中華スマホ完全版|コスパ最高のおすすめ人気ランキング【2019年】

中華スマホ完全版|コスパ最高のおすすめ人気ランキング【2019年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

おすすめ中華スマホNo.2『OPPO R17 Pro』

画像引用元:OPPO R17 Pro公式ホームページ

続いておすすめできる中華スマホはOPPOが販売しているOPPO R17 Proです。

こちらも前述のHUAWEI Mate 20 Proと同じく内蔵RAM6GBのハイスペック中華スマホです。

OPPO R17 Proのスペックは以下の通りです。

項目内容
メーカーOPPO
対応OSCOLOR OS 5.2
(Android8.1ベース)
CPUQualcomm Snapdragon 710
内蔵RAM/ROM6GB/128GB
本体サイズ(幅×長さ×厚さ)74×157×7.9mm
重量183g
発売日2018年11月25日
画面サイズ6.4インチ
バッテリー容量1,850mAh×2
背面カメラレンズダブルレンズ
背面カメラ画素数1,200万画素+2,000万画素
前面カメラ画素数2,500万画素
A.Iカメラ搭載
防水非対応
防塵非対応
NFC非対応
生体認証指紋認証
カラーエメラルドグリーン
ミストグラデーション
価格74,721円
販売楽天モバイル公式ショップ

同じ内蔵RAM6GB勢でも、OPPO R17 Pro独自のおすすめポイントがありますのでこちらを紹介していきます。

OPPO R17 Proのおすすめポイント

OPPO R17 Pro

画像引用元:OPPO R17 Pro – 美しい夜を撮ろう | OPPO 日本

OPPO R17 Proの特長として、内蔵RAM6GBのハイスペックスマホなのに7万円台で購入可能と非常にお財布に優しいという点が挙げられます。

前述のHUAWEI Mate 20 Proが11万円ですから、4万円も安くなっているのはOPPO R17 Proの大きなメリットです。

他にもOPPO R17 Proはamazon等で格安MVNO業者のSIMカードとセットで販売している事も多いので、格安SIMでハイスペックスマホを使いたい人におすすめ出来る中華スマホです。

OPPO R17 Proのメリット
  • RAM6GBなのに7万円台
  • MVNOでSIMカードとセットで購入可能

OPPO R17 Proの欠点

『OPPO R17 Pro』の欠点は主に2つあります。

OPPO R17 Proの欠点
  • CPUはSnapdragon710と最も処理能力に優れたモデルではない
  • SDカード非対応

特にハイスペックスマホを謳っているのに、CPUは最新モデルのSnapdragon845ではなくワンランクダウンした物というのは少し残念です。

もちろん普段使いであれば充分に高機能なCPUなので、重いスマホゲームや多数のアプリを同時に動かすなどしなければ問題ない点とも言えます。

OPPO R17 Proに向いている人はどんな人なのか

OPPO R17 Proに向いている人は『10万円を切るお値打ち価格で、ハイスペックなスマホが欲しい』という人が特に向いていると言えるでしょう。

HUAWEI Mate 20 Proと比べると防水・防塵機能を削除して背面レンズも1つ削除したら4万円程度、安くなったスマホと見る事も出来ます。

安くハイスペック中華スマホを手に入れたいならOPPO R17 Proは選択肢に上がるでしょう。

OPPO R17 Proレビュー|ディスプレイ指紋センサー内蔵のハイテクスマホ

おすすめ中華スマホNo.3『Xiaomi Mi MIX3 Global Version』

Xiaomi Mi MIX3 Global version

画像引用元: Mi Global Home

2モデルを紹介してきましたが、

  • 中華スマホに10万円、7万円も出せない!
  • でも、ハイスペックな中華スマホじゃなきゃ嫌だ!

という欲張り志向な方にXiaomi Mi MIX3 Global Versionをおすすめします。

Xiaomi Mi MIX3 Global Versionのスペック表は以下の通りです。

項目内容
メーカーXiaomi
対応OSMIUI
CPUQualcom Snapdragon845
内蔵RAM/ROM6GB/128GB
本体サイズ(幅×長さ×厚さ)74×157×8.46mm
重量218g
発売日2018年11月1日
(中国発売日)
画面サイズ6.39インチ
バッテリー容量3,200mAh(typ)
3,100mAh(min)
背面カメラレンズダブルレンズ
背面カメラ画素数12MP/12MP
前面カメラ画素数24MP/2MP
A.Iカメラ搭載
防水非対応
防塵非対応
NFC対応
生体認証指紋認証
顔認証
カラーサファイアブルー
ジェイドグリーン
オニキスブラック
価格599$
※2019年4月10日時点での日本円で約66,572円
販売Banggood.com等海外ECサイト

欲張り志向の人すら満足させるXiaomi Mi MIX3 Global Versionのおすすめポイント等を見てみましょう。

4-1 Xiaomi Mi MIX3 Global Versionのおすすめポイント

Xiaomi Mi MIX3

画像引用元: Mi Global Home

ポイントは内蔵RAM6GBでSnapdrago845の最新版CPUを積んでおきながら7万円を切った超格安のハイエンド中華スマホという点です。

同じ内蔵6GB勢をコスパの面から比較すると、

  • HUAWEI Mate 20 Proは11万円台
  • OPPO R17 Proは7万円台

と比べるとスペック互角以上で最安という化け物です。

その為、単純にスペックが高くて安い中華スマホならXiaomi Mi MIX3 Global Versionが最良の選択肢になります。

Xiaomi Mi MIX3 Global Versionのメリット
  • RAM6GBなのに6万円台

Xiaomi Mi MIX3 Global Versionの欠点は?

コスパ面で最良のXiaomi Mi MIX3 Global Versionですがこの中華スマホには3点の欠点があります。

Xiaomi Mi MIX3 Global Versionの欠点
  • 日本未発売なので海外ECサイトからの購入となる
  • 210gとスマホの中でもトップクラスの重さ
  • microSDカードもなく、カード拡張に対応していない

特に深刻なのが入手の難しさで、日本未発売なので海外のECサイト経由から入手する事になりますが、翻訳スキルが必要で国際便なので入手するまで気長に待つ必要があります。

210gと長時間持ち続けるのが辛い重量や、microSDカードを使ったデータバックアップが出来ない点も若干ネックになっています。

Xiaomi Mi MIX3 Global Versionに向いている人はどんな人なのか

「値段が安い、スペックは高い」という部分に全力を傾けているので、とにかく安くて最高のスペックの中華スマホを求める方にXiaomi Mi MIX3 Global Versionはおすすめです。

入手するまで手間はかかりますが、関門である海外ECサイトの利用もGoogle翻訳を駆使したり、海外ECサイトを利用した人の体験談から学んで申込む事も可能です。

手に入るのは日本中でも滅多に見られないスマホなので、

  • 自分のITリテラシーに自信のある人
  • 国内では持っている人があまりいないスマホが欲しい人

にXiaomi Mi MIX3 Global Versionはおすすめになります。

Xiaomi POCOPHONEはRAM8GB・大画面・高コスパ…買わない理由は?

2 入手方法は増えているので購入の敷居は下がっている

ソファでスマホを操作する女性

過去に中華スマホを手に入れようとするならECサイトを利用するか輸入代行業者を通して購入しかありませんでした。

しかし、今では中華スマホは格安MVNO業者から、大手通信事業者でも取り扱われるようになり入手する敷居は大きく下がる一方で人気はじわじわと上昇しています。

Xiaomi Mi MIX3 Global Versionのような日本未発売モデルのような入手に手間のかかる中華スマホもありますが、昔に比べると品質も上がり入手もしやすくなっています。

「中華スマホはちょっと…」と敬遠せずに、1度触れてみる機会があれば是非触っていただき「これは!」と感じたら購入も検討してみて下さい。

2019年おすすめ中華スマホ

  • 防水・防塵機能が欲しいなら『HUAWEI Mate 20 Pro』
  • 日本取扱いで10万円以下希望なら『OPPO R17 Pro』
  • とにかく安く高スペックを求めるならXiaomi Mi MIX3 Global Version

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ