クラウドWiFiの評価レビュー|料金・速度・評判、メリット・デメリット

  • 2021年1月30日
  • by.bitWave編集部

クラウドWiFi東京

クラウドWiFiは契約期間の縛りなしでに利用できるポケットWi-Fiです。

クラウドWiFiとはどのようなサービスなのか、またメリットやデメリットについても紹介します。

併せて速度や評判、料金プランまで徹底解説するので、クラウドWiFiを検討している方はぜひ参考にしてください!

クラウドWiFiの特徴
  • クラウドSIMを採用し3キャリア回線から電波状況に応じて自動的に接続
  • 料金プランが1種類のみでわかりやすい
  • 契約期間の縛りなし・解約金もなし
関連記事

本記事では大容量のおすすめポケットWiFiを中心に、月額料金や特徴などを比較・紹介します。 現在、容量無制限で使えるポケットWiFiは少なくなり、100GB〜300GBの大容量ポケットWiFiが中心となりました。 どのポケットW[…]

ポケットWiFi おすすめ

トップ画像引用元:クラウドWiFi公式HP

クラウドWiFiとはどのようなポケットWi-Fi?

クラウドWi-Fi

画像引用元:クラウドWiFi公式HP

最初に、クラウドWiFiの特徴について詳しくチェックしていきましょう。

契約を検討している人は、どのようなポケットWi-Fiなのかについてあらかじめチェックしておくことをおすすめします。

クラウドWiFiの回線速度・対応キャリア

Wi-Fiとパソコン

サービス名クラウドWiFi東京
運営企業株式会社ニッチカンパニー
回線提供キャリアドコモ/au/ソフトバンク
最大通信速度ダウンリンク: 最大150Mbps
アップリンク: 最大50Mbps
最低利用期間1か月
解約金なし
月間通信容量制限無制限
短期間通信容量制限無制限
国外ローミング利用可
公式サイトクラウドWiFi東京 公式サイトへクラウドWiFi東京

クラウドWiFiの回線速度や対応キャリア、通信制限の有無は上記の表の通りです。

特に重要なポイントをピックアップしてチェックしてみましょう。

クラウドWiFiのポイント
  • 3キャリア対応で安定している
  • 定期契約や最低利用期間がない
  • 通信速度はやや遅め

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアすべてに対応

クラウドWiFiは、クラウドSIMの技術によりドコモ・au・ソフトバンクの国内大手3キャリアすべての回線に対応しています。

そのため、国内で利用するときは山間部などの人が居住していない地域を除くほとんどのエリアで通信できるでしょう。

各キャリアの4Gエリアに対応しているため、詳しいエリアが知りたい人は各キャリアの4Gエリアをチェックしてください。

定期契約や最低利用期間が1ヶ月なので使いやすい

クラウドWiFiは自動更新される定期契約や、途中解約すると解約金が課せられる最低利用期間が1ヶ月となっています。

ちょっと使ってみて使い勝手が悪いと感じたら解約するという便利な使い方が可能です。

月途中で契約した場合は商品を発送した日から月末までの残日数分を足した日が最低契約期間となるので注意が必要です。

いずれにしても他社とは比べ物にならない位に短い最低契約期間なので、迷っている方はとりあえず使うというのも良いでしょう。

通信速度はやや遅め

クラウドWiFiの最大通信速度はダウンリンクが150Mbpsでアップリンクが50Mbpsです。

キャリアが提供している4G回線やWiMAX、固定回線などと比較すると遅めであるといえるでしょう。

ブラウジングやゲームなどの一般的な用途では問題なく利用できます。

しかし屋外で動画配信をする場合などはアップリンクの遅さがボトルネックになる可能性があります。

通信容量制限がないので使い放題!

クラウドWiFiには月間通信容量制限や短期間(1日・3日)の通信容量制限がありません。

したがって、屋外で大容量通信を必要とする人でも便利に使えるでしょう。

ただし、キャリア側で異常な通信量とみなされた場合は最大通信速度を128kbpsとする速度制限がかかる可能性があると明記されています。

一般的な利用では速度制限がかかる可能性は低いものの、ゼロではないことを覚えておきましょう。

日本国外でも利用可能

クラウドWiFiは日本国外ではMVNOとして回線を提供しています。

2020年時点で135カ国で利用できるので、海外旅行や出張が多い人にも最適といえるでしょう。

なお、使える国のリストや料金については公式サイトで公開されているため、事前に確認しておいてください。

クラウドWiFiの料金を詳しく紹介

クラウドWi-Fi 月額料金

画像引用元:クラウドWiFi公式HP

項目料金(税込)
月額料金3,718円
初期費用4,378円
安心保証440円
詳細クラウドWiFi東京 公式サイトへクラウドWiFi東京

クラウドWiFiを契約して利用するときにかかる料金は上記の通りです。

それぞれの料金をさらに確認しましょう。

料金プランは1つのみでわかりやすい

月額料金は3,718円で、ほかのプランは存在しません。

料金プランが1つしかないのでわかりやすいといえるでしょう。

2020年3月時点でキャンペーンやオプションが多数存在しているということもないため、透明性が高くいくら支払えばいいのかが明確です。

初期費用は契約時に1回のみ支払う

初期費用は契約するときに1回のみ支払う金銭で、4,378円です。

ほかの事業者における契約事務手数料に相当するものであると覚えておくのがいいでしょう。

初期費用は初月の料金と合算して請求されます。

安心補償は契約時のみ加入できる

レンタルしているルーターが故障した際や、紛失や盗難に遭った際の補償プログラムとして「安心補償」を提供しています。

安心補償の月額料金は440円で、加入していると故障時の負担金が無料に、紛失・盗難時の負担金が16,500円になります。

加入していない場合はいずれの場合も27,500円になるため、リスクを軽減したいと考えている人は加入するのがおすすめです。

ただし、安心補償に加入できるのは契約時のみで、契約途中に追加で加入できないので注意してください。

クラウドWiFiの料金
  • 月額:3,718円
  • 初期費用:4,378円
  • 故障や紛失盗難時:27,500円
  • 安心補償加入時:
    故障は無料
    紛失・盗難は16,500円
  • 安心補償:月額440円

クラウドWiFiを利用するメリット

クラウドWiFiのメリット

画像引用元:クラウドWiFi公式HP

次に、クラウドWiFiを利用するときのメリットに注目してみましょう。

主なメリットを一覧で紹介すると次の通りです。

クラウドWiFiのメリット
  • SIMカード不要で複数回線を利用できる
  • 解約金なし・縛りなし
  • 契約から発送までが早い

それぞれのポイントについてこれから詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

SIMカード不要で複数回線を利用できる

スマホからSIMを取り出す

クラウドWiFiではクラウドSIMという技術を採用しているため、ルータにSIMを挿入する必要がありません。

クラウドSIMとは、通常SIM内に格納されている回線契約情報がサーバ上にあるもので、デバイスは必要に応じてそれらの情報をダウンロードして使用します。

接続する回線を変更するときにSIMを挿し替える必要がないため、回線切替がスムーズです。

国内利用時は3キャリアの回線のなかから最適なものを自動で選んで切り替えます。

国外で利用する際もSIM不要で利用でき、自動で現地のキャリアの回線に接続してくれます。

利便性が高いのが大きなメリットの1つといえるでしょう。

解約金がない

クラウドWiFiの最低利用期間は1か月となっており、1か月を経過すればいつでも解約できます。

解約時に高額な解約金を徴収することもないため、安心して利用できるでしょう。

短期解約したときに支払う料金は、解約月までの月額料金のみです。

契約から発送までが早い

すぐにポケットWi-Fiを使いたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

クラウドWiFiでは契約が成立してからルーターが発送されるまでが早いため、すぐに利用できるのが大きなメリットです。

平日14:00までに契約が成立した場合は最短即日発送、それ以降は翌営業日発送になります。

土曜・日曜・祝日に契約した場合は翌営業日に発送されるため、到着までに少し時間がかかるでしょう。

なんらかの理由ですぐにポケットWi-Fiを必要としている場合にもおすすめです。

クラウドWiFiのデメリットはある?

アンドロイド
多くのメリットがあるクラウドWiFiですが、利用時にはいくつか注意しておきたいポイントもあります。

契約してから後悔しないためにも、あらかじめデメリットについてもみておきましょう。

クラウドWiFiのデメリット
  • 通信速度が遅い
  • ルーターがレンタルのみ

通信速度が遅い

スピードテスト

画像引用元:Speedtest by Ookla – The Global Broadband Speed Test

クラウドWiFiの最大通信速度は150Mbps(ダウンリンク)で、ほかのポケットWi-Fiサービスや固定回線に比べると遅くなっています。

参考までに、ほかのサービスの最大通信速度は以下のようになっています。

最大通信速度(ダウンリンク)
  • WiMAX:440Mbps
  • ドコモ 4G:1,576Mbps
  • au 4G:1,237Mbps
  • ソフトバンク 4G:868Mbps
  • 光回線(FTTH):1Gbps~10Gbps

こうして比較してみるとクラウドWiFiの通信速度が遅いことがわかるでしょう。

4K動画を視聴したい人や屋外でライブ配信を行いたい人は注意してください。

ルーターがレンタルのみ

クラウドWiFiで使用するルータはレンタルのみで、自前のルータを利用することはできません。

よってレンタルルータを使わなければならないのが不便だと感じるかもしれません。

レンタルしているルータを紛失したり、故障が発生したりすると交換費用を徴収されるのにも注意が必要です。

クラウドWiFiの評判は?サービス開始から人気

クラウドWiFi

画像引用元:クラウドWi-Fi – 縛りなしクラウドWi-Fi|135ヶ国対応・月額3,380円でレンタル

クラウドWiFiはサービス開始からまだ日が経っていません。

そのため口コミの数は少なくなっていますが、評判は上々のようです。

クラウドWiFiの評判
  • シンプルな料金プラン、月額利用料もやすい
  • 契約期間縛りなしだから気楽

評判1: シンプルな料金プラン、月額利用料もやすい

クラウドWiFiの料金プランは1つだけです。

シンプルな上に、月額料金は3,718円で使い放題という点も高く評価されています。

評判2:契約期間縛りなしだから気楽に使える

通常のWi-Fiでは最低契約期間が2年など設定されていることが多いです。

ところがクラウドWiFiは契約期間の縛りがありません。

1か月で解約することも可能です。

もちろん解約金もないので気楽に申し込める点も高評価されています。

クラウドWiFiの申込方法をチェック

クラウドWiFiに申し込む方法

画像引用元:クラウドWiFi公式HP

クラウドWiFiの申し込み方法と利用開始までのステップについてもみておきましょう。

具体的な手順は次の通りです。

クラウドWiFiに申し込む手順
  1. 公式サイトから申し込む
  2. 配送されるルーターを受け取る
  3. 初期設定を行う
  4. 利用開始

それぞれの手順について具体的に確認しておきます。

クラウドWiFi公式サイトから申し込む

クラウドWiFi申し込み手順
  1. クラウドWiFi公式サイトにアクセスする
  2. 右上にある「お申込みはこちら」をクリックする
  3. 補償の有無とオプションを選択して次に進む
  4. アカウントを登録してログインする
  5. 必要事項を入力して契約手続きを進める
  6. 支払情報を入力する
  7. 入力した内容を確認して手続きを完了させる
  8. 申し込み完了

支払い方法はクレジットカードのみなので、有効なカードを準備して申し込み手続きを行いましょう。

申し込みが完了すると次に進みます。

配送されるルーターを受け取る

申し込みが完了し、契約が成立するとルーターが発送されます。

配送されるルーターを受け取ったら次に進みましょう。

なお、契約成立が平日の14:00までであれば即日発送、それ以降であれば翌営業日の発送になります。

初期設定を行う

利用開始するためには初期設定が必要です。

ルーターにマニュアルが同梱されているので、それを参考にして設定しましょう。

利用開始

初期設定が完了すれば利用開始です。

もし、ルーターが故障していたり不具合が発生したりする場合は速やかにサポートセンターに連絡してください。

初月の利用料金はルータ発送日から月末までの日数を基準として日割り計算となります。

最新機種を利用したい方のクラウドWiFi U3が発売

クラウドWiFiU3

画像引用元:クラウドWiFi公式サイト

クラウドWiFiの最新機種が欲しいという方におすすめなのがU3です。

基本的な性能はそのままに価格を少し下げて提供されています。

Wi-Fiはあまり使わないけど、とりあえず持っておきたいという方におすすめです。

しかし、違いはどこにあるのかわからないという方のために従来のU2sとの違いを解説します。

価格が安い

価格が安いのが最大の特徴です。

従来のU2sの価格が月額3,718円だったのに対してU3は3,465円と安くなっています。

特にキャンペーンがあっての価格ではないので「最初の3ヶ月だけ安い」というよくある心配はありません。

同時接続台数が10台

同時接続できるデバイスが5台から10台に引き上げられています。

1人暮らしの方であれば5台で十分かもしれませんが、家族4人でインターネットを使う場合は5台では少ないかもしれません。

そういったケースに対応できるように10台まで接続できるようになっています。

月間100GBまで

デメリットとしては月間100GBまでとなっています。

1日の通信容量制限はないのですが、月間で100GBを超えると速度制限がかかるようになっています。

100GBを超えた場合は翌月1日まで通信速度が128Kbpsに制限されます。

しかし、100GBというのはかなりの大容量でストリーミング動画なら440時間も再生が可能です。

1日あたりに換算すると約14時間再生可能という大容量ですので個人レベルで超えることはまずないでしょう。

24ヶ月以上使えば解約金0円

U3は24ヶ月以上使うと解約金が0円となっています。

最低契約期間が1ヶ月だったU2sと比べると長くなっているので、これもデメリットの1つと言えるでしょう。

24ヶ月未満で解約すると解約金として10,450円かかるので注意が必要です。

ポケットWi-Fiを探している人はクラウドWiFiを検討しよう

縛りなし ポケットWiFi
外出先で自由にインターネットを利用したい人など、ポケットWi-Fiサービスの利用を検討している場合はクラウドWiFiを利用するのがおすすめです。

今回紹介したクラウドWiFiのメリット・デメリットを振り返ると以下の通りです。

クラウドWiFiのメリット
  • クラウドSIM採用で最適な回線に自動で接続できる
  • 月間・短期ともに通信容量制限がない
  • 解約金の設定がないのでいつでも自由に解約できる
  • 発送が早いので急いで使いたいときにもピッタリ
  • 料金プランが1つのみなのでわかりやすい
クラウドWiFiのデメリット
  • 通信速度が遅い
  • ルーターがレンタルのみで持ち込み不可

契約する場合は、上記のメリット・デメリットをしっかり覚えておきましょう。

クラウドWiFiを上手く活用すれば、外出時にも快適にインターネットを利用できます。

スマホの契約容量を減らして節約するためにも役立つので、自分の利用スタイルに合った使い方をしてみてください。

クラウドWiFiの特徴
  • クラウドSIMを採用し3キャリア回線から電波状況に応じて自動的に接続
  • 料金プランが1種類のみでわかりやすい
  • 契約期間の縛りなし・解約金もなし
この記事を書いた人
bitWave編集部
スマホ(iPhone・Android)やドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなど通信キャリア情報を扱うメディア「bitWave」の編集部。携帯キャリアの料金プランや割引キャンペーン情報をはじめ、最新スマホの評価レビューから使い方までスマホ・通信にまつわる記事を幅広く制作。