chromebookの電源が付かず起動しない場合の原因と対処法

Chromebookが起動しないケースが突然発生することがあります。簡単な作業で解決することもありますが、ハードウェアの故障も考えられます。起動しない場合は原因の正しい判断が必要です。この記事では原因とそれに沿った対処法を紹介しています。
  • 2022年9月2日
  • by.bitdds

パソコン

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

昨日まで普通に使えていたChromebookが起動しない、電源は入るが画面が真っ暗なままなどのトラブルが発生していませんか?

故障のケースとして経年劣化により内部パーツやハードウェアが故障している可能性もあり、パーツの交換や初期化が必要な場合もあります。

PCが壊れるとメーカー修理に出すこともありますが、修理に出すとデータは初期化により削除されることがほとんどです。

データが必要な場合はデータ復旧業者への依頼も視野に入れましょう。

本記事では、個人でできる症状別の対処法や、確実にデータを取り出したい方に向けておすすめデータ復旧業者も紹介しています。

Chromebookが起動しない場合のまとめ
  •  主な原因としては電力不足、内部パーツの故障、OSの破損
  • 起動しない場合に何度も電源のオン・オフや再起動はしない
  • 充電ができておらず電源が付かない可能性がある
  • 個人でできる対処法をしても改善しない場合複雑な障害が発生している可能性がある
  •  データ復元をしたい場合は早めにデータ復旧業者に相談する
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

Chroomebookが起動しない場合の原因

パソコン

Chromebookが起動しない場合、以下の原因が考えられます。

対処方法は原因によって変わるので、原因を確認しておきましょう。

Chromebookが起動しない主な原因
  • 電力が不足している
  • 内部パーツが故障している
  • OSが破損している

電力が不足している

電源ボタンを押しても起動音や振動がない場合、Chromebookが起動するのに必要な電力が不足している可能性があります。

ACアダプタがしっかりと接続できているかを確認し、しばらく充電してから起動できるかを確認しましょう。

また、延長コードを使用している場合、電力不足になっている可能性があるので、直接壁のコンセントに差し込むようにしましょう。

ACアダプタを使用しても充電ランプが点灯しない、電源が入らない場合は、内蔵バッテリーやACアダプタの故障が疑われます。

内部パーツが故障している

経年劣化による部品の摩耗や物理的な衝撃が加わった事による、内部パーツの故障が原因で、起動できていない可能性があります。

故障している可能性のある内部パーツの例
  • 内蔵HDD・SSD
  • マザーボード
  • 液晶モニター
  • 電源ボタン
  • メモリ

HDDやSSDにはChromebookが起動するために必要なシステムファイルが保存されているため、起動プログラムが正常に起動しなくなります。

内部パーツが故障している場合は、Chromebookの分解や部品交換が必要となり、個人で復旧できる範疇を超えてしまっているため、専門業者に依頼するようにしてください。

OSが破損している

OSのアップデート時に強制終了を行ったあと、Chromebookが起動できなくなったのであれば、OSが破損している可能性があります。

OSのアップデートに失敗したり、データの読み書き中の強制終了がOSの破損に繋がっているケースが多く見られます。

OSが破損すると、Chromebook使用中に突然電源が切れたり、起動時にエラーメッセージが表示されたりします。

Chromebookが起動しない場合の注意点

Chromebookが起動しない際は以下の2点に注意してください。

Chromebookが起動しない場合の注意点
  • 過度な電源のオン・オフや再起動をしない
  • 個人で無理に対処しようとしない

過度な電源のオン・オフや再起動をしない

Chromebookが起動しない場合は、過度に電源のオン・オフや再起動を繰り返さないようにしましょう。

エラーが起きている状態で通電を繰り返すと、状態が悪化する恐れがあります。

また、異音がするなど、HDDのヘッド破損が疑われる状況で通電を続けると、データ記録面に傷が付き、データの復旧が極めて困難になる可能性があります。

個人で無理に対処しようとしない

今回紹介する対処法で、問題が解決できるのは軽度のソフトウェア障害のみです。

個人でできる対処法で解決しない場合、基本的には重度のハードウェア障害が発生している確率が高く、むやみな復旧作業を行うと、データ消失や機器の破損に繋がります。

Chromebookが起動しない場合、エラーメッセージが表示される場合を除き、個人で原因を特定することは極めて困難です。

まずは、専門業者の診断を受けることをおすすめします。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

Chromebookが起動しない症状別の対処法

Chromebookが起動しない場合の、症状別に対処法を紹介します。

Chromebookが起動しない症状別の対処法
  • Chromebookの電源が付かない
  • 充電ができない
  • 電源ランプがオレンジに点滅する
  • 画面が真っ暗になる

Chromebookの電源が付かない

Chromebookを開いても起動しない場合は、電源ボタンを長押ししてみましょう。

Chromebookを落としたなどの物理的な衝撃が原因で、PCの折り畳みの部分である「ヒンジ」の接触不良が考えられます。

ヒンジ部分には液晶ケーブルやWiFiアンテナケーブルがあるため、接触不良が起きてしまうと様々な不具合が発生します。

電源ボタンを押しても起動しない場合は、次の対処法を試してみてください。

ヒンジ部分に故障の疑いがある場合は、専門業者に修理を依頼しましょう。

充電ができない

Chromebookが起動しない原因として、正常に充電ができておらず電力不足が起きていることが考えられます。

周辺器やACアダプタがしっかりと接続されているか確認してください。

電源タップを使用している場合は、電力が不足している可能性があるため、壁のコンセントに直接差し込むようにしてください。

また、充電コードが内部で断線していることもあるため、新しいコードに取り替えて確認してください。

それでも充電できない場合は、充電器やコンセント類を全て取り外し、放電を行います。

再び充電器を接続し、30分以上充電したあと起動できるか試してみましょう。

電源ランプがオレンジに点滅する

Chromebookはランプで充電の状態を確認することができ、通常の場合は下記の通りになります。

ランプの色Chromebookの充電の状態
白(点灯)バッテリー充電完了
バッテリー電源で動作中
オレンジ(点灯) 充電中
オレンジ(遅い点滅)充電ケーブルを接続していない休止状態

オレンジで早く点滅している場合、バッテリーが故障している恐れがあります。

電源を入れ直しても点滅が続く場合は、専門業者に相談しましょう。

画面が真っ暗になる

Chromebookの電源が入っているにもかかわらず、画面が真っ暗な場合は、液晶モニターの故障、内部パーツの故障、OSのクラッシュが考えられます。

画面が真っ暗な場合はLEDランプを確認し、白色に点灯している場合は正常に起動はできていますが、オレンジ色に点灯している場合や消灯している場合はバッテリーの故障が疑われます。

別のモニターに接続し問題なく表示された場合は、PCに問題はなくモニターが故障している可能性が高いです。

ここまでで問題が解決できない場合は、以下の対処法を試してみてください。

Chromebookが起動しない場合に個人でできる対処法

症状別の対処法で解決できない場合に、以下の方法を試すことで解決できる場合があります。

個人でできる復旧方法となりますが、これらの対処法で解決できなかった場合は専門業者を検討しましょう。

周辺機器を取り外す

充電機器を確認しても起動できない場合、全ての周辺機器を取り外してみてください。

USBや外付けHDD、キーボードやマウスなどの周辺機器が、PCに不具合を発生させている可能性があります。

全ての周辺機器を取り外した後起動できた場合は、ひとつずつ再接続し不具合の原因であるデバイスを特定しましょう。

放電を行う

Chromebookに不必要な電力が帯電している可能性があります。

帯電が原因で正常に電源が入らない場合は、放電を行います。

Chromebookの放電方法
  1. 充電器を取り外し、背面カバーを取り外す
  2. バッテリーのコネクタを外す
  3. 電源キーを数秒間長押しし、放電を行う

Chromebook内部のバッテリーを取り外すため、PCの知識やリテラシーが必要になる作業となります。

この方法で問題が必ず改善するとは限らないため、むやみに実行しないようにしましょう。

困難な方は以下の方法を試してみてください。

ハードリセットを実行する

ハードウェアに一時的な問題が発生し、Chromebookが起動しないケースがあります。

ハードリセットを実行する事で、不具合を解決できる可能性があります。

ハードリセットの作業手順
  1. Chromebookを起動している場合は右下の「時刻」をクリック
  2. 「電源アイコン」を選択して電源を切る
  3. キーボードの「更新キー」を押し続けた状態で「電源キー」を押す(タブレットの場合は「音量大ボタン」と「電源ボタン」を同時に長押し)
  4. Chromebookが起動したら「更新キー」を話してから電源キーを離す

ハードリセットでは一部ダウンロードフォルダのファイルが削除される可能性もあるため、大事なデータがある場合は、注意が必要です。

アプリや拡張機能を無効にする

最近インストールしたアプリが原因でOSがクラッシュし、起動できていない可能性があります。

何度も起動しない状態が続く場合は、インストールした新しいアプリや拡張機能をアンインストール・無効にしましょう。

アプリをアンインストールする作業手順
  1. 画面左下「ランチャー」をクリック
  2. 削除するアプリを右クリック
  3. 「アンインストール」または「Chromeから削除」を選択
  4. 削除する

拡張機能を無効にする場合は、以下の手順で無効にしてください。

拡張機能を無効にする作業手順
  1. PCでChromeを開く
  2. 右上その他アイコンをクリック
  3. その他ツールから拡張機能をクリック
  4. 無効にする拡張機能をオフ

アプリと拡張機能をアンインストール・無効にしても改善しない場合は、次の対処法に進んでください。

chromebookを初期化する

ここまでの対処法で改善されなかった場合、ChromeOSが破損していると考えられます。

この場合chromebookを初期状態にリセットし、工場出荷状態まで戻すことで動作できる可能性があります。

初期化を行うため、バックアップを取っていないデータは全て削除される点に注意しましょう。

Chromebookの初期化手順
  1. 右下の「時刻」をクリックして「ログアウト」を選択
  2. 「Ctrl + Alt + Shift + R」キーを同時に長押し
  3. 「再起動」をクリック
  4. 「Powerwash」を選択して「次へ」をクリック
  5. 案内に従ってGoogleアカウントにログイン

Chromebook初期化を実行できたら、Chromebookが正常に起動できるか確認してください。

ただし、この方法はデータも全て削除されてしまうため、データが大事な方は実行を控えてください。

個人での復旧が難しい場合

上記の対処法で問題が解決しない場合は、個人で解決できる可能性が低く、複雑な問題が起きていることが考えられます。

解決できない場合は、専門業者に相談しましょう。

メーカー修理とデータ復旧業者では、異なる目的があるため、自身のPCの状態と目的に合った専門業者に依頼しましょう。

専門業者の選び方
  • 動作の復旧が目的の場合は「メーカーや修理業者」
  • データの復旧が目的「データ復旧業者」

メーカーやPC専門修理業者に依頼する

PC修理業者では「動作復旧」を行うため、データよりもPCの正常な動作を優先する場合は修理業者に相談しましょう。

PC修理専門業者では、動作復旧を目的としているため、PCに保存しているデータは基本的に失われます。

バックアップを取っていない場合や必要なデータがある場合は、次に紹介する「データ復旧業者」を選ぶようにしましょう。

データ復旧業者に依頼する

データ復旧業者では、専門的な技術を使用して「データ復旧」を行います。

正確な原因の特定を行い適切な対処を行うため、内部のデータが必要な方はデータ復旧業者に依頼するようにしましょう。

しかし、データ復旧は処置を施すほど、その後のデータ復旧率は下がっていくため、最初の1回で確実に復旧できるかを第一に業者を選ぶことが大切です。

データ復旧業者の中には、無料で相談から見積りまで行っている業者もあるため、まずは無料相談を受けることをおすすめします。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と信頼できる実績があります。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応できる、官公庁・法人からの依頼実績も多数など、技術力の高さは間違いありません。

また相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ承認ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

Chromebookが起動しない場合のまとめ

今回はChromebookが起動しない原因や個人でできる対処法から、自身で対処しきれない障害が発生している、個人での対処が不安な方向けのおすすめの業者までを紹介しました。

起動できない原因が簡単なものであれば個人でも対処できる可能性がありますが、今回紹介した対処法で改善できない場合、内部で複雑な問題が発生している可能性が高いです。

むやみに個人での対処をし続けてしまうと、PC本体だけでなくデータまで完全に失ってしまう事もあるため、どうしても起動できない場合は早めに業者に持っていくようにしましょう。

Chromebookが起動しない場合のまとめ
  •  主な原因としては電力不足、内部パーツの故障、OSの破損
  • 起動しない場合に何度も電源のオン・オフや再起動はしない
  • 充電ができておらず電源が付かない可能性がある
  • 個人でできる対処法をしても改善しない場合複雑な障害が発生している可能性がある
  •  データ復元をしたい場合は早めにデータ復旧業者に相談する
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。