ChromecastとChromecast Ultra|設定や使い方、スペック一覧

  • 2019年5月9日
  • by 
ChromecastとChromecast Ultra|設定や使い方、スペック一覧

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Chromecastは、Googleが開発している製品で、主にスマホやタブレットの画面をテレビなどに出力するためのデバイスです。

用途としては、スマホではなくテレビの大画面に映画を映したり、家族や友人などと一緒に写真を鑑賞したりするのに使います。

このページでは、ChromecastとChromecast Ultraについて、その概要や設定方法など基本的なことを紹介していきます。

画像引用元:Chromecast Ultra – 4K 動画 – Google ストア

1 小型デバイスで手軽にストリーミング Chromecast

画像引用元:Chromecast Ultra – 4K 動画 – Google ストア

Chromecastの最大の売りは、この小さなデバイスひとつで、あらゆるストリーミングに対応するという点です。他の機材と組み合わせる必要はありません。

Chromecastであれば4,980円で購入できるので、価格面でも手軽です。高性能モデルのUltraでも9,720円。なんと1万円未満です。

今はNetflixなど動画配信サイトが充実していることもあり、スマホとChromecastとモニターさえあれば、地上波放送が映るテレビは不要になり得ます。

1-1 ChromecastとChromecast Ultraのスペック

画像引用元:Chromecast – 第3世代 – Googleストア

スペック表から、ChromecastとChromecast Ultraの違いについて見てみましょう

項目ChromecastChromecast Ultra
サイズ長さ 51.81 mm×高さ 51.81 mm長さ 5.8 cm×高さ 58 mm
重量40g47g
カラーチャコール、チョークブラック
解像度1,080p 60fps まで対応4K Ultra HD まで対応
無線Wi-Fi 802.11ac(2.4 GHz / 5 GHz)であらゆるワイヤレス ネットワークに対応高速ストリーミング対応の 802.11ac(2.4 GHz / 5 Ghz)1x2 MISO Wi-Fi
電源電源:5V1A電源が必要(付属)
ポートとコネクタHDMI、Micro-USBHDMI、Micro-USB、イーサネット
サポートされているオペレーティングシステムAndroid、iOS、Mac、WindowsAndroid、iOS、Mac、Windows
価格4,890円9,720円

見るべき点は、どこまでできるのかの違いです。そして、両デバイスの違いは極めてシンプルですね。

ずばり、Chromecast Ultraのみ4K Ultra HD まで対応しています。普通のChromecastのほうは1,080p 60fps までの対応です。

つまり、超高画質でストリーミングしたいのならChromecast Ultra一択に。

4Kにはこだわらないのであれば、安いChromecastという選択になるでしょう。

使い方や用途に違いはないので、画質の一点で決めることをおすすめします。ただし、今はまだ4Kはそこまで浸透していませんが、近い将来、4Kが当たり前の時代になるかもしれません。

そのため、数年後も見越して購入したい方は、今は必要なくてもChromecast Ultraを買っておいたほうが無難でしょう。

ChromecastとChromecast Ultraの差額は4,740円です。

これを高いと見るか否かですが、思い切ってUltraのほうを買った結果「やっぱり普通のChromecastにすればよかった」と後悔することはあまりないと思われます。

反対に、Chromecastを買って「やっぱりChromecast Ultraにすればよかった」と後悔した場合は、4,980円+9,720円の出費になりかねません。

本当に1,080p 60fpsまでの対応でいいのか、4Kに未練はまったくないのか、よーく考えてから購入してくださいね。

2 Chromecastの使用シーンを想定してみよう

これまでストリーミング機器を使ったことがない方の中には「ChromecastやChromecast Ultraって本当に役に立つの?」と、半信半疑な方も少なくないと思います。

そこで、実際にChromecastを使う場面について、少し具体的に想定してみましょう。

2-1 動画を大画面のモニターに映して鑑賞

画像引用元:Chromecast Ultra – 4K 動画 – Google ストア

人気の動画ストリーミングサービスといえば、Netflixやhulu、Amazon Prime Videoなどがありますよね。すでにこれらのサービスを利用して、スマホでたっぷりと映画を楽しんでいるという方も多いでしょう。

しかし、ふと「テレビくらいの大きな画面で動画を再生できたらなぁ」と思ってしまうことはありませんか?

そんな時に役立つのがChromecastなのです。

ChromecastやChromecast Ultraを使えば、スマホの画面をそのままテレビやモニターに写すことができます。新たな契約等は必要ありません。

テレビやモニターに出力するとなれば、スピーカーもスマホとは比べ物にならないよいものになるでしょう。総じて、動画の鑑賞がより快適になります。

2-2 家族・友人とみんなで鑑賞

画像引用元:4K テレビへのキャスト方法 – Google ストア

動画や写真を、家族や友人と一緒に見たい時「これ見て」と言いながら、スマホの画面を相手に差し出した経験は誰しもあると思います。

しかし、その結果「見にくい」と言われてしまったり、妙なタイミングで面倒な通知が来てしまったりと、厄介な目に遭ったという方も少なくないはずです。

また、2~3人相手なら一緒に動画を視聴することもできますが、画面を共有したい相手が大勢いる場合はそれも困難になります。

そんな時にChromecastがあれば、大画面に映像を映すことで、不自由なく動画や写真を他人に見せることができます。みんなで映画を見たり、写真を見たり、ゲーム画面を映すことだって可能です。

スマホゲームはその性質上、ひとりで黙々とやるものというイメージも強いですが、Chromecastを使えば、据え置きゲーム機のごとくみんなで盛り上がることも可能になるわけです。

2-3 iPhoneでも大丈夫!

ChromecastはGoogleが開発・製造しているデバイスですから、当然、同じくGoogleが開発しているAndroidとも相性がいいです。しかし、日本ではiPhoneユーザーのほうが多いという統計データがあります。

「Chromecastに興味はあるけど、うちはiPhoneだから……」という方、大丈夫です。ChromecastはiPhoneやiPadなど、iOSにも対応しています。

もっともAppleにも、Apple TVという類似商品があります。

しかし、4K対応のものとなると、価格は32GBが19,800円、64GBが21,800円(いずれも税別)と、Chromecast Ultra(税込9,780円)よりはるかに高額です。

Apple TVは独自の機能も多いのですが、スマホの映像を出力するだけならChromecastで事足ります。ただし、AndroidとiOSで対応アプリが違う場合もあるので、まったく同じというわけではありません。

次のページではChromecastのセットアップ方法をご紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

Apple Musicの使い方と料金|月額料金を払う価値はあるか... Apple Musicは、Appleが提供する音楽ストリーミング配信サービスです。 これは2015年からサービスを開始したもので、iTunesとはまた違った音楽サービスとなります。 このページでは、Apple Musicの使い方...
Amazon Prime Musicの使い方|Amazon Music Unlimitedとの違い... 音楽が好きな人ならAmazon Prime Musicというサービスを聞いたことがあるかもしれません。 また、よく似た名前の音楽配信サービスにAmazon Music Unlimitedというものも存在しています。 この2つは共...
KKBOXの使い方と料金|無料プランと有料プランの違い... KKBOXは台湾発の音楽配信サービスです。 今回はKKBOXの使い方と、無料プランと有料プランの違いについて解説します。 ほかの音楽配信サービスとの比較表も掲載しますので、「スマホで音楽を楽しみたい!」と考えている方はぜひ参考に...
Sonosのスマートスピーカー|Sonos One・Sonos Beanのスペック比較... 2018年に日本に上陸したSonosのスマートスピーカー。 Sonos(ソノス)という言葉に聞き馴染みがないという人も多いと思われますが、アメリカのオーディオメーカーで非常に高い音質から多くのファンがいます。 Sonosは様々な...