-2 楽天ペイのメリット

楽天ペイのメリットは下記の通りです。

  • 支払い先を楽天カードにすれば最大1.5%の還元率
  • ランクによって異なるが、1回の買い物の上限金額は最大20,000円
  • バーコードやQRコードだけでなく、自分で金額を打ち込んでテーブルで会計が可能
  • クレジットカード支払いなのでチャージ残高不足を心配する必要は無い
  • メジャーなコンビニや居酒屋だけでなく地方の歯科医院やバーでも利用可能

楽天ペイはレジで会計しなくても、テーブルで金額をスマホアプリに打ち込み、セルフで会計を済ませることも可能です。

そのため、レジが混雑している時にもスピーディーに会計を終えることができます。

また、ローソンやファミリーマートのようなメジャーな店舗だけでなく、地方にあるような歯科医院やバーでも利用することができます。

「えっここも?」と驚くような場所で対応しているかもしれません。

LINE Payと楽天ペイの特長・メリット
  • 最大5%のポイント還元が可能なLINE Pay
  • JCB加盟店対応のプリペイドカードもあるので幅広い業種の店舗で利用できる
  • 楽天ペイはクレジットカードのみの支払いなのでチャージ残高を気にする必要が無い
  • 楽天カードと連携して1.5%のポイント還元、期間限定で10%ポイントバックを行っていることもある
楽天ペイの使い方・使える店|クレカ登録から支払いするまでの流れ

次の章では、Origami PayとPayPayについて詳しく解説します。

3 Origami Payのサービスについて

画像引用元:Origami-Origami Payについて

次に、Origami Payのサービスについて解説をします。

Origami Payも、先ほど紹介したスマホ決済アプリと同様に、バーコード表示でキャッシュレス決済ができる非常に便利なサービスです。

特筆すべきは、約100,000店舗で利用可能というサービスの幅広さにあります。

日常的にメインで使うことも可能であり、10%OFFのクーポンもあるので、上手く使えばお得に買い物ができるようになります。

支払いもクレジットカードのみではなく、銀行口座を選ぶことができるため、クレジットカードに抵抗がある人・持っていない人にもおすすめのサービスです。

3-1 Origami Payのサービスの概要

Origami Payは、バーコードを表示することでスマホ決済を行うことができるアプリです。

無料で登録することができ、尚且つ登録にも時間がかからずすぐに使うことができます。

支払いに関しては、銀行口座またはクレジットカードのどちらかを選ぶことが可能なので、クレジットカードを持っていない人でも安心できます。

さらに、利用可能金額が100万円未満と、高額な買い物にも対応しているのが嬉しいポイントです。

3-2 Origami Payのメリット

画像引用元:Origami-Origami Payについて

Origami Payのメリットは下記の通りです。

  • 利用可能額は100万円未満
  • 銀行口座かクレジットカードか支払い先に選択可能
  • ポイント還元はないが、10%OFFのクーポンでその場で割引が可能
  • 国際的なセキュリティ基準である「PCI DSS」に準拠しているのでセキュリティは万全
  • さまざまな業種の店舗約100,000店舗で利用可能

PCI DSSとは、国際的に定められたクレジットカードを利用する上で求められるセキュリティの基準のことです。

Origami Payはこの基準に準拠しているので、セキュリティ面は安心しても良いでしょう。

ポイント還元のサービスはありませんが、クーポンを使用してその場で割引することは可能です。後からポイントを貰うようりもその場で安くしたい人におすすめです。

100,000店舗で利用可能と、かなり広範囲のサービスに対応しているため、メインのスマホ決済アプリとして使用することもおすすめです。

4 PayPayのサービスについて

画像引用元:PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

2018年の年末に世間を騒がせたPayPayですが、現在500円分の残高プレゼントの新規登録キャンペーンを行っています。

登録にかかる費用は0円、登録も1分で完了できる非常に便利なサービスです。

PayPayのクレジットカード不正利用について

2018年12月にPayPayで多数のクレジットカードの不正利用が発生した件はまだ記憶に新しいと思います。

PayPayが情報を漏洩してクレジットカードの不正利用をさせたのでは?という声が大きかったですが、実際にはそうではなかったようです。

実際には、他社で漏洩したクレジットカードがPayPayで悪用されていたというのが正しいようです。

ただし、セキュリティコードの入力ミスの制限がなかったりと、PayPay側のセキュリティシステムが甘かったことも否定できません。

2018年12月より、セキュリティコードの入力回数制限が設けられたそうなので、セキュリティ面は強化されたと考えられます。

ただ、不安な人も多いと思うので、PayPayを利用する際はクレジットカードではなく、チャージ残高で支払うように設定をした方が無難かもしれません。

4-1 PayPayのサービスの概要

PayPayも他のスマホ決済アプリと同様に、バーコードまたはQRコードで支払いをすることができます。1度の支払いで使える額は加盟店によって異なります。

3万円以上の利用の場合は本人確認が必要になるなど、セキュリティもしっかりしている点が安心できるポイントです。

また、居酒屋やコンビニなど、他のスマホ決済アプリが対応しているサービスに加えて、ドラッグストアや旅行会社など幅広いサービスで利用することが可能です。

支払いに関しても、

  • チャージ残高(銀行口座からチャージ可能)
  • クレジットカード
  • Yahoo!マネー

と複数の支払い方法から選べるので、自分にとって都合の良い方法を選ぶことができます。

4-2 PayPayのメリット

PayPayのメリットは下記の通りです。

  • 手数料0円
  • クレジットカードか銀行口座からのチャージかを選ぶことが可能
  • 30,000円までの支払い利用は本人確認無しで使うことができる
  • 居酒屋やコンビニだけでなくドラッグストアや旅行会社など使える店舗が多い
  • PayPayで支払いをすれば0.5%の還元率

PayPayで支払いをすれば0.5%の還元率を得ることができます。これはボーナスとして付与されますが、毎月5,000円が上限となっています。

幅広いサービスで利用することが可能なので、効率良くボーナスを得られるのではないかと思われます。

利用可能上限額は加盟店によって異なるとのことなので、その都度確認しなければいけません。

30,000円以上利用の場合は本人確認書類の掲示が求められるなど、セキュリティ面は安心できます。

Origami PayとPayPayの特長・メリット
  • ポイント還元・ボーナス付与はないが、Origami Payには10%OFFのクーポンがある
  • Origami Payは100万円未満までは利用できるので高額な買い物にも利用可能
  • PayPayは支払い額に応じて0.5%の還元率
  • PayPayはクレジットカード・チャージ残高・Yahoo!マネーの3種類から支払い方法を選べる
PayPayとは|使い方・他のスマホ決済との違い・メリット・注意点

次の章では、スマホ決済アプリ4社を比較してみた結果を紹介します。

5 スマホ決済アプリ4社を比較してみた結果

4社のスマホ決済アプリの特長やメリットについて解説しました。ここで、簡単に4社の特長を表にしてみたので、チェックしてみてください。

項目LINE Pay楽天ペイOrigami PayPayPay
ポイント還元率ランクによって3%~5%0.5%
支払いを楽天カードにすれば1.5%
なし
(10%OFFクーポンあり)
0.5%
支払い方法チャージ制クレジットカード銀行口座またはクレジットカードチャージ制
クレジットカード
Yahoo!マネー
決済額の上限(1回あたり)本人確認済みの場合
・1回100万円まで
未確認の場合
・10万円まで
最大2万円まで
(ランクによって異なる)
100万円未満加盟店によって異なる
※3万円以上の場合は本人確認書類が必須
登録手数料無料無料無料無料

このように、同じスマホ決済アプリでも大きくサービスが異なることがわかります。スマホ決済アプリを選ぶ上で、

  • どのくらいの金額を使いたいのか
  • どのような支払い方法で利用したいのか
  • ポイントが欲しいのか、割引が欲しいのか

などを基準に選ぶことをおすすめします。

今回紹介した4社で言うと、なるべく高額な買い物をしたい・あまり上限を気にしない状態にしたいということであればLINE PayやOrigami Payが適しています。

チャージ残高で後払いの金額を心配せずに使いたいのなら、LINE PayかPayPayがおすすめです。

常に高いポイント還元を狙うならLINE Payか楽天ペイでしょう。

6 自分に合ったスマホ決済サービスでキャッシュレス生活を始めよう!

最後にスマホ決済アプリ4社を比較した結果についてまとめます。

スマホ決済アプリ4社を比較した結果
  • 高額な買い物をしたい、限度額を気にしないで使いたいならLINE PayとOrigami Payがおすすめ
  • 常に高いポイント還元率を狙うならLINE Payか楽天ペイ
  • チャージ残高支払いをしたいのならLINE PayかPayPay
  • スマホ決済アプリの加盟店舗数で言うとOrigami Payがダントツに多い

スマホ決済アプリは、財布やカード不要でスマホで簡単に会計ができる非常に便利なサービスです。

今回はその中でも主要な4社のサービスについて解説しましたが、どのサービスもそれぞれ大きく特長が異なることがわかりました。

キャッシュレスは2019年10月の消費税の増税に向けて、さらに国からも促進されるサービスです。

それに伴い、ポイント還元率などお得な要素が増えるのではないかと予想されます。

今から自分に合ったスマホ決済アプリを見つけて、使い慣れていくことも1つの方法かもしれません。

使い慣れるまでは複数のスマホ決済アプリを使用してみて、自分に合うものを探すのもおすすめです。

スマホ決済|今さら聞けないApple Pay・NFC・FeliCa・おサイフケータイの違い

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ