楽天モバイルの「プラス割」とは|家族利用など2回線目以降がお得に

楽天モバイルの「プラス割」とは|家族利用など2回線目以降がお得に

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

今回は、楽天モバイルの2回線目以降がお得になる「プラス割」の詳細を中心に、家族利用などでお得に利用する方法を紹介します。

楽天モバイルをこれから2回線契約して利用しようと検討中のユーザーや家族用にもう1回線申し込みをしようかと検討しているユーザーにおすすめです。

楽天モバイルのプラス割のポイント

  • 同一名義で2回線以降の契約で適用
  • 月額料金3ヶ月無料
  • 契約内容によっては5,000円キャッシュバックも受け取れる

トップ画像引用元:楽天モバイル:2回線目からもっとおトク!プラス割

1 基本的に楽天モバイルには「家族割」がない

大手キャリアをはじめ通信事業者は家族間の通話・メールの料金が割引になったり、基本料金が安く抑えられるようになる「家族割」サービスの提供があります。

しかし、楽天モバイルでは「家族割」という割引サービスがありません

この「家族割」が無ければ、家族間の連絡などをする時に不便と感じるユーザーも多くいます。

一方で、スマホの利用の仕方も様々あり、家族で利用するユーザーの中でもほとんど通話をしないというユーザーも少なくありません。

総務省が行なった調査によりますと、携帯(PHS含む)の通話時間(発信)などが、1週間の間で5~10分未満という人が大部分を占めているという結果が報告されています。

この要因の1つに、通話よりも「LINE」などのコミュニケーションアプリで頻繁に連絡を取り合う家族も多くなっているという事も背景にあります。

「家族割」の必要性がない人もいる

このように、

  • 通話をする機会自体が少ない人
  • コミュニケーションアプリで連絡を取り合う人

などには「家族割引」そのものにメリットを感じられないという場合も少なくありません

さらに「家族割」の無い楽天モバイルでは、家族以外でもシェアが可能な「データシェアサービス」が用意されています。

このように「家族割」が無いだけで毎月の利用料金が高くなってしまうといった事もありません。

結果的に言えば、楽天モバイルには「家族割」は用意されていませんが、その他の割引プランなどで十分カバーすることが可能となっているのも特徴的です。

さらに総合的な観点で見た場合にもお得に利用できる可能性も十分あります。

1-1 楽天モバイルには家族間通話割引も無い

「家族割」に続いて大手キャリアでは、

  • 家族間の通話には24時間無料
  • 無料通話分を家族間で分け合うプラン

を用意していることも多くなっています。

「家族割」同様に楽天モバイルでは家族間通話割引などの設定は無く、一般の通話同様30秒毎に20円の通話料がかかります。

楽天モバイルのオプションの1つにある 「楽天メール」は無料で利用が可能ですが、メール設定によって迷惑メール対策をしているユーザーには届かない可能性があります。

その為、SMSを利用する必要も出てきます。ただし、SMSの受信は無料となっていますが、送信する場合には1回につき3円がかかります。

2 楽天モバイルで2回線目以降がお得になる「プラス割」

大手キャリアで多く提供されている「家族割」が無い楽天モバイルではどのようにして、家族などの複数回線の利用をお得にする事を可能としているのでしょうか。

ここでは、2回線以降がお得に利用が出来る「プラス割」について紹介していきます。

2-1 「プラス割」は2回線目以降の契約がとてもお得

2回線目以降がお得に利用可能な「プラス割」の詳細ですが下記の通りとなっています。

この楽天モバイルの「プラス割」は2018年10月1日に開始されました。

楽天モバイルの通話SIMを既に契約中のユーザーが2回線目のSIMを契約した場合において、下記の特典を受けることができます。

2回線目のSIMカード適用内容
通話SIM月額基本料が3ヶ月無料+5,000円キャッシュバック
通話SIM+端末セット月額基本料が3ヶ月無料+端末5,000円割り引き
データSIM月額料金が3ヶ月無料

さらに、2回線目が通話SIMであれば、3回線目も「プラス割」の適用を受けることが可能で、同じように4回線目以降も「プラス割」適用対象となります。

2-2 楽天モバイルの「プラス割」の内容

2回線目以降がお得になる「プラス割」の利用によって、2回線目のSIMカードの月額基本料金が3ヶ月分無料で利用が可能となります。

開通月を1ヶ月目とした、3ヶ月目までの月額基本料金が対象となります。

「プラス割」適用時の割引額は以下の表の通りとなります。

2回線目を組み合わせプランで申し込む場合(20GB・30GBプランは対象外)

プラン月額基本料金 割引額
(月額基本料金3ヶ月分)
ベーシックプランデータSIM
(SMSなし)
525円1,575円
050データSIM
(SMSあり)
645円1,935円
通話SIM1,250円3,750円
3.1GBプランデータSIM
(SMSなし)
900円2,700円
050データSIM
(SMSあり)
1,020円3,060円
通話SIM1,600円4,800円
5GBプランデータSIM
(SMSなし)
1,450円4,350円
050データSIM
(SMSあり)
1,570円4,710円
通話SIM2,150円6,450円
10GBプランデータSIM
(SMSなし)
2,260円6,780円
050データSIM
(SMSあり)
2,380円7,140円
通話SIM2,960円8,880円

2回線目をスーパーホーダイで申し込む場合

プラン月額基本料金(楽天割+2年契約割り適用時)割引額
(月額基本料金3ヶ月分)
プランS1,480円4,440円
プランM2,480円7,440円
プランL4,480円13,440円
プランLL 5,480円16,440円

通話SIMの場合には更に5,000円の割引またはキャッシュバック

さらに、2回線目に申し込みをしたSIMが「スーパーホーダイ」または「組み合わせプランの通話SIM」の場合には3ヶ月間も基本料金が無料になります。

加えてSIMのみの申し込みの場合には5,000円のキャッシュバックとなり、SIMを端末セットで申し込んだ場合には端末料金から5,000円割り引きされる特典を受ける事も可能です。

2-3 「プラス割」の注意点

お得な特典を複数受ける事が可能な「プラス割」にも注意しておきたい事がいくつかあります

「プラス割」の注意事項

  • 組み合わせプランの20GBプラン・30GBプランは特典対象外
  • 最低利用期間中に解約は契約解除料9,800円が発生
  • 「プラス割」専用申込ページ、楽天モバイルショップ以外からの申し込みは特典対象外
  • 予告なく内容の変更もしくは中止される場合があり(現時点では終了日は未定)

2-3-1 同一名義で申し込み可能なのは5回線まで

楽天モバイルでは同一名義で申し込める回線は契約者を含めた5回線までと制限されています。ここでいう回線とは、SIMカードの枚数となります。

例えば、世帯主名義で全ての回線を契約をする場合に世帯主以外の家族4人分までは契約が可能ということになります。

ここで考えるのが、世帯主名義で5枚のSIMカードを契約した後に、今度は世帯主の配偶者名義で新たに楽天モバイルに申し込みをするとします。

その場合、さらに5枚申し込めると思うかもしれませんが、これはできません

申込者の名前は異なっていても、契約者の住所が同じ場合には、申し込めない場合がありますので注意が必要となります。

【2019年春】格安SIMの学割比較|ただでさえ安いのにもっと安く!

次のページでは、家族利用で便利な楽天モバイルのデータシェアサービスについて紹介します。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ