【2021年】中学生におすすめのスマホ5選|格安の料金プランでも安心

  • 2021年7月19日
  • by.affiprecious

アイフォン画像

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今年から中学へ入学する子どもを持つ保護者の方は特に「もう中学生だしスマホを持たせるべきなのだろうか?」と考えているのではないでしょうか。

そこで今回は中学生におすすめのスマホを5つ紹介し、選び方や注意点について触れていきます。

併せて中学生におすすめのプランや格安SIMについても解説するので、是非チェックしてください。

中学生にスマホを持たせる時のポイント
  • 中学生のスマホ利用率は約7割
  • 使い方さえしっかりと話し合えば持たせて損はない
  • 子ども向けのセキュリティ機能が充実した機種もある
  • 学割などの割引特典を使えばコストも抑えられる

※本記事中の価格は全て総額表示

中学生のスマホ事情…所持率は?

iPhone 12 mini XR 比較

まず、中学生の現在のスマホの所持率や用途などについて実状を調べてみました。

実際にスマホを持っている中学生はどのくらいいるのでしょうか?

これから子どもにスマホを持たせようと考えている人は、是非参考にしてみてください。

中学生のスマホの所持率は70%程度

2020年4月の調査によると、東京都内でスマホを所持している中学生の割合はおよそ70%でした。

こうして見ると意外と多いな…という感想を持つ人も多いんじゃないでしょうか。

ただしスマホの所持率は地域によって差があるため、地方になるとさらに所持率は低下するようです。

中学生のスマホの用途

中学生のスマホの主な用途は下記の通りです。

中学生のスマホの用途
  • 動画視聴
  • コミュニケーション(SNSなど)
  • ゲーム
  • 音楽視聴
  • 情報検索

最も比率が高かったのは動画視聴とコミュニケーションでした。

こちらは8割以上の中学生が利用しているようです。

平日の利用時間については、2時間以上3時間以内が20%ほど、3時間以上の中学生も30%程度とのことです。

iPhoneとAndroidスマホどっちが良い?

中学生が所持している機種の割合についての情報はありませんでしたが、日本国内でiPhoneのシェア率が圧倒的に高いことを考えると、「iPhoneが欲しい」と希望する中学生が多いと考えられます。

セキュリティ面に関しても、iPhoneはAppleによる検査をクリアしたアプリしかユーザーに提供されないので、悪質なアプリのインストールを防ぐことにも繋がります。

Androidスマホはどんなアプリでもインストールできてしまうので(セキュリティソフトが警告する場合もあり)、セキュリティ面を考慮してもiPhoneの方が良いといえるでしょう。

ただし、ネット犯罪も多様化しているので、Appleの検査を潜り抜けた悪質なアプリがないとは言い切れません。

iPhoneのセキュリティの高さを鵜呑みにするのではなく、子ども向けのセキュリティ機能がついたAndroidスマホなど、さまざまな機種のスペックを確認しつつ見極めることが大切でしょう。

中学生にスマホは持たせるべき?

スマホをいじる中学生

では、中学生にスマホは持たせるべきなのでしょうか?

スマホを持たせている理由や子どもがスマホを使うことに対する保護者の懸念をまとめ、中学生でスマホを持つべきなのかどうかという点について考えてみました。

何故保護者はスマホを持たせるの?

中学生にスマホを持たせる理由を調べてみました。

中学生にスマホを持たせる理由
  • 連絡手段として使うから
  • 部活や習い事で帰りが遅いから
  • 友人の多くが持っているから
  • 動画やゲーム・情報収集などで使いたいと子どもが希望したから

スマホがあるだけで、日中離れている子どもとの連絡手段になります。

また、帰りが遅い時にGPSで居場所を調べるなど防犯対策にも役立ちます

そして、クラス内のコミュニティから外れないように、周囲の友人の所持率に合わせて持たせているケースも多いようです。

もちろん、子どもが自ら動画が観たい・ゲームしたい・学習や情報集めをしたいなど、スマホを欲しがったケースも非常に多いです。

スマホを持たせる上での保護者の懸念

スマホを持たせる上で保護者の多くが懸念しているのは下記の通りです。

スマホを持たせる上での保護者の懸念
  • 使いすぎ
  • 生活リズムの乱れ
  • 成績が落ちる
  • SNS上のトラブル・誹謗中傷
  • 友人間でのいじめや仲間外れ
  • 有害サイトの閲覧
  • ゲームの過度な課金

恐らく挙げていったらキリがないでしょう。

しかし、このような懸念も、スマホのセキュリティ機能や通信サービスのフィルタリングなどを使えば解決することが可能です。

また、じっくりと使い方について家族で話し合うもの大切です。

使い方をしっかりと話し合えば持たせても損はない

この先必ずスマホを使うようになるので、中学生の時から使い方をある程度知っていくということは大事なことです。

使いすぎるのではないか、生活リズムが乱れるのかという懸念もあるかもしれませんが、帰りが遅い時の連絡手段など防犯対策としてもスマホは重宝します。

使っても良いコンテンツはどれなのか、何時まで使用して良いのかなど、しっかりと家族間で話し合うことができれば、中学生にスマホを持たせても損にはならないでしょう。

中学生のスマホ事情
  • 所持率は70%で主な利用は動画視聴
  • 連絡手段や子どもの意志を尊重するなど持たせる理由はさまざま
  • 使いすぎや生活リズムの乱れなど懸念もある
  • 使わせる前にしっかりと家族間で話し合いをすれば持たせても損はない

中学生に持たせるスマホの選び方

AQUOS sense5G

次に、中学生に持たせるスマホをどのように選べば良いのか解説していきます。

性能に長けているスマホも増えていますが、はじめてスマホを持つならそこまでのスペックは必要ないかもしれません。

ただあまりに低すぎるとスマホを持つ意味がないため、すり合わせることが大切です。

中学生に持たせるスマホの選び方
  • 価格を重視する
  • 見守り機能などのセキュリティ面を重視する

下記にて、詳しく見ていきましょう。

価格を重視する

中学生にスマホを持たせるのは良いが、コストが気になるという人も多いと思います。

毎月発生するプラン料金はもちろんですが、機種代金もなるべく安く抑えたいというのが本音でしょう。

最近は格安スマホと呼ばれる5万円以下で購入できる機種も多く、スペックもごく普通に使う分には支障なく使えるものが多いです。

中学生が使うのであれば、そのような格安のミドルレンジスマホで充分でしょう。

見守り機能などのセキュリティ面を重視する

離れている時にGPSで居場所を把握できる機能やネットの利用制限ができるなど、機種のセキュリティ面を考慮することも大事です。

しかし、ある程度1人で考え判断することができる年頃の中学生ですから、過度な見守り機能のあるスマホは必要ありません。

特に、ネットトラブルを防ぐことができるか、悪質なサイトやアプリを遮断できるかという点を重視すると良いでしょう。

中学生におすすめのスマホ5選

iPhone SE(第2世代)

次に、中学生におすすめのスマホを5つ紹介します。

前章で解説したように、比較的安価でごく普通に使える程度のミドルレンジ性能の機種をピックアップしました。

下記にてスペックや特徴について詳しく解説していきます。

中学生におすすめのスマホ5選
  • iPhone SE(第2世代)
  • AQUOS sense5G
  • Galaxy A21
  • OPPO Reno5 A
  • TONE e21

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)のスペックは下記の通りです。

格安SIMだと3万円台で購入できるiPhoneなので、子どもがiPhoneを欲しがっている場合でも比較的手が届きやすい機種ではないでしょうか。

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

特に子どもが使う用の機能はありませんが、前述の通りAppleで許可されたアプリしかインストールできない仕様となっているので、悪質なアプリに引っかかってしまうリスクを下げることができます。

サイズもコンパクトで指紋認証が使えるので、マスク生活でもストレスなく使えるでしょう。

iPhone SE(第2世代)の価格

iPhone SE(第2世代)64GB128GB256GB
ドコモ通常57,024円62,568円75,240円
スマホおかえしプログラム38,016円41,712円50,160円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常55,270円61,250円75,215円
かえトクプログラム28,750円31,970円39,215円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常57,600円64,080円78,480円
トクするサポート+(特典A)28,800円32,040円39,240円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常44,800円49,800円62,800円
アップグレードプログラム22,392円24,888円31,392円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常49,280円54,780円66,800円
詳細Apple 公式サイトを見るApple 公式サイト

AQUOS sense5G

AQUOSsense5G

画像引用元:AQUOS sense5G(アクオス センスファイブジー)SHG03 | スマートフォン(Android スマホ)| au

AQUOS sense5Gのスペックは下記の通りです。

割引を利用すれば、1~2万円台で購入できるAQUOS最新スマホです。

AQUOS sense 5G
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:148mm
幅:71mm
厚さ:8.9mm
重さ178g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 690 5G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8
カラーライトカッパー・
オリーブシルバー・ブラック
詳細AQUOS sense5Gの実機レビュー

防水防塵・耐衝撃性能が備わっているため、壊れにくいという特徴があります。

さらに、高画質・省エネ効果が期待できるIGZOディスプレイディスプレイも搭載。バッテリー持ちも優れています。

安価なスマホながら、高速の5G通信にも対応。コスパ抜群のスマホです。

AQUOS sense5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時購入
ドコモ39,600円なし※ドコモドコモ公式ショップ
au39,890円26,450円au公式ショップ
ソフトバンク43,200円21,600円ソフトバンク公式ショップ

※乗り換え時は17,600円

※乗り換え時は17,600円

Galaxy A21

Galaxy A21

画像引用元:Galaxy A21 SC-42A | スマートフォン(4G) | 製品 | NTTドコモ

Galaxy A21のスペックは下記の通りです。

保護者のスマホでリモート管理ができるので、子ども用としても大変重宝されています。

Galaxy A21
ディスプレイ約5.8インチ
本体サイズ高さ:約150 mm
幅:約71 mm
厚さ:約8.4 mm
重さ約159g
アウトカメラ約1,300万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー3,600mAh
RAM3GB
ROM64GB
CPUOcta-Core 1.6GHz,1.35GHz
OSAndroid™
認証顔認証
カラーブラック・ホワイト・レッド

現在位置やインストールしたアプリのチェック、利用時間の設定ができるので、使いすぎや悪質なアプリを使うことが心配な人にもおすすめです。

充電せずに最長で5日間使えるというのも嬉しいポイントです。

Galaxy A21の価格

項目機種代金購入
ドコモ在庫切れ(入荷予定未定)

OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A スペック | オウガ・ジャパン

2021年7月に発売されたばかりの最新スマホです。

OPPO Reno5 Aのスペックは下記の通り。

OPPO Reno5 A
画面サイズ約6.5インチ
本体サイズ高さ:約162.0mm
幅:約74.6mm
厚さ:約8.2mm
重さ約182g
アウトカメラ広角:約6,400万画素
超広角:約800万画素
モノクロ:約200万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ約1,600万画素
バッテリー約4,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUQualcomm®
Snapdragon™ 765G
OSAndroid™ 11
認証顔・指紋
カラーシルバーブラック・アイスブルー
詳細OPPO Reno5 Aのレビュー

本体価格は約4万円ですが、スペックや機能は非常に優れています。

この価格帯においては処理性能も優秀。SNSの閲覧や動画視聴中に不満を感じる場面はほとんどないでしょう。

防水性能などもしっかりしており、指紋認証にも対応しています。

OPPO Reno5 Aの価格

キャリア機種代金購入
楽天モバイル42,980円楽天モバイル公式サイト
ワイモバイル39,600円Y!mobile公式ショップ
BIGLOBEモバイル41,712円BIGLOBEモバイル公式サイト
IIJmio39,800円IIJmio公式ショップ

TONE e21

e21

画像引用元:TONE e21 | 安くて安心なスマホならトーンモバイル

TONE e21のスペックは下記の通りです。

TONE e21
ディスプレイ約6.53インチ
本体サイズ高さ:162.4mm
幅:77mm
厚さ:8.85mm
重さ約185g
アウトカメラメイン:約4,800万画素
広角:約1,300万画素
マクロ:約200万画素
深度:約200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM6GB
ROM128GB(256GB)
CPUHelio P35
OSAndroid 10
認証指紋・顔

子ども向け格安SIMとして人気の高い「TONE MOBILE」の専用機種であり、子どもの裸など不適切な写真撮影を検知して保護者のスマホに通知を入れることも可能です。

アプリ利用制限や現在位置の確認など、一般的な見守り機能も充実しているので、より安全性を重視したい人におすすめの機種といえるでしょう。

TONE e21の価格

項目機種代金購入
トーンモバイル21,780円トーンモバイルを見る
中学生におすすめのスマホ5選
  • iPhone SE(第2世代)
    他のモデルよりもリーズナブルな指紋認証対応のコンパクトiPhone
  • AQUOS sense5G
    省エネ高画質のIGZOディスプレイを搭載し、5Gにも対応
  • Galaxy A21
    保護者のスマホでリモート管理が可能・充電せずに5日間使える
  • OPPO Reno5 A
    優れた処理性能やカメラ機能を持つ高コスパスマホ
  • TONE e21
    自画撮り被害や見守り機能が充実したスマホ

中学生におすすめのキャリアプラン

次に、中学生におすすめの料金プランを解説していきます。

基本的には、2021年春に登場した格安プランがおすすめとなります。

中学生におすすめのキャリアプラン
  • ドコモ「ahamo」
  • au「povo」
  • ソフトバンク「スマホデビュープラン」
  • 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」

ドコモ「ahamo」

ahamo

画像引用元:ahamo | アハモ

ドコモのahamoの内容は下記の通りです。

ahamo詳細
月額料金2,970円
契約期間なし
通信方法4G/5G
月間データ容量20GB
速度制限時の通信速度最大1Mbps
国内通話1回につき5分かけ放題
海外利用82の国と地域
海外データ通信20GBの中から消費
契約事務手数料0円
機種変更手数料0円

ahamoの魅力は、20GB使えて月額料金が2,970円であること。

ドコモの従来プランには、1~7GB使える「ギガライト」があるものの、1GB未満でも月額料金は3,278円です。

使えるデータ量と月額料金を総合的に評価すれば、ahamoの方が圧倒的にお得と言えますね。

また、ahamoでは1回5分の国内通話がかけ放題です。親子でちょっとした連絡を取るときに、通話料を気にする必要がありません。

子供だけでなく、親世代にもおすすめできるプランです。

ahamoならスマホ料金が月額2,970円!5分以内の国内通話が無料で5Gにも対応。また、ahamoで最新スマホを使うならお得なドコモオンラインショップで購入しましょう。

au「povo」

povo 報道発表資料

画像引用元:20GBが月額2,480円、auのオンライン専用の新料金「povo (ポヴォ)」を提供 | 2021年 | KDDI株式会社

auのpovoの内容は下記の通りです。

povoの基本情報
月額料金2,728円
通信容量月間20GB
速度制限時最大1Mbps
音声通話22円/30秒
トッピングで追加可能
1回あたり5分以内の国内通話無料:月額550円
国内通話かけ放題:月額1,650円
ネットワークauの4G
(auの5Gは2021年9月14日提供開始予定)
海外提供予定(開始時期は未定)
手続き方法オンラインのみ
新規契約事務手数料無料
機種変更手数料

povoはahamoと同じく20GB使える格安プラン。

しかし、月額料金は2,728円とahamoより割安です。

1回5分の国内通話無料は付いていないものの、月額550円で追加することもできます。

新規事務手数料も無料ですので、気軽に始められる点もメリットの1つですね。

ソフトバンク「スマホデビュープラン」

Softbank - スマホデビュープラン

画像引用元:スマホデビュープラン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクのスマホデビュープランは、5歳から15歳までが対象のプランです。

しかし、2021年6月に始まったキャンペーンにより、対象年齢が5歳から22歳までに拡大されています。

項目内容
月額料金2,728円
準定額オプション+880円
1年おトク割+(12ヶ月間)-1,188円
小容量割-1,430円
合計990円(2年目以降:2,178円)

使えるデータ通信量は3GBまでですが、月額料金が990円である点は非常に魅力的ですね。

2年目以降は2,178円に値上がりしますが、他のソフトバンクのプランに比べれば安いです。

また、ドコモにahamo、auにpovoがあるように、ソフトバンクにもLINEMOがあります。

LINEMOのミニプランも3GBのデータを月額990円で使えるため、1年目にスマホデビュープラン、2年目以降はLINEMOというやり方もアリです。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」の内容は下記の通りです。

通信量月額料金
0~1GB0円
1~3GB1,078円
3~20GB2,178円
20GB~無制限3,278円

通信容量は無制限ですが、0GBから20GBまでは使った分だけ料金が変動します。

20GB以上使ったとしても最大3,278円なのでかなりリーズナブルだといえるでしょう。

今なら300万名を対象にプラン料金が1年無料になるので、年間の維持費は4キャリアの中で1番安いです。

中学生におすすめのキャリアプラン
  • ドコモ「ahamo」
    月に20GB、1回5分の国内通話無料が付いて月額2,970円。
  • au「povo」
    月に20GB使えて月額2,728円
  • ソフトバンク「スマホデビュープラン」
    5歳から22歳までが対象・12ヶ月間最安990円
  • 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」
    無制限で3,278円・20GB以下なら従量制でさらにお得に

中学生におすすめの格安SIMとプラン

次に、中学生におすすめの格安SIMとプランについて解説していきます。

この章では、学割などで安くなる2つの格安SIMをピックアップしました。

格安SIMはどれも安いため、はじめてのスマホの運用にはオススメです。

1位:TONE MOBILE

トーンモバイル

画像引用元:料金・サービスのご案内 | 安くて安心なスマホならトーンモバイル

TONE MOBILEのプラン内容は下記の通りです。

使う機種によってプラン料金が異なるので注意してください。

項目トーンモバイル
オリジナル機種
TONE SIM
(for iPhone)
料金1,100円/月1,650円/月
データ量動画以外使い放題

※保護者がトーンモバイルを使っていない場合、別途220円/月がかかる

TONE MOBILEは料金の安さだけでなく、現在地を確認できる機能やスマホの利用時間・アクセスできるサイトの制限が可能な子ども・高齢者向けの格安SIMです。

2位:UQ mobile

UQモバイル

画像引用元:販売店舗一覧|格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

UQ mobileの料金プランは下表のとおりになります。

くりこしプランSML
月額1,628円2,728円3,828円
データ容量3GB15GB25GB
制限時の通信速度300kbps1Mbps
繰り越し上限プランのデータ量まで
繰り越し期限翌月まで
60分/月のかけ放題+550円
10分かけ放題+770円
無制限かけ放題+1,870円

UQモバイルでは月額料金1,628円で月間3GBまで利用できます。

また、余ったデータは翌月に繰越できるため、データが無駄にならない点も嬉しいポイントですね。

料金が安い格安SIMでありながら、通信速度などはキャリアとほぼ同じです。スマホを快適に使えますよ。

1万円キャッシュバック実施中!
中学生におすすめの格安SIMとプラン
  • 1位:TONE MOBILE
    最安1,100円で子どものネット利用制限などのオプションが充実
  • 2位:UQ mobile
    3GBで1,628円のほか、通信速度はキャリアとほぼ同等

中学生にスマホを持たせるときの注意点

次に、中学生にスマホを持たせる時の注意点についてまとめます。

中学生にスマホを持たせる時の注意点
  • しっかりルールを決める
  • フィルタリングなどの対策をする
  • スマホにクレジットカードやキャッシュレス決済アプリを登録しない

下記にて詳しく見ていきましょう。

しっかりルールを決める

〇時以降は使わない・必ず利用制限をつけてネットを使う・ゲームなどの課金をしないなど、中学生でもしっかりとルールを決めてスマホを使わせることにしましょう。

ルールを破ったら家にいる間はスマホを没収など、罰ゲームを考えておくこともおすすめです。

誘惑が多いツールだからこそ、最低限のルールはしっかりと決めましょう。

フィルタリングなどの対策をする

ほとんどの回線サービスには、フィルタリングと呼ばれる悪質なサイトやデータからスマホを遮断するサービスが利用できます。

基本的に、利用者が未成年の場合はフィルタリングをつけることが義務化されていますが、保護者の同意があれば外すこともできます。

しかし、SNS上のトラブルや不適切なやり取り・犯罪も増えているので、フィルタリングはつけておくべきでしょう。

スマホにクレジットカードやキャッシュレス決済アプリを登録しない

ないとは思いますが、子どもの使うスマホにクレジットカードの情報を登録したり、キャッシュレス決済アプリを登録しないようにしましょう。

子どもたちは大人が思っている以上に物事を覚えるスピードが速いです。

そのため、クレジットカードによる課金の方法(アプリストアにカードの情報があれば課金できてしまいます)やキャッシュレス決済アプリを使った買い物なども簡単に覚えてしまいます。

無限にゲーム課金をしたり決済アプリを使い過ぎてしまう可能性もあるので、必ずこれらの情報はスマホに入れないようにしてください。

中学生が安全に使うためには事前にしっかりと話し合うのが大事

スマホを持つ女性

最後に、中学生にスマホを持たせる時のポイントについてまとめます。

中学生にスマホを持たせる時のポイント
  • 中学生のスマホ利用率は約7割
  • 使い方さえしっかりと話し合えば持たせて損はない
  • 子ども向けのセキュリティ機能が充実した機種もある
  • 学割などの割引特典を使えばコストも抑えられる

中学生にスマホを持たせることは悪いことではありません。

むしろ連絡手段や防犯対策としては非常に有効な手段でしょう。

しかし、使いすぎや成績の低下、生活リズムの乱れなど懸念すべきことも多々あります

だからこそ、最低限の利用制限や子どもの状況が把握できる機能が搭載されたスマホを購入したり、フィルタリングサービスを利用する必要があります。

そして何より、使い方について子どもとしっかり話し合うのを忘れないようにしてくださいね。

最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2021年】

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。