スマホ決済アプリをこれから始めるなら知っておくべき基礎知識と注意点

スマホ決済アプリをこれから始めるなら知っておくべき基礎知識と注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホ決済アプリは現金いらず、財布がなくともスマホさえあれば支払いができる、新しい決済方法として急速に普及しつつあります。

お得なキャンペーンを行なっているアプリもあり、便利なだけでなく毎日のちょっとした支払いもお得になるのがスマホ決済アプリの特長とも言えます。

何かと話題になることも多いスマホ決済アプリですが、まだまだ馴染みがないという人も少なくないはず。

そこで今回は今更聞けないスマホ決済アプリの基礎知識や注意点について紹介します。

スマホ決済アプリの基礎知識

  • スマホ1台で簡単に決済ができる
  • 決済アプリはわずか2~3分で登録可能
  • お得なキャンペーンが随時開催されている

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

トップ画像引用元:PayPay

1 話題のスマホ決済アプリとは

画像引用元:店内でどこでも決済!ローソンスマホペイを一部店舗で展開中|ローソン研究所

スマホ1台で支払いのできるものを総称してスマホ決済アプリと呼んでいます。

スマホ決済アプリを利用するには2つの方法があります。

1つがFeliCaという非接触型ICカード技術方式を利用してスマホをかざすだけで決済可能、もう1つはQRコード決済です。

スマホでQRコードを読み取ったり、表示するだけなのでどんなスマホでも使うことができます。

それでは、FeliCa決済とQRコード決済、それぞれのスマホ決済アプリについて詳しく見ていきましょう。

1-1 FeliCaを利用するスマホ決済アプリ

画像引用元:Sony Japan | FeliCaウェブサイト

そもそもFeliCaとは、ソニーの開発した非接触型ICカード技術方式のことを言います。

Suicaなどの交通系ICカードやnanaco、WAONといった多くの電子マネーで採用されている技術で、電子マネーカードをかざすだけで支払いができる優れものです。

カードにICカードが内蔵されており、専用のカードリーダーにかざした瞬間にFeliCaが通信を行い決済を行います。

スマホではモバイルFeliCaが搭載されている機種であれば、FeliCaを利用した決済方法によって決済することができます。

つまりはスマホをカードリーダーにかざすだけで決済が可能となります。

機種によってできるものとできないものがあるので注意が必要です。

FeliCaを利用したスマホ決済アプリの代表的な2つのサービスについて紹介しましょう。

1-1-1 おサイフケータイ

日本では古くはガラケー時代から、携帯電話のみで決済をする技術が普及し始めました。
それがおサイフケータイです。

モバイルFeliCaを搭載した機種に対象となる電子マネーやクレジットカードを登録することで、カードが手元になくとも決済が可能となります。

ただし、おサイフケータイはAndroidスマホ特有のアプリでPhoneでの利用はできません。

現在では、Androidスマホの多くに搭載されている機能となっており、今1番利用されているスマホ決済アプリであるとも言えるでしょう。

海外メーカーのスマホやエントリーモデルの低価格スマホにはおサイフケータイが搭載されていないものも多くあります。

しかし、おサイフケータイ対応機種ならプリセットアプリになっているので、スマホ決済アプリの中では最も敷居が低くなっています。

また、iPhoneもついにiPhone7以降モバイルFeliCaが搭載されるようになり、iOS専用のスマホ決済アプリが登場しました。それがApple Payです。

おサイフケータイでお得にポイントバックできるオススメカード

1-1-2 Apple Pay

画像引用元:Apple Pay – Apple (日本)

海外ではiPhone6からApple Payが利用が可能でした。しかし、日本で使われる通信規格のFeliCaに未対応でした。そのため、国内ではApple Payの利用が遅れました。

FeliCaに対応したのがiPhone7以降となります。

仕組み自体はおサイフケータイとほとんど変わらず、Apple Payに登録したカードを使って決済することができ、もちろん手元にカードがなくともiPhone1台での決済が可能です。

しかし、おサイフケータイとApple Payでは使えるカードや機能に少しばかりの違いがあります。

Apple Payの使い方・設定方法|Apple Watch連携とSuicaチャージの手順

1-1-3 おサイフケータイとApple Payの違い

おサイフケータイ最大のメリットは、対応しているカードや電子マネーがApple Payに比べて多いというところです。

nanacoやWAON、楽天Edyといった比較的利用頻度が高いと言われる電子マネーですが、Apple Payには対応しておらず、おサイフケータイでしか使うことができません。

また、おサイフケータイではモバイルSuicaの登録が1枚しかできませんでしたが、Apple Payであれば複数枚のモバイルSuicaが登録できるのが強みとなっています。

仕事用やプライベート用などSuicaの残高を使い分けたい人にとっては非常に便利になっています。

Apple Payとおサイフケータイの違い|特徴とメリット・デメリット

1-2 QRコード決済を利用するスマホ決済アプリ

LINEPay

画像引用元:LINE Pay

古くから使われているFeliCa対応の決済方法に対して、近年急速に普及し始めたのがQRコード決済ができるスマホ決済アプリです。

QRコード決済の方法は、

  • 店頭にあるQRコードをアプリから読み取り支払い金額を入力する方法
  • アプリ側でQRコード又はバーコードを表示してレジで読み取ってもらう方法

の2種類があり、店舗の導入しているシステムによって異なります。

決済の仕組みとしては、

  • アプリに事前にチャージした残高から決済する(プリペイド方式)
  • 登録したクレジットカードから決済する(ポストペイ方式)

のいずれかになります。基本的にはどのスマホ決済アプリでもいずれかから選択が可能です。

2018年のPayPayのように最近ではQRコード決済のスマホ決済アプリが注目を集めていますが、この理由はお得なキャンペーンにあります。

QRコード決済は今が黎明期でスマホ決済アプリの運営会社は利用者の獲得を狙っている段階です。

非常に便利なサービスではありますが、あまり馴染みがないだけにキャンペーンによってユーザーを獲得することが狙いでしょう。

実際に使ってみると、その便利さがわかるようになっています。

また、初期設定やカードの登録といった手続きもスマホアプリらしく、シンプルで誰でもできる仕様になっているので利用開始のハードルも低く作られています。

次のページでは、QRコード決済を利用するスマホ決済アプリの中でも主要な3つのアプリについて紹介していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ