【2023年最新】中華スマホおすすめランキング

【2024年最新】中華スマホおすすめランキング|価格・スペックで比較

  • 更新日:2024年4月17日
  • 本記事には広告が表示されます

本記事では、おすすめの中華スマホをランキングで紹介します。

人気スマホの中でも格安でありながら高性能である点が特徴で、XiaomiやOPPOの中華スマホが人気です。

格安SIMでは積極的に取り扱いをしており、格安SIMを利用するユーザーからの評価は絶大です。

中華スマホは多く販売されるようになったため、どのスマホを選べばいいのかわからないという方も多いようです。

ぜひ本記事を参考にしていただき、自分に合った中華スマホをお得に手に入れましょう。

Xperia 1 VIならau Online Shopがおトク!

  • Xperia 1 VIへの機種変更で合計最大22,000円割引!
  • au Online Shop限定モデルも対象!
  • 7月31日(水)まで期間限定!

【2024年】中華スマホおすすめ6選

OPPO Reno10 Pro 5G

画像引用元:OPPO Reno10 Pro 5G | オッポ

ここからは、おすすめの中華スマホを、ランキング形式で6機種紹介します。

中華スマホが気になっている方、どれを購入するか迷っていた方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1位:Redmi Note 11 Pro 5G

Redmi Note 11 Pro 5G

画像引用元:Redmi Note 11 Pro 5G | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

Redmi Note 11 Pro 5G
画面サイズ約6.67インチ
FHD+(1,080 x 2,400)
AMOLED 395ppi
リフレッシュレート最大120Hz
本体サイズ高さ:164.19mm
幅:76.1mm
厚さ:8.12mm
重さ202g
アウトカメラ広角:約1億800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ約1,600万画素
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 695 5G
認証指紋・顔
防水・防塵IP53等級
カラーポーラーホワイト
グラファイトグレー
アトランティックブルー
詳細Redmi Note 11 Pro 5Gレビュー
Redmi Note 11 Pro 5Gの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能3.0
画面性能4.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 1億800万画素の超高解像度カメラ搭載
  • 大容量バッテリー搭載&67W急速充電対応
  • Snapdragon 695搭載のミドルレンジモデル
デメリット
  • 本体サイズが大きくて重い
  • 防水性能はあまり高くない

Redmi Note 11 Pro 5Gは、Snapdragon 695を搭載したミドルレンジモデルです。

比較的処理性能が高いので、データ量が大きいアプリも快適に動作します。

またカメラ性能が高く、メインカメラは1億800万画素の高解像度で撮影が可能です。

細部まで鮮明に映し出すことができ、明るく美しい写真を撮影できます。

その他、大容量バッテリー搭載・急速充電対応・120Hzのリフレッシュレート対応など、スマホに欲しい性能・機能が備わっています。

4万円台の安価で購入できるので、使いやすくてコスパが良いスマホが欲しい人はぜひ購入を検討してみましょう。

Redmi Note 11 Pro 5Gの価格
Xiaomi直販44,800円公式サイトを見る
mineo37,488円mineo公式サイトを見る
イオンモバイル44,000円公式サイトを見る
IIJmio32,800円公式サイトを見るIIJmio
楽天モバイル38,280円公式サイトを見る

2位:Xiaomi 13T Pro

Xiaomi 13T Pro

画像引用元:Xiaomi 13T Pro | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xiaomi 13T Proのスペック
ディスプレイサイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:162 mm
幅:76 mm
厚さ:8.5 mm
重さ約206g
SoC(≒CPU)Dimensity 9200+
RAM12GB
ストレージ256GB
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:5,000万画素
インカメラ2,000万画素
バッテリー5,000mAh
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵IP68
カラーブラック
メドウグリーン
アルパインブルー
Xiaomi 13T Proの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 高性能CPU「Dimensity 9200+」搭載
  • 最大144Hzのリフレッシュレート対応
  • 6.7インチの大型ディスプレイ搭載
デメリット
  • 本体サイズが大きく持ち歩きにくい
  • ワイヤレス充電非対応
  • 価格が10万円超と高額

Xiaomi 13T Proは、ソフトバンクで販売されている中華スマホです。

Dimensity 9200+を搭載した高性能モデルのため、負荷が大きいアプリも快適に操作できます。

3Dゲームも快適にプレイできますよ。

ディスプレイのリフレッシュレートも高いので、画面操作も非常になめらかです。

カメラは広角・超広角・望遠のトリプルカメラ搭載・5,000mAhの大容量バッテリー搭載など、全体的なスペックも高いです。

防水・防塵性能もしっかり備わっているので、雨の中や水回りでも安心して使用できますよ。

同等レベルの性能を持つ国内モデルより価格は比較的安価のため、スペック重視でスマホを選びたい人にぴったりなモデルといえるでしょう。

項目価格
一括払い94,320円
分割払い917円×24回(1〜24回)
3,013円×24回(25~48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円×24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

3位:moto g13

moto g13

画像引用元:moto g13 | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

moto g13
ディスプレイサイズ約6.5インチ
本体サイズ高さ:162.7mm
幅:74.66mm
厚さ: 8.19 mm
重さ184g
アウトカメラメイン:5,000万画素
マクロ:200万画素
深度センサー:200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー5,000mAh
RAM4GB
ROM128GB
CPUMediaTek Helio G85
OSAndroid 13
認証指紋・顔認証
カラーマットチャコール
ラベンダーブルー
moto g13の評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能2.5
画面性能3.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • 2万円台の安価で購入できる高コスパモデル
  • 5,000万画素の高解像度カメラ搭載
  • 6.5インチの大型ディスプレイ搭載
デメリット
  • エントリーモデルのため性能は低い
  • 望遠レンズ非搭載のため望遠撮影には不向き
  • 防水非対応

moto g13は、2万円台の格安価格で購入できるのが特徴です。

安価モデルのため性能は低めですが、電話・メール・Webページの閲覧などの利用がメインであれば問題なく使用できます。

エントリーモデルですがカメラ性能は比較的高く、メインカメラは5,000万画素の高解像度で撮影できます

マクロレンズも備わっているので、近距離撮影では鮮明で美しい写真が撮影可能です。

ディスプレイサイズが6.5インチと大きいので、大画面で動画を視聴したい人にも使いやすいモデルといえるでしょう。

moto g13通常価格割引後詳細
モトローラ公式22,800円-公式サイトを見る
IIJmio19,800円2,480円公式サイトを見る

4位:Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5G

画像引用元:OPPO Reno10 Pro 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

OPPO Reno10 Pro 5G
ディスプレイサイズ約6.7インチ
FHD+(2,412 × 1,080)
本体サイズ高さ:約163mm
幅:75mm
厚さ:7.9mm
重さ約185g
SoC(≒CPU)Snapdragon 778G 5G
RAM8GB
ストレージ256GB
アウトカメラ広角:約5,000万画素
超広角:約800万画素
望遠:約3,200万画素
インカメラ約3,200万画素
バッテリー4,600mAh
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵IP54
カラーグロッシーパープル
シルバーグレー
OPPO Reno10 Pro 5Gの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能3.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • Snapdragon 778搭載のミドルハイレンジモデル
  • 広角・超広角・望遠の高性能トリプルカメラ搭載
  • 80Wの急速充電対応
デメリット
  • モノラルスピーカーのため音質はイマイチ
  • 防水性能は生活防水レベル

Reno10 Pro 5Gは、Snapdragon 778を搭載したミドルハイレンジモデルです。

性能が高いので、負荷が大きいアプリも快適に動作します。

ハイエンドモデルより比較的安価で購入できるため、ハイエンドモデルほど高性能でなくてもいいから、快適に操作できるスマホが欲しい人にぴったりなモデルです。

4,600mAhの大容量バッテリーを搭載しており、バッテリー持ちも良いです。

さらに最大80Wの急速充電に対応しており、わずか28分でフルチャージできます。

バッテリーがなくなってもすぐに充電できるので、必要な時にすぐに使えて便利です。

カメラ性能も非常に高く、高精細で美しい写真を撮影できます。

項目価格割引適用時※詳細
OPPO公式86,800円-公式サイトを見る
ソフトバンク31,824円31,824円公式サイトを見る
IIJmio69,800円37,800円公式サイトを見るIIJmio
mineo77,880円-mineo公式サイトを見る
※ IIJmioは他社から乗り換え時

5位:motorola edge 40

edge 40

画像引用元:耐水性スマートフォン | motorola edge 40 | motorola JP

motorola edge 40
画面サイズ6.55インチ
本体サイズ高さ:158.43mm
幅:71.99mm
厚さ:7.58mm
重さ167g
アウトカメラメイン:約50MP
超広角:13MP
インカメラ約32MP
RAM/ストレージ8GB/256GB
SoCMediaTek Dimensity 8020
バッテリー4,400mAh
認証指紋、顔
カラールナブルー
イクリプスブラック

★評価

メリット
  • 大型ディスプレイ搭載だが薄くて軽い
  • 最大144Hzのリフレッシュレート対応
  • ステレオスピーカー搭載で高音質な音楽を楽しめる
デメリット
  • バッテリー持ちはそこそこ
  • 望遠レンズ非搭載

motorola edge 40は、Dimensity 8020を搭載したミドルレンジモデルです。

日常使いには十分なスペックを持っているため、メール・SNSの閲覧やWebページの閲覧、動画・音楽の視聴などがメインであれば快適に使用できます。

ゲームもデータ量が軽いものなら問題なく動作します。

またステレオスピーカーを搭載しているため、音質は非常に高いです。

音楽鑑賞はもちろん、動画も迫力のあるサウンドで楽しむことができますよ。

本体価格は6万円台と比較的安価。

使いやすくてコスパが良いスマホが欲しい人におすすめのモデルです。

motorola edge 40の価格※割引適用時
モトローラ公式64,800円-公式サイトを見る
IIJmio57,800円44,800円公式サイトを見るIIJmio

6位:Redmi 12C

Redmi 12C

画像引用元:Redmi 12C – Xiaomi Japan | Mi.com

Redmi 12 5Gのスペック
ディスプレイ6.8インチ
本体サイズ高さ:169 mm
幅:76 mm
厚さ:8.2 mm
重さ200g
アウトカメラ広角:5,000万画素
深度センサー:200万画素
インカメラ500万画素
バッテリー5,000 mAh
RAM4GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 4 Gen 2
OSAndroid 13
認証指紋
カラーミッドナイトブラック
ポーラーシルバー
スカイブルー
Redmi 12 5Gの評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能3.5
画面性能4.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 2万円台の安価で購入できる高コスパモデル
  • 6.8インチの大型ディスプレイ搭載
  • 5,000mAhの大容量バッテリー搭載
デメリット
  • エントリーモデルのため性能は低い
  • 防水性能が低い

Redmi 12Cは、Snapdragon 4 Gen 2を搭載したエントリーモデルです。

必要最低限のスペックしか持たないですが、2万円台の安価で購入できます。

スマホの性能にこだわりがなく、連絡手段用として安価でスマホを購入したい人におすすめです。

性能は低いですが、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載・5,000万画素の高画質カメラを搭載しているなど、基本機能はしっかり備わっています。

また画面サイズが6.8インチと大きいので、大画面で動画を楽しみたい人にもおすすめです。

Redmi 12 5Gの価格割引適用時※詳細
au22,001円47円~公式サイトを見る
ソフトバンク21,984円18,960円公式サイトを見る
UQモバイル22,001円1円~公式サイトを見る
IIJmio4GB/128GB22,800円4,980円~公式サイトを見るIIJmio
8GB/256GB31,320円14,800円~
Xiaomi公式29,800円-公式サイトを見る
※ auは乗り換えでau Online Shop お得割とスマホトクするプログラムを適用、UQモバイルとIIJmioは他社から乗り換えの場合

中華スマホとは

中華スマホとは
中華スマホとは「OPPO」や「Xiaomi」などの中国メーカーが販売するスマホを指します。

ASUS」は台湾のメーカーですが、中華スマホの特徴を持っているため、ひとくくりにして中華スマホとしてまとめられることが多いです。

中華スマホは、国産スマホよりも低価格でありながら高性能である点が大きな特徴です。

コスパが良い端末ばかりなので、Androidユーザーには大きな人気を博しています。

特にキャンペーンが豊富な格安SIMで発売されることが多いため、場合によっては100円~10,000円ほどで購入できることも。

最近では、auやソフトバンクなどの大手キャリアで発売され始めたこともあり、知名度は徐々に高まっています。

お得にスマホを購入したいなら、中華スマホを次のスマホの候補に入れてみてはいかがでしょうか。

中華スマホの選び方

中華スマホの選び方

続いて、中華スマホの選び方について紹介します。

中華スマホは「メーカー」「価格」「サイズ」のいずれかを基準にして選ぶと、自分に合ったスマホを見つけられやすくなります。

それぞれの選び方について詳しく見ていきましょう。

メーカーから選ぶ

日本で販売されている中華スマホのメーカーは主に以下の4つです。

日本で販売されている中華スマホのメーカー
  • OPPO
  • ASUS
  • Xiaomi
  • motorola

OPPOは、豊富なラインナップとカメラ性能の高さが売りの中華スマホメーカーです。

ASUSは、ゲーミングPCメーカーとしても有名で、ゲーム向きで高性能かつ洗練されたデザインの「ZenFone」が人気です。

motorolaは、安価で購入できるエントリー~ミドルレンジモデルを数多く発売しています。

カメラ重視ならOPPO、ゲームをするならASUS、安さ重視ならmotorolaと考えてもらえれば、分かりやすいかと思います。

HUAWEIスマホは非推奨

HUAWEIは、かつて世界シェア1位を獲得したことのあるメーカーですが、2021年以降は日本で新作スマホの発売はされていません。

一応公式サイトやAmazon等で購入できますが、アメリカの制裁の影響でGoogle Play非対応モデルばかりになりました。

また、「スマホ事業を撤退するのではないか」とも言われているので、HUAWEIスマホは避けた方がいいでしょう。

価格帯から選ぶ

メーカーから選ぶのが難しい方は価格帯から選びましょう。

中華スマホの価格帯は主に3つに分かれています。

中華スマホの価格帯
  • 10,000円~30,000円のエントリーモデル
  • 30,000円~60,000円のミドルレンジモデル
  • 60,000円~100,000円のハイスペックモデル

10,000円~30,000円のエントリーモデルは、スマホはSNSやメール・電話などで十分という方におすすめです。

30,000円~60,000円のミドルレンジモデルは、ゲームもカメラもそれなりに高性能で快適に利用したい方におすすめ。

60,000円~100,000円のハイスペックモデルは、ゲームやカメラなど何をするにしても一切の妥協をしたくない方におすすめです。

自分の利用用途に合わせて、最適な価格のスマホを選びましょう

サイズから選ぶ

スマホの持ちやすさを重視したい方はサイズから選びましょう。

ディスプレイのサイズも重視する場合は、ベゼル(縁)の薄さや、ノッチ(切り欠き)などにも注目してみましょう。

ベゼルが薄いスマホならサイズは小さくても、ディスプレイサイズが大きくなります。

またノッチがなければ、サイズが小さくても迫力のあるディスプレイを感じられます。

より自分に合ったスマホを見つけてください。

中華スマホを購入する際の注意点

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A | オウガ・ジャパン

最後に、中華スマホを購入する際の注意点を紹介します。

注意点を確認せずに中華スマホを購入してしまうと、思わぬことで後悔しかねません

特に初めて中華スマホを購入する方は、しっかりとチェックしておきましょう。

中華スマホを購入する際の注意点
  • アクセサリー類を事前に確認する
  • 日本独自の機能が使えるか確認する
  • 日本向けに販売されていない中華スマホの購入は控える

アクセサリー類を事前に確認する

中華スマホを購入する前に、カバーやケースなどのアクセサリー類を確認しておきましょう

中華スマホは、iPhoneや国産のスマホと比べて、カバーやケースのラインナップが少なく、カスタマイズ性が低いです。

また純正のカバーやケースが見つからないことが多く、Amazonで購入をしても「イメージと違った」といった事態になりがちです。

自分の好みのアクセサリー類があるか、評価は良いか、価格は適正か、などを総合的に確認してから、中華スマホを購入しましょう。

日本独自の機能が使えるか確認する

中華スマホは、おサイフケータイやワンセグ機能などに対応していないものが多いです。

おサイフケータイやワンセグ機能は、日本が独自に搭載しているもので、世界的には珍しい機能と言われています。

そのため、世界標準で作られている中華スマホには、日本独自の便利機能は搭載されていないことが多いです。

おサイフケータイやワンセグ機能などを使用している方は、必ず購入前に確認してくださいね。

日本向けに販売されていない中華スマホの購入は控える

日本向けに販売されていない中華スマホの購入は控えましょう。

日本でも中華スマホの取扱いは増えてきていますが、海外で販売されているスマホがすべて販売されているわけではありません。

日本で販売されている中華スマホには、下記のような技適マークが付いています。

技適マーク

画像引用元:総務省 電波利用ホームページ

技適マークとは、総務省の定める無線機器の基準をクリアしている電子機器に付けられるマークです。

日本で販売されているスマホには必ず技適マークが付いていなければなりません。

しかし、個人輸入などで購入した場合、この技適マークが付いていない可能性があります。

技適マークが付いていないスマホを利用すると、法律違反となる恐れがあります。

個人輸入などで中華スマホを購入するのはやめた方が良いでしょう。

低価格で高性能スマホを手に入れたいなら中華スマホがおすすめ!

Oppo Reno 3 A

最後に、中華スマホのおすすめランキングをおさらいしましょう。

中華スマホは、低価格でありながら高性能でコスパの良いモデルばかりです。

機種によって欲しい機能が使えない可能性に注意が必要ですが、中華スマホの基本性能はどれも優秀です。

中華スマホの購入を検討していた方は、本記事で紹介したランキングを参考に中華スマホデビューをしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
bitWaveの校閲・編集を担当しています。 読者目線で、早く簡単にわかりやすく、有益な情報を届けることを心がけています。