エラーチェック(chkdsk)が終わらないときには?対処法を解説します

エラーチェック(chkdsk)機能とは、ファイルシステムに破損がないかチェックしたり、不良セクタを修復したりする機能のことです。しかし、「エラーチェック(chkdsk)が終了しない」といった問題が発生する場合があります。本記事では、エラーチェックが終わらないときの原因や対処法・注意点について解説しています。
  • 2022年10月28日
  • by.bitdds

パソコン

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Windowsには、エラーチェック(chkdsk)機能と呼ばれる、HDDやUSBメモリなどの記録媒体のファイルシステムに破損がないかチェックし修復する機能が搭載されています。

しかし、何等かの異常を検知した場合、修復が完了するまでエラーチェック(chkdsk)が終わらない問題が発生することがあるのです。

このような際に誤った行動をとってしまうと、データが消えてしまうなど最悪の事態になりかねません。

今回は、エラーチェックが終わらないときの原因や注意点・対処法についてご紹介します。

エラーチェック(chkdsk)が終わらないときの対処法
  • ディスクコピーを行う
  • セーフモードでチェックディスクを行う
  • コマンドを実行する
  • 外部機器を外す
  • 開いているアプリを停止する
  • パソコンを再起動する
  • メーカーに修理依頼する
  • データ復旧専門業者に依頼する
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

エラーチェック(chkdsk)とは

パソコン

エラーチェック機能とは、HDDやUSBメモリなどのファイルシステムに破損がないかチェックし、修復する機能です。

このシステムは、Windowsに標準搭載され、別名チェックディスク(chkdsk)とも呼ばれています。

また、パソコンの起動時や終了時に不具合が発生していると、自動的に解析してくれる機能でもあります。

エラーチェック(chkdsk)が終わらない原因

エラーチェックが完了しない原因とは何なのでしょうか。

その原因は主に以下の2つです。

エラーチェック(chkdsk)が終わらない原因
  • 処理に時間がかかっている
  • HDDが物理的に故障している

処理に時間がかかっている

処理中か、もしくは処理の時間が大幅にかかることで、パソコンがフリーズし中断している可能性があります。

他にアプリケーションを開いてると、これにより処理の妨げになりかねません。

もし、別のタスクが実行されているのであれば、[Ctrl]+[Ait]+[Del]を同時に押してタスクマネージャーを立ち上げ、全てのタスクを終了させるようにしましょう。

HDDが物理障害を起こしている

物理障害とは、HDD自体が故障している物理的なデータ障害のことです。

エラーチェックが終了しない場合、不良セクタが存在している可能性が考えられます。

セクタとは、データの読み書きの最小単位であり、不良セクタとは、データを正常に読み込めないセクタのことを指します。

つまり、HDDに障害が発生しているときには、エラーチェックが終わらないのです。

エラーチェック(chkdsk)が終わらないときの注意点

エラーチェックが終わらないからといって無理やり修復しようとすると、最悪の場合、修復不全になってしまう可能性があります。

そうならないために、エラーチェックに不具合が生じた際は、以下の5点に気を付けて行動しましょう。

エラーチェック(chkdsk)が終わらないときの注意点
  • 電源を落とさない
  • パソコンを電源ケーブルに繋いでおく
  • HDDへの負荷により故障する恐れがある
  • データが消失する危険性がある

電源を落とさない

チェックディスクは実行から完了するまでに、数時間から長くて数日かかると言われています。

途中で強制的に電源を落としてしまうと、データが消失したり、パソコンが起動できなくなったりする危険性があるのです。

チェックディスクが終わっていない状態にもかかわらず、どうしてもパソコンを使いたい場合は、HDDなどが読み書きをしていることを示す「アクセスランプ」が点滅していないことを確認し、電源を切るようにしてください。

パソコンを電源ケーブルに繋いでおく

先程も述べたように、チェックディスクは完了するためには長い時間がかかることがあります。

途中で電源が切れるのを防止するためにもパソコンを常時電源ケーブルにつないでおくことをおすすめします。

突然の落雷によって電源の供給がストップする危険性があるため落雷の日はエラーチェックするのを避けたほうが良いでしょう。

HDDへの負荷により故障する恐れがある

経年劣化などが原因でもとより内蔵HDDが障害が発生しているときにエラーチェックをしてしまうと、HDDが起動しなくなったり、今まで読み込めていたシステムの読み込みができなくなったりする可能性があります。

これが起こるのは、エラーチェックという機能が、HDDに長時間スキャンをかけるような負荷の高い処理だからです。

そのためこの機能を実行する前にはバックアップ取るようにしましょう。

データが閲覧できなくなる恐れがある

エラーチェックは、ファイルシステムに不具合が発生していないかチェックし修復する機能です。

しかし、エラーチェックにより修復不可となった場合、フォルダが「FOUND」と名付けられて隠しフォルダとして生成され、「.CHK」という拡張子の名でファイル保存されてしまいます。

この拡張子に変化したフォルダは通常のアプリケーションで開くことはできません。

したがって、チェックディスクで修復不可となり、データを閲覧することができなくなってしまうのです。

エラーチェック(chkdsk)が終わらないときの対処法

ではエラーチェックが完了しないときはどのように解決すれば良いのでしょうか。

以下では、対処法について7点お伝えします。

エラーチェック(chkdsk)が終わらないときの対処法
  • ディスクコピーを行う
  • セーフモードでチェックディスクを行う
  • cfsコマンドを実行する
  • 周辺環境を見直す
  • 再起動する
  • メーカーに修理依頼する
  • データ復旧専門業者に依頼する

ディスクコピーを行う

エラーチェックが終わらない原因は基本的にはHDDにあります。

そのため、データを正常なHDDに移行することが重要です。

不良セクタが発生しているHDDに使用できるデータコピーツールなどもありますので、一刻も早くデータを移行しましょう。

難しい場合にはデータ復旧業者に依頼しましょう。

セーフモードでエラーチェックを行う

Windows10のセーフモードでエラーチェックを行うことで、実行中のアプリの影響を排除することができます。

このセーフモードとはパソコンに問題が生じた際に使用する診断用の起動モードのことです。

最小限のドライバーで読み込むセーフモードで起動し、トラブルを解決する診断を行ってくれます

セーフモードは、回復ドライブやその他のブータブルデバイスを利用することで実行することが可能です。

sfc コマンドを実行する

Windowsには、sfc (システムファイルチェッカー)という機能が搭載されています。

これは、Windowsの不足または破損しているシステムファイルをスキャンし修復することができる機能です。

この機能を用いることで、エラーチェックが完結しないという問題が解決する可能性があります。

周辺環境を見直す

エラーチェックを実行している際は、パソコンの外部機器を外す、開いているアプリを停止するなどが有効です。

プリンタ外付けHDDなどの外部との接続が悪影響を及ぼす場合があります。

また、他のアプリを開いたままの状態だと、処理が遅くなったり、誤作動を起こしたりする可能性があるため注意しましょう。

再起動する

パソコン内部のデータよりもパソコンの使用を優先したい場合、一度電源を切って再起動することが有効であると考えられます。

再起動した後、エラーチェックが再開されてしまったときには、[Esc]+[Enter]を押してプロセスを中断させることでWindows10を正常に起動させることができます。

メーカーに修理依頼する

そのため、パソコンの動作のみを修理したいという場合、メーカーに修理を依頼することは有効であると言えるでしょう。

しかしメーカーや修理業者に依頼するするとデータを復旧させることは難しいです。

もしデータを復旧させたい場合はデータ復旧業者へ依頼することをおすすめします。

データ復旧専門業者に依頼する

個人でエラーチェックを改善するのには限界があります。

また、安易に操作すると、データが消失する危険性もあるのです。

先程も述べたように、パソコンんの動作だけでなく、データも復旧させたいのであれば、メーカーや修理業者へ依頼するのはおすすめできません。

確実にデータを復旧したいのであれば、データ専門復旧業者に相談しましょう。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と信頼できる実績があります。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応できる、官公庁・法人からの依頼実績も多数など、技術力の高さは間違いありません。

また相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

エラーチェック(chkdsk)が終わらない原因や注意点・対処法まとめ

今回は、エラーチェックが終わらないときの原因や注意点・対処法についてご紹介しました。

エラーチェックの不具合が起こる原因として、HDDが物理的に破損している可能性があります。

物理障害の場合、繊細な作業が必要なため、個人で復旧しようとするとデータが消失してしまうことも考えられます。

そのため、確実にデータを復旧したい場合は、データ専門復旧業者へ相談しましょう。

エラーチェック(chkdsk)が終わらないときの注意点
  • 電源を落とさない
  • パソコンを電源ケーブルに繋いでおく
  • HDDへの負荷により故障する恐れがある
  • データが消失する危険性がある
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。