AQUOS sense2 かんたんは通常版とどう違う?誰におすすめ?その理由

AQUOS sense2 かんたんは通常版とどう違う?誰におすすめ?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「AQUOS sense2 かんたん」と「AQUOS sense2」、このように同じ名前を持つスマホでもバージョン違いというものはよくあります。

中でもそうしたバージョン違いは、ユーザーからしてみたらどちらが良いのか分からないのが悩みとなっています。

そこで今回は、auが初心者向けとして新たに発表した「AQUOS sense2 かんたん」について、通常の「AQUOS sense2」との比較も交えて紹介します。

AQUOS sense2 かんたんの特徴
  • ベースはAQUOS sense2 SHV43でスペックはほぼ同等
  • auかんたんガイドブックの付属、Wi-Fi 5GHz対応など、独自面は大きなメリット
  • ターゲットはシニアユーザー
  • 子供向けのスマホではない

トップ画像引用元:AQUOS sense2 かんたん auの特長|AQUOS:シャープ

 「AQUOS sense2 かんたん」とは

アクオスセンス2かんたん

画像引用元:AQUOS sense2 かんたん(アクオス センスツー カンタン) | スマートフォン(Android スマホ) | au

AQUOS sense2 かんたんは、auから2019年6月中旬以降に発売が予定されているスマホで、名機と名高いAQUOS sense2 SHV43をベースに、より初心者向けに調整が施された機種になります。

基本的にはベースであるAQUOS sense2 SHV43と同じスペックなのですが、比較してみます。

項目AQUOS sense2
かんたん
AQUOS sense2
SHV43
サイズ
※縦・横・厚み
約148×71×8.4mm
重量約155g
ディスプレイ約5.5インチ
IGZOディスプレイ
OSAndroid 9 PieAndroid 8.1
CPUQualcomm Snapdragon 450(SDM450)
1.8GHz オクタコア
内蔵メモリRAM3GB
ROM 32GB
外部メモリmicroSDXC 最大512GB
バッテリー2,700mAh
カメラアウト:約1,200万画素
イン:約800万画素
カラーブライトシルバー
ミントグリーン
クリアホワイト
シルキーホワイト
ニュアンスブラック
ピンクゴールド
アイスグリーン
価格(総額)25,560円
キャリアau公式ショップ

上記の表を確認すると、スペック的に変更されているのは、初期OSがAndroid 8.1からAndroid 9 Pieになっているということが挙げられます。

その他の変更点としては、カラーがAQUOS sense2 SHV43が4色なのに対して、AQUOS sense2 かんたんは3色になっているという点もあります。

しかし、それ以外のスペックとなると基本的にAQUOS sense2 かんたんはAQUOS sense2 SHV43と同様となっていて、ユーザーからしてみると何故新たにバージョン違いを発売するのか分かりません

そこで次項からは、AQUOS sense2 かんたんとAQUOS sense2 SHV43の違いや、おススメのユーザーなどを紹介していきます。

 AQUOS sense2 かんたんはスマホ入門者

アクオスセンス2かんたん

画像引用元:AQUOS sense2 かんたん auの特長|AQUOS:シャープ

AQUOS sense2 かんたんは、ベースであるAQUOS sense2 SHV43とほぼ同じスペックといえども、実はAQUOS sense2 SHV43よりも初心者向けの機種となっています。

初心者向けの理由としては、AQUOS sense2 SHV43においては、設定をして初めて利用できた初心者用の分かりやすいホーム画面、「AQUOSかんたんホーム」が出荷時に有効設定されている点があります。

このAQUOSかんたんホームは、スマホ初心者、それも高齢者をターゲットにしたホーム画面で、通常のホーム画面と比較するとアイコンも大きく、よく使う電話番号のショートカットも搭載されています。

また、AQUOS sense2 かんたんには、AQUOS sense2 SHV43に付属していた「使い方ガイドブック」を刷新した、「auかんたんガイドブック」が付属します。

これは、スマホの基本的な使い方について実際の画面表示を添えて丁寧に説明されているもので、これも初心者ユーザー向けのスマホであるという理由になります。

初心者に優しい設定やアプリ

AQUOS sense2 かんたんは初心者向けの入門スマホとして最適ですが、ベースであるAQUOS sense2 SHV43自体が、元々様々な機能を有しています。

中でも特徴的なのは「かんたんモード」で、これはスマホ初心者、とりわけ高齢のシニアユーザー向けのモードで、各種設定を一括で操作可能なモードです。

設定できる項目は下記になります。

  • AQUOSかんたんホーム:ホーム画面のアイコンを大きく表示
  • はっきりビュー:輝度・彩度・コントラストを調整してより見やすく
  • フォントサイズ(特大):フォントサイズの最大化で読みやすく
  • S-Shoin一括シンプル切り替え:文字入力モードも分かりやすく

いずれも個別に設定は可能なのですが、一括で操作できるというのはユーザーからしてみれば嬉しいポイントです。

Wi-Fi 5GHz対応

スマホに限らず、多くの家電や機械は後発のものの方が新しい機能を搭載していることが殆どです。

これは、ベースであるAQUOS sense2 SHV43とほぼ同等のスペックのAQUOS sense2 かんたんにもいえることで、中でも明確な違いとして挙げられるのはWi-Fi 5GHz対応です。

スマホにおける通信速度は、そのまま使用感にもつながります。

これは初心者向けの機種だからといって例外ではなく、AQUOS sense2 かんたんはAQUOS sense2 SHV43よりも、Wi-Fi通信面において優れているといえます。

そのため、AQUOS sense2 SHV43よりも以前の機種を使用していて、AQUOS sense2 SHV43の購入を考えている人は、AQUOS sense2 かんたんの購入を視野に入れるというのも有用な選択です。

auのAQUOS sense2 かんたんに機種変更|お得に購入する完全ガイド

次のページでは、AQUOS sense2 かんたんのターゲットについて解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
n-fujii
n-fujii
東京都市部出身。本業の傍らライター業を営んでいたが、徐々にライター業の比率を増やして現在に至る。ネット回線とスマホが無いと生きていくのが困難な人。iPhoneアンチというわけではないが、スマホは専らAndroid派。愛用しているのはAQUOSシリーズ。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ